電車

第三セクターへの譲渡準備のためにJRマークが剥がされていた クハ520-31

5/19(金)に“夏の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、リストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 
数日前から急に暑くなって全国的に晴れベースの天気に変わってきたので、これまでの遠征で撮影した写真を少しずつ整理しています。

 
普段から珍しい車両を追いかけているわけではないのですが、過ぎてみたらほんの短い期間にだけ見られた姿を記録していた、という写真がありましたのでアップしたいと思います。

北陸本線で使用されていた521系交流電車の制御車(T’pc)、クハ520-31(金サワ)です。
第三セクターへの譲渡準備のため乗務員扉横のJRマークが撤去されていたときに撮影したものです。

当時はG26編成と名乗っていた2両編成の米原方に連結されていましたが、北陸新幹線開業にともない北陸本線金沢〜直江津間が第三セクター化されたため、現在はあいの風とやま鉄道のAK15編成として活躍しています。

 
クハ520-31

クハ520-31(金サワ)  2015年2月23日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

あいの風とやま鉄道は富山県内の北陸本線石動~越中宮崎間を引き継いだ第三セクター鉄道で、2015(平成27)年3月の開業時にJR西日本から521系2両編成16本と413系3両編成5本を譲り受けています。

発足当初はほとんどがJR時代の塗色のままでしたが、鉄道会社の発足に合わせて順次521系の塗色変更が実施され、山側にブルー、海側にグリーンのラインを施した新しいデザインに改められました。

すでにあいの風とやま鉄道ではJR色の521系は消滅しましたので、JRマークのない青帯車は見られなくなりました。

 
クハ520-31のJRマーク剥がし跡

JRマークの剥がし跡(クハ520-31)

 

このときはまだJR在籍中でしたので、運転台部分の前面窓に“G26”と書かれた編成番号表示パネルが掲げられています。

 
編成番号の“G26”(クハ520-31)

 

JR所属車なのにJRらしさが少し足りない、過渡期だけに見られた521系を記録した、という話しでした。



この形式写真に関連するタグ: 521系 , JR西日本 , プレス発表

紀勢本線で活躍する暖地向け仕様のキハ25形1500番代(キハ25-1506)

先週の遠征の続きです。

現地初日(5/9)の天気が安定的に曇ってくれたおかげで満足いく結果に終わりました。
その勢いで2日目も!と行きたいところでしたが、2日目、5/10(水)の午前中は散々なことに…

兵庫県北部にそのまま留まっても初日と撮影できる車両が変わらないので、2日目は少し冒険することに決めたのですが、この判断がよくなかったようです。

 
初日のうちにクルマで和歌山県に入って阪和自動車道の紀ノ川サービスエリアで夜を明かし、朝6時過ぎに紀勢本線の下津駅に向かいました。

下津駅は、去年の今ごろにも挑戦して失敗した場所です。

そのときの遠征記録を読み返しましたが、みごとに撮影に失敗したので触れてませんね…

去年(2016年)の4月27日、ブログには和歌山線五条駅で撮影したクハ104形をアップしていますが、実は、五条駅に向かう前に下津駅に立ち寄ってました。今回と同じように、早朝6時過ぎに。

でも、曇りのち雨の予報でしたが、雨が降る直前で露出が足りなくて室内灯が明るいバルブ撮影のような形式写真になってしまいました。

完全に撮影失敗です。

 
今年は慎重を期して3つの予報機関が朝方曇りとしていたので下津に行きましたが、下津駅の辺りは雲がほとんどなくて晴れ。
しかも、立地の関係で半逆光。
車体後部がテカってしまい撃沈。

 
泣きっ面に蜂というか、こんどはクルマを切り返すときに後部バンパーを沿道のコンクリートにぶつけてしまいました。
まだ、納車3ヶ月弱のクルマだっただけにショック…

 
無茶な遠征はいけません…

反省しきりです。
さまざまなことに対して…

 
去年の遠征では五条駅に向かって少しリカバリーしましたが、今回は五条や奈良盆地に行っても晴れ。少し戻ったくらいではダメ、ピーカンの領域でした。

途中、関西本線の柘植駅に寄ってもクルマ遠征の強みが出ないと思ったので、こんどは三重県内に入ってJR東海の気動車を撮ることにしました。

新たな目的地は、キハ40系のときに何度も通った一身田(いしんでん)駅。
ここなら未撮影のキハ25形1500・1600番代が撮れるので無駄足にならないので好都合かと思いましたが、こんどは雨雲に突入してしまったみたい。

曇りのもとで撮影するって難しいです。

 
朝から移動ばかりの日でしたが、午後になってようやく撮れたのが今回アップする紀勢本線のローカル運用に就いているキハ25形1500番代、キハ25-1506(海ナコ)です。

 
キハ25-1506

キハ25-1506(海ナコ)  2017年5月10日 一身田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ25形1500番代(トイレ付き)は、おもに高山本線で使用されているキハ25形1000番代と同様のロングシート車両ですが、耐寒耐雪の装備を省略した暖地向け仕様となったためスカート下部のスノープラウがありません。
その代わり、スカートが下方向に拡大した形状に変更されているので、連結器下部にも鹿衝突対策のクッションが取り付けられています。

 
キハ25形2次車(1000・1100・1500・1600番代)は裾部に絞りのあるビードレス車体です。
このため、鏡のように映り込みが激しいのでまわりの状況によって車体が一部黒くなってしまうことがあります。これを回避するために一身田駅で撮影しましたが、駅ホームの屋根の影響が大きくて撮影後のレタッチに苦労しました。

これからはこういう車両が増えるので、撮影地の選定や時間帯を考えていかないときれいな写真が撮れなくなりそうです。

鋼製車体の車両が当たり前だった時代とは撮影条件が違う、この前提で撮影していかないといけない。
このことを痛感した遠征となりました。



この形式写真に関連するタグ: JR東海 , キハ85系

半室グリーン車に改造されたフチFG401編成のクロハ288-2001

福知山電車区(福フチ)の289系のFG401編成は、全般検査(全検)を機に交流関係機器が撤去されました。

その際、クロ288-2001 は客室の半分が普通室に改装されて半室グリーン車となったため クロハ288-2001 に改番されました。

 
「くろしお」用として吹田総合車両所京都支所(近キト)に配置されている289系の一部がすでにクロハ288形に改造されてますので、「こうのとり」系統用の福フチ車はこれに続くかたちで施工されました。

「くろしお」編成を先にクロハ288形で統一するのかと思ってましたが、全検のときに半室グリーン車化改造が併施されているので、しばらくはクロ288形とクロハ288形との併用が続きそうです。

でも、こういう改造は気付かないうちに終わってしまうことが多いので、早めに手を打つに超したことはありません。
この改造が終わると、クロ288形は廃形式になりますからね…

特に、特急用車両は存在感の割りに両数が少ないので、油断大敵です。

 
ということで、5/9(火)に福知山線(JR宝塚線)の相野駅(兵庫県三田市)に行ってました。

早朝からの撮影を計画したので、今回もクルマ移動の長距離遠征です。片道約500km…

 
いずれは全室グリーン車のクロ288形が珍しくなると思いますが、今のところはクロハ288形の方が珍しいので、トップナンバーの クロハ288-2001(福フチ)をアップいたします。福フチでは唯一のクロハ288形です。

5/27(土)以降はクロハ288形を連結する289系「こうのとり」編成が3本に増えるので、これから撮影される方はそれを待ってからの方がいいかも知れません。

 

クロハ288-2001

クロハ288-2001(福フチ)  2017年5月9日 相野駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真の クロハ288-2001 を含むフチFG401編成は、2016(平成28)年12月に吹田総合車両所で全検を受けました。

クロ288-2001 は客室前位側(連結側)を普通室に改装し、客室中央部分に仕切りと自動ドアを設置して側窓の一部を閉塞しています。
287系のクモロハ286形とグリーン室の仕様を合わせるため、すべてのグリーン席にコンセントが設置されています。

 
福フチ FG401編成

福フチ289系 FG401編成(左側が京都・新大阪方)

 

289系は種車の関係でパンタグラフを搭載する付随車両に交流関係機器を搭載していたので、289系4両編成(フチFG編成)のクロハ288形とサハ288形2200番代は今回の全検で交流関係機器が撤去されました。これで名実ともに直流電車となりました。

床下の主整流装置、主変圧器などと、屋根上の特高圧機器の一部が撤去されたので、だいぶスッキリした印象に変わっています。

どうです?

「しらさぎ」時代の クロ682-2004 と見比べてみれば分かると思います。

 
今のところ運用に就いているクロハ288形は「くろしお」用の クロハ288-2002・2004(近キト)と、「こうのとり」系統用の クロハ288-2001 の3両のみです。

まだ少数派のクロハ288形ですが、間もなくこちらが主流形式となります。

2015(平成27)年3月までは特急「しらさぎ」で北陸路を走っていた交直流電車でしたが、2年足らずのあいだに2回の改番を経て廃形式が発生する予定なのですから、撮影者泣かせの転用劇です。クロ288形は2年ちょっとしか存在しない幻の形式になるのですからね…

 
今回は珍しく天気に恵まれたので、現地1日目(5/9)までは気持ちのいい遠征となりました。



この形式写真に関連するタグ: 289系 , JR西日本

福北ゆたか線仕様となった唯一の813系200番代(クモハ813-228)

今年のゴールデンウィークは結局何処にも撮りに出掛けませんでした。

週末の一昨日昨日(5/6・5/7)は場所を選べば関東地方でも曇った地域があった模様…
でも、そのチャンスを活かすことができず、非鉄かつシングルファーザーな日々で終わりました。

午前中だけで帰ってこれる場所を考えていたのですが、4月までの遠征疲れなのか… 動き回るだけの体力がありませんでした。

ゴールデンウィーク中はいつも以上に家事に追われていたので、仕方ないということで…
 
 * * *

 
ここ数日でだいぶ暑くなってきましたし、一部では真夏日のところも出てきていますので、この冬の成果を少しずつ整理していきたいと思います。

 
今回は、筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)の直方駅で撮影した813系200番代の奇数向き制御電動車(Mc)の クモハ813-228(本カタ)です。

 
クモハ813-228

クモハ813-228(本カタ)  2017年2月22日 直方駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

813系は、九州北部の都市圏輸送で活躍するJR九州の近郊形交流電車です。

製造された期間が比較的長く、しかも増備ごとに改良されたため番代区分が非常に複雑になっています。
転換クロスシートを配置するなど一般の乗客にも評判のよい接客サービスを採用した車両です。

 
番代区分などの特徴を細かく挙げると分かりにくくなるので、エッセンスだけを下表のようにまとめてみました。

 

0番代
(1次車)
421・423系の置換用として1994(平成6)年に登場(JR九州では初のVVVFインバータ制御車両)
落成当初は“クモハ813 + クハ812”の2両編成、その後サハ813形400番代を中間に組み込み3両編成となる
100番代
(2〜4次車)
715系などの置換用として1995・1996(平成7・8)年に落成
落成当初は2両(クモハ813 + クハ812)または3両(クモハ813 + サハ813 + クハ812)の2種類の編成が存在。その後2両編成はサハ813形500番代(8次車)を中間に組み込み3両編成となる
200番代
(5〜7次車)
鹿児島本線の列車増発用として1997・1998(平成9・10)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ812)で落成
300番代
(9次車)
事故廃車となった0・200番代編成の代替補充用として1995(平成7)年に落成
すべて3両編成(クモハ813 + サハ813 + クハ812)で落成
400番代
(10次車)
2両編成の0番代(1次車)を3両編成化するために2003(平成15)年にサハ813形400番代のみ登場
500番代
(8次車)
2両編成の100番代(3・4次車)を3両編成化するために2001(平成13)年にサハ813形500番代のみ登場
813系では唯一のロングシート車両
1000番代
(11次車)
輸送力増強用として2005(平成17)年に落成
登場当初からすべて3両編成であるが、電動車を編成中間に変更したため“クハ813 + モハ813 + クハ812”となった
1100番代
(12・13次車)
輸送力増強用および日豊本線小倉〜中津間のワンマン運転対応用として2007・2009(平成19・21)年に落成
すべて3両編成(クハ813 + モハ813 + クハ812)で落成
前面および側面の行先表示器が大形化

 

このように813系200番代は鹿児島本線の増発対応用として投入された3両固定編成ですが、製造された36本のうち1本だけは筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)の電化開業(平成13年10月)の際に南福岡車両区(本ミフ)から筑豊篠栗鉄道事業部(本カタ)に転属しました。

このとき、本カタに投入された3両編成はほとんどが813系100番代に新製車のサハ813形500番代を組み込んだ100・500番代混合編成でしたが、所要編成本数の関係で1本だけは813系200番代(RG228編成)が転用されました。

その後、本カタの3両編成は2本増えましたが、813系1000番代が転入しましたので200番代の仲間は増えませんでした。

 
813系の本ミフ配置は先頭部と客用ドアを赤色としたJR九州らしい特徴的な塗色ですが、本カタでは赤色部分をシルバーに変更して落ち着いた塗色にまとまっています。

本カタ車は黄色の福北ゆたか線のロゴマークがドア横に貼付されているので、無彩色だけで終わらずいい感じのアクセントとなっています。

 
本カタでは唯一の813系200番代ですが、見分けるのは簡単です。

ドア横にリブがなく、客窓およびドア窓が黒色のスモークガラスになっていない透明ガラス窓の車両を確認すれば、それは813系200番代のRG228編成です。
少し引いて、中間車にパンタグラフがないことが確認できれば、絶対にRG228編成です。

 
上述したように813系はバリエーションが豊富なので、番代区分を見分ける方法を知っておくと撮影するときに役に立つと思います。



この形式写真に関連するタグ: 813系 , JR九州

きれいに撮るのが意外に難しいクモハE721形0番代(クモハE721-4)

長い連休が取れる人なら4/29(土)から9連休という人もいると思いますが、大企業やメーカー系以外の多くの人や学生さんたちは昨日(5/3)から5連休に突入というのが一般的なのでしょうか?

我が家は義母が倒れてから向こうの実家が大変なことになっているので、この9連休を利用して奥さんが栃木に行ったきりでシングルファーザーの日が続いています。

義母が倒れても何も家事をしない男連中の世話のために我が家が散り散りになっている、こんな状況に疑問を持ちつつ、家事の合間に仕事をする毎日が続いています。

 
こうなることは予想できたので、ゴールデンウィーク直前に駆け込みで福島県北部沿岸と宮城県南部沿岸にJR車両を撮りに出掛けてきました。

4/26(水)の話しです。

 
今回のターゲットはE721系0番代(非ワンマン対応車)と4両編成のE721系1000番代です。

何てことのない車両のように思うかも知れないですが、この2グループをきちんと撮るとなると意外に難しいのです。

E721系0番代の多くは非ワンマン対応車です。
2両編成44本のうち2010(平成22)年9月に最終増備された5本だけはワンマン運転対応の編成でした(現在は磐越西線用にワンマン化対応に改造した編成もあります)。

数のうえではE721系0番代非ワンマン対応車を撮るのは簡単のように見えます。
しかも、E721系0番代は黒磯に顔を出すので気軽に撮れます。

しかし、黒磯駅で障害物なしで撮れる先頭車は上野方のクハE720形くらい。

2両また6両編成なら障害物なしで青森方のクモハE721形も撮れますが、現行ダイヤでは黒磯に入るE721系0番代はすべて2+2両の4両編成です。

 
ならば、郡山駅または福島駅に行けばいいのですが、両駅ともクモハE721形は跨線橋の下またはその近傍に停車します。

塗装された車体なら跨線橋の近傍でも問題ないのですが、ステンレス製の無塗装車体は鏡みたいなものなので、周りの状況によっては影が写り込んで車体の一部が暗くなってしまいます。

結構この問題は根が深く、頭の痛い問題。
開放的な場所で撮るしか解決できないと思っています。

同様の理由で、4両固定編成のE721系1000番代のクモハE721形1000番代も撮影が困難な車両と位置付けています。

 
でも、これは関東地方在住者の視点です。

E721系は運用範囲が広い。
宮城県まで行けば何とかなるので、クルマ遠征の車中泊で常磐線の亘理駅と浜吉田駅(いずれも宮城県亘理郡亘理町)に行ってきました。

 
亘理駅は717系0・100番代が現役のときにお世話になった駅です。

今回はクルマでの移動で駅近くにお店がなくても何ら問題がなかったので、亘理駅よりももっと開放的な浜吉田駅に移動してクモハE721形0番代を撮影しました。

 
クモハE721-4

クモハE721-4(仙セン)  2017年4月26日 浜吉田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

気象庁、日本気象協会、ウェザーニューズいずれも曇り予報だったので遠征を決行しましたが、この日は薄日が差す程度の心地よい天気。
アメダス的には日照時間が短い日だったのかも知れませんが、車体上部を絞ったステンレス製車体がテカってしまって撮影を見送ること度々… ストレスの溜まる1日でした。

 
それでも、非ワンマン対応のクモハE721形0番代はきれい撮れました。

非ワンマン対応のためドア横の出入口表示器が塞がれている状態もはっきりと確認できます。
跨線橋などの写り込みも見られないので、地味ながらも満足な1枚が撮れたと思っています。

 
5月に入ってからは「TRAIN SUITE 四季島」を追いかけたブログが多いようですが、こちらはマイペースに地味な成果を少しずつ報告していきたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: E721系 , JR東日本