形式写真

香椎線がDENCHA化されると消滅するアクアライナー色(キハ47 8076)

昨日(12/14)、JRグループ平成最後のダイヤ改正となる2019(平成31)年3月ダイヤ改正についての発表がありました。

 
JR各社および支社からの発表(PDFファイル)に一通り直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JRグループ

JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社《多摩版》)
JR東日本(八王子支社《甲府版》)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(近畿統括本部)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州
JR九州(新幹線・特急列車時刻表)

JR貨物

 
 * * *

 

車両の置き替えに関する発表としては「あずさ」系統のE353系一本化に関連するものが挙げられますが、これはすでに10月30日に発表されていますのでサプライズではありません。

ダイヤ改正に合わせて和歌山地区に227系(1000番代)が投入されますが、稀少区分のクハ104形550番代だけは早めに撮っておいたので、あとはダブルパンタのクモハ105形を押さえればいいレベル。この冬に1回訪問すればいいかなぁ〜、程度。

 
今回のダイヤ改正はサプライズがないかなぁ〜 と思ったところ、香椎線(西戸崎〜宇美間)のキハ40系を架線式蓄電池電車(DENCHA)のBEC819系に置き替えるとのこと。

香椎駅に充電用設備を設置して、BEC819系(22両)を走らせるようです。

 
現在、香椎線は直方車両センター(本チク)所属で南福岡車両区竹下車両派出に常駐しているキハ40形2000番代とキハ47形0・1000・8000・9000番代の26両が使用されています。

26両のキハ40系はBEC819系の投入で余剰となっても、エンジン換装車(キハ47形8000・9000番代)は恐らく他線区のキハ31形や非力なキハ40系エンジン未換装車(キハ47形0・1000番代など)の置き替えに充当されることになるでしょう。

 
でも、香椎線でしか見られないアクアライナー色は消滅すると思われます。

車体側面は白色なのに前面のみブルー1色という奇妙な塗色なので、もう1回訪れてたくさんの車両を記録してみたいと思っています。

 
ということで、今回はアクアライナー色をまとったキハ47形8000番代の キハ47 8076(本チク)です。

 
キハ47 8076

キハ47 8076(本チク)  2017年1月22日 宇美駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ47 8076 は元 キハ47 76 ですので4位車端部にトイレがありますが、同部分の明かり取りの小窓は埋められ、屋根上の水タンクも撤去されています。

いつの間にか区分消滅していた元北越急行所属車のサハ681形2200番代

「JR電車編成表」を購入していたので2018(平成30)年10月1日現在のJR車両の動向をチェックしていたところ、いつの間にか消滅していた形式区分があるのに気が付きました。

以前、こちらで「区分消滅の可能性が高い『しらさぎ』のサハ681形200番代(サハ681-207)」と題してプチカフェテリア付きのサハ681形200番代のことを採り上げていましたが、このサハ681形200番代ではなくて北越急行所属車のサハ681形2200番代です。

2015(平成27)年3月の北陸新幹線金沢延伸開業までは在来線の特急「はくたか」(金沢〜越後湯沢間)で使用されていていた車両です。

 
北陸新幹線の長野〜金沢間開業で在来線の「はくたか」が廃止された際、「はくたか」に使用されていた681・683系はすべて特急「しらさぎ」に転用となりました。

このときに北越急行所有の681系2000番代と683系8000番代はJR西日本に譲渡されて、編成単位で方向転換が行われ、その前後に車体塗色も赤帯を巻いた“スノーラビットエクスプレス”色から“しらさぎ”色に変更されました。

 
「しらさぎ」への転用を見越して「はくたか」時代の末期にモハ681形を差し替える編成組替が行われましたが、このため車掌室のない6両基本編成が生まれてしまったので、これを解消するためにプチカフェテリア付きのサハ681形200・2200番代を車掌室付きの300・2300番代に改造する工事が行われています。

683系4000番代のリフレッシュ工事で金沢総合車両所が手一杯だったのか分かりませんが、サハ681形の車掌室設置工事は進捗がものすごく遅く、サハ681形200番代はまだ区分消滅にはなってません。

一方、元北越急行所属車のサハ681形2200番代はあっさりと2両とも2300番代に改造されてしまったのです。

 
というか、10月の北陸遠征のときに敦賀駅で現車を見るまで、そのことに気が付きませんでした。

 
2015(平成27)年3月にJR西日本に譲渡されたサハ681形2200番代は2018(平成30)年3月には廃区分になっていたのです。JR西日本の所有となってわずか2年で廃区分です。

“しらさぎ”色をまとったサハ681形2200番代は2年弱しか存在しなかったということです。

 
残念ながら短命だった“しらさぎ”色時代のサハ681形2200番代は撮影してませんので、北越急行時代のサハ681形2200番代、N01編成の サハ681-2201 をアップしたいと思います。

 
サハ681-2201

サハ681-2201(北越急行)  2014年11月16日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

ちょっとブサイクなEH500形量産3次車の2001年度落成車(EH500-10)

今回は、こちらにアップするのを忘れていた形式写真をご覧いただきたいと思います。

 
昨年(2017年)6月に盛岡駅で撮影した仙台総合鉄道部(仙貨)の EH500-10 です。

 
EH500-10

EH500-10(仙貨)  2017年6月25日 盛岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

おもに首都圏から青森信号場までを東北本線経由で運用されている金太郎ことEH500形ですが、EH500-901 が1997(平成9)年に試作されてから量産3次車の2001(平成13)年度落成車(EH500-10〜14)までは車体塗色が変わったり“JRF”マークの大きさや貼付位置が変わったりで、なかなか外装デザインが定まりませんでした。

 
EH500形の量産車は2001(平成13)年8月に落成した EH500-10 から3次車に移行し、車体塗色が2次車のイメージから大きく変更されました。
ベース色の赤色が明るくなり、運転台まわりの黒色部分が窓枠のみに縮小され、前照灯の取り付け位置が高くなり同部分に白帯が入るようになりました。

 
EH500-10 以降の量産車はすべて3次車と呼ばれていますが、2001(平成13)年8月から翌年3月まで新製された5両はその後の増備車とは若干顔付きが異なります。

2002(平成14)年度以降に落成した EH500-15〜81 は前照灯カバーの縁部分が細くなって小さくなり、この影響で前頭部の白帯がわずかに細くなっています。

 
2001(平成13)年度落成車の EH500-10 と2009(平成21)年度落成車の EH500-63 の前照灯部分を並べて見比べてみるとその違いがよく分かります。

 
EH500-10 の前照灯カバーは縁部分の面積がやや広く、少し野暮ったいデザインになっています。
量産3次車は切り文字式の車号ナンバーの取り付け位置がすべて同じですが、前照灯カバーに合わせて白帯が少し太くなっているので車号ナンバーと白帯が近接しています。

 
EH500-10 の前照灯

EH500-10 の前照灯

 

一方、EH500-63 は前照灯カバーのガラス開口部分の四隅にRがあり、ステンレス無塗装の縁部分が狭くなっているのでシャープなデザインに仕上がっています。

 
EH500-63 の前照灯

EH500-63 の前照灯

 

どうでしょうか?

EH500形の中でも多数派の量産3次車ですが、東北本線で活躍する仙台配置車を細かく見てみるとこのような違いがあるのです。

線路モニタリング装置を搭載しているE233系3000番代の サハE233-3034

3連休に突入する数日前にプチ出撃してきましたので、今回はサクッと1枚だけ形式写真をアップしたいと思います。

 
床下に線路モニタリング装置を取り付けている小山車両センター(宮ヤマ)U234編成の14号車、付随車の サハE233-3034 です。

 
サハE233-3034

サハE233-3034(宮ヤマ)  2018年11月22日 久喜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

現在、小山車両センター(宮ヤマ)配置のE233系3000番代は黒磯・前橋から沼津・伊東・逗子までの広範囲で運用されています。

そのため、宮ヤマ配置の5両付属編成(U233・U234編成)のサハE233形3000番代(14号車)に線路モニタリング装置が搭載されています。

 
E233系の付随車両は床下機器の配置に余裕があるので、軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置をセットで搭載しています。

とはいっても、これらの機器類はジャンパ連結器が賑やかな車端部にまで取り付けているので、見た目にも楽しい模型化したくなるような特徴的な床下になっています。

 
停車直前まで床下のLED照明が線路を照らし、レーザプロジェクタの赤いラインが浮かび上がっているので、この状態を撮ってみたいのですが、走行中でないと撮れないのがもどかしいところです。

なんとか撮れないものですかね…

中央快速転用のためにオレンジ帯となった209系1000番代(クハ208-1001)

JR東日本は、中央快速線等にグリーン車サービスを導入すると発表しました。

この発表は2015(平成27)年2月に行われましたが、この時点では2020年度にサービス開始ということでした。

その後、使用開始時期を2023年度末に延期し、現4号車(モハE233形200番代)にトイレを設置する工事を2018年度から行う、という内容に訂正されました。

 
中央快速用のE233系(0番代)にグリーン車を組み込んで12両編成化するためには、所要両数のグリーン車を用意して短期間のうちに編成を組み替えることになると思います。

しかし、トイレの設置工事は1編成ずつ運用を離脱して、モハE233形200番代を改造しないといけません。
約4年間で58編成を順次離脱させないとトイレ設置工事ができないので、中央快速線の運用車を多くして予備車を確保する必要があります。

 
そこで白羽の矢が立ったのが常磐緩行線・千代田線用の209系1000番代です。

 
2018(平成30)年10月13日の「ありがとう209系常磐線各駅停車引退の旅」を最後に常磐緩行線運用から離脱した松戸車両センター(東マト)の209系1000番代。

10両編成2本しか存在しない少数派の209系1000番代でしたが、この8月に常磐緩行線・千代田線運用から離脱していたマト81編成がオレンジ帯に変更され、豊田車両センター(八トタ)に回送されていました。

そして、先週の金曜日(11/16)から豊田〜大月間で試運転が開始されたので、オレンジ帯に変更された209系1000番代の形式写真を2枚だけ撮ってきました。

 
ということで、今回はそのうちの1枚、偶数向き制御車(T’c)の クハ208-1001(八トタ)をアップしたいと思います。

 
クハ208-1001

クハ208-1001(八トタ)  2018年11月19日 大月駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

カラー帯がこれまでのエメラルドグリーンからオレンジに変わったので違和感を覚えます。でも、この姿に慣れていかないとね…

 
209系1000番代が中央快速線で使われるのはトイレ設置工事が終わる2023年度末までですが、今回未撮影の形式もあるので引き続きウォッチングしていこうと思っています。

 
高尾駅の側線に留置される運用に入るといいのですが…

どうでしょうね〜