「はくたか82号」のボンネット形先頭車(クハ489-3)

もう1ヶ月近く前のニュースですが、JR東日本およびJR西日本から北陸新幹線の列車愛称が発表され、東京〜金沢間の各駅停車タイプ列車の愛称が「はくたか」に決まりました。

このこと自体は大きなニュースですが、わたし自身は新幹線に興味ないので、北陸新幹線延伸後の681・683系や北越急行681系2000番代・683系8000番代の去就の方が気になります。

 
車齢が若いことを考慮するとすぐに廃車ということにはならないでしょうが、北越急行が特急車両を持っておくことはないでしょうから、JR西日本管内の特急列車全体を巻き込んだ車両の移動があってもおかしくないと思っています。

そうなると、今のうちにJR西日本の681・683系や北越急行681系2000番代・683系8000番代を撮っておくべきですが、気軽に行ける場所ではないので、メインのカメラをデジタル一眼レフに切り替えたここ3年では1回しか北陸遠征に出てません。

 
冬に入る前に1回は北陸遠征に行っておきたいのですが、わたしの中での優先順位、その他の諸条件を考慮すると春先からになってしまいそうです。

 
 * * *

 
現在の「はくたか」はおもに越後湯沢〜金沢間を結ぶ在来線の特急列車で、北越急行ほくほく線内では新幹線を除く在来線としては日本最高速度となる160km/hで運転されています(2002年から160km/h運転)。

そんなスピードを売りにしている特急「はくたか」ですが、2005(平成17)年3月までは485系(このときはJR東日本の485系3000番代)が定期列車で運用され、臨時列車の「はくたか81・82号」にはJR西日本の489系が使われていました。

 
JR西日本の489系のうち北越急行ほくほく線に入線できるのはATS-P(自動列車停止装置)を搭載した車両に限られているので、ATS-Pを搭載したボンネット形のH01〜H03編成しか「はくたか」運用に充てられませんでした。

 

今回は“白山色”のまま特急「はくたか82号」に充当された最後の春に撮影したボンネット形先頭車、クハ489-3(金サワ)をアップします。

 
クハ489-3

クハ489-3(金)  2001年5月2日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

金沢総合車両所(金サワ)のH01〜H03編成は、オイスターホワイトを基調にバラ色・薄群青色・ライトコバルトブルーの帯を入れた“白山”色に塗り替えられていました。

1997(平成9)年に特急「白山」が廃止された後もしばらくそのままの塗色で急行「能登」などで使用されましたが、2002(平成14)年までに国鉄特急色に塗り戻されてしました。



この形式写真に関連するタグ: 489系 , JR西日本

489系「そよかぜ」の貫通形先頭車(クハ489-201)

JR東日本の公式発表[PDF/205KB]によると、この夏に185系電車による特急「そよかぜ」が走るようです。

廃止された横川〜軽井沢間を走ることができないので、運行区間はもちろん碓氷峠の手前まで、上野〜横川間です。

 
特急「そよかぜ」は上野〜中軽井沢間を走っていた臨時特急列車でしたが、長野(行)新幹線の開業前の1997(平成9)年8月の夏臨を最後にひっそりと廃止になりました。

 
特急「そよかぜ」は信越本線の急勾配区間(横川〜軽井沢間)をEF63形と連結して走る関係で、特急「あさま」が181系から189系電車に置き替えられてからは189系が主として使用されました。
「そよかぜ」の一部は185系200番代の7両編成が使用されましたが、185系はEF63形との協調運転に対応していないので、横川〜軽井沢間ではEF63形の牽引による運転でした。

 
国鉄末期から特急「そよかぜ」は489系電車が使用されるようになり、民営化を視野に入れた1986(昭和61)年11月ダイヤ改正では489系の一部が金沢(金サワ)から長野(長ナノ)に転属。受け持ちが金サワから長ナノに変わりましたが、その後も長ナノの489系が特急「そよかぜ」で使用されました。

 
国鉄形車両を追いかける立場で見ると、特急「そよかぜ」というのは489系が確実に撮れる都合のいい列車でした。
しかも、長ナノに配置されていた489系の先頭車は貫通形のクハ489形200番代だけ。

定期列車として急行「能登」が廃止されたとき、ボンネット形先頭車が489系の代名詞のようでしたが、「能登」に追いやられる前は特急「白山」「しらさぎ」で広範囲に使用されていたため、さまざまなタイプの489系先頭車を撮るのは大変でした。

そんな489系でしたが、特急「そよかぜ」を追いかけると必ず貫通形のクハ489形200・600番代が撮れる。
ここで貫通形を押さえてしまえば、あとはボンネット形と非貫通形のクハ489形を「しらさぎ」で狙えばいい。

 
今回、特急「そよかぜ」は157系特急色(あまぎ色)の185系200番代が使用されるみたいですが、私にとって特急「そよかぜ」は489系を使用した都合のいい列車だったのです。

 
クハ489-201

クハ489-201(長ナノ)  1988年8月5日 軽井沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
この時期はJNRマークとJRマークが共存した車両を追いかけていました。



この形式写真に関連するタグ: 489系 , JR東日本