撮影報告

JR各社の“春の臨時列車のお知らせ”について(写真は クハE232-519)

昨日(1/18)、“春の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、3月からの撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表に直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)

JR四国

JR九州
JR九州(D&S列車)

 
 * * *

 

ここ数年の撮影活動が功を奏したようで、最近は撮影対象の形式(区分)が地味にレアな方向にシフトしています。

顔出しを撮るのが難しい車両を追いかけるなんていい例ですよね。
以前よりも余裕が出てきからです。

 
ということで、今回も撮れたときの感動が大きい、地味な車両を昨年暮れに撮ってきましたので、今回はそのうちの1枚をアップしたいと思います。

 
春の臨時列車にはぜんぜん関係ありませんが、青春18きっぷを使って撮ってきた車両。
臨時快速「青梅 奥多摩号」に充当されている、青661編成の クハE232-519(八トタ)です。

 
クハE232-519

クハE232-519(八トタ)  2018年12月23日 古里駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

オレンジ帯のE232系0番代は中央快速線や青梅・五日市線で使用されています。

しかし、このグループを各形式区分ずつ一通り撮るのは意外に大変なのです。

 
すべてが10両固定編成ではなく、青梅・五日市線にも入るので4・6両編成も用意されています。

編成両数が変わると必要となる装備が若干変わってくるので、形式が同じでもその仕様ごとに番代が起こされます。その結果、10両固定編成にしか連結されない形式区分、また、4・6両編成でしか見られない形式区分というのが出てきます。

 
オレンジ帯のE232系0番代には14種類の形式区分が存在しますが、この中で1つだけ普段の運用だけではどうしても撮れない区分があります。

それが、6両編成の偶数向き(大月・奥多摩・武蔵五日市方)先頭車、クハE232形500番代だったのです。

 
10年くらい前までは拝島駅や青梅駅留置線で気軽に撮れた車両でしたが、状況が変わってしまい撮れなくなりました。

クハE232形500番代なんて珍しくもなんともないですし、普通に顔を出している車両ですが、いざ形式写真を撮るとなると撮影場所がない困った車両なのです。

耐寒形に改造された非ワンマン対応車のキハ75形1300番代(キハ75-1304)

この12月も何回か遠征に出ていましたので、すぐにレタッチしてブログにアップできるように用意してました。

でも、そのあとに時間が取れず放置してしまいましたので、そのうちの1枚をアップしたいと思います。

 
高山本線などで活躍するキハ75形は番代区分が多く、すべての番代をきれいに撮るには時間が掛かりそうだったので、12月19日にロケハンを兼ねて美濃太田駅に行ってきました。

天気予報が微妙で晴れそうな予感がしましたが、10時くらいまで何とか曇ってくれたので、ワンマン未対応のまま寒地仕様に改造されたキハ75形1300番代を撮りました。

 
今回は、非ワンマンの3両編成に充当されたときに撮影した キハ75-1304(海ミオ)をアップします。

 
キハ75-1304

キハ75-1304(海ミオ)  2019年12月19日 美濃太田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

久しぶりに美濃太田駅に行きましたが、国鉄形気動車のキハ40系と軽快気動車のキハ11形がいなくなって寂しくなっていました。

駅構内に入ってくる列車は、すべてキハ25形かキハ75形だけ…

ぜんぶ銀色のステンレス製車体です。

 
でも、たった2形式に統一された美濃太田車両区(海ミオ)の気動車ですが、いずれの形式も増備時期が長かった関係で番代区分が複雑なのです。

かなり…

 
それなのに、偶数向きの車両は撮影チャンスがほとんどなりません。

 
絶対に撮れない、なんてことはないので、この時期からロケハンをして撮影済みの形式区分を少しずつ増やしているところです。

なかなか顔を出してくれない付属編成の偶数向き先頭車(クハE230-6035)

今月に入ってからクルマで遠征したり、珍しく東海道新幹線を使ったり、何回か遠出して撮影してました。

早速そのときの形式写真を、と思ってましたが、この3連休も12/22(土)、12/23(祝日)と前半2日間が曇ってくれたので、比較的近場で撮影したものから順不同で報告したいと思います。

 
12月10日から青春18きっぷの利用期間に入りますが、この時期になるとドン行旅を楽しむ乗客が多くなるので、比較的車内が空いている車両を撮るのが大変になります。

可能な限りに乗客が写り込まないように背後から撮るように注意しますが、そんな配慮をしてまで形式写真を撮りたくないので、撮影意欲がそのものが減退してしまいます。

でも、乗客の映り込みが直接関係しない留置車両なら問題ないだろう。ということで、一昨日(12/22)は籠原までE231系(近郊形)を撮りに行ってきました。

 
撮影したのは首都圏の近郊路線(湘南新宿ライン・上野東京ラインなど)で活躍しているE231系の偶数向き先頭車、クハE230形6000番代です。

いつもの通り珍しくも何ともない形式です。

 
でも、付属編成の先頭車のうち基本編成側(11号車)に連結される偶数向き先頭車(クハE230形6000番代とクハE232形3500番代)は、15両編成のときに中間に入ってしまうのでなかなか顔を出してくれません。

このことは、クハE232形3500番代(クハE232-3522)をアップした先日にも書きました。

 
同じことを書きますが、付属編成(5両編成)が単独で運用されるときを狙えばいいのですが、近郊タイプのE231・233系の付属編成は増結運用ばかりで撮影のチャンスがありません。

しかも、クハE230形6000番代は前期形と後期形で外観が異なり、それ以外にも今はなきE331系の冷房装置(AU725A-G4)を搭載した車両まで存在しますから、すべてを顔出しで撮ろうとなると年単位の時間を要します。

普通に走っている近郊タイプのE231系も馬鹿にできない存在なのです。

 
そう思って籠原駅で撮影したのが、今回アップする クハE230-6035(横コツ)です。

東海道本線東京口用として増備されたクハE230形6000番代の後期形(クハE230-6029〜6069)ですので、屋根上に容量をアップした冷房装置(AU726)を搭載しています。
また、日射による暑さ低減のため側窓のガラスがIR(近赤外線)カットのタイプに仕様変更されています。

 
クハE230-6035

クハE230-6035(横コツ)  2018年12月22日 籠原駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

線路モニタリング装置を搭載しているE233系3000番代の サハE233-3034

3連休に突入する数日前にプチ出撃してきましたので、今回はサクッと1枚だけ形式写真をアップしたいと思います。

 
床下に線路モニタリング装置を取り付けている小山車両センター(宮ヤマ)U234編成の14号車、付随車の サハE233-3034 です。

 
サハE233-3034

サハE233-3034(宮ヤマ)  2018年11月22日 久喜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

現在、小山車両センター(宮ヤマ)配置のE233系3000番代は黒磯・前橋から沼津・伊東・逗子までの広範囲で運用されています。

そのため、宮ヤマ配置の5両付属編成(U233・U234編成)のサハE233形3000番代(14号車)に線路モニタリング装置が搭載されています。

 
E233系の付随車両は床下機器の配置に余裕があるので、軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置をセットで搭載しています。

とはいっても、これらの機器類はジャンパ連結器が賑やかな車端部にまで取り付けているので、見た目にも楽しい模型化したくなるような特徴的な床下になっています。

 
停車直前まで床下のLED照明が線路を照らし、レーザプロジェクタの赤いラインが浮かび上がっているので、この状態を撮ってみたいのですが、走行中でないと撮れないのがもどかしいところです。

なんとか撮れないものですかね…

中央快速転用のためにオレンジ帯となった209系1000番代(クハ208-1001)

JR東日本は、中央快速線等にグリーン車サービスを導入すると発表しました。

この発表は2015(平成27)年2月に行われましたが、この時点では2020年度にサービス開始ということでした。

その後、使用開始時期を2023年度末に延期し、現4号車(モハE233形200番代)にトイレを設置する工事を2018年度から行う、という内容に訂正されました。

 
中央快速用のE233系(0番代)にグリーン車を組み込んで12両編成化するためには、所要両数のグリーン車を用意して短期間のうちに編成を組み替えることになると思います。

しかし、トイレの設置工事は1編成ずつ運用を離脱して、モハE233形200番代を改造しないといけません。
約4年間で58編成を順次離脱させないとトイレ設置工事ができないので、中央快速線の運用車を多くして予備車を確保する必要があります。

 
そこで白羽の矢が立ったのが常磐緩行線・千代田線用の209系1000番代です。

 
2018(平成30)年10月13日の「ありがとう209系常磐線各駅停車引退の旅」を最後に常磐緩行線運用から離脱した松戸車両センター(東マト)の209系1000番代。

10両編成2本しか存在しない少数派の209系1000番代でしたが、この8月に常磐緩行線・千代田線運用から離脱していたマト81編成がオレンジ帯に変更され、豊田車両センター(八トタ)に回送されていました。

そして、先週の金曜日(11/16)から豊田〜大月間で試運転が開始されたので、オレンジ帯に変更された209系1000番代の形式写真を2枚だけ撮ってきました。

 
ということで、今回はそのうちの1枚、偶数向き制御車(T’c)の クハ208-1001(八トタ)をアップしたいと思います。

 
クハ208-1001

クハ208-1001(八トタ)  2018年11月19日 大月駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

カラー帯がこれまでのエメラルドグリーンからオレンジに変わったので違和感を覚えます。でも、この姿に慣れていかないとね…

 
209系1000番代が中央快速線で使われるのはトイレ設置工事が終わる2023年度末までですが、今回未撮影の形式もあるので引き続きウォッチングしていこうと思っています。

 
高尾駅の側線に留置される運用に入るといいのですが…

どうでしょうね〜