形式写真

SIVを搭載している武蔵野線用のモハ204形5000番代(モハ204-5062)

予告なしにブログの更新を半月ほどお休みさせていただきました。
申し訳ありませんでした。

 
7月中旬に発売されるムック本の執筆に取り掛かっていたからなのですが、それ以上に問題だったのは不眠でした。

まったく寝られない日や明け方まで眠気が来なかったりで、日常生活が送れないほどでした。早めに取り掛かっていた執筆もアタマが回らない日ばかりが続いたので想定より遅くなってしまいました。

 
昨日(6/14)までにほぼ終わりましたので、今日からブログを復活したいと思います。

少し余裕ができたので中断していたジョギングも再開し、家事をサボって気兼ねなく就寝できるように気持ちを切り替えました。

そして、今日(6/15)、プチ出撃をして気分転換してきました。

 
形式写真仲間の冨田さんのブログに「武蔵野線に転用された菱形パンタグラフのモハ209-512」という記事がありましたので、リハビリを兼ねてケヨM81編成の モハ209-512 を撮りに府中本町に行ってきました。

今日のM81編成は朝の混雑が一段落する時間帯に府中本町に入線する運用だったので、きれいに撮れるだろうと期待して駅ホームで準備していたら「デジタル形式写真館」の横山さんに声を掛けられました。

横山さんも同じことを考えていたようで、2人で三脚を並べて モハ209-512 を撮りました。

予想どおり乗客が少ない状態できれいに撮りましたが、このときの写真はすでに横山さんがサイトにアップしていますので、こちらをご覧いただければと思います。

 
ということで、こちらは今だったら普通に走っている SIV(SC66B)搭載のモハ204形5000番代、モハ204-5062(千ケヨ)をアップしたいと思います。

 
モハ204-5062

モハ204-5062(千ケヨ)  2018年6月15日 府中本町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国鉄形車両の電動車は2両を1ユニットとして編成を組みます。

2両ユニットのうち奇数形式(205系の場合、モハ205形)に制御装置が搭載され、偶数形式(205系の場合、モハ204形)に補機類が搭載されます。

なので、モハ204形には補助電源として電動発電機(MG)が搭載されますが、武蔵野線で使用されている205系5000番代は山手線から転用された車両が主体になっているので、MG未搭載のモハ204形も武蔵野線に転用されました。

 
しかし、MGは国鉄時代の設計のもので新造することができない機器だったので、新しい静止形インバータ(SIV)をモハ204形の一部に搭載することにしました。

このときの編成組み換えおよび電動車ユニットのインバータ制御化改造にともなう改番を整理すると下図のようになります。

 

上段:ヤテ 55編成(東京総合車両センター←旧山手電車区)

ヤテ55編成からケヨM31編成への組み換え

下段:ケヨ M31編成(京葉車両センター)

上の編成図をクリックすると大きく表示されます。

 

M31編成に組み込まれなかった165番ユニットは、インバータ制御化されて5067番ユニットとなりM34編成に組み込まれました。一方、余った6ドア車 サハ204-68 は廃車されました。

 
山手線の205系の大転用劇も約15年前の話しなんですね…



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

中央総武緩行線から武蔵野線に転用されたE231系0番代(クハE231-13)

先週の水曜日(5/23)に引き続き昨日(5/30)も早起きして209・E231系を撮りに高麗川に向かいました。

ベストコンディションで川越・八高線用のE231系3000番代が撮れると思って出掛けたものの、移動途中でE231系の運用予想がハズレていることが分かったので、八王子で八高線に乗り換えるのをやめました。

 
新たなターゲットは、武蔵野線に転用されたE231系0番代やメルヘン顔の205系… ということで、府中本町に向かいました。

武蔵野線用のE231系(8両編成)は京葉車両センター(千ケヨ)に3本ほど配置されていますが、昼間まで動く運用に就いていたのは1本だけ。

府中本町での撮影だけでは枚数が稼げそうになかったので、市川大野に滞在して武蔵野線用の205・209・E231系を地道に撮ることにしました。

 
昨日(5/30)は形式写真に好適な曇りだったので、千ケヨの205・209・E231系を一通り撮ることができました。

運用の関係で撮れなかった特徴車もあったので、205系が激減する前に市川大野にもう1回行けば目的は果たせそうです。

 
ということで、今回は地味な成果の中から今のところ少数派形式となっているて武蔵野線用のE231系をアップしたいと思います。

元中央・総武緩行線のミツB13編成で、現在はケヨMU32編成に転用されている クハE231-13(千ケヨ)をアップしたいと思います。

 
クハE231-13

クハE231-13(千ケヨ)  2018年5月30日 市川大野駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E231系 , JR東日本

2月から川越・八高線で活躍しているE231系3000番代(クハE231-3002)

今回は、先週水曜日(5/23)のプチ出撃の続きです。

 
この日は朝5時30分過ぎにE233系の撮影が終わってしましたが、このまま戻って寝直すほど眠くはなかったので、その勢いのまま川越・八高線の高麗川駅(埼玉県日高市)へ移動することにしました。

 
川越線と八高線電化区間は川越車両センター(宮ハエ)の4両編成が使用されています。

これまでは、元山手線の205系3000番代とオリジナルの209系3000番代、そして元りんかい線(東京臨海高速鉄道)の209系3100番代が入り乱れていました。

しかし、山手線にE235系が投入されて大々的な車両転用劇が始まったため、宮ハエに元中央・総武緩行線の209系3500番代とE231系3000番代が転入してきました。

 
川越・八高線の4両編成は10本使用、1本予備で回しているので、通常は11本しか配置されていません。

205系3000番代を置き替えるために209系3500番代とE231系3000番代が2本ずつ転入し、この4本は2月から徐々に運用に入っています。

車両の置き替えの途中ということもあって、現在は一時的に5種類の車両が入り乱れた状態になっています。

 
ゆくゆくは209系3500番代とE231系3000番代の2種類に統一されると思いますが、まだ転入改造が終わっていないので、この状態はしばらく続くと思われます。

車齢の若い元りんかい線の209系3100番代(中間車)を考えるともったいない気がしますが、積み残しが出そうなほど混み合う八王子〜北八王子間のことを考えると、少しでも車体幅の広い車両で揃えておきたいところだと思います。

 
ということで、今回は元中央・総武緩行線のミツB6編成で、現在はハエ42編成に転用されている クハE231-3002(宮ハエ)をアップしたいと思います。

 
クハE231-3002

クハE231-3002(宮ハエ)  2018年5月23日 高麗川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E231系 , JR東日本

中央快速線用 E233系の奇数向き先頭車(クハE233-8)

ここ最近、寝られない日が続いていて、寝むいのに寝られないうちに朝になってしまいます。

 
もともと規則正しい生活を送るのが苦手なので仕方ないのですが… でも、1日の疲れが少しでも足りないと明け方まで寝付けません。

50歳を過ぎるとちょっとした油断でメタボになってしまうので、コナミスポーツに行ってトレーニングするようにしていますが、ハード気味なメニューをこなすことを考えるとせいぜい1週間に2日が限界ですよね。

困ったものです。

 
と、困ってばかりではいられないので、早朝にしか撮れないJR車両を求めて中央本線の高尾駅までプチ出撃してきました。

 
5月の下旬なら日の出は午前4時30分。

曇りの日でも 5時過ぎになれば十分に露出が稼げます。

こんな好条件なのに撮らないのはもったいないですし、圏央道のおかげでつきみ野からのアクセスがよくなったので、気軽に行ける環境になりました。

 
ということで、今回は2023年度末のグリーン車導入を前に大きな動きがありそうな中央快速のE233系0番代をアップしたいと思います。

東京方に連結されている奇数向き先頭車(Tc)の クハE233-8(東トタ)です。

 
クハE233-8

クハE233-8(東トタ)  2018年5月23日 高尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E233系 , JR東日本

7月から「オホーツク」「大雪」に投入されるNN183系(キロ182-7553)

2015(平成27)年3月に「安全投資と修繕に関する5年間の計画について」という発表がなされましたが、それ以降、JR北海道は着々とキハ183系の初期形車両を置き替えてきました。

・「オホーツク」の区間短縮(→「大雪」の誕生)
・「サロベツ」のキハ261系化(区間短縮)
・「北斗」のキハ261系化

これらの対策によってキハ183系の所要両数が大幅に減少したので、老朽化の激しい初期形車両のほとんどは廃車となりました。

 
現在、キハ183系が使用される列車は「オホーツク」「大雪」の4往復3運用だけです。

しかし、「オホーツク」「大雪」のグリーン車は半室タイプのキロハ182形が連結されているので、これを置き替えないと車齢35年超の車両はなくなりません。

6月まではキロハ182形が連結されるので、7月以降はどうなるのか?
JR北海道から発表はまだなのかと思っていたところ、ようやく7月以降の「オホーツク」「大雪」編成について発表がありました。

 
発表内容からハッキリと読み取れるのは、①ハイデッカー構造のグリーン車が連結されることと、従来は札幌方に指定席とグリーン車を連結していたのを ②「ライラック」と合わせるために遠軽方に指定席とグリーン車を連結するということだけでした。

プレスリリースでは接客サービスの説明だけすればいいので、これ以上を期待しても仕方ないのですね〜

 
「オホーツク」「大雪」の4往復3運用を機関換装したキハ183系7550番代(130km/h運転対応車のNN183系)でまかなうのは不可能ですが、かといってキハ183系500番代(N183系)のグリーン車2両(キロ182形500番代)を7550番代化するような動きは見られません。

ということは、2運用をNN183系編成、1運用をN183系編成にするなど、それぞれのタイプを使っていくことになるのでしょう。波動輸送はN183系編成でまかなう、とかね…

 
出力適正化改造車(パワーダウン)の400番代や旧「サロベツ」の指定席仕様車(シートピッチ拡大)もN183系に含まれますが、あまりに仕様がバラバラだと保守管理が大変なので、N183系は「北斗」で使用されていた原形に近いグループだけが残るのでしょうか?

7月1日の編成変更を待たないとその全容は分かりませんね。

 
ということで、今回は「オホーツク」「大雪」への転用が確定したNN183系のハイデッカーグリーン車、キロ182-7553 をアップしたいと思います。

 
キロ182-7553

キロ182-7553(函ハコ)  2017年11月4日 苗穂駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , プレス発表