撮影報告

国鉄時代に大井川鉄道に譲渡された車齢77年の オハフ33 215

今回も、JR西日本から大井川鐵道に譲渡された旧“レトロ客車”12系700番代を撮りに行ったプチ遠征(4/6)の続きです。

 
この日は西日本から雨雲が迫っていたので、昼過ぎには雨が降るとの予報でした。

12系700番代の手前に止まっているトーマス色のスハ43系客車がSL急行「さくら号」に充当されるのが12時ごろでしたので、その前に雨が降りだしたら遠征は無駄に… そんなことを心配しながらの移動でしたが、新金谷駅に着いてみると晴れ。

予想どおり12系700番代はトーマス色の客車が邪魔で撮影できません。しかも、「さくら号」にその客車が充当されるとは限りません。

 
予想どおりトーマス色のスハ43系は動いてくれるのだろうか?

そう心配しながら空の雲を確認しながらオハ35系の緩急車 オハフ33 215 を撮影していました。

こういうときは気が気ではないですね…

 
しばらくしてからホームに止まっていたSL急行「川根路号」が発車し、代わりにトーマス色の客車がこのホームに入ってきました。

青春18きっぷを使わずに急いでクルマで行ったプチ遠征が無駄にならなかった瞬間でした…

 
こんな感じでハラハラしながらいつも撮影しています。

 
今回はそんなときに撮影した1枚をアップします。

1941(昭和16)年にオハフ34934として川崎車輛で製造された オハフ33 215 です。
国鉄時代に電気暖房が取り付けられて オハフ33 2215 に改番されていましたが、1976(昭和51)年に大井川鐵道に入線してから元番号に戻されました。

 
オハフ33 215

オハフ33 215  2018年4月6日 大井川鐵道新金谷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

大井川鐵道に譲渡されてからすでに40年以上も経っているので、妻面標記の書体が国鉄スタイルから変わってしまいましたが、少しくたびれた感じも含めて国鉄時代末期を思わせるような外観です。

元JR北海道の14系500番代とJR西日本の旧“レトロ客車”12系700番代がそれぞれ整備されるみたいなので、定期的に大井川鐵道を訪れて旧国鉄/JR車両を記録していきたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: オハ35系 , 国鉄 , 大井川鐵道

大井川鉄道に譲渡された元「SLやまぐち号」の展望車(オハフ13 701)

今年の春は例年より暖かく、雑草の伸び始めが早いようなので、少し焦りながら撮影希望地の天気予報を見ています。

雑草が気になる場所柄ほとんどはローカル線で、しかも西日本方面。
しかも、土日にならないと動かない車両が多いので、なかかな稼働できません。

 
こんなことで1〜2年ほど遠征のタイミングを図っていたら、撮り逃してしまった車両がありました。

下関総合車両所(広セキ)に配置されていた元「SLやまぐち号」用の“レトロ客車”(12系700番代)です。

 
宿泊費を浮かせるために車中泊で遠征したとしても、片道800kmですからね〜
12系700番代の5両だけのために行くことはできないので、ほかの地域と抱き合わせた行程にしないと…

なんて考えていたら、「SLやまぐち号」の“レトロ客車”は新35系客車に置き替えられてしまいました。

 
12系700番代は2017(平成29)年9月2日の「ありがとうレトロ客車」をもって引退し、数日後には下関総合車両所に回送されました。

車体の老朽化が激しいみたいだし、このままあっさり解体されるものと思っていましたが、なんとなんと翌2018(平成30)年2月に大井川鐵道に譲渡されました。

しかも、大井川鐵道は受け入れた12系700番代を新金谷駅ホーム横にしばらく留置しているとのこと。車体はJR西日本時代のままで、留置場所も中2線空きという絶好のロケーション。

JR北海道から元「はまなす」用の14系500番代を2016(平成28)年6月に購入しているので、すぐに手を付けないとしても、車体色が褪せる前に撮影できればJR西日本時代の姿が記録できる。そう思って、新金谷駅で撮影するタイミングを図っていました。

 
4/6(金)に雨雲が流れてくる前に半日ほど曇るような予報が出たので、クルマで大井川鐵道の新金谷駅に行ってきました。

まだ青春18きっぷが1日分残っていましたが、ドン行で静岡県内をゆっくり移動する時間的余裕がなかったので、新東名高速道路でサクッと行ってきました。

 
ということで、今回は元「SLやまぐち号」の展望車、オハフ13 701(広セキ と標記)をアップしたいと思います。

 
オハフ13 701

オハフ13 701(広セキ と標記)  2018年4月6日 大井川鐵道新金谷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

普段は手前の留置線に「きかんしゃトーマス号・ジェームス号」用の客車が止まっていますが、SL急行「さくら号」にその客車が充当されたので、雨が降る前に難なく12系700番代の5両を撮影することができました。



この形式写真に関連するタグ: 12系 , JR西日本 , 大井川鐵道

「スーパー北斗」の札幌方に連結されている試作車(キハ281-901)

北海道遠征の3日目(4/3)の続きです。

 
この日の夕方にJR東日本の豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」のE001形が撮れてしまいましたが、これは完全に想定外…

当初の予定では、キハ281系の試作車(900番代)が撮れば御の字、そんなつもりでした。

 
ですので、今回は北海道遠征報告の最後に、1992(平成4)年1月に登場したキハ281系の試作車、キハ281-901(函ハコ)をアップしたいと思います。

地味な成果ですが、行先表示器がフルカラーLED化された最近の姿です。

 
キハ281系にはキハ281-901・902、キハ280-901と3両の試作車がいますが、いずれも量産車とともに特急「スーパー北斗」で使用されています。
しかし、この3両はリクライニングシートを取り替えた指定席仕様車ではないので、札幌方の自由席(6・7号車)に連結されています。

 
キハ281-901

キハ281-901(函ハコ)  2018年4月3日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回の北海道遠征は撮影枚数を稼ぐ遠征にはなりませんでしたが、撮影するのが面倒な道南地区の車両を一通り押さえることができました。

函館〜札幌間を青春18きっぷで移動した甲斐がありました。

 
地味な車両しか撮影していませんが、このほかの車両についても追ってアップしたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ281系

豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」の展望車(E001-10)

今回は遠征3日目(4/3)の話しです。

 
この日は早朝から岩見沢駅で撮影してましたが、雨の降り始めが前日の時点よりも早まる予報に変わってきたので、室蘭本線の追分に移動してキハ261系を撮影し、その後はさらに登別まで南下しました。

目的は前日(4/2)にうまく撮れなかった「スーパーとかち」「スーパー北斗」の中間車 キハ260形1100番代です。この形式は増備時期ごとに外観が異なるので、両列車で初期形・増備形①・増備形②を押さえれば一通りの形態が撮影できることになります。

同車はキハ261系編成の札幌方に連結されるので撮影できる場所が少ないのと、何故か撮るたびに雲が切れて晴れてしまうなど、これまで縁がありませんでした。

しかし、2018(平成30)年3月改正までにキハ183系が「北斗」系統から引退し、その代わりにキハ261系の「スーパー北斗」が増えたので再びトライすることにしました。

 
これだけの思いで追いかけていると願いが叶うもので、ベストな条件ではないですがキハ260形1100番代の3形態が一通り撮影できました。

 
遠征3日目(4/3)の成果として地味な中間車のキハ260形1100番代をアップするつもりでいましたが、この日の夕方に予想外の列車が登別にやって来て、一通りきれいに撮ることができたので、今回はそちらの形式写真をアップしたいと思います。

JR東日本管内や北海道を巡る豪華寝台列車「TRAIN SUITE(トランスイート)四季島」の展望車、E001-10(東オク)です。

 
E001-10

E001-10(東オク)  2018年4月3日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「TRAIN SUITE 四季島」のE001形は3月末に2017(平成29)年度の運行を終えましたが、2018(平成30)年度の営業は4/14(土)の“1泊2日コース”から始まると発表されていました。

このことが頭にあったので「TRAIN SUITE 四季島」はノーマークでしたが、登別駅で撮影していると獅子みたいな着ぐるみを着た登別市役所スタッフやベージュの制服のJR職員がホームに控えていたので、“3泊4日コース”の到着時間に「TRAIN SUITE 四季島」が来るのではないかと駅ホームで待機することにしました。

 
あとで分かったのですが、この日は2年目の運行を前に乗務員訓練のため北海道入りした試運転列車のようです。

今回は、営業運転を想定した試運転として登別入りした「TRAIN SUITE 四季島」のE001形を撮影したことになります。

 
こういうこともあるのですね…

今回は寝台側がきれいに撮れたので、こんどは別の場所で通路側を撮ってみたいと思います。
何処で撮ればいいのでしょうね… いろいろと考えてみます。



この形式写真に関連するタグ: E001形 , JR東日本

函館地区で活躍するキハ40形700番代初期車(キハ40 831)

またまた更新が遅くなってしまいましたが、先週の北海道遠征の続きです。

今回は遠征2日目(4/2)の話しです。

 
前回に少し触れましたが、この日も午前中は「はこだてライナー」の733系1000番代を桔梗(ききょう)駅で撮影してました。

当初は、桔梗駅での撮影が終わったらドン行と部分的に特急列車を利用して長万部や登別まで北上するつもりでしたが、当日朝になって道内全域が晴れ予報に変わってしまったので諦めました。

桔梗駅もそうでしたが、森駅まで上っても雲が厚く形式写真に絶好の天気だったので、無理はせずに森駅で撮影枚数を稼ぐことにしました。

 
森駅と駒ヶ岳

 

お昼過ぎまで天気予報はハズレ… おかげさまで、後継車の落成で先が見えてきたキハ40形をたくさん撮ることがました。

あとは、何度トライしてもうまく撮れなかった「スーパー北斗」の中間車 キハ260形1200番代が来るのを待ちました。

残念ながら今回もキハ260形1200番代はダメで、キハ40形が邪魔で撮れなかったり、晴れてしまったり… 登別まで行かないと安定的に撮れないようです。

 
今回は道南地区(函館本線函館〜長万部間)のローカル輸送で活躍する函館運輸所(函ハコ)のキハ40形700番代をアップしたいと思います。

窓配置がきれいに整っている1977(昭和52)年製の キハ40 831(函ハコ)です。

 
キハ40 831

キハ40 831(函ハコ)  2018年4月2日 森駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回アップした形式写真は キハ40 831 ですから、“831 – 725 = 106”。
つまり、キハ40 831 の種車は“キハ40 106”ということになります。

この辺りのことは キハ40 839 をアップしたときに整理しましたので、ご覧いただけると嬉しいです。

 
旧キハ40形100番代初期車(キハ40 826〜841)はもっと淘汰が進んでいると思っていましたが、廃車されたのはごく一部のみで、ほとんどが現存しています。

ただ、JR北海道標準色のベース色がクリーム色から灰色に変わっており、屋根上の水タンクも撤去されています。
水タンク残存の未更新車は道南地区で何両か見掛けましたが、初期車に限ってはもう残っていないような気がします。

もうしばらくは活躍すると思われますが、今のうちに記録しておいた方がいいグループでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ40系