山形新幹線のローカル運用で活躍する701系5500番代(クモハ701-5509)

この週末は青春18きっぷの消化を兼ねて山形に行ってきました。

 
山形地区に行ったのは民営化されて間もない1988(昭和63)年5月ですから、今回は28年ぶりの訪問です。

当時は、気動車はキハ40系ばかり、客車もオハ50系だけというつまらない時期。

この年の4月に山形地区がJR東日本秋田支店(旧秋田鉄道管理局)から東北地域本社(現在の仙台支社)に移管されたばかり。
目にする車両のほとんどがまだ「秋カタ」の標記だったように記憶しています。

板谷峠の補機EF71形と救援車を撮ってお終い、という遠征だったと思います。

 
でも、今回は山形新幹線が開業して初めての訪問でしたし、左沢線に投入されて久しいキハ101形も見たことがないという状況から脱したいと思っていたので、青春18きっぷ最終日の土曜日(9/10)にドン行で米沢入りし、翌日曜日(9/11)に米沢とかみのやま温泉、山形で撮影する計画で行ってきました。

 
 * * *

 
今回は、障害物なしで撮影するのが難しいクモハ701形5500番代のラストナンバー、クモハ701-5509(仙カタ)をアップしたいと思います。

 
クモハ701-5509

クモハ701-5509(仙カタ)  2016年9月11日 米沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

701系5500番代は奥羽本線山形〜新庄間の標準軌化(山形新幹線の新庄延伸開業)に合わせて普通列車用として1999(平成11)年に投入されたグループです。

JR在来線の狭軌(1,067mm)用の701系に見慣れているので、標準軌(1,435mm)仕様のために張り出した台車枠から醸し出されるガニ股感が何とも言えないです。

でも、ホームのかさ上げに対応してドアのステップが廃止されているので、裾部に凹凸のないスッキリ車体となっています。

 
719系5000番代とは運用が切り離されているため、701系5500番代は米沢〜新庄間で使用されています。

そのため、福島に何度足を運んでも実見することがなかった701系5500番代ですが、ちょっとゴツいスカートを装備した701系くらいにしか見えない普通の車両。

これが山形新幹線と同じ線路で運用されているのですから、山形新幹線って不思議な路線ですね。

 
旧田沢湖線の秋田新幹線にも行ったことがないので、こんどは701系5000番代を撮りに大曲に行ってみようと思います。

こちらも、国鉄急行色で残っていた最後のキハ28形500番代を撮りにEEきっぷで出掛けたのが最後ですからね…



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本

仙台・福島地区のクハ700形1500番代(クハ700-1513)

アップし忘れていた写真がありましたので、今回はそれを。

東北本線黒磯〜一ノ関間のローカル運用で活躍している仙台車両センター(仙セン)の701系1500番代の制御車(T’c)、クハ700-1513 です。

 
クハ700-1513

クハ700-1513(仙セン)  2013年3月24日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

701系1500番代は1998・2001(平成10・13)年に製造されたグループで、ブレーキ方式が発電ブレーキから回生ブレーキに変更されて屋根上のブレーキ抵抗器が廃止されましたが、これは電動車の話しです。

制御車はもともと屋根上には冷房装置しか搭載されていないので、クハ700-1501〜1508 はクハ700形1000番代とほとんど外観が同じで、前面の行先表示器がLED式に変更された程度しか違いがありませんでした(仙センの701系1000番代はのちにLED式に換装)。

 
2001(平成13)年製の2次車(クハ700-1509〜1518)はトイレが車いす対応の大形のものに変更され、設置場所が3位車端部から運転室後部の2位側に変更されました。

今回アップした クハ700-1513 は2次車なので3位車端部(写真左側)に客窓が配置されています。
写真の向こうの公式側(2-4位側)が撮影できれば、1次車と2次車の違いが明確になるのですが、こちらは郡山駅や福島駅まで行かないと撮れないので、こんど訪れたときの宿題といたします。



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本

仙台・福島地区の701系中間電動車(モハ701-1003)

先日(10/6)、サハ700-1002 をアップしましたが、今回はこのサハ700形とともに701系の4両編成にしか連結されていないもう一つの中間車をアップします。

 
10/6(日)の郡山・会津若松への出撃は、朝方に雨が残っていたので、早朝に撮影した形式写真は線路の砂利(バラスト)がテカテカになってしまいました。

なので、お昼前にもう1回だけ撮影機会があったので撮り直したかったのですが、残念ながら サハ700-1002 を撮影しているあいだに出発してしまったので、またの機会に…

 
個人的にはボツのレベルですし、幻の車両というほど珍しくはないですが、ネットではあまりお目にかかれない車両みたいなので、形式写真仲間の Kazumaさん とは別角度で撮影した モハ7001-1003(仙セン)をアップします。

 
モハ701-1003

モハ701-1003(仙セン)  2013年10月6日 郡山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真の モハ701-1003 は、2012(平成24)年に機器更新工事が実施され、VVVFインバータ制御装置や主変圧器、ブレーキ制御装置などが取り替えられ、発電ブレーキが回生ブレーキに変更されました。

このため屋根上のブレーキ抵抗器が撤去されましたが、実際に屋根上を覗いてみたところ、ブレーキ抵抗器を取り付けていたランボードのようなものは存置されていました(FUJIFILM X20 を持っていなかったので撮影できませんでした)。

このほかにも、後年改造により転落防止ホロが取り付けられ、幕式の行先表示器(方向幕)がLED式に交換されています。

 
比較的原形を保っていたときも、モハ701形を撮影していますが、こちらの方は「JR全車輛ハンドブック 2008」に掲載されています。気が向いたらポジをスキャンして、このブログにもアップします。

参考までに、屋根上にブレーキ抵抗器が載っている クモハ701-1005 をご覧ください。



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本

仙台・福島地区の701系付随車(サハ700-1002)

冬になったら降雪などの関係で形式写真が撮れなくなる地域があります。
南北に長い日本列島、おそらく、行きたいと思っている撮影場所の約半数はそのような地域にあると思います。

雪が降り始めると撮れなくなりそうな車両が何だろう?なんて考えていたところ、“日の出が遅くなると撮れなくなる運用”と、“日頃撮りたいと思っていたキハ40系和式車両「ふるさと」の運用”、そして一番だいじな“曇り予報が出ている地域”、この3つの条件が福島県で満たされましたので、急遽、郡山と会津若松まで行くことにしました。

 
福島県全域が雪深いわけではありませんが、会津若松を絡めると冬装備を持たないワゴンRでは行ける範囲が限られてしまうので、まだ寒くないこの時期に夜通し運転で行ってきました。

 
今回は睡眠時間を考慮に入れない移動だったので、東北本線新白河駅まではクルマ、そこからは鉄道移動というスタイルでした。

 

今回の撮影ターゲットは4つ。

(1) 実際に撮影可能かどうか確信はありませんが、朝早くなら郡山駅で撮れそうなEH500形
(2) 701系4両編成(非ワンマン対応のF4-16・F4-17・F4-29・F4-30編成)に組み込まれているモハ701形とサハ700形
(3) 「あいづライナー」で使われている、旧東武スペーシア色の485系1000番代
(4) 磐越西線会津若松を出発するキハ40系和式車両「ふるさと」の各車両

 
残念ながら日曜日は郡山駅行きのタンク列車が運休になるのをチェックし忘れていたので、(1)のEH500形は撮れず仕舞いでした。

(2)〜(4)は概ね良好でしたが、昨日の会津地方はいい天気で、なかなか曇ってくれなかったので、ベストの条件でキハ40系和式車両「ふるさと」は撮影できませんでした。

 
そんな中、ほどほどの曇りの天気のもとで仙センF4-17編成の サハ700-1002(仙セン)がきれいに撮れましたので、今回はこちらの車両をアップします。

 
サハ700-1002

サハ700-1002(仙セン)  2013年10月6日 郡山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

郡山駅の2番線で撮影した写真ですが、このホームに4両編成が入る場合、ほとんどの下り列車は先頭から2両目が橋上駅舎の下に入ってしまいます。

でも、1本だけ駅舎の下に入らないで、しかも乗客を降ろした状態でしばらく止まっている運用があるので、昨日はその瞬間を待ってサハ700形を撮りました。

黒磯駅でも撮れる車両ですが、駅構内の雑草がひどいので、しばらくはきれいに撮れそうにありません。冬になれば撮れるようになると思うのですが、枯れたまま雑草が放置される可能性もあるので、この機会に撮っておきました。

 
秋田車両センター(秋アキ)の3両編成(N1〜N13・N101編成)にも付随車サハ701形が連結されていますが、仙台車両センター(仙セン)のサハ700形には蓄電池が床下に取り付けられているため、サハ701形とは別形式になっています。

また、サハ700形とモハ701形は701系1000番代の4両編成に組み込まれているので、1000番代だけが存在する形式になっています。



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本

仙台・福島地区のクモハ701形1500番代(クモハ701-1513)

1990年代前半ごろの東北地区の普通列車は、455系急行形電車(仙台・福島地区)や583系を改造した715系電車(福島・仙台地区)、電気機関車が牽引する50系客車や12系客車(青森地区)など、旅情を感じさせる列車が多くを占めていました。

これらの列車を置き替えるために投入されたのがJR東日本の701系交流電車ですが、1993(平成5)年から製造が開始されているので車齢20年越えの車両も見られます。

 
今回アップする仙台車両センター(仙セン)の701系1500番代は1998・2001(平成10・13)年製ですので、秋田地区投入の0番代ほどくたびれていませんが、じわじわと部品の取り替えが進められています。

 
黒磯訓練の24系客車を撮影するときの合間に撮った写真ですが、まだスカートの交換やパンタグラフのシングルアーム化、主要電子機器の更新は行われていません。

そのうち、秋田地区の701系0番代のように厳ついマスクに変わるのでしょうか?

そうなる前に701系を撮り直さなければ!

 
クモハ701-1513

クモハ701-1513(仙セン)  2013年3月24日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本