「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

大分車両センターの近郊形交流電車(クモハ815-26)

line

JR九州は水戸岡鋭治氏のドーンデザイン研究所がデザインした車両がたくさん走っていますが、大分地区には内装がかわいらしい感じの815系電車が国鉄形の415系電車とともにローカル列車に使用されています。

 
車体は単純な形状の切妻形ですが、アルミ製車体の銀色に赤色のアクセントを散りばめた、国鉄形車両とは違った魅力的なデザインにまとめられています。

車内はセミクロスシートではなくオールロングシートですが、扉やトイレ、乗務員室(運転室)の壁に黄色を配するなど大胆な色使いで、JR九州以外では見られない内装です。

 
クモハ815-26

クモハ815-26(分オイ)  2012年3月16日 大分駅

 
コストダウンをデザインでカバーするやり方をJR東日本でも取り組んで欲しいなぁ〜、と思ってしまいますが、JR各社で輸送事情が異なるので強くは言えませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrq_kumoha815-26/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP