形式写真

豊田〜青梅間で試運転を開始したトタ82編成の9号車(モハ209-1004)

松戸車両センター(東マト)の209系1000番代は、昨年(2018年)10月の団体臨時列車「ありがとう209系常磐線各駅停車引退の旅」を以て常磐緩行(千代田)線の運用から撤退しました。

この団体列車に充当されたマト82編成は運用離脱が遅かったのでマト81編成よりも大宮総合車両センターから出場するのが遅れましたが、1/25(金)に出場し豊田車両センター(八トタ)に回送されました。

これでようやく81・82編成の2本が揃いました。

 
早速、1月末からハンドル訓練と思われる試運転が盛んに行われるようになり、2/3(日)からは1本が青梅線に入線するようになりました。

 
試運転は営業列車の邪魔をしないように設定されているので、こういう情報にアンテナを張っていると普段は撮れない場所で形式写真が撮れることがあります。

 
雷鳥&サンダーバード列伝(列伝シリーズ04)」の執筆中は出掛けられないので撮影情報に耳を塞いでいましたが、ようやく自由に動けるようになったので、晴れ予報が外れた昨日(2/13)、青梅線の拝島駅に209系1000番代の中間車を撮りに行ってきました。

天気予報と違って雨が降りそうなほど薄暗い天気だったので迷うことなく拝島に向かいましたが、目的地に着いた途端に晴れ。

 
昨年(2018年)10月の北陸遠征以降、お天気に嫌われっぱなし。

いつも、晴れか雨。

交通費の無駄遣いばかりしています。

 
今回もダメかと諦めてましたが、たまたま薄い雲が掛かったときに試運転列車が入線し、何とか許容できるレベルでトタ82編成の9号車、モハ209-1004(八トタ)が撮れました。

でも、手前の右半分は晴れ、車体は駅舎の影、背景は晴れ。
あまりいい写真ではありませんが、営業運転に就いたらこういう構図では撮れなくなるので、記録程度と思ってご覧ください。

 
モハ209-1004

モハ209-1004(八トタ)  2019年2月13日 拝島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ダイヤ改正を前に撮り逃した車両を追いかけに行きたいのですが、天気予報をどう解釈していいか、怖いくらいに慎重になっています。

やっと昨日(2/13)、確定申告の準備も終わり自由の身になったので、撮影に行ったときくらい薄曇りの日になってくれると嬉しいのですが…

「雷鳥&サンダーバード列伝」の執筆が終わりました(写真はモハ681-205)

「雷鳥&サンダーバード列伝(列伝シリーズ04)」というムック本が2/21(木)に発売されます。

 
いつも“列伝シリーズ”でJR/国鉄車両の形式解説パートを執筆させていただいておりますが、今回は特急「サンダーバード」で活躍している681・683系とその改造車289系の全形式区分を解説いたしました。

今回はすべてJR西日本オリジナルの特急形車両ですが、車内設備ごとに番代区分された形式ばかりなので盛りだくさんな内容です。

 
形式図だけで42枚。

形式写真はなんと77枚。

まるで、形式ガイドブック…
すごいですよね。

我ながら、よく掲載できたな〜、と大満足な内容です。

 
特急「雷鳥」をタイトルに入れたムック本ですが、車両解説については国鉄時代の485系車両を振り返るのではなく、「サンダーバード」用として開発された681・683系を採り上げています。

ですから、懐古的な内容だけに終始するのではなく、JR西日本の特急形車両にもフォーカスをあてたムック本になっています。

 

 

この写真は、誤字脱字のチェックをしていたときを撮影したものですが、実際に出版される「雷鳥&サンダーバード列伝(列伝シリーズ04)」はすべてカラーページになっています。
当時の北越急行所属車についてはスノーラビット色をまとっていた時代のものが掲載されています。上の写真はチェック用のモノクロ印刷になっていますが…

編成の変遷も可能なかぎり細かく掲載しましたので、先行試作車の編成組み替えや方転がどのように行われたのかも描きました。

 
最近は国鉄車両を懐古する内容の鉄道本ばかり書店に並んでいますが、いま走っているJR車両にも注目してもらいたいので、これからも積極的に解説しく場を設けていきたいと思っています。

 
2/21(木)には書店に並ぶと思いますので、是非手を取っていただきたいと思っております。

 
 * * *

 
この流れを活かして 681・683系 のかっこいい先頭車をアップしたかったのですが、すでに見られなくなった形態の中間車をご覧いただくのもこのブログらしいと思いますので、少々地味な中間電動車、車掌室・事業用室付きの モハ681-205(金サワ)を選ぶことにしました。

北陸新幹線金沢延伸開業の直前は特急「はくたか」用の付属編成(サワW01編成)の8号車に連結されていました。

 
モハ681-205

モハ681-205(金サワ)  2014年11月3日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

モハ681-205 は1995(平成7)年4月に川崎重工業で製造された基本編成(サワT05編成)用の中間電動車でした。

 
金サワ T05編成

金サワ T05編成

 

681系が特急「スーパー雷鳥(サンダーバード)」で営業を開始した当初は、車掌室・事業用室付きのモハ681形200番代は6両基本編成の3号車に連結されていました。
となりのサハ681形200番代にプチカフェテリアが設けられていたので、基本編成が単独で運転される場合は唯一の車掌室が当車(3号車)に配置されたというわけです。

しかし、2001(平成13)年に改良増備された683系は車掌室の連結位置を4号車(サハ683形300番代)に変更したため、サワT05編成は気密性向上などの160km/h運転対応工事を施したうえで特急「はくたか」専用編成(サワW04編成)に転用されました。

 
約13年間、モハ681-205 はサワW04編成の3号車で活躍しましたが、北陸新幹線金沢延伸開業で「はくたか」から名古屋発着の「しらさぎ」に転用するため、2014(平成26)年10月にその準備としてサワW11編成の モハ681-8 と差し替えが行われました。

 
金サワ W04編成とW11編成の差し替え

金サワ W04編成とW11編成のモハ681形の差し替え

 

今回アップした写真は2014(平成26)年11月の撮影なので、編成組み替えが行われた直後に撮影したものになります。

 
それまでの基本編成3号車から付属編成8号車に移動しましたが、「しらさぎ」の付属編成は米原〜金沢間の区間増結がメインの活躍場所で車掌室は基本編成のサハ681形300番代を使えばいいので、付属編成に連結される当車の車掌室は要らなくなったようです。

結局、モハ681形200番代の車掌室・事業用室部分に設けられている下降窓は「しらさぎ」転用後に埋められてしまいました。

 
北陸新幹線金沢〜敦賀間が予定どおり2023年春に開業すると683系が大量に余まることになるので、681系がこれだけ活躍する姿が見られるのもあと4年ちょっとです。

一般に国鉄形車両に比べるとJR車両はあまり注目されませんが、「しらさぎ」転用後の681系も地道に撮影していきたいと思っています。

JR各社の“春の臨時列車のお知らせ”について(写真は クハE232-519)

昨日(1/18)、“春の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、3月からの撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表に直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)

JR四国

JR九州
JR九州(D&S列車)

 
 * * *

 

ここ数年の撮影活動が功を奏したようで、最近は撮影対象の形式(区分)が地味にレアな方向にシフトしています。

顔出しを撮るのが難しい車両を追いかけるなんていい例ですよね。
以前よりも余裕が出てきからです。

 
ということで、今回も撮れたときの感動が大きい、地味な車両を昨年暮れに撮ってきましたので、今回はそのうちの1枚をアップしたいと思います。

 
春の臨時列車にはぜんぜん関係ありませんが、青春18きっぷを使って撮ってきた車両。
臨時快速「青梅 奥多摩号」に充当されている、青661編成の クハE232-519(八トタ)です。

 
クハE232-519

クハE232-519(八トタ)  2018年12月23日 古里駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

オレンジ帯のE232系0番代は中央快速線や青梅・五日市線で使用されています。

しかし、このグループを各形式区分ずつ一通り撮るのは意外に大変なのです。

 
すべてが10両固定編成ではなく、青梅・五日市線にも入るので4・6両編成も用意されています。

編成両数が変わると必要となる装備が若干変わってくるので、形式が同じでもその仕様ごとに番代が起こされます。その結果、10両固定編成にしか連結されない形式区分、また、4・6両編成でしか見られない形式区分というのが出てきます。

 
オレンジ帯のE232系0番代には14種類の形式区分が存在しますが、この中で1つだけ普段の運用だけではどうしても撮れない区分があります。

それが、6両編成の偶数向き(大月・奥多摩・武蔵五日市方)先頭車、クハE232形500番代だったのです。

 
10年くらい前までは拝島駅や青梅駅留置線で気軽に撮れた車両でしたが、状況が変わってしまい撮れなくなりました。

クハE232形500番代なんて珍しくもなんともないですし、普通に顔を出している車両ですが、いざ形式写真を撮るとなると撮影場所がない困った車両なのです。

あけましておめでとうございます(写真は2019年に因んで モハ211-2019)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 
年末年始は奥さんの実家で過ごして、体重増加が心配なほどゆっくりしていました。

といきたかったのですが、2月に出版されるムック本の執筆がありましたので、実家の行事の合間と場所をなんとか探し頑張っておりました。

 
なお、年末年始のご注文につきましてはご注文順に梱包発送の手続きを行っており、すでに一部は出荷済みとなっております。
明日(1/6)までにはお手元に届きますので、もう少々お待ちいただきたいと思っております。

 
こんなかたちですでに平成最後の年といわれる2019年は始動しております。

これからもマイペースに突き進んでいきますので、改めまして本年もよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 
たまには“新年の暦年に因んだ番号の国鉄/JR車両を”と思って2019番の形式写真がないか探してみました。

電暖改造の旧形客車、113系、115系、キハ40形、キハ28形など、2000番代の車両を探しみたところ、首都圏に乗入れしている長野総合車両センター(長ナノ)の211系の形式写真がありました。

先頭車だったら華があってよかったのですが、中間電動車ユニットの2両でしたので、パンタグラフを搭載している方の モハ211-2019 をアップしたいと思います。

 
モハ211-2019

モハ211-2019(長ナノ)  2015年9月16日 高尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

耐寒形に改造された非ワンマン対応車のキハ75形1300番代(キハ75-1304)

この12月も何回か遠征に出ていましたので、すぐにレタッチしてブログにアップできるように用意してました。

でも、そのあとに時間が取れず放置してしまいましたので、そのうちの1枚をアップしたいと思います。

 
高山本線などで活躍するキハ75形は番代区分が多く、すべての番代をきれいに撮るには時間が掛かりそうだったので、12月19日にロケハンを兼ねて美濃太田駅に行ってきました。

天気予報が微妙で晴れそうな予感がしましたが、10時くらいまで何とか曇ってくれたので、ワンマン未対応のまま寒地仕様に改造されたキハ75形1300番代を撮りました。

 
今回は、非ワンマンの3両編成に充当されたときに撮影した キハ75-1304(海ミオ)をアップします。

 
キハ75-1304

キハ75-1304(海ミオ)  2019年12月19日 美濃太田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

久しぶりに美濃太田駅に行きましたが、国鉄形気動車のキハ40系と軽快気動車のキハ11形がいなくなって寂しくなっていました。

駅構内に入ってくる列車は、すべてキハ25形かキハ75形だけ…

ぜんぶ銀色のステンレス製車体です。

 
でも、たった2形式に統一された美濃太田車両区(海ミオ)の気動車ですが、いずれの形式も増備時期が長かった関係で番代区分が複雑なのです。

かなり…

 
それなのに、偶数向きの車両は撮影チャンスがほとんどなりません。

 
絶対に撮れない、なんてことはないので、この時期からロケハンをして撮影済みの形式区分を少しずつ増やしているところです。