JR各社から“春の臨時列車のお知らせ”がありました(クモハE129-101)

1/20(金)に“春の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、リストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

※ リゾート列車などの運転計画はこちら

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

※ D&S列車の運転計画はこちら

 
 * * *

 
冬の時期にならないとうまく撮れない車両というのがいくつか存在します。

私の場合、霜取り用のパンタグラフを上げた車両がこの時期だけのターゲットになります。

 
寒冷地に投入されている直流電車のうち、115系や117系、E127系、E129系の一部車両に霜取り用パンタグラフが搭載されています。

これらの車両は降霜の心配がなくなると集電用パンタグラフのみの使用となるので、曇りの天気が多い春季に撮りに行っても特徴的な外観は記録できません。

豪雪地帯の大糸線を走るE127系100番代は撮影が難しそうですが、その他なら雪の少ないときに撮れると思っています。

 
年明けから信越本線の宮内駅に行くタイミングを図っていました。

もちろん、ターゲットはダブルパンタのクモハE129形100番代です。
新潟車両センター(新ニイ)のA23〜A30編成に連結されている クモハE129-123〜130 の8両だけは前位側にもパンタグラフを搭載した霜取り用車両です。

 
この車両はおもに上越線の水上〜長岡間で運用されているので、降雪が本格的になる前に宮内駅に行けば簡単に撮れるだろう、そう思って12月中旬に新潟遠征しました。

でも、このときは「SLばんえつ物語号」の12系客車の撮影を優先してしまった関係で、宮内駅に移動したときには雨が強くなってしまい撮影の機会を逸してしまいました。

雪のない冬季に宮内駅に行けば撮れる車両なのですが、そうはうまく行きませんね。

 
ということで、今回は一般的なパンタグラフ1基のクモハE129形100番代をアップしたいと思います。
トップナンバーのクモハE129-101(新ニイ)です。

 
クモハE129-101

クモハE129-101(新ニイ)  2016年12月16日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E129系 , JR東日本 , プレス発表

3月ダイヤ改正で引退予定のN183系「北斗」のグリーン車(キロ182-505)

鮮度落ちの情報かも知れないですが、先週の金曜日(12/16)に2017(平成29)年3月ダイヤ改正の概要についての発表がJRグループ各社からありました。

JR各社および支社からの発表(PDFファイル)に直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社《多摩版》)
JR東日本(八王子支社《甲府版》)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(近畿統括本部)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

JR貨物

 
 * * *

 
JR各社の発表を見たところ、昨年までのように新幹線開業にともなう在来線特急の廃止や第三セクター化などの大きな動きが落ち着いたので、列車の運転時刻や停車駅の見直しが多い印象です。

全体的におとなしい内容のダイヤ改正ですが、JR北海道だけでは、今後の日本のローカル鉄道を占うような少し後ろ向きな改正になっています。

 
ただ、クルマ社会がこれだけ進んでいる状況と、都市部以外の急激な人口減少を考えると、今までのような至れり尽くせりの鉄道網を一民間の鉄道会社に委ねていいのか?という根本的な問題に突き当たるように思っています。

 
難しい話しは専門家に任せるとして、2017(平成29)年3月4日のダイヤ改正に合わせて、函館〜札幌間の特急「北斗」のうち機関(エンジン)未換装のキハ183系500番代(通称N183系)で運用されている「北斗19・6号」の1往復がキハ261系に置き替えられます。

これによって、函館運輸所(函ハコ)に配置されているキハ183系のうち120km/h運転対応車(N183系)は引退となりますが、130km/h運転対応車で機関換装が行われたキハ183系7550・8550・9550番代(元NN183系)の3往復はダイヤ改正後も残ります。

さらにキハ261系1000番代の増備が進んで函ハコのキハ183系がすべて置き替えられたときに「オホーツク」(ダイヤ改正後は一部「大雪」に変更)のキハ183系0・200番代が完全に淘汰されるのでしょうね。

 
キハ183系7550・8550・9550番代を「オホーツク」「大雪」に転用してもグリーン車のキロ182形7550番代が3両しか在籍していないので、今回のダイヤ改正で「北斗」運用から外れるN183系のキロ182形500番代の今後が注目されます。

キハ183系7550・8550・9550番代は130km/h運転のためにブレーキ装置の圧力が変更されたためキハ183系従来車(0・500番代など)と連結できないので、キロ182形500番代などのN183系車両の一部はブレーキシリンダー圧力切替弁を取り付けるなどの対策が今後取られることになるでしょう。
キハ183形4550番代(一部はキハ183形9550番代に再改造)がまさにその従来車混結対応車で、キロ182形500番代なども同じような仕様に改造されるかも知れません。

そうすれば、「北斗」からキハ183系が完全に撤退したときに「オホーツク」「大雪」に転用されても、キハ183系7550・8550・9550番代に交じってキロ182形500番代などのN183系車両が使用できるようになります。

老朽化したキロハ182形を使い続けるとは思えないので、N183系車両は何らかの改造が行われると思うのが妥当でしょうね。

 
今回はキハ183系500番代のハイデッカー・グリーン車のキロ182形500番代、キロ182-505(函ハコ)をアップしたいと思います。

 
キロ182-505

キロ182-505(函ハコ)  2015年7月1日 函館駅付近

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , プレス発表

JR各社から“冬の臨時列車のお知らせ”がありました(クモハ721-3020)

本日10/21(金)に、“冬の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、リストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
まだ出揃っていない感もありますが、発表が追加されたら追加していきますので、リンク集としてご活用ください。

【追記】その後、すべてのJRおよび支社から発表がありましたので、リンクを追加いたしました。

 
 * * *

 
今回も北海道・青森遠征の成果をアップしたいと思います。

おもに函館本線小樽〜旭川間で使用されている クモハ721-3020(札サウ)です。

 
クモハ721-3020

クモハ721-3020(札サウ)  2016年10月11日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

札幌地区では普通に走っている721系ですが、今回アップした クモハ721-3020 は1992(平成4)年に製造された4次車です。

 
クモハ721形は721系3両編成の小樽方に連結されていますが、この クモハ721-3020 は落成当初 クモハ721-20 を名乗っていました。

721系第19〜22編成の4次車は、クモハ721形の屋根上に搭載されている発電ブレーキ用抵抗器のキセのデザインが変更されているのが特徴になっています。

1〜3次車の抵抗器キセは幅の狭い無骨なものでしたが、4次車以降は冷房装置のようにかまぼこ形のスッキリしたデザインに変更されました。といっても、8次車(5100・5200番代)になるとVVVFインバータ制御に変わってしまったので、ブレーキ用抵抗器というものがなくなってしまいましたが…

 
2002(平成14)年に130km/h運転対応の改造を実施したため3000番代に改番されましたが、733系の増備や130km/h運転の取りやめ、711系の引退などもあって、現在は岩見沢〜旭川間のローカル運用に就くことも多くなりました。

歴史は繰り返すといいますが、数年前の711系運用を721系が引き継いでいます。

 
あれだけ雑多で複雑なJR北海道オリジナルの721系も2018(平成30)年から置き替えが始まるようです。

札幌地区で転換クロスシートの普通列車に乗れることに感謝しながら、これからも721系のバリエーションを記録していきたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 721系 , JR北海道 , プレス発表

“秋の臨時列車のお知らせ”の発表リスト(キハ183-1001)

チェックをし忘れていましたが、8/24(水)に“秋の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、リストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
このリストには入っていませんが、昨日(8/31)付けでJR九州からキハ183系1000番代「あそぼーい!」が博多〜ハウステンボス間で運転されることが発表されました。長崎デスティネー ションキャンペーンの開催に合わせての運転だそうです。

 
今回の秋臨の発表の中では、この「あそぼーい!」が気になるところです。

この5月にキハ183系1000番代の4両は一通り撮影したので、これだけのために九州に行くことはないと思います。
でも、今回の運転区間は形式写真を撮るのに好適な場所なので、これをみすみす逃すのはもったいなぁ〜、という気持ちになってしまいます。

 
 * * *

 
今回は「あそぼーい!」の1号車の キハ183-1001(熊クマ)をアップしたいと思います。

 
キハ183-1001

キハ183-1001(熊クマ)  2016年5月15日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

門司港〜博多間を臨時特急「あそぼーい!」が走るということで、この日は列車の周りに人集りができていて、入れ替わり立ち替わり記念撮影が行われていたので、記念撮影の人たちを除いて撮ることができませんでした。

しかも、曇ってくれる瞬間はごくわずかでしたのでね。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ183系 , プレス発表

走るカフェ「フルーティアふくしま」の2号車 クモハ719-701

すでに鮮度落ちの情報ですが、2016(平成28)年3月ダイヤ改正の概要についての発表がJRグループ各社からありました。

JR各社および支社からの発表(PDFファイル)に直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(近畿統括本部)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

JR貨物

 
 * * *

 
2016(平成28)年3月26日のダイヤ改正で置き替えられる車両の形式写真を、と思いましたが、昨日(12/19)、「フルーティアふくしま」用の719系700番代を撮りに郡山まで行ってきましたので、そちらの写真をアップしたいと思います。

走るカフェ「フルーティアふくしま」の2号車、制御電動車(Mc)の クモハ719-701(仙セン)です。

 
クモハ719-701

クモハ719-701(仙セン)  2015年7月19日 郡山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

走るカフェ「フルーティアふくしま」は2015(平成27)年4月から郡山~会津若松間で運行が開始されましたが、これまでは定期列車(普通列車または快速列車)に併結されていたため、2号車の クモハ719-701 は719系一般車と連結されて中間に封じ込まれていました。

しかし、今月からは郡山〜福島間で「フルーティアふくしま」の単独運行が始まり クモハ719-701 が先頭に立つようになりましたので、1回の遠征で1号車の クシ719-701 と合わせて2両の形式写真が撮れるようになりました。

 
今のところ2月末までしか運行計画が発表されてませんが、「フルーティアふくしま」は週末および祝日のみの運行の団体列車なので、曇ってくれる日がどれだけあるのか分かりません。

天気が味方をしてくれないと年単位で追いかけることになりかねないのです。

 
そんな矢先、ちょうど時間が融通できる12/19(土)に午前中だけ曇りの予報が出てくれたので一か八かで郡山に出掛けました。

運よく撮影中は曇ってくれましたが、撮影途中には太陽を覆っていた雲がなくなり、コントラストの強いデザインでは救いようのないほどの日差しに。

いちおう晴れる前に2両とも撮影できたので、結果オーライのヒヤヒヤの遠征でした。



この形式写真に関連するタグ: 719系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン , プレス発表