JR各社の“冬の臨時列車のお知らせ”について(写真は キハ140 2041)

昨日(10/19)、“冬の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、12月からの撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表に直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線鉄道事業本部 福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 

いよいよ日本列島も秋が深まってきて、輸送密度の低いローカル線でも駅構内の雑草が落ち着きそうな時期に入ったので、西日本方面をメインに撮影行脚に出ようかと画策しているところです。

 
一昨年(2016年)からJR九州の車両を撮っていますが、畜電池搭載形のハイブリッド気動車(YC1系)が量産される前にキハ40系などの国鉄形車両をしっかり撮っておきたいと思っています。

JR九州のキハ40系は自然災害で被災した2両が廃車されただけで現在も142両が健在なので、一通りのバリエーションを記録するには最後のチャンスかも知れません。

 
ということで、今回は1990〜1993(平成2〜5)年に機関換装してパワーアップしたキハ140形をアップしたいと思います。

 
キハ140 2041

キハ140 2041(本チク)  2017年2月23日 直方駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

機関換装車のキハ140形はJR九州に9両が在籍していますが、そのうち2両は「いさぶろう・しんぺい」「指宿のたまて箱」用に改造された観光用車両です。そのため、従来からの九州標準色で残るキハ140形は7両しかいません。

現在は配置区が3ヶ所に分かれていて、他形式と共通で使用されていることが多いので、キハ140形をピンポイントで追いかけるのは至難の業です。

 
九州標準色のキハ140形は鹿児島まで行かないと撮れないとあきらめていましたが、後藤寺線または日田彦山線に入るキハ31形の運用にキハ140形が入ることが分かったので、直方駅で入れ換えを行うタイミングに目を付けていました。

直方駅構内に邪魔がいなくなる時間帯に入れ換えでキハ140形が入ってきたので、これを撮影したのが今回の1枚になります。

 
すでに「いさぶろう・しんぺい」用の キハ140 2125 は撮っていますので、「指宿のたまて箱」「はやとの風」用共通予備車の キハ140 2066 が撮れればキハ140形の3形態がすべて記録できることになります。

キハ140 2066 は雑草の影響の大きい線区で使用されていますので、これからの季節が撮影シーズンということになります。

ですので、しばらく天気予報や雑草状況などをウォッチングしていこうと思っています。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ40系 , プレス発表

八王子駅構内の入換運用に就いている HD300-17

昨日(9/19)から、やっと普通の生活に戻りました。

 
10月2日に発売予定の「列伝シリーズ03 踊り子列伝」(イカロス出版刊)の車両解説パートを8月から執筆していましたが、この日の朝に赤入れを編集に戻して脱稿。
これで執筆は終了しました。

 
列伝シリーズ03 踊り子列伝

 

普段なら徹夜明けのときは無理しないで仮眠するところですが、この日は先月末(8/27)の床上浸水の関係で保険屋さんの調査員が被害状況を確認に来るというので、仮眠できませんでした。

被害額の算定やちょっとしたお片付けをしなければならいし、この他に別件で役所手続きの準備もしなければならなかったのでね…

床上浸水の間接的な影響がジワジワと出始めてきました。

 
でも、見た目のレベルでは既に事務所はきれいに片付いていますので、面倒な残りの作業は年内に終わればいいかなぁ〜、という感じです。

 
 * * *

 
小言はこのくらいにしておきます。

すでに鮮度切れも甚だしいくらい古い情報ですが、 8月24日に“秋の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、10月からの撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(リゾート列車)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線鉄道事業本部 福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 
睡眠負債を解消するために今日(9/20)はゆっくり休みたかったのですが、安定的に曇りそうな天気(予報)を無駄にはしたくなかったので、リハビリを兼ねてプチ出撃してきました。

 
この7月にE353系が投入された特急「かいじ」を撮りに甲府に行くつもりで出掛けましたが、途中の八王子駅で川越・八高線の209系3500番代が高麗川留置の運用に入っていることが分かったので、急遽出撃先を変更して高麗川に向かうことにしました。

高麗川に行くのならそんなに急ぐ必要がなかったので、八王子駅に留置されていたハイブリッド機関車のHD300形を撮って少し準備運動をしました。リハビリの本番は高麗川ですからね…

 
今回はそのときに撮影した HD300-17(新)をアップしたいと思います。

 
HD300-17

HD300-17(新)  2018年9月20日 八王子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

八王子駅構内の入換運用は新鶴見機関区の HD300-8 が担当しています。

各車両ごとに装備が違うわけではないので、新鶴見区のHD300形が各地を巡る運用でもいいのですが、常備駅が広範囲に渡っているので緩やかに活躍の場所が決まっているようです。

しかし、最近は8号機だけでなく17号機も八王子駅の運用に入ることが多いようです。

 
どうせなら撮影が困難な試作車の HD300-901 が八王子に来てくれるといいのですが、それは流石に叶わないでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: HD300形 , JR貨物 , プレス発表

7月から「オホーツク」「大雪」に投入されるNN183系(キロ182-7553)

2015(平成27)年3月に「安全投資と修繕に関する5年間の計画について」という発表がなされましたが、それ以降、JR北海道は着々とキハ183系の初期形車両を置き替えてきました。

・「オホーツク」の区間短縮(→「大雪」の誕生)
・「サロベツ」のキハ261系化(区間短縮)
・「北斗」のキハ261系化

これらの対策によってキハ183系の所要両数が大幅に減少したので、老朽化の激しい初期形車両のほとんどは廃車となりました。

 
現在、キハ183系が使用される列車は「オホーツク」「大雪」の4往復3運用だけです。

しかし、「オホーツク」「大雪」のグリーン車は半室タイプのキロハ182形が連結されているので、これを置き替えないと車齢35年超の車両はなくなりません。

6月まではキロハ182形が連結されるので、7月以降はどうなるのか?
JR北海道から発表はまだなのかと思っていたところ、ようやく7月以降の「オホーツク」「大雪」編成について発表がありました。

 
発表内容からハッキリと読み取れるのは、①ハイデッカー構造のグリーン車が連結されることと、従来は札幌方に指定席とグリーン車を連結していたのを ②「ライラック」と合わせるために遠軽方に指定席とグリーン車を連結するということだけでした。

プレスリリースでは接客サービスの説明だけすればいいので、これ以上を期待しても仕方ないのですね〜

 
「オホーツク」「大雪」の4往復3運用を機関換装したキハ183系7550番代(130km/h運転対応車のNN183系)でまかなうのは不可能ですが、かといってキハ183系500番代(N183系)のグリーン車2両(キロ182形500番代)を7550番代化するような動きは見られません。

ということは、2運用をNN183系編成、1運用をN183系編成にするなど、それぞれのタイプを使っていくことになるのでしょう。波動輸送はN183系編成でまかなう、とかね…

 
出力適正化改造車(パワーダウン)の400番代や旧「サロベツ」の指定席仕様車(シートピッチ拡大)もN183系に含まれますが、あまりに仕様がバラバラだと保守管理が大変なので、N183系は「北斗」で使用されていた原形に近いグループだけが残るのでしょうか?

7月1日の編成変更を待たないとその全容は分かりませんね。

 
ということで、今回は「オホーツク」「大雪」への転用が確定したNN183系のハイデッカーグリーン車、キロ182-7553 をアップしたいと思います。

 
キロ182-7553

キロ182-7553(函ハコ)  2017年11月4日 苗穂駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , プレス発表

一部置き替えが発表された「あずさ」「かいじ」のE257系(クハE256-10)

またまた、ブログの更新が疎かになってしまいました。

申し訳ありません。

 
主夫をやりながら原稿書きに集中するのは難しいですね…

いつもなら事前に月末は毎日遅くなる、みたいに奥さんから宣言されるのですが、ここ最近は何もなかったように深夜に帰宅してきます。

気持ちと時間の準備をしておきたいので、何らかしら連絡が欲しいのですが、やっぱり無理ですよね〜

 
子どもが大きくなると家事が楽になるなんて幻想です…

待ち時間ばかり増えて非効率的な日が続く今日この頃です。

 
 * * *

 
愚痴はこのぐらいにしておきます。

本日(5/18)、 “夏の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、今後の撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(リゾート列車など)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 

夏の臨時列車情報とは別に、7月1日から中央本線の特急「あずさ」「かいじ」の一部をE257系に置き替えるとの発表がJR東日本長野支社からありました。

 
「スーパーあずさ」にE353系が投入されるときに、「あずさ」「かいじ」についてもE353系に車種統一されることが書かれてました。
また、「スーパーあずさ」のE353系化が終わった後も9両基本編成の増備が進んでいたので、特に驚くような発表ではありません。

でも、今回の発表でE257系がリニューアル化と東海道本線への転用がハッキリしました。

 
幕張車両センター(千マリ)のE257系500番代(5両編成)も余剰気味なので、こちらの一部も「踊り子」の付属編成に転用されるでしょう。

となると、元「あずさ」「かいじ」のE257系0番代は何両編成に組み直されるの?

サロハE257形は?

2両付属編成はどうなるの?

 
興味は尽きませんが、かつての205系の転用劇のようにE257系も一部が改造されて新天地に旅立つのでしょうか?

 
今後の動向が気になりますが、先ずはE257系の現在の姿を少しずつ記録していきたいと思います。

ということで、今回はE257系0番代の偶数側先頭車(Tc’)クハE256形をアップします。

 
クハE256-10

クハE256-10(長モト)  2018年2月10日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E257系 , JR東日本 , プレス発表

JR各社の“春の臨時列車のお知らせ”について(クモハ813-303)

1月の九州遠征をダラダラ書いていたらJR各社から発表された “冬の臨時列車のお知らせ”をリストにしてまとめるタイミングを逸してしまいました。

消化不良だった九州遠征の報告が終わりましたので、心機一転、JR各社および支社の発表をリンク付きで整理してみましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(リゾート列車など)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州
JR九州(D&S列車)

 
 * * *

 
2年前から冬季を中心に九州に遠征するようになりましたが、少しずつ成果が積み上がって系統立ててアップできる形式が増えてきました。

私の場合、いつ遠征に行っても安定的に曇ることがほとんどないので、雨雲や雪雲がやって来る直前などに少しずつ撮っていくしかないと諦めています。

効率は悪いですが、こうやって遠征して撮っていくしかないのでしょうね。

 
今回は、九州北部の都市圏輸送で活躍するJR九州の813系近郊形交流電車の中でもレアな300番代の クモハ813-303(本ミフ)をアップしたいと思います。

813系300番代は、2002(平成14)年2月の鹿児島本線海老津〜教育大前間での衝突事故により廃車となった813系0・200番代編成の代替補充用として1995(平成7)年に製造された少数派グループです。

 
クモハ813-303

クモハ813-303(本ミフ)  2016年2月22日 鳥栖駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

813系300番代は200番代をベースとしたマイナーチェンジ仕様車ですが、側窓がUVカットのスモークガラスに変更され(ブラインドの廃止)、ドア付近のつり革が817系と同じくサークル状の配列に変わり、トイレは車イス対応の大形洋式トイレに変更されました。

落成当初は識別用として前照灯上部に赤帯が入っていましたが、現在は消去されたため200番代との外観上の識別ポイントは側窓のスモークガラスだけになりました。

 
JR九州の813系は1994(平成6)年から2009(平成21)年の15年にわたって製造されたため、基本番代となる0番代から仕様変更を経て100・200・300・400・500・1000・1100番代へと進化していきました。
一時期、1100番代の非ワンマン車を2100番代に改番したことがありましたが、こちらはワンマン対応改造により消滅しました。

その中でも813系300番代は前記の理由で3両編成が3本落成しただけで、1100番代を除くほかの813系と共通で運用されるので、これだけを追いかけて撮るのは至難の業です。

しかも、813系は併結されて運用されることが多いので、813系300番代の先頭車が中間に入っている場合もありますからね…

 
これから何度も掲載することになるかも知れませんが、この下表にある813系の各形式区分を少しずつ撮っていきたいと思っています。

 

0番代
(1次車)
421・423系の置換用として1994(平成6)年に登場(JR九州では初のVVVFインバータ制御車両)
落成当初は“クモハ813 + クハ813”の2両編成、その後サハ813形400番代を中間に組み込み3両編成となる
100番代
(2〜4次車)
715系などの置換用として1995・1996(平成7・8)年に落成
落成当初は2両(クモハ813 + クハ813)または3両(クモハ813 + サハ813 + クハ813)の2種類の編成が存在。その後2両編成はサハ813形500番代(8次車)を中間に組み込み3両編成となる
200番代
(5〜7次車)
鹿児島本線の列車増発用として1997・1998(平成9・10)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ813)で落成
300番代
(9次車)
事故廃車となった0・200番代編成の代替補充用として1995(平成7)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ813)で落成
400番代
(10次車)
2両編成の0番代(1次車)を3両編成化するために2003(平成15)年にサハ813形400番代のみ登場
500番代
(8次車)
2両編成の100番代(3・4次車)を3両編成化するために2001(平成13)年にサハ813形500番代のみ登場
813系では唯一のロングシート車両
1000番代
(11次車)
輸送力増強用として2005(平成17)年に落成
登場当初からすべて3両編成であるが、電動車を編成中間に変更したため“クハ812 + モハ813 + クハ813”となった
1100番代
(12・13次車)
輸送力増強用および日豊本線小倉〜中津間のワンマン運転対応用として2007・2009(平成19・21)年に落成
すべて3両編成(クハ812 + モハ813 + クハ813)で落成
前面および側面の行先表示器が大形化


この形式写真に関連するタグ: 813系 , JR九州 , プレス発表