形式写真

鹿児島本線などで活躍する817系で唯一の中間電動車(モハ817-3004)

台風13号の接近にからんで2日間ほど最高気温30℃以下の涼しい日が続きましたが、これも予報どおり長続きしませんでした。

8/9(木)からは最高気温33度以上…

 
この夏も青春18きっぷと車中泊を併用して遠征しようと考えていましたが、これだけ暑いと趣味活動はできませんよね…

夜間の最低気温が25度を下回って、夜中に気持ちよく就寝できるようになるまでは無理そうです。

 
連日の熱帯夜をきっかけに不眠症から抜け出せなくなっているので、しばらくは不要不急の外出を避けようと思います。

 
 * * *

 
大糸線用のE127系に続いて涼しげなカラーリングのJR車両を用意しようと思いましたが、好適な形式写真が見つかりませんでしたので、今回からは寒いなかで撮影した写真をアップしていきたいと思います。

先日、NHKテレビの「ブラタモリ」で門司港駅が採り上げられていましたが、今年(2018年)1月に寒くて涙目になりながら数時間滞在してましたので、今回はそのときに撮影した真っ白な車体の817系を選んでみました。

九州北部の都市圏輸送用として鹿児島本線などで活躍する817系3000番代の中間電動車、モハ817-3004(本ミフ)です。

 
モハ817-3004

モハ817-3004(本ミフ)  2018年1月11日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR九州の817系は2001(平成13)年から製造された近郊形交流電車ですが、アルミニウム無塗装車体(現在は銀色に塗装)に転換クロスシートを装備する0・1000・1100番代と、真っ白の車体にロングシートの2000・3000番代の2種類に大きく分けることができます。

白い車体のロングシート車は2012(平成24)年から製造されましたが、編成両数の違いにより福北ゆたか線(筑豊本線・篠栗線)用の2000番代(2両編成)と九州北部の都市圏輸送用の3000番代(3両編成)の2つのグループに分けられます。

 
2000番代グループ以前の817系はローカル線区に投入されたので2両編成を基本としていますが、1000番代以降は将来中間電動車が組み込んで3両化できるように容量の大きい主変圧器を搭載しました。今のところ、813系0・100番代のような3両化は行われていません。

817系3000番代は813系と同様に運用されることを前提に設計されたため、当初から中間車を電動車とした3両で組成され、新形式のモハ817形(3000番代)が中間に連結されました。

 
このグループは側面の行先表示が各車の車体中央部付近にあり、中間車のみ強制換気装置が屋根上に搭載されています。

従来車の813系とともに鹿児島本線(小倉〜荒尾間)の快速列車に充当されるため、ヨーダンパ付きの台車(DT404K)を履いています。

 
後継車と思われる腰高デザインの821系先行試作車が2018(平成30)年2月に落成したため、817系3000番代は3両編成11本だけのグループに終わりそうです。



この形式写真に関連するタグ: 817系 , JR九州

比較的最後まで残っていたE127系100番代の未更新車(クハE126-108)

台風13号が関東地方に接近したおかげで最高気温が25度で留まり、だいぶ涼しくなりました。

相変わらず湿度は高いままですが、一時期のような酷暑から逃れることができました。

 
ここまで涼しくなると、予告したクハE126形100番代の未更新車に拘らなくてもいいのかなぁ〜、と思いましたが、せっかくの機会なので クハE126-108(長モト)の1-3位側をアップしたいと思います。

撮影当時、クハE126-108 を組み込むモトA8編成は未更新でしたが、2018(平成30)年1月に電気機器の更新工事が実施されました。

 
クハE126-108

クハE126-108(長モト)  2017年9月16日 信濃大町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

前回アップした機器更新車の クハE126-104 は1-3位側にトランスフィルタ装置と断流器箱が床下の中央部付近に並んで配置されていましたが、未更新車の クハE126-108 は同部分に静止形インバータ装置(SIV、SC52)と断流器箱が配置されています。

その後位側に見えた元空気ダメのタンクも未更新車にはありません。

未更新車(クハE126-107)の2-4位側の床下機器を見てみると、車体中央部付近に線路方向に元空気タンクが取り付けられていますので、機器更新の際に後位側に移設されたものと考えられます。

 
一般的に、付随車両の機器更新工事は機器の取り替え程度で、機器の配置が変化することはほとんどありません。

しかし、クハE126形100番代は前位台車の後部に汚物処理装置が配置されているため、ぎ装スペースの関係でE129系と同タイプのSIVが取り付けられなかったものと考えられます。

 
このような疑問は現車を確認すれば簡単に解決します。簡単に行ける距離ではないですけどね…

すでにE127系100番代の機器更新工事は完了しているので、もう少し涼しくなったら信濃大町駅を訪ねてE127系100番代を撮りたいと思います。

 
今なら大糸線乗り入れの特急「あずさ」でE257系の各車両が撮影できるので、遠征リストの優先順位を上げて取り組んでみます。

そして、新潟車両センター(新ニイ)に配置されているE127系(0番代)も機器更新車なので、こちらも撮っておいた方がいいでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: E127系 , JR東日本

涼しげなカラー帯をまとう大糸線用のE127系100番代(クハE126-104)

今年の夏は例年以上に暑いですね!!!

 
夏が苦手な私としては、毎年同じようなことを書いているような気になっていますが、今夏の暑さは殺人的です。

梅雨明けが早く、しかも6月下旬から最高気温が30度以上の真夏日が…

7月に入るとさらに最高気温が上がり、35度以上の猛暑日が連続すると、もう日常生活なんて送れませんよね。

 
早々と夏バテになってしまい、サイトの更新も止まってしまいました。

これは一種の自己防衛ですね…

でも、申し訳ありませんでした。

 
こんな暑い最中、明日(8/5)から夏の甲子園が開幕します。

毎年思うのですが、かつてよりも最高気温が上がって生命活動すら危うい8月の真夏日に、将来のある高校生を晒す“残酷ショー”はどうにかならないでしょうか。

 
高校野球は私立高校の宣伝の場になって久しいですし、すでに若い人たちにとって野球はそれほどメジャーなスポーツではありません。

ニュース番組で、災害級の酷暑が続いていることを報じている、その数分後には“残酷ショー”たる甲子園予選を何食わぬ顔で報道していることがありますが、その変わり身の早さはいったい何なのでしょうね?

理解に苦しみます。

 
大人のビジネスに高校生を消耗品のように巻き込むのはやめた方がいいと思います。

この暑さは根性で乗り越えられるというレベルではありません。

 
でも、球児が亡くなる事態が発生しないと変わらないんだろうなぁ〜

 
 * * *

 
久しぶりのブログがこんな内容になってしまい、大変申し訳ございませんでした。

 
少しでも涼しげなカラーリングのJR車両をアップしようと思い、ここ1〜2年の写真を探していたところ、好適な形式写真がありました。

大糸線用として1998(平成10)年に登場したJR東日本のE129系100番代の偶数向き制御車(Tc’)、クハE126-104(長モト)です。

 
クハE126-104

クハE126-104(長モト)  2017年9月16日 信濃大町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真の クハE126-104 を組み込むモトA4編成は1998(平成10)年11月に川崎重工業で製造されましたが、車齢18年を迎えた2017(平成29)年2月に電気機器の更新工事がおこなわれました。

主回路機器を中心とした機器更新でしたが、クハE126形についても補助電源装置のSIVがE129系タイプのSC103Aに換装されました。

この関係でトランスフィルタ装置(ICD38A)と断流器箱(LB90A)もE129系タイプに交換されたため、写真のように非公式側(1-3位側)の床下機器配置が大きく変わりました。

 
今回の クハE126-104 の写真だけでは変わった部分が分からないので、次回は未更新車をアップしたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: E127系 , JR東日本

湘南帯もすっかり板についた東北本線のクハ204形600番代(クハ204-612)

たまたまタイミングが合わなくて1年近く下書きのまま放置されていた形式写真がありましたので、今回は湘南帯の205系600番代をアップしたいと思います。

 
最近は、滞泊先を狙わないと撮影できない形式を夏至前後の時期に撮るようにしています。

昨年(2017年)は黒磯駅の新幹線高架脇に行って上野方の偶数車、クハ204形600番代(クハ204-612)を撮りました。

奇数車(青森方)のクハ205形600番代は宝積寺駅で行けば撮れますが、偶数方は簡単に撮ることができません。
宇都宮駅で撮れることがありますが、ダイヤ改正ごとに留置場所が変わったり、ダイヤが乱れないと撮れなかったりするので、地元ファンでないと追いかけることができません。

以前、日光線色時代の クハ204-603(現在は“いろは”に改装) を宇都宮駅で撮ったことがありますが、この場所に留置されるのは希なケースです。

 
湘南帯のクハ204形600番代を撮るなら反対側の2位側を撮りたいと思っていたところ、一昨年(2016年)の福島遠征で暗いなか黒磯で205系を確認したので、再度訪問して撮影したのが今回アップする クハ204-612(宮ヤマ)です。

 
クハ204-612

クハ204-612(宮ヤマ)  2017年5月14日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

こちらのブログでは、50mmレンズ(COSINA Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZF.2)と45mmレンズ(TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD)の2種類で撮影した形式写真を掲載していますが、実は標準レンズをもう1本所有しています。

上の写真をクリックして拡大すると使用機材のクレジットが“COSINA Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N”となっているとおり、58mmレンズも使っています。

 
COSINA Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N

COSINA Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N

 

“Voigtländer”(フォクトレンダー)なんて聞き慣れないブランドですが、Nikon マウントの“CarlZeiss”レンズを製造している“COSINA”製のレンズです。

やや広角気味のときに使っている TAMRON の45mmレンズ(F013)よりも描写性が優れています。さすが“COSINA”です。

 
このレンズはすでに販売終了になっていますが、現在は後継モデルの“COSINA Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II S”が販売されています。

後継モデルは品番が“N”が“S”になっただけですが、オールドレンズ風味が増した外観にマイナーチェンジされて、マニュアルフォーカス時代の Nikon レンズでお馴染みだったカニ爪が再現されています。

光学設計はそのままで定価が1万円ほど高くなってしまったので、残念ながら4万円でおつりがくるほどのお買い得感はなくなりました。

 
後継モデルも小さくて軽いので、“今日は少し遠くに止まっている車両を撮るぞ!”というときには好適なレンズだと思います。

 



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

過去のものとなった灰色スカートのキハ183形4550番代(キハ183-4560)

久しぶりの更新になります。

約1ヶ月のあいだ、ほとんどブログの更新ができなくて申し訳ありませんでした。

 
前回の「列伝シリーズ01 あずさ列伝」に引き続き今回も「名列車列伝」シリーズの形式解説を執筆していました。

かつての形式本の完全改訂版を兼ねた位置付けとして受け取っているので、かなり気合いを入れてまとめ上げました。

 
「列伝シリーズ02 北斗列伝」というタイトルですので、最近も話題のキハ183系だけでなく、キハ281系、キハ283系、キハ261系まですべてのJR北海道のディーゼル特急車両を網羅しました。

きちんと数えてみたところ、76枚の形式写真が掲載されていますので、本書の半分近くがJR北海道の国鉄/JR車両ガイドブックとして楽しめるようになっています。

 
列伝シリーズ02 北斗列伝

 

これなら、Amazon でオレサマ価格で流通している「国鉄型車両の系譜シリーズ 8 形式キハ183・185系」を無理して買わなくで済むでしょう。

 
1980・1990年代の形式写真も可能な限り別のカットをスキャンしましたし、キハ183系の形式図についても台割の関係で前回は掲載できなかった「サロベツ」用改造車の2枚も台割を工夫して何とか入れました。

いつものように、すべての形式写真の構図と色調ができるだけ同じになるように調整しましたので、写真集として見ても目に優しい本になっています。

ムック本の性格上、鉄道ピクトリアルのような突っ込んだ内容にはなっていませんが、キハ183系全体を俯瞰するにはちょうどいい内容になっています。

 
是非、キハ183系の入門書としてお手元に置いていただきたいと思います。

 
7月19日(木)の発売です。

すでに、Amazon では予約ができるようになっていますので、上の表紙写真をポチッとしていただけるとありがたいです。

 
 * * *

 
今回は「列伝シリーズ02 北斗列伝」では使わなかった形式写真をアップしたいと思います。

 
いつものように形式写真を掲載する場合はカーテンやブラインドが閉じていないカットを選択していますので、今回も泣く泣く未掲載となった写真がたくさんあります。

今回はその中の1枚、2016(平成28)年6月に重要機器取替工事によりキハ183形4550番代に改造されてしまった キハ183-4560(函ハコ)をアップします。

 
キハ183-4560

キハ183-4560(函ハコ)  2015年9月3日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ281系「スーパー北斗」のデビューに合わせて特急「北斗」も130km/h化することになりましたが、キハ183系550・1550番代(NN183系)をすべて130km/h対応車(キハ183形の場合は3550番代)に改造してしまうと120km/h対応車の予備車が不足するため、先頭車のキハ183形については120・130km/h両用車の4550番代が用意されました。

キハ183形4550番代は苗穂工場で5両が改造されましたが、「北斗」に充当されたのは キハ183-4560〜4562 の3両です。
こちらは五稜郭車両所で全検を受けていたためスカートが灰色になっているのが特徴でした。

 
この3両は 2015・2016(平成27・28)年に重要機器取替工事が実施されて駆動用機関がキハ261系タイプに換装されたので、キハ183-9560〜9562 に改番されてしまいました。

写真の キハ183-4560 も現在は キハ183-9560 と名乗っており、下回りを中心に大きく改装されました(偶然ですが、改造後もほぼ同じ場所で撮影しています)。

キハ183-4560 時代に客室がグレードアップ指定席に改装されているので、2018(平成30)年3月の「北斗」運用終了後に苗穂運転所(札ナホ)に転属となり、この7月からは特急「オホーツク」に使用されています。

 
HET色と呼ばれるグレー系の塗色をまとっていますが、ブルー部分が現在のラベンダー色と違っていますので、これも改造前の「北斗」運用車の特徴となっています。

未改造のキハ183形4550番代は現在も元札幌配置車の2両が札ナホにいますが、このような特徴は見られませんので、この姿も過去のものとなっています。

 
キハ183系も細かく見てみると現在進行形で外観が変わり続けていますので、これからもその姿を記録していきたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系