形式写真

JR各社の“冬の臨時列車のお知らせ”について(写真は キハ140 2041)

昨日(10/19)、“冬の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、12月からの撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表に直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線鉄道事業本部 福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 

いよいよ日本列島も秋が深まってきて、輸送密度の低いローカル線でも駅構内の雑草が落ち着きそうな時期に入ったので、西日本方面をメインに撮影行脚に出ようかと画策しているところです。

 
一昨年(2016年)からJR九州の車両を撮っていますが、畜電池搭載形のハイブリッド気動車(YC1系)が量産される前にキハ40系などの国鉄形車両をしっかり撮っておきたいと思っています。

JR九州のキハ40系は自然災害で被災した2両が廃車されただけで現在も142両が健在なので、一通りのバリエーションを記録するには最後のチャンスかも知れません。

 
ということで、今回は1990〜1993(平成2〜5)年に機関換装してパワーアップしたキハ140形をアップしたいと思います。

 
キハ140 2041

キハ140 2041(本チク)  2017年2月23日 直方駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

機関換装車のキハ140形はJR九州に9両が在籍していますが、そのうち2両は「いさぶろう・しんぺい」「指宿のたまて箱」用に改造された観光用車両です。そのため、従来からの九州標準色で残るキハ140形は7両しかいません。

現在は配置区が3ヶ所に分かれていて、他形式と共通で使用されていることが多いので、キハ140形をピンポイントで追いかけるのは至難の業です。

 
九州標準色のキハ140形は鹿児島まで行かないと撮れないとあきらめていましたが、後藤寺線または日田彦山線に入るキハ31形の運用にキハ140形が入ることが分かったので、直方駅で入れ換えを行うタイミングに目を付けていました。

直方駅構内に邪魔がいなくなる時間帯に入れ換えでキハ140形が入ってきたので、これを撮影したのが今回の1枚になります。

 
すでに「いさぶろう・しんぺい」用の キハ140 2125 は撮っていますので、「指宿のたまて箱」「はやとの風」用共通予備車の キハ140 2066 が撮れればキハ140形の3形態がすべて記録できることになります。

キハ140 2066 は雑草の影響の大きい線区で使用されていますので、これからの季節が撮影シーズンということになります。

ですので、しばらく天気予報や雑草状況などをウォッチングしていこうと思っています。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ40系 , プレス発表

姫新線の岡山支社管内で使用されているキハ120形300番代(キハ120-330)

10月に入ってから首都圏は曇りがちな天気が続いているので、金曜日(10/12)に埼玉県までプチ出撃してきました。

ここで撮影した形式写真を掲載しようと思いましたが、パーツ写真も含めたかたちに整理してからアップした方がよさそうな気がしたので、別の機会に回したいと思います。

 
ということで、撮影後に放置していたカットを見られるレベルまでレタッチして救ってみた形式写真をアップしてみたいと思います。

岡山気動車区(岡オカ)に配置されているキハ120形300番代、キハ120-330 です。
同区のキハ120形は、津山線、因美線(智頭〜津山間)、姫新線(佐用〜新見間)、伯備線(新見〜伯耆大山駅間)、芸備線(新見〜備後落合間)で使用されています。

 
キハ120-330

キハ120-330(岡オカ)  2014年6月7日 津山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

岡山地区では当たり前に見られる暖色系のカラー帯をまとったキハ120形です。

岡山駅にも乗り入れているので簡単に撮れるといいのですが、背の高いテイモクが立ってしまい気軽に撮れなくなりました。
なので、2014(平成26)年の四国遠征のときに曇りエリアを探して津山駅に立ち寄ったときの写真です。

 
津山駅に到着したときは形式写真日和だったのですが、駐車場待ちをしているあいだにゲリラ豪雨をもたらしそうな雨雲が近づいてしまい、空は真っ黒。

空が暗くても露出そのものはシャッタースピードを下げれば何とかなりますが、まわりが暗くなったのでキハ120形の室内灯が煌々と輝くバランスの悪い写真になってしまいました。

豪雨になる直前に撮れたのに、これではね〜 みたいな。

 
レタッチに時間を掛けて救うほどのカットではないと思って放置してましたが、体質改善工事が終了する2021年度までに岡山色のキハ120形を撮り直しできそうもないので、室内灯の輝きを抑えるレタッチを試みてみました。

どうでしょうか?

自然な感じでしょ?



この形式写真に関連するタグ: JR西日本 , キハ120形

キハ261系1000番代の中間増結車 タイプ①(キハ260-1304)

昨晩(10/10)、編集と2人でささやかに「列伝シリーズ03 踊り子列伝」の打ち上げを行いました。

 
先月末から頭痛がひどくて日常生活が脅かされるほどで、ビールが美味しく楽しく飲めるか心配でしたが、悪化することなく杞憂に終わりました。

たまには都内に出ないとね〜
あと、「列伝シリーズ02 北斗列伝」の売れ行きがよいという話しを聞いたので、すっかり頭痛が吹っ飛んでしまいました。

 
列伝シリーズ02 北斗列伝

 

「北斗列伝」は、国鉄形のキハ183系はボリュームたっぷりだし、JR北海道オリジナルのキハ281・283・261系も可能な限り誌面を割いて形式写真を多数掲載したので、報われた感で頭がいっぱいになりました。

嬉しいですね〜

 
となると、さらに欲が出てくるもので、キハ261系のパートをあと1ページ分だけ枠取りしておけば、なんて思ってしまいます。

キハ261系の中間車は落成時期によって接客設備などの仕様が異なり、窓配置や準備工事だった簡易運転台の有無などのバリエーション、そして塗色の移り変わりもあったので、たくさんの形式写真が用意できます。

 
このような形態変化の大きい区分はキハ260形1200番代と1300番代の2つだったので、「北斗列伝」では形式写真の選定とキャプションを工夫してみました。

 
そのような事情があって、定員の多い1・2次車の中間車はキハ260形1200番代の形式写真(キハ260-1201)を掲載したので、キハ260形1300番代の1・2次車は掲載できませんでした。

今回アップする2007(平成17)年に落成した2次車の キハ260-1304(札サウ)は苗穂駅の留置線で撮影したものだったので掲載したかったのですが、「デジタル形式写真館」の横山さんが撮影した妻出しの キハ260-1309 を何としてでも掲載したかったので…

 
キハ260-1304

キハ260-1304(札サウ)  2017年11月4日 苗穂駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

来たる11月17日(土)に苗穂駅が札幌側に300mほど移設するので、このカットが撮れるのもあと1ヶ月だけですし、「スーパーとかち」の現車によりキハ260形1300番代の連結機会が減っていますので、札幌(札サウ)配置のキハ260形1300番代は撮るのが難しくなっています。

 
当たり前に撮れたと思っても、振り返ってみるとそれは期間限定だったというのはよくある話し。

ですから、これからも積極的に留置車両を撮っていきたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ261系

線路モニタリング装置を搭載している武蔵野線用E231系のサハE231-64

昨日(10/5)の雨が降り始める前にプチ出撃してきましたので、今回はサクッと1枚だけ撮ってきた形式写真をアップしたいと思います。

床下に線路モニタリング装置が取り付けられた京葉車両センター(千ケヨ)MU2編成の5号車、付随車の サハE231-64 です。

 
サハE231-64

サハE231-64(千ケヨ)  2018年10月5日 府中本町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

山手線の東京総合車両センター(東トウ)にE235系が投入されて、E231系500番代が中央総武緩行線(三鷹車両センター)に転用されています。

この関係で中央総武緩行線のE231系(0番代)が玉突きで放出され、複数の編成を組み替えて8両編成化されて、武蔵野線に転用されています。

 
まだ、この玉突き転用劇は始まってから間がないので、武蔵野線に転用されたE231系(0番代)の8両編成は5本しかありませんが、そのうちの1本(ケヨMU2編成)のサハE231形(5号車)に線路モニタリング装置が搭載されています。

 
先日アップした川越・八高線用の クハ208-3502 と異なり、軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置をセットで搭載しているので、ジャンパ連結器が賑やかな車端部にまで機器類が取り付けられています。

 
この写真だと床下機器がいっぱいのサハにしか見えませんが、動き出すとLED照明が線路を照らし、レーザプロジェクタの赤いラインが浮かび上がるので、不思議な存在感を放つ中間車に変わりします。

首都圏のJR各路線に1両ずつ配置されていますので、注目してみては如何でしょうか?

国鉄形車両とは違った楽しみが味わえますよ。



この形式写真に関連するタグ: E231系 , JR東日本

車両解説を担当した「踊り子列伝」が発売されました(クハ185-315)

185系と251系の車両解説パートを担当した「列伝シリーズ03 踊り子列伝」(イカロス出版刊)が10月2日(火)に発売されました。

 
列伝シリーズ03 踊り子列伝

 

国鉄形車両の185系だけでなく、バブル期真っ直中に設計されたJR東日本の251系も扱っていますので、お近くの書店などでこの表紙の本を見掛けたらお手に取っていただけると嬉しいです。

 
 * * *

 
「踊り子列伝」に我孫子「踊り子」のクハ185形を掲載しようと目論んでいましたが、事務所の床上浸水でそれは叶いませんでした。

 
“踊り子”のヘッドマークを掲出した斜めストライプ塗装のクハ185形です。

この姿を撮るのはもう最後かも知れません…

 
E257系の転用改造が動き出したら、185系の置き替えは一気に進むでしょう。

我孫子「踊り子」も閑古鳥が鳴いていましたし… 大丈夫かなぁ〜 撮れるうちに撮っておこうと思って9月下旬の3連休に我孫子に行ってきました。

 
グリーン車を組み込む7両編成は3本しか残っていませんが、今回はOM09編成の クハ185-315(宮オオ)をアップいたします。

 
クハ185-315

クハ185-315(宮オオ)  2018年9月22日 我孫子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 185系 , JR東日本