形式写真

準寒地向けトイレ付きの機関換装車 キハ48形6000番代(キハ48 6001)

7月に入ってからも遠征に出ているので遠征報告を忘れないうちに書きたいところですが、これを始めてしまうとJR東日本の車両がまた続くことになるので、前回に引き続き少し西日本方面の車両をアップしてみようと思います。

 
いきなり九州では西方に行き過ぎになるので、今回は2016(平成28)年3月に全廃となったJR東海のキハ40系の中から1区分1両の存在だったキハ48形6000番代、伊勢車両区(海イセ)の キハ48 6001 をアップしたいと思います。

 
キハ48 6001

キハ48 6001(海イセ)  2015年3月7日 一身田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ48形6000番代はトイレなしの1000番代からの改造車です。

キハ48形1000番代はコイルバネ台車(DT22D/TR51C)を履いた準寒地向け仕様で、1981年(昭和56年)から1982年(昭和57年)に製造されて 1001・1002 の2両が高山本線用として当時の美濃太田機関区(名ミオ)に配置されました。
キハ40形2000番代のような暖地向けグループでないので、キハ40形500・1500番代など寒地向けのグループと同様に出入台(デッキ)とのあいだに仕切りが設けられています。

1000番代はぜんぶで4両しか製造されませんでしたが、名ミオの2両はそのまま国鉄からJR東海に引き継がれました。

 
キハ40系共通の問題点として、約36tの自重に対して連続定格出力220PSはあまりにも非力だったため、JR東海ではキハ40系の駆動機関(エンジン)を換装する工事を進めました。キハ48 1001 は1997(平成9)年4月に名古屋工場で機関換装されて キハ48 6001 となり、カミンズ製のエンジン(C-DMF14HZB)搭載されました。

キハ48 1002 も キハ48 6002 に改造されたため6000番代は2両となりましたが、2000(平成12)年2月に キハ48 6002 がワンマン対応に改造されて キハ48 6302 となったので、それ以降キハ48形6000番代は キハ48 6001 の1両のみとなってしまいました。

 
以前にも書きましたが、JR東海のキハ40系は少数派区分が多く、撮影者泣かせの存在でした。

国鉄からJR東海に引き継がれたキハ40系はそれほど多くないのに、片運転台のキハ48形だけを見ても、① トイレの有無、② 耐寒耐雪構造の有無、③ ワンマン運転対応の有無で改番されたので、これだけで8区分。

これとは別に、本格的な機関換装が始まる前に先行的に機関換装したトイレ付きのグループ(3500番代)も存在していました(第1期機関換装車)。しかも、3500番代はワンマン対応改造により全車が3800番代に改番されていったので、JR東海のキハ48形は10区分にまで膨らみました。

 

この改番劇を系譜図のかたちで整理すると次のようになります。

 
JR東海キハ48形の系譜図

JR東海キハ48形の系譜図 ※両数は2017年4月1日現在

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

如何でしょうか?

複雑でしょ…

 
キハ48形以外にキハ40形とキハ47形にも多数のバリエーション…

JR東海のキハ40系を本格的に撮りはじめたのが2013(平成25)年。ギリギリでしたね。

あのときは運用と天気予報ばかりチェックしていたような。



この形式写真に関連するタグ: JR東海 , キハ40系

“京都鉄道博物館”ラッピングで活躍したホシW16編成の クモハ223-3015

先日、珍しく鉄道グッズを買いました。

 
端から見て鉄道趣味人であることを悟られるのがイヤなので鉄道関連グッズを買いませんが、ネットでたまたま実用的なガジェットが目に留まったのでポチッとしてしまいました。

関東人には馴染みのない鉄道デザインですし、しかも鉄道車両のようにすぐに分かるものではないので、このくらいなら1つ持っていてもいいかなぁ〜、と。

 
これまでは 2,700mAh のコンパクトなモバイルバッテリーを持ち歩いていましたが、スマートフォンを iPhone 6s Plus に替えてからは本体のバッテリー容量が 2,750mAh と大きくなってしまったので、モバイルバッテリーが予備として機能を十分に果たさなくなってました。

致命的な問題ではなかったので従来のモバイルバッテリーを使ってましたが、先月までの遠征のように鉄道移動が続くと 2,700mAh のモバイルバッテリーでは心許ないという結論に至りました。

でも、日常では困ってませんからね…

そんなときにたまたま見付けたのが 『JR西日本編!“種別表示スマホバッテリー”の「新快速」』。

 
JR西日本編!“種別表示スマホバッテリー”「新快速」

 
フォント&方向幕好きにはたまらないガジェットですよね…

 
「新快速」で使用される223・225系は最近になって路線記号入りの方向幕に交換されているので、このモバイルバッテリーにも敦賀~姫路間(北陸線・琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線)を意味する“A”が入っています。

全国各地で路線記号と駅ナンバーの導入が進められていますが、地理に不案内な人にとても優しいシステムです。

遠征などでよく外国人に声を掛けられますが、これなら説明するときにも役に立ちます。
また、駅名が読めなくてもなんとかなるので、非常に助かります。

 
ということで、今回は「新快速」で使用されている車両をアップしたいと思います。

でも、一般的な223系や新しい225系をアップしても芸がないので、1年前にほんの数ヶ月だけ存在した“京都鉄道博物館”ラッピング車両をアップします。網干総合車両所(近ホシ)の クモハ223-3015 です。1年前なので路線記号も入っていません。

 
クモハ223-3015

クモハ223-3015(近ホシ)  2016年5月25日 守山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

2016(平成28)年4月29日に開業する京都鉄道博物館をPRするため、近ホシの223系W18編成にラッピングが施されて同年2月に新快速運用に就きました。同年4月にはW16編成にも同様のラッピングが施されました。

ラッピング車両の運行は5月末ごろまでだったようなので、追加でラッピング加工されたW16編成は1ヶ月ほどで元の姿に戻されたことになります。

 
ちょうど1年前は関西遠征を続けていた時期だったので、タイミングよく223系の“京都鉄道博物館”ラッピング車両が撮れたということです。

でも、このときはラッピング車両を追いかけていたのではなくて、編成のMT比を1:2に近づけるために後位台車の1軸を付随軸として0.75M車としたクモハ223形3000番代を撮りたかっただけなんですけどね…



この形式写真に関連するタグ: 223・125系 , JR西日本

線路設備モニタリング装置を追設した盛モリの クハ700-1015

先月(6月)の北海道・東北遠征の報告が停滞していますが、今回は“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”の最終日(5日目)、6/25(月)の話しです。

 
この日は前日(6/24)に撮影できなかった快速「はまゆり」のキハ110系0番代がターゲット。

朝5時過ぎにはホテルを出て盛岡駅に向かい、同列車に優先的に充当されるリクライニングシート装備車が運よく撮影できましたが、露出不足のため色調調整にもっと時間を掛けたいレベルの出来の撮影でした。
決して失敗ではないのですが、安全を見て余裕があるときにレタッチしたいと思います。

 
早朝の撮影後、釜石線のドン行で釜石に向かいましたが、ピーカンになってしまったので撮影機会は訪れませんでした。

帰りに北上駅に寄ってキハ100形を撮影するつもりで新花巻で下車し、北上まで「はやぶさ」で移動。
曇天の下で、いい形式写真が撮れそうでしたが、在来線ホームに行ってみると撮影不可能な1番ホームにキハ100形が停車していたので、撮影できず。

すぐに停車中の「はやぶさ」に戻ってそのまま東京まで戻り、夕方には帰宅しました。

最終日の「はまゆり」後はロケハンの心づもりだったので、乗りテツを楽しんだ1日でした。

 
大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)

 

初めて“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”を使って遠征してみましたが、鉄道移動に拘りすぎた感があり、そのために成果が上がらなかったような気がしています。

今回は特急「ライラック」の789系0番代を撮る気持ちが強かったので、それが裏目に出たのかも知れません。

 
こんどの遠征は数日先の天気予報は当たらないものとして、もっと短期間で少ない撮影場所を巡る遠征に軌道修正してみたいと思います。

 
 * * *

 
上記のとおり遠征最終日(6/25)に撮影した写真はすぐに用意できないので、今回はその前日(6/24)に撮影した盛岡車両センター(盛モリ)の クハ700-1015 をアップしたいと思います。

盛モリには線路設備モニタリング装置を追設したクハ700形が2両いますが、クハ700-1015 はそのうちの1両です。

 
クハ700-1015

クハ700-1015(盛モリ)  2017年6月25日 盛岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR東日本はJR東日本管内を走行している営業車両の一部に線路設備モニタリング装置を搭載し、線路状態の変化をモニタリングしています。

線路設備モニタリング装置は、下写真のように軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置から構成されています。
この装置を搭載した編成が走行(営業運転)するたびに、軌道状態の小さな変化や異常を確認することができます。

 
クハ700-1015 の線路設備モニタリング装置

軌道材料モニタリング装置(左側)と軌道変位検測装置(右側の2つの機器)

 

軌道材料モニタリング装置は、レールや枕木を押さえる締結装置などの材料状態を濃淡カメラで撮影するものです。車上装置内のSSDに画像データが収録されるので、定期的に取出し解析して線路設備関係材料の変化を抽出しています。

一方、軌道変位検測装置は、加速度計とレーザー照射により線路の歪みなどの状態を検査するものです。
収録された測定データは無線通信によってクラウドサーバーに随時転送されるので、その後の解析によって軌道変位が進展した箇所が特定できるようになっています。

 
East i・E と East i・D の2編成の電気・軌道総合試験車だけでJR東日本全線の線路状態を常に把握することはできないので、“MUE Train”での試用を皮切りに線路設備モニタリング装置の搭載が進められました。

これまで、モニタリング装置の取り付けは701系、E231系、E233系、E235系、E129系などのJR世代の車両で見られましたが、最近になって205系(600番代)にも線路設備モニタリング装置が取り付けられました。

 
この数年のうちにJR東日本管内すべての電化区間を網羅するように線路設備モニタリング装置が取り付けられるのでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本

北上線運用に入っているパイプスカートのキハ100形1次車(キハ100-7)

半月以上も遅れて北海道・東北遠征の記録を書いていますが、今回は4日目、6/25(月)の続きの話しです。

 
前回は話しの流れからEH500形量産車のトップナンバー機(EH500-1)をアップしましたが、遠征4日目の目玉はEH500形ではなくてキハ110系でした。

 
キハ110系はJR東日本が開発したローカル線用気動車で、投入線区に応じて両運転台または片運転台、車体長も16m級と20m級と多彩なバリエーションを持ったグループです。

平成2(1990)年に試作車が登場し、16m級車体のキハ100形と、急行「陸中」用として回転リクライニングシートを装備した20m級車体のキハ110形の2形式がこのときに起こされました。

このときに落成した試作車はブラックフェイスで、当時の鉄道ファン誌(1990年4月号)の表紙を飾るほどの斬新なデザインでした。

 
鉄道ファン 1990年4月号(No.348)

鉄道ファン 1990年4月号(No.348)

 
1990(平成2)年ごろは追いかけていた救援車(客車)がほとんどが解体され終わった時期で、次なる被写体を求めていたときでした。

ちょうどその頃に登場したのがキハ100形。
ブラックフェイスのキハ100形が気になったので北上駅に行ったことがありましたが、量産車1次車(キハ100-5〜8)が落成したあとで、行ってみたらすでに現在のおとなしい塗り分けになって空振りでした。

今回はそのとき以来の北上訪問ですから、約25年ぶりです。

 
北上線を受け持つ一ノ関運輸区(盛イチ)はその後の増備でパイプスカートを廃止した量産車2次車ばかりになってしまったので、キハ100形の試作車(キハ100-2・4)または量産車1次車(キハ100-5〜8)を撮影するのは至難の業。

そんななか、遠征4日目の早朝に2両も量産車1次車が北上駅に来てくれたのですから、なかなかの強運です。

試作車の キハ100-2・4 が来てくれたらよかったのですが、北上駅では特徴側となるトイレ側を撮ることができないので、これについては別の機会を考えた方がいいようです。

 
遠征4日目(6/25)はEH500形量産機のトップナンバーを撮る前に地味な成果がありましたので、今回はそのときに撮影した キハ100-7(盛イチ)をアップしたいと思います。

 
キハ100-7

キハ100-7(盛イチ)  2017年6月25日 北上駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系

EH500形量産車(ECO-POWER 金太郎)のトップナンバー機 EH500-1

半月遅れの遠征記録になってしまいましたが、今回は“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”を使った北海道・東北遠征の4日目、6/25(月)の話しです。

 
北海道遠征のつもりで6/22(木)に北海道入りした遠征でしたが、天気予報の翻弄された最初の2日間がほとんど成果なし。

でも、遠征3日目だった前日(6/24)の午前中が好調だったので何とか巻き返しましたが、天気予報不信が根深くて後半の予定が立てられなくなってしまいました。

もう幾日か北海道に滞在してもよかったのですが、手薄になっている東北地方のJR車両を撮っておいた方が得策ではないかと思い始めてきたので、前日は14時過ぎに深川駅での撮影を切り上げて岩手県の北上まで長距離移動しました。

 
4日目(6/25)は早朝から東北本線北上駅で北上線のキハ100形を撮影。

すぐに東北新幹線で盛岡に移動し、先に盛岡入りしていた形式写真仲間の冨田さんさんと一緒に盛岡車両センター(盛モリ)の701系電車とキハ110系を撮影しました。

盛岡駅で撮影するのは20数年ぶり。
「はつかり」の583系や赤帯のキハ58形1500番代を撮りに行ったとき以来でした。

 
現在の盛岡駅は10時過ぎになると撮影可能な車両がほとんどいなくなる寂しい駅です。

ですので、昼前に山形方面に移動するつもりでしたが、その日は14時過ぎにEH500形のトップナンバー機が盛岡駅に入線する運用情報が確認できたので、休憩ついでにそのまま盛岡駅に留まることにしました。

今回の遠征は毎日朝が早く夜が遅い日が続いたので、これ以上移動できるほど体力は残っていませんでした。今回は広域フリーきっぷを使ったので、曇りを求めての長距離移動ばかりでしたからね…

 
この日は半日の滞在でEH500形の3次車初期形の EH500-10・11 も撮影できたので、試作機の EH500-901 が撮れれば一通りのEH500形の形態区分が揃うところです。
でも、EH500-901 は東芝に無動力輸送されてしまったので、撮れず仕舞いになってしまうかも知れませんが。

 
先ずはEH500形量産車のトップナンバー機 EH500-1 が撮れて一安心ですので、今回は盛岡駅で撮影した同機をアップしたいと思います。

 
EH500-1

EH500-1(仙貨)  2017年6月25日 盛岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: EH500形 , JR貨物