JR各社の“春の臨時列車のお知らせ”について(クモハ813-303)

1月の九州遠征をダラダラ書いていたらJR各社から発表された “冬の臨時列車のお知らせ”をリストにしてまとめるタイミングを逸してしまいました。

消化不良だった九州遠征の報告が終わりましたので、心機一転、JR各社および支社の発表をリンク付きで整理してみましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(リゾート列車など)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州
JR九州(D&S列車)

 
 * * *

 
2年前から冬季を中心に九州に遠征するようになりましたが、少しずつ成果が積み上がって系統立ててアップできる形式が増えてきました。

私の場合、いつ遠征に行っても安定的に曇ることがほとんどないので、雨雲や雪雲がやって来る直前などに少しずつ撮っていくしかないと諦めています。

効率は悪いですが、こうやって遠征して撮っていくしかないのでしょうね。

 
今回は、九州北部の都市圏輸送で活躍するJR九州の813系近郊形交流電車の中でもレアな300番代の クモハ813-303(本ミフ)をアップしたいと思います。

813系300番代は、2002(平成14)年2月の鹿児島本線海老津〜教育大前間での衝突事故により廃車となった813系0・200番代編成の代替補充用として1995(平成7)年に製造された少数派グループです。

 
クモハ813-303

クモハ813-303(本ミフ)  2016年2月22日 鳥栖駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

813系300番代は200番代をベースとしたマイナーチェンジ仕様車ですが、側窓がUVカットのスモークガラスに変更され(ブラインドの廃止)、ドア付近のつり革が817系と同じくサークル状の配列に変わり、トイレは車イス対応の大形洋式トイレに変更されました。

落成当初は識別用として前照灯上部に赤帯が入っていましたが、現在は消去されたため200番代との外観上の識別ポイントは側窓のスモークガラスだけになりました。

 
JR九州の813系は1994(平成6)年から2009(平成21)年の15年にわたって製造されたため、基本番代となる0番代から仕様変更を経て100・200・300・400・500・1000・1100番代へと進化していきました。
一時期、1100番代の非ワンマン車を2100番代に改番したことがありましたが、こちらはワンマン対応改造により消滅しました。

その中でも813系300番代は前記の理由で3両編成が3本落成しただけで、1100番代を除くほかの813系と共通で運用されるので、これだけを追いかけて撮るのは至難の業です。

しかも、813系は併結されて運用されることが多いので、813系300番代の先頭車が中間に入っている場合もありますからね…

 
これから何度も掲載することになるかも知れませんが、この下表にある813系の各形式区分を少しずつ撮っていきたいと思っています。

 

0番代
(1次車)
421・423系の置換用として1994(平成6)年に登場(JR九州では初のVVVFインバータ制御車両)
落成当初は“クモハ813 + クハ813”の2両編成、その後サハ813形400番代を中間に組み込み3両編成となる
100番代
(2〜4次車)
715系などの置換用として1995・1996(平成7・8)年に落成
落成当初は2両(クモハ813 + クハ813)または3両(クモハ813 + サハ813 + クハ813)の2種類の編成が存在。その後2両編成はサハ813形500番代(8次車)を中間に組み込み3両編成となる
200番代
(5〜7次車)
鹿児島本線の列車増発用として1997・1998(平成9・10)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ813)で落成
300番代
(9次車)
事故廃車となった0・200番代編成の代替補充用として1995(平成7)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ813)で落成
400番代
(10次車)
2両編成の0番代(1次車)を3両編成化するために2003(平成15)年にサハ813形400番代のみ登場
500番代
(8次車)
2両編成の100番代(3・4次車)を3両編成化するために2001(平成13)年にサハ813形500番代のみ登場
813系では唯一のロングシート車両
1000番代
(11次車)
輸送力増強用として2005(平成17)年に落成
登場当初からすべて3両編成であるが、電動車を編成中間に変更したため“クハ812 + モハ813 + クハ813”となった
1100番代
(12・13次車)
輸送力増強用および日豊本線小倉〜中津間のワンマン運転対応用として2007・2009(平成19・21)年に落成
すべて3両編成(クハ812 + モハ813 + クハ813)で落成
前面および側面の行先表示器が大形化


この形式写真に関連するタグ: 813系 , JR九州 , プレス発表

JR九州の都市圏輸送で活躍する813系200番代(クモハ813-226)

撮影2日目(1/10)の話しの続きをちょっとだけ。

 
先週の九州遠征は鹿児島と長崎での撮影を予定してましたが、この日も天気が安定しなかったので、観光特急「指宿のたまて箱」の キハ47 9079 が撮れたのを機に“九州ネットきっぷ”を買って九州新幹線で熊本に移動に向かいました。

青春18きっぷを持っていましたので、熊本から先はドン行で移動し、鳥栖に行きました。

でも、鳥栖で曇ってくれたのはほんの数分だけ。すぐに吹雪になってしまったので、この日の午後は撮影を諦め、お尻に根っこが生えるほどの思いをしながらドン行で長崎に移動しました。

約1年ぶりの長崎入り…

 
遠征3日目(1/11)に備えて長崎駅の雑草の状況を確認し、“ぶらり大村線きっぷ”を前もって購入。

あとは曇ることを祈るだけの状態にして、遠征3日目を迎えることにしました。

 

遠征3日目の 1/11(木)、前日まであれだけハズれまくった天気予報は何故かこの日だけ予報が当たり、長崎の街は白銀の世界。

雪予報が当たるとは思いもよらず… 完全に長崎入りしたのが無駄になってしまいました。

 
長崎駅で留置されているキハ66系(ハウステンボス色編成)

長崎駅で留置されているキハ66系(ハウステンボス色編成)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

数cmレベルの積雪なので大した雪ではないですが、数年前の積雪で長崎空港が閉鎖されたことがあったみたいなので、帰りの飛行機をキャンセルし、前日に購入した“ぶらり大村線きっぷ”も払い戻して、“九州ネットきっぷ”を買い直して特急「かもめ」で博多に向かいました。

 
雪の降るなか、長崎駅2番ホームで発車を待つ「かもめ14号」

雪の降るなか、長崎駅2番ホームで発車を待つ「かもめ14号」

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

雪景色だったのは新線(市布経由)の長崎トンネルを出た辺りまでで、諫早に着くとほとんど雪はありませんでした。

有明海に面する肥前大浦の辺りは晴れていて、足元も湿っている程度。
福岡方面に向かったのは勇み足かと思ってましたが、肥前山口や鳥栖は吹雪。

 
博多はドン曇りの形式写真日和。

でも、博多駅で撮影するには準備不足だったので、一気に快速列車で門司港まで北上することにしました。

夕方の新幹線で小倉から帰るとしても4時間程度は滞在できそうだったので、811・813系のロケハンを兼ねて門司港駅で粘ることにしました。

 
外気温 約1度、吹きさらす強い海風のなか、門司港駅に4時間も居られません。

ときどき吹雪になったのと、三脚が揺れるほど強風が吹く厳しい条件でしたが、落ち着いた瞬間もあったので、無駄な一日にはなりませんでした。

でも、手はかじかむし、耳は切れるように痛い… 結局、3時間ほどでギブアップしてしまいました。

 
今回は、何とか凍えながら撮影した813系200番代の制御電動車(Mc)の クモハ813-226(本ミフ)をアップしたいと思います。

背景に写り込んでいる青帯車は811系のリニューアル工事施工車(1500番代)です。まだ、2編成しか落成していない811系1500番代の2本を繋げた8両編成が1番ホームに停車していましたが、残念ながら今回の遠征では撮影できませんでした。

 
クモハ813-226

クモハ813-226(本ミフ)  2018年1月11日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回の九州遠征は降雪のため長崎地区の撮影撮影を諦め、1日早く戻ってしまいましたが、これからも何度か挑戦してJR九州の一般的な形式を積極的に記録していきたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 787系 , 813系 , JR九州 , キハ66系

福北ゆたか線仕様となった唯一の813系200番代(クモハ813-228)

今年のゴールデンウィークは結局何処にも撮りに出掛けませんでした。

週末の一昨日昨日(5/6・5/7)は場所を選べば関東地方でも曇った地域があった模様…
でも、そのチャンスを活かすことができず、非鉄かつシングルファーザーな日々で終わりました。

午前中だけで帰ってこれる場所を考えていたのですが、4月までの遠征疲れなのか… 動き回るだけの体力がありませんでした。

ゴールデンウィーク中はいつも以上に家事に追われていたので、仕方ないということで…
 
 * * *

 
ここ数日でだいぶ暑くなってきましたし、一部では真夏日のところも出てきていますので、この冬の成果を少しずつ整理していきたいと思います。

 
今回は、筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)の直方駅で撮影した813系200番代の奇数向き制御電動車(Mc)の クモハ813-228(本チク)です。

 
クモハ813-228

クモハ813-228(本チク)  2017年2月22日 直方駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

813系は、九州北部の都市圏輸送で活躍するJR九州の近郊形交流電車です。

製造された期間が比較的長く、しかも増備ごとに改良されたため番代区分が非常に複雑になっています。
転換クロスシートを配置するなど一般の乗客にも評判のよい接客サービスを採用した車両です。

 
番代区分などの特徴を細かく挙げると分かりにくくなるので、エッセンスだけを下表のようにまとめてみました。

 

0番代
(1次車)
421・423系の置換用として1994(平成6)年に登場(JR九州では初のVVVFインバータ制御車両)
落成当初は“クモハ813 + クハ813”の2両編成、その後サハ813形400番代を中間に組み込み3両編成となる
100番代
(2〜4次車)
715系などの置換用として1995・1996(平成7・8)年に落成
落成当初は2両(クモハ813 + クハ813)または3両(クモハ813 + サハ813 + クハ813)の2種類の編成が存在。その後2両編成はサハ813形500番代(8次車)を中間に組み込み3両編成となる
200番代
(5〜7次車)
鹿児島本線の列車増発用として1997・1998(平成9・10)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ813)で落成
300番代
(9次車)
事故廃車となった0・200番代編成の代替補充用として1995(平成7)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ813)で落成
400番代
(10次車)
2両編成の0番代(1次車)を3両編成化するために2003(平成15)年にサハ813形400番代のみ登場
500番代
(8次車)
2両編成の100番代(3・4次車)を3両編成化するために2001(平成13)年にサハ813形500番代のみ登場
813系では唯一のロングシート車両
1000番代
(11次車)
輸送力増強用として2005(平成17)年に落成
登場当初からすべて3両編成であるが、電動車を編成中間に変更したため“クハ812 + モハ813 + クハ813”となった
1100番代
(12・13次車)
輸送力増強用および日豊本線小倉〜中津間のワンマン運転対応用として2007・2009(平成19・21)年に落成
すべて3両編成(クハ812 + モハ813 + クハ813)で落成
前面および側面の行先表示器が大形化

 

このように813系200番代は鹿児島本線の増発対応用として投入された3両固定編成ですが、製造された36本のうち1本だけは筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)の電化開業(平成13年10月)の際に南福岡車両区(本ミフ)から筑豊篠栗鉄道事業部(本チク)に転属しました。

このとき、本チクに投入された3両編成はほとんどが813系100番代に新製車のサハ813形500番代を組み込んだ100・500番代混合編成でしたが、所要編成本数の関係で1本だけは813系200番代(RG228編成)が転用されました。

その後、本チクの3両編成は2本増えましたが、813系1000番代が転入しましたので200番代の仲間は増えませんでした。

 
813系の本ミフ配置は先頭部と客用ドアを赤色としたJR九州らしい特徴的な塗色ですが、本チクでは赤色部分をシルバーに変更して落ち着いた塗色にまとまっています。

本チク車は黄色の福北ゆたか線のロゴマークがドア横に貼付されているので、無彩色だけで終わらずいい感じのアクセントとなっています。

 
本チクでは唯一の813系200番代ですが、見分けるのは簡単です。

ドア横にリブがなく、客窓およびドア窓が黒色のスモークガラスになっていない透明ガラス窓の車両を確認すれば、それは813系200番代のRG228編成です。
少し引いて、中間車にパンタグラフがないことが確認できれば、絶対にRG228編成です。

 
上述したように813系はバリエーションが豊富なので、番代区分を見分ける方法を知っておくと撮影するときに役に立つと思います。



この形式写真に関連するタグ: 813系 , JR九州