「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

飯田線のインバータ冷房車 クモハ119-5012

line

週末の日曜日(1/22)に飯田線の東栄駅で1日粘った成果、今回は2枚目をアップします。
今回の飯田線出撃の最大の目的だった、クモハ119形5000番代です。

 
特別な車両ではありませんが、前回の出撃時(11/5)に唯一逃した119系電車の形式区分です。
11月下旬から飯田線に213系5000番代と313系3000番代が順次投入されて、真っ先に119系ワンマン対応改造車(119系5300番代)のR編成が置き替えられてしまったため、現在では119系で最大両数を誇るインバータ冷房改造の非ワンマン対応車です。

東名高速道路を浜松ICで降りて、浜松市を抜けて県道9号線で山越えをすると愛知県に入って東栄駅に行けるのですが、これは地図上の話しで、最悪の経路を選択してしまいました。
この国道、峠を越える部分はクルマ1台分がやっとの悪路。

東栄駅下り1番列車の7時27分を目指してましたが、路肩が崩れていたり、大きな石が崖から落ちていたりで、急いで運転すると危険な道だったので、東栄駅に着いたのは8時過ぎ。

大失敗でした。

 
7時27分の天竜峡行きを逃すと、次にやって来る119系は 12時30分。
そもそも、東栄駅は下り列車しか形式写真が撮影できない駅で、明るい時間にやってくる列車は5本しかないのに、です。

しかも、曇り予報を信じて愛知県まで来たのに、実際の天気は “晴れ” 。曇ったのは9時頃まで。いつものパターン、、、

そんな状況で落ち込んでいたときに kazumaさんからTwitterで「15時代の列車は山の陰になるらしいので粘ったらどうでしょう?」というありがたいメッセージをもらったので、15時24分発まで時間を潰すことにしました。

もちろん12時30分発はピーカンでNGでしたが、15時24分には駅が山影に入ることを期待して待つことにしました。

 
東栄駅は無人駅ですが、駅舎部分に喫茶店「ちゃちゃカフェ」があるので暖まりながら時間待ちができる貴重な駅です。
しかし、当日はテレビで取りあげられたか何かで、50〜60歳代の人たちで店内が一杯。しかも入れ替わり立ち替わりで、撮影時だけ席を立って、あとは店で粘る、なんてことはできない状況でした。

 
喫茶店で食事ができるものだと思っていたので、待ち時間はクルマの中で空腹とも戦ってましたが、15時過ぎからは撮影モードに気持ちを切り替えて、準備開始。
いつものようにホームに三脚をセットするのではなく、地面にセットして車両を見上げる位置になるので、背の高い SLIK グランドプロ CF-4 を使ってできるだけ視線を持ち上げることにしました。

雲台もいつもの3ウェイではなく、自由雲台の ケンコー FP‐120 ZSN。
これは梅本製作所のOEM品らしいのですが、標準ズームを付けた マミヤ645 AFD II には華奢だったためお蔵入りにしてました。
でも、今回は35mmカメラの キャノンEOS 5D Mark II での撮影だったのと、壁際に三脚をセットしたので操作スペースが確保できなかったためです。

 
いろいろと長く書きましたが、東栄駅に着いてから7時間後にようやく出撃の目的を果たすことができました。

正面の手掛けの取り付け位置が低くなっている初期形のクモハ119形5000番代、クモハ119-5012(海カキ)です。

 
クモハ119-5012

クモハ119-5012(海カキ)  2012年1月22日 東栄駅

 
東栄駅に留まるように助言していただいた kazumaさん、撮影地情報をくださった Yokoyamaさん川崎さん、MAGRITTEさん に感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrc_kumoha119-5012/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP