「つがる」から外された中間車 モハE750形0番代

まめに形式写真をアップしているので、いろいろなキーワードで訪れてくれる方が多いです。

おかげさまで、最近は週末を中心に1日300人以上のアクセスがあり、ページビューも2,000を上回る日があります。
また、変わった形式を検索して訪れる方が多いようで、ブログのトップページが飛び抜けてアクセスが多いということもなく、過去30日間でアクセスが多かった「人気の投稿」欄で分かるように、ネタものに関係ない車両も上位に食い込んでいます。

 
本当にうれしいです、ありがとうございます。

 
以前アップしていた モハE751-3(盛アオ)のアクセス回数が多かったので、今回はこの車両とペアを組む電動中間車(M’)の モハE750-3(盛アオ)をアップします。

 
モハE750-3

モハE750-3(盛アオ)  2010年11月26日 弘前駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
現在、特急「つがる」はE751系電車で運用されていますが、2010(平成22)年12月の東北新幹線新青森延伸開業までは八戸〜青森・弘前間の「つがる」として運用されていました。

八戸発着時代までは6両編成でしたが、秋田〜青森間の特急「かもしか」を「つがる」として引き継ぐ際に中間車2両が外されました。

もともと秋田〜青森間は3両編成の485系1000番代で運用されていた区間なので、多客期でも新「つがる」にモハE751形0番代とモハE750形0番代を増結しるほどの需要はないようです。

E751系はATC-Lが未設置(準備工事のみ)で、6両編成3本しか製造されなかったので、いまの装備では青函トンネル入線の特急「白鳥」に使えません。
2015(平成27)年度に北海道新幹線新青森〜新函館(仮称)間が先行開業する予定なので、それまでは「白鳥」系統に大きな動きはないものと思われます。

 
モハE751形0番代とモハE750形0番代はJR北海道のキサロハ182形550番代のように使用用途が見つからないまま、保留車として留置され続けていくのでしょうか?

 



この形式写真に関連するタグ: E751系 , JR東日本

「つがる」のクロハE750形

前回に引き続いてJR東日本の先頭車をアップしますが、今回は特急「つがる」で使用されている半室グリーン車の クロハE750-2(盛アオ)です。

 
「つがる」は2002(平成14)年12月に東北新幹線盛岡〜八戸間の延伸開業にあわせて八戸〜青森〜弘前間で運転開始した特急列車です。

下の写真を撮影した1週間後の2010(平成22)年12月4日に東北新幹線が新青森まで延伸開業したため、運行区間が秋田〜青森間に変更され、E751系は「つがる」の運用から離脱しました。

この運用離脱は6両編成のうちモハE751形0番代・モハE750形0番代の2両を抜きとって4両編成に組成し直すためのもので、同年4月下旬から「つがる」運用に復帰しています。

 
クロハE750-2

クロハE750-2(盛アオ)  2010年11月26日 青森駅

 
現在、「つがる」は方向転換されたため上野方にクロハE750形が連結されていますが、このときはまだ青森方に連結されていました。



この形式写真に関連するタグ: E751系 , JR東日本

「つがる」から外された中間車 モハE751形0番代

485系電車で運転されていた秋田〜青森間の特急「かもしか」の中間車、モハ484形1000番代(モハ484-1080)をアップしましたが、こんどは同区間の後継列車「つがる」に関係する車両です。

 
現在「つがる」はE751系電車で運用されていますが、E751系は「スーパーはつかり」用として2000(平成12)年3月にデビューした車両で、当時は6両編成が組まれてました。
東北新幹線八戸開業により八戸〜青森・津軽間の「つがる」にコンバートされましたが、2010(平成22)年12月の東北新幹線新青森延伸開業で一時運用から離脱しました。

秋田〜青森間の新生「つがる」で使うには6両編成では長すぎるため、中間車2両が外されてしまったのです。
その後、2011(平成23)年4月から4両編成となったE751系が「つがる」に復活しましたが、モハE751・750形0番代はどうなったのでしょうか?

青函トンネル入線のために必要なATC-Lが未設置(準備工事のみ)で、6両編成3本しか製造されなかったために、使い方が限定されてしまった残念な特急用車両です。

 
モハE751-3

モハE751-3(盛アオ)  2010年8月2日 弘前駅



この形式写真に関連するタグ: E751系 , JR東日本