電車

豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」の展望車(E001-10)

今回は遠征3日目(4/3)の話しです。

 
この日は早朝から岩見沢駅で撮影してましたが、雨の降り始めが前日の時点よりも早まる予報に変わってきたので、室蘭本線の追分に移動してキハ261系を撮影し、その後はさらに登別まで南下しました。

目的は前日(4/2)にうまく撮れなかった「スーパーとかち」「スーパー北斗」の中間車 キハ260形1100番代です。この形式は増備時期ごとに外観が異なるので、両列車で初期形・増備形①・増備形②を押さえれば一通りの形態が撮影できることになります。

同車はキハ261系編成の札幌方に連結されるので撮影できる場所が少ないのと、何故か撮るたびに雲が切れて晴れてしまうなど、これまで縁がありませんでした。

しかし、2018(平成30)年3月改正までにキハ183系が「北斗」系統から引退し、その代わりにキハ261系の「スーパー北斗」が増えたので再びトライすることにしました。

 
これだけの思いで追いかけていると願いが叶うもので、ベストな条件ではないですがキハ260形1100番代の3形態が一通り撮影できました。

 
遠征3日目(4/3)の成果として地味な中間車のキハ260形1100番代をアップするつもりでいましたが、この日の夕方に予想外の列車が登別にやって来て、一通りきれいに撮ることができたので、今回はそちらの形式写真をアップしたいと思います。

JR東日本管内や北海道を巡る豪華寝台列車「TRAIN SUITE(トランスイート)四季島」の展望車、E001-10(東オク)です。

 
E001-10

E001-10(東オク)  2018年4月3日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「TRAIN SUITE 四季島」のE001形は3月末に2017(平成29)年度の運行を終えましたが、2018(平成30)年度の営業は4/14(土)の“1泊2日コース”から始まると発表されていました。

このことが頭にあったので「TRAIN SUITE 四季島」はノーマークでしたが、登別駅で撮影していると獅子みたいな着ぐるみを着た登別市役所スタッフやベージュの制服のJR職員がホームに控えていたので、“3泊4日コース”の到着時間に「TRAIN SUITE 四季島」が来るのではないかと駅ホームで待機することにしました。

 
あとで分かったのですが、この日は2年目の運行を前に乗務員訓練のため北海道入りした試運転列車のようです。

今回は、営業運転を想定した試運転として登別入りした「TRAIN SUITE 四季島」のE001形を撮影したことになります。

 
こういうこともあるのですね…

今回は寝台側がきれいに撮れたので、こんどは別の場所で通路側を撮ってみたいと思います。
何処で撮ればいいのでしょうね… いろいろと考えてみます。



この形式写真に関連するタグ: E001形 , JR東日本

「はこだてライナー」で使用されている733系1000番代(クハ733-1003)

豊橋遠征の直前に青春18きっぷを購入したものの、それ以降、日帰り圏はまったく曇りませんでした。

普通列車限定とはいえ5日間有効のフリーきっぷを1日だけで終わらせるのはさすがにもったいない…

 
このままでは青春18きっぷが無駄になると覚悟していた矢先、東北〜北海道で2〜3日間ほど曇る予報が出ました。

このチャンスを活かさないと本当に青春18きっぷが無駄になりそうでしたので、何回チャレンジしても晴れてばかりで撮れなかった「はこだてライナー」の733系1000番代を再度撮りに行くことにしました。

 
撮影場所は函館本線の桔梗(ききょう)駅。

この駅は昨年から何度も訪れていますが、とにかく曇ってくれませんでした。
今回もダメかも知れないといくつかの代替案を考えて臨みました。

 
4/1(日)の早朝便で函館空港に飛び立ち、空港バスで函館に向かい、すぐに桔梗に移動。

国土交通省の雨雲レーダー XRAIN(XバンドMPレーダ)を確認してみたら桔梗駅周辺は比較的強い雨のエリアになってましたが、行ってみたら実際は曇り。

 
今回は運がよかったみたい…

やっと、2016(平成28)年3月にデビューした「はこだてライナー」の733系1000番代が撮れました。

この駅は夏場になると中線のあたりが草ボウボウになりますので、そうなる前に撮影できて安心しました。ささやかな満足感…

 
 * * *

 
ということで、今回は北海道新幹線のアクセス列車としてだけでなく地元の通勤通学客輸送でも活躍している「はこだてライナー」の733系1000番代をアップしたいと思います。

733系1000番代の奇数向き制御車 クハ733-1003(函ハコ)です。

 
クハ733-1003

クハ733-1003(函ハコ)  2018年4月1日 桔梗駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

桔梗駅の中線に保安施設が設置されたら撮影場所がなくなってしまうので、撮れるうちに撮っておこうということで733系1000番代を撮影しました。

早朝便の函館入りでは733系1000番代の3区分を押さえることができないので、翌日(4/2)も桔梗駅に向かいマッタリ撮影してました。

新年度の初日だというのにね〜



この形式写真に関連するタグ: 733系 , JR北海道

東海地区でオールマイティーに活躍する373系(クハ372-1)

2月初旬に「列伝シリーズ01 あずさ列伝」の赤入れが終わり、これでやっと形式写真が気兼ねなく撮れると思って“青春18きっぷ”を購入。といきたかったのですが、太平洋側を中心に曇ってくれません。

 
それまでの冬型の気圧配置が崩れて曇るようになると踏んでいましたが、この春は形式写真が量産できそうにない予感が…

でも、青春18きっぷの有効期間に5日ぐらいは曇るだろうと、無駄を覚悟のうえで購入することにしました。

 
何時間もドン行に揺られて〜 なんてできない性分なので、遠征先までクルマで行って現地では青春18きっぷ、というプランをいくつか考えていました。
が、今年の春は2日連続で曇るような予報がぜんぜん出ないので、日帰りで行ける地域に遠征することにしました。

つきみ野から日帰り圏内となるとJR東日本管内になりますが、50歳を過ぎると“大人の休日倶楽部パス”という年寄りの味方が使えるようになるので、今回はJR東海管内を目指すことにしました。

 
JR東海方面となると“魔の静岡”。

この区間と手前の神奈川県をドン行で通り抜ける自信がなかったので、東海道本線の片浜駅(静岡県沼津市)までクルマでショートカットすることにしました。

片浜なら青春18きっぷが無駄にならないですし、駅の真ん前のコインパーキングでも1日300円と安い。しかも、東名高速道路から降りても沼津市内の渋滞を気にしなくていいので、費用対効果を考えてそうすることにしました。

豊橋駅に留置される373系を撮るつもりでしたが、朝6時前に片浜駅に着けば、ゆっくり帰ってきても夕飯の仕度に支障を来しませんからね〜

 
ということで、何年も前から行きたいと思っていた午前中の豊橋駅に行って、車内整備がされてカーテンがきれいに整った状態の373系を撮ってきました。

 
クハ372-1

クハ372-1(静シス)  2018年3月19日 豊橋駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

373系は、急行「富士川」(静岡・三島〜甲府間)とJR東海が受け持っていた急行「東海」(東京〜静岡間)を特急化するために投入されました。

165系で運行されていた“大垣夜行”を置き替えるかたちで1996(平成8)年3月から夜行快速列車「ムーンライトながら」にも使用されていましたが、「東海」の廃止(2007年3月)や「ムーンライトながら」の臨時列車化(2009年3月)で首都圏では存在感の薄い存在になってしまいました。

2012(平成24)年3月までは東京に乗り入れる普通列車に細々と充当されていましたけどね〜

 
現在、373系は特急「ふじかわ」「伊那路」と静岡地区の「ホームライナー」で使用されていますが、朝の通勤通学時間帯は普通列車にも充当されています。

373系が使われる列車をうまく狙えば“魔の静岡”も少し楽に抜けることができますので、“乗り得列車”を堪能してみては如何でしょうか?



この形式写真に関連するタグ: 373系 , JR東海

E353系「スーパーあずさ」の貫通形先頭車(クハE353-3)

今年(2018年)の春休みは晴ればかりですね〜

 
こういうときに形式写真を撮影しなければならない状況にいたらノイローゼになっていたかも知れません。

「列伝シリーズ01 あずさ列伝」の締め切り直前まで形式写真が揃わなかったので、そんな気分はもう味わいたくないですね…

 
E351系は形式写真仲間に声を掛ければ何とかなりますが、デビューしたてのE353系は撮りに行かないと話しになりません。

「あずさ」「かいじ」にも充当されれば信濃大町に行くなど幅が広がりますが、E353系はまだ「スーパーあずさ」の4往復だけ。
しかも、そのほとんどが甲府駅では手前ホームに列車が入っていて撮影できない。ダイヤが乱れていないと撮れない形式区分が多い。

相当難易度が高いのに甲府盆地は曇らない…

 
こういう状況だったので、もう少しいい条件で撮ろうなんて余裕はなく、曇ってくれればOK。そんな状況で2月25日に撮り終わりました。

E351系1次車(量産先行車)の各形式区分を撮りたかったのですが、E353系に全力を注いでいたので撮影できませんでした。

 
今回は「列伝シリーズ01 あずさ列伝」向けの最終カットをアップしたいと思います。
クハE353-3(長モト)です。

顔を出していない先頭車なので最終的にボツにしましたが、E353系が「あずさ」運用に入るようになったら撮り直したいと思います。

 
クハE353-3

クハE353-3(長モト)  2018年2月25日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

E353系は編成全体のMT比を調整するために、2M方式の電動車ユニットのほかに1M方式の電動車や0.5M式の制御電動車を組み込んでいるため形式区分が難しくなっています。

その辺りのことも分かりやすく「列伝シリーズ01 あずさ列伝」に整理してみましたので、お近くの書店などでこの表紙の本を見掛けたらお手に取っていただけると嬉しいです。

 
列伝シリーズ01 あずさ列伝(イカロス出版刊)

列伝シリーズ01 あずさ列伝



この形式写真に関連するタグ: E353系 , JR東日本

「スーパーあずさ」から引退したE351系のグリーン車(サロE351-4)

この週末にイカロス出版から発売された「列伝シリーズ01 あずさ列伝」というムック本で、形式解説パートを担当しました。

 
列伝シリーズ01 あずさ列伝(イカロス出版刊)

列伝シリーズ01 あずさ列伝

 

“大人気だった鉄道MOOKが完全復活!”というキャッチコピーが表紙に入っているとおり、国鉄/JR列車を扱った「名列車列伝」シリーズの復活という位置付けの新シリーズです。

新宿〜松本間の特急列車を扱ったムック本ですので、形式解説は国鉄時代に登場した183系電車だけでなくJR形式のE351・E353系も扱いました。

 
今回の執筆もいつものように形式写真集めが大変で、昨年(2017年)12月23日に営業開始したばかりのE353系は困難を極めました。

他誌のように走行写真を形式写真の代わりにしたくなかったのと、可能な限りブラインドが開いた状態や、晴れの日に撮影して床下が真っ黒になった形式写真を掲載したくなかったので、JR形式については完全撮り下ろしにしました。

そのため、形式写真の撮影が終わったのは締め切り2週間前。

 
新宿〜松本間で形式写真が撮れるのは甲府駅と小淵沢駅ですが、小淵沢駅は「スーパーあずさ」が止まる朝の1本だけなので、実質的には甲府駅だけ。

しかも、甲府盆地はなかなか曇ってくれません。

甲府市が「全国の県庁所在地の日照時間を調べてみると、なんと全国で1番多い」と自慢するレベル。

とにかく曇ってくれません。
特に冬は…

 
形式写真が入る想定で各ページの割り付けを考えてましたが、E351・E353系については2月末までは穴だらけ〜

E351・E353系の各車両を撮り終えるまでは気が気ではありませんでした。

こんな思いはしたくないものです。

 
 * * *

 

ということで、今回は先週のダイヤ改正で「スーパーあずさ」の定期運用から離脱したE351系の1枚をアップしたいと思います。

お召列車の予備編成として整備されていたモトS4編成の サロE351-4(長モト)です。

 
サロE351-4

サロE351-4(長モト)  2018年2月1日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「スーパーあずさ」はビジネス客が多いのでブラインド開の状態を撮影するのが難しいですが、やっときれいに撮れたグリーン車です。ですが、残念ながら台割の関係でこの写真はボツになってしまいました。

 
お召列車予備編成のグリーン車なので防弾ガラス付きの可能性が高い車両です。

しかし、E351系の場合は従来から固定窓なのでその真偽は分かりません。
185系の サロ185-11・208 のように外観が変わるほど側窓が改装されていれば分かるのですが…

もう少し現車を観察していればよかったのですが、すでに運用から外れているのでそれも叶いません。



この形式写真に関連するタグ: E351系 , JR東日本