「ホリデー快速ビューやまなし」のグリーン車(サロ215-3)

月曜日(8/19)から娘が検査入院しているので、また我が家は3人に。

この夏休みは家族4人が揃う日が限られていますが、この8月からは必ずこのモカがいて、ついでに私も家にいます。

 
しかも明るい時間帯はほとんどお昼寝、こんな感じ。

あっと、これまで書き忘れていましたが、モカはメスです。

 

ほとんどお昼寝のモカ

 

身内の入院には慣れっこですが、入院時のリスク説明と承諾書へのサインはいまでもイヤですね。

今回の検査入院は腎生検のためで、入院2日目の今日(8/20)、背中に針を刺して腎臓の一部をサンプルとして取り出す検査、ほとんど手術みたいなものです。

退院日不明で入院していますから…

毎回のことですが、検査のリスクを聞かされていたので、今回のように成功との連絡を受けるとホッとします。

 
明後日(8/23)には退院できるようなので、そうすればまたモカが娘のことを癒やしてくれるでしょう。

 
 * * *

 

この夏は例年以上に暑いので、ここで紹介する新ネタの形式写真がありません。

撮影メモを読み返してみたら、6/30:小淵沢への午後から出撃、7/17:高尾へのプチ出撃、で終わってます。

6月までの月3〜4回のペースが嘘だったかのよう。

暑くなってからは、ひたすら書庫の在庫を整理しています。

もうそろそろ執筆作業にも時間を充てないといけないので、涼しくなるまでは遠出しなくなりそう。

 

本日(8/21)アップするのは「ホリデー快速ビューやまなし」などで運用されている215系の便所付きグリーン車、サロ214-3 です。

ここ1ヶ月内のことですが、なぜか「ホリデー快速ビューやまなし グリーン車」のキーワードで訪れてくれる方が多いので、既出の サロ214-3 に引き続いてアップします。

 
サロ215-3

サロ215-3(横コツ)  2013年3月31日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真左側の3位車端部の“the double decker liner”のステッカー部分に洗面所が配置され、写真には写っていない4位車端部に便所が設置されています。

215系10両編成には便所が3ヶ所設置されていますが、便所付きの形式はグリーン車(5号車)のサロ215形と普通車(3・8号車)のサハ215形の2形式のみです。

サハ215形は車内配置の関係で便所・洗面所スペースに余裕があるため、洗面所を狭くして同部分の一部に男子用小便所を設置していますが、サロ215形は従来の2階建てグリーン車と同等の仕様になっています。



この形式写真に関連するタグ: 215系 , JR東日本

「ホリデー快速ビューやまなし」のグリーン車(サロ214-3)

常磐線上野口の中距離列車に連結されているE531系基本編成のサロE530形をアップしましたので、次はE531系の先頭車にしようかと思いましたが、こちらのブログには“2階建てグリーン車”のキーワードで訪れてくれる方が結構いますので、今回も2階建てグリーン車をアップすることにします。

 
今回はJR東日本の中でもまだこちらのブログと「国鉄型車両ファイル」でアップしたことがなかった2階建てグリーン車、215系のサロ215-4(横コツ)をアップします。

 
サロ214-3

サロ214-3(横コツ)  2013年3月31日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

215系はオール2階建て構造の車両ですので、編成内でグリーン車は目立つ存在になっていません。

よ〜く見ると、車体両端の平屋部分の側窓が小窓になっており、前後の出入扉が中心に寄っており、車体中央部の2層の側窓の数が少ないなど、ほかの中間車(普通車)とは違いがありますが、車体断面が同じなので全然存在感がありません。

短い停車時間で撮るときも“グリーン車は4号車と5号車”と言い聞かせていないと撮り逃しそうで、そのぐらい普通車になじんだ外観になっています。

 
215系は普通車のブラインドを省略するために熱線反射フィルム付きの複層ガラスにしていますので窓ガラスが黒っぽくなっていますが、グリーン車のサロ215形とサロ214形(車掌室付き)の客窓にはブラインドが取り付けられています。



この形式写真に関連するタグ: 215系 , JR東日本

「ホリデー快速ビューやまなし」の中間電動車(モハ214-103)

一昨日(3/31)アップした クモハ215-103(横コツ)とユニットを組む モハ214-103 をアップします。

 
モハ214-103

モハ214-103(横コツ)  2013年3月31日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

215系は4M6Tの10両固定編成を組んでいますが、両端の先頭車(クモハ215形)の1階部分に電気機器類を集中搭載しているので、中間車はすべて客室2階建て構造になっています。

そのため2・9号車に連結されている中間電動車モハ214形は主電動機(MT61)付きの台車(DT56C)を履いていますが、形式番号標記や台車のディスクブレーキを確認しないと付随車のサハ214形と見分けがつきません。

 
また、クモハ215形100番代・モハ214形100番代の電動車ユニット(9・10号車)は車体側面の行先表示器(方向幕)が偶数側に取り付けられています。

このため、9号車(モハ214形100番代)と8号車(サハ215形)のあいだは2つの行先表示器が近接して配置されています。



この形式写真に関連するタグ: 215系 , JR東日本

「ホリデー快速ビューやまなし」の制御電動車(クモハ215-103)

今日は、昨秋撮り逃していた215系を撮りに甲府駅まで行ってきました。

 
これまで甲府ではお天気(曇り)との相性が悪く、何度かトライしてきたましたが、いい成果は得られませんでした。
花曇りで形式写真の撮影日和だったのに、松本地区の豪雨のために到着番線が変わったりとか… 運が悪いとしか思えないようなこともありました。

そんなことがあったため甲府駅でうまく撮れた215系の車両はわずか1両(クモハ215-3)だけで、散々な結果でした。

 
今日も曇りベースの天気でありながら、途中晴れたり、雨が降ったりで気が気ではありませんでしたが、215系の入線直前に天気が曇りになってくれましたので、甲府駅で撮れそうな形式区分のうち撮影済みのクモハ215形0番代を除くすべての形式区分を押さえることができました。

 
215系は遠距離通勤客の着席機会を増やすために1992(平成4)年に登場したオール2階建て車両です。

バブル末期に満を持して登場したものの、輸送力が発揮できた列車はごくわずかで、快速「アクティー」と湘南新宿ラインからの撤退以降は活躍の機会が限られています。
土休日は「湘南ライナー」などが運転されないので、臨時列車の「ホリデー快速ビューやまなし」が設定されない冬期の土休日は、営業運転を受け持たない回送列車だけの運用となっています。

 
東海道本線東京口では185系ですら持て余し気味ですので、通勤輸送用の2扉車を4編成も持っているのは奇跡に近い状況のようにも見えます。

185系の置き替えも絡んでくるので215系だけでは語れませんが、やはり215系も撮れるうちに撮っておくべき車両のように思います。

 
クモハ215-103

クモハ215-103(横コツ)  2013年3月31日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
田町車両センター(東チタ)の廃止にともない215系は国府津車両センター(横コツ)へ転属となりました。



この形式写真に関連するタグ: 215系 , JR東日本

「ホリデー快速ビューやまなし」のトイレ付き付随車(サハ215-1)

以前、先頭車をアップしているのでいきなりにはなりませんが、今回は215系電車のトイレ付き付随車、サハ215-1(東チタ)です。

 
215系は座席数を増加させるために10両編成の両端のクモハ215形を除く8両が2階建て構造になっていますが、MT比率を低くしているので中間車のほとんどはモーターなしの付随車両です。

そのため付随車両は形式が多く、写真のようなトイレ付きで車イス設備を持った普通車はサハ215形と命名されています。

 
215系は1992(平成4)年に第1編成(NL1編成)が製造されましたが、1993年(平成5年)に第2〜4編成(NL2〜4編成)が増備されたときは若干仕様変更がなされたためサハ215形は100番代と200番代になってしまいました(そのほかの形式は追番で落成しました)。

そのためサハ215形0番代はNL1編成のみに組み込まれた車両になってしまい、最近では活躍の機会が少なくなった215系の、NL1編成の、しかも3・8号車の サハ215-1・2 を撮るのは難易度が上がってしまいました。

 
そんな折、形式写真仲間から“この連休の「ホリデー快速ビューやまなし」はNL1編成”との情報をもらいましたので、485系ジョイフルトレイン「ニューなのはな」を撮りに行く途中に市川駅で サハ215-1 を撮影しました。

 
Iさん、ありがとうございました。

 
サハ215-1

サハ215-1(東チタ)  2012年10月7日 市川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 215系 , JR東日本