電車

9月末に引退した485系「いろどり(彩)」の1号車(クロ481-5503)

またまた間が空いてしまいましたが、今回も最近引退または離脱した車両を採り上げたいと思います。

 
9/30(土)、長野総合車両センター(長ナノ)の485系5000番代(N201編成)の“いろどり(彩)”が団体臨時列車「ありがとう!いろどり号」を最後に引退しました。

この日は長野を起点に2方向でさよなら運転が企画され、中央線コース(長野→辰野→富士見・富士見→みどり湖→松本)、大糸線コース(松本→白馬・白馬→松本→長野)がそれぞれ運転されました。

 
N201編成の6両は新潟車両センター(新ニイ)のT21・T22編成を1本に組み替えてジョイフルトレインに改造したもので、485系オリジナルの車体構体を受け継いだ数少ないジョイフルトレインでした。

首都圏でよく見られる“”“”“リゾートやまどり”などは485系の足まわりを流用しているだけで、新しい車体を載せた新車のようなものですから、“いろどり(彩)”の引退で編成単位で485系オリジナルの雰囲気を味わえる車両はいなくなりました。

 
盛岡車両センター(盛モリ)の“ジパング”の中間車(モハ485-3014・モハ484-3014)が残っているので485系オリジナルは絶滅していませんが、これだけ少数派になると保守の問題などで呆気なく引退ということもあり得ます。

485系オリジナルの乗り心地を堪能するのなら「ジパング平泉号」などの臨時列車を早めにチェックしておくべきでしょうね…

 
今回は、“いろどり(彩)”の引退が報道された翌日(9/16)に撮影した1号車の クロ481-5503 をアップしたいと思います。

元を辿ると特急「いしかり」に暫定投入された1974(昭和49)年製の クハ481-1503 です。

 
クロ481-5503

クロ481-5503(長ナノ)  2017年9月16日 信濃大町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クハ481-1503 は、2007(平成19)年1月に“いろどり(彩)”化に際して1+2列の回転リクライニングシートに換装されて クロ481-1503 となりました。

これで485系の新番代区分はお終い。もうこれ以上増えないだろう!と思っていましたが、甘かったですね〜
北陸新幹線金沢延伸開業にともないJR東日本長野支社のまわりにJRの交流区間がなくなったので、2015(平成27)年7月に交直切り替え機能の使用が停止されて直流に固定化されたため、クロ481-1503 は クロ481-5503 に改番されました。

改番されてから2年で引退ですから、“クロ481-5503”はレアな番号だったということになるのでしょうか。

 
何処かに「ドラゴンボール」に登場するキャラクター“フリーザ”に似ているなんて書かれていましたが、これからはネタモノとして扱われていくのでしょうね…
実車を見たことのない人たちに。



この形式写真に関連するタグ: 485系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン

中央・総武緩行線から離脱したE231系900番代の6扉車(サハE230-901)

朝晩が少し寒くなってきたと思ったら、いつの間にか10月になってますね…

 
クロネコヤマトの配送料金の値上げに合わせてトレインブックスの送料を値上げする準備をしたり、またまた執筆に没頭したりで、いつものようにバタバタしていました。

デジタル一眼レフを Nikon D800E から D850 に買い替えたので、曇りの予報が出たら出撃に行ってましたし、なかなか落ち着かないですね…

 
ブログの更新が疎かになっている間に国鉄形やJR初期の車両が運用離脱や引退していますので、今回はそのうちの一つをアップしたいと思います。

9/25(月)に中央・総武緩行線運用からE231系900番代(ミツB901編成)が離脱し、豊田車両センター武蔵小金井派出所に回送されたようですので、今回は絶滅危惧車種6ドア車の サハE230-901(八ミツ)をアップします。

 
サハE230-901

サハE230-901(八ミツ)  2014年5月27日 市川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回離脱したE231系900番代は1998(平成10)年に209系950番代として登場した試作車です。

10両編成1本しか落成してませんし、電動車ユニット毎に製造会社が異なるほど試作要素が満載で、しかも室内の仕様はほとんど209系500番代と同じ車両ですから、E231系量産車と同じようなメンテナンスはできないと思われます。

2000(平成12)年に当時の209系900番代とほぼ同一の仕様でE231系0番代が量産されていますが、以前こちらでアップしたサハE230形0番代(サハE230-18)と見比べても、ジャンパー連結器の本数がちがうのがすぐに見て取れるぐらい違いますからね…

 
今後、ミツB901編成は豊田車両センター(八トタ)に転属して8連化されたうえで武蔵野線に転用されるのか、あっさり廃車となるのか分かりません。

少なくとも現在は熱線吸収ガラスをはめた6ドア車を見ることができなくなりました。

 
今回はすでにドアステッカーが撤去されているようなので、一時的な疎開で三鷹車両センター(八ミツ)にすぐ戻ることはなさそうです。



この形式写真に関連するタグ: E231系 , JR東日本

Nikon D850 を購入しました(写真はモハE232-8005)

突然ですが、Nikon D850 を購入しました。

 
Nikon から D850 が発売されるという発表は知ってましたし、いずれ D800E からその後継機にスムーズに切り替えられるように50mm標準レンズを COSINA Carl Zeiss Planar から COSINA Carl Zeiss Milvus に変えて準備していました。

でも一方で、新機種に飛びつくような性格ではないので、評判を確認してから落ち着いた時期に買おうと思ってました。

すでに D850 は予約販売が好調で、Nikon からは D850 が発売されても入荷待ちになるとの発表がありました。

 
今月初旬、ヨドバシカメラ町田店に出掛けたときも D850 のことはすっかり忘れてました。

でも、発売日前なのに D850 の実機展示が…

 
Nikon D850

 
基本的に D800E と操作性が同じなので好感触。

気になる仕様を確認してみたところ、ライブビュー使用時に電子シャッターでブラケット撮影ができること。高解像度のフルサイズカメラだと、シャッターブレが気になりますからね。

しかも、D800E を11万円以上で下取りしてくれるキャンペーンが目に入ってしまったので、(予約を破棄しても構わないという条件で)ついつい D850 を予約しまいました。

D800E のときのように1ヶ月以上待たされるから、そのうち買いたい気持ちが落ち着くだろう。そう思ってましたが、予約を取り消す前に入荷の連絡が9/13(木)に来てしまいました。

発売日が9/8(土)でしたから、5日しか待たなかったことになります。

 
D850 をお店に行って受け取るか1日悩んでから、翌9/14(金)に購入を決心しました。

気軽に買える金額のカメラではないですからね…

 
ということで、D800E を手放して D850 を手に入れました。

しかも、発売から6日後に。

お店に聞いたところでは、予約した翌々日には1〜2ヶ月待ちになったらしいのでタイミングがよかったとのこと。まぁ〜、本当かどうか分かりませんが…

 
Milvus 50mm を取り付けた D850

 

天気予報に反してその日(9/14)は曇り。

早速手に入れた D850 に標準レンズの Milvus 1.4/50 ZF.2 を取り付け、武蔵溝ノ口駅に出掛けてきました。

試し撮りのモデルは中原電車区(横ナハ)のE233系8000番代の中間車。Milvus のときと同じです。

 
モハE232-8005

モハE232-8005(横ナハ)  2017年9月14日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

このときは、珍しく始業前点検が終わったら室内灯が消されたので、ややコントラストが高いきれいな形式写真になりました。

同じ標準レンズを取り付けているので写りは同じ。極端にダイナミックレンジが広くなった印象は受けませんが、相変わらずおとなしい色調です。レタッチ耐性に繋がるので大事なことです。

 
前位車端部付近(写真左側)に標記されている所属と定員の小さな文字も等倍で切り出してみましたが、「横ナハ」と「定員160名」がきちんと読み取れます。

 
前位車端部付近の車体標記(D850 + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

前位車端部付近の車体標記(D850 + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

 
ステンレス製車体の標記シールはボヤッとしやすいですが、これだけシャープな絵なら十分です。

 
一つのページに比較写真を収めた方がいいので、D800E時代の試し撮りした写真を貼っておきます。

レンズは今回と同じ COSINA Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZF.2 です。

 
モハE233-8013

モハE233-8013(横ナハ)  2016年6月17日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
前位車端部付近(写真左側)の標記部分の等倍切り出し写真も貼っておきます。

解像度の関係で切り出し部分の面積が異なっています。

 
前位車端部付近の車体標記(D800E + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

前位車端部付近の車体標記(D800E + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

 

Zeiss Milvus 1.4/50 の解像感は素晴らしく、抜群の安定感です。でも、これ以上カメラが高解像度化してもクリアに表現できるかどうかは微妙ですね。D850 との組み合わせが限界かも知れません。

とは言っても、これだけ描写できるレンズの相棒として Nikon D850 が仲間入りしましたので、どんどん使い倒したいと思っています。

 



この形式写真に関連するタグ: E233系 , JR東日本

長期間運用離脱していたカツK459編成の奇数方先頭車(クハE531-1009)

8/24(木)に“秋の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されました。

少し発表から時間が経っていますが、あとで見返すのにリスト化しておいた方がいいと思いますので、遅ればせながらリストにまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 
秋の臨時列車は10/1から11/30までの2ヶ月間ですが、この10月に青春18きっぷ利用者にはお馴染みの区間でダイヤ改正が実施されます。

東北本線黒磯~新白河間で運用される車両が、701・E721系交流電車からE531系交直流電車とキハ110系気動車に変更されます。

10/16(月)からの話しです。

 
JR東日本の発表によると上野東京ラインや常磐特急の「ひたち」「ときわ」を絡めたダイヤ改正となっていますが、やはり目玉は黒磯~新白河間の輸送体系の変更です。

これまで交流電車が黒磯まで顔を出すのが当たり前。そう思っていたのが、ダイヤ改正以降、黒磯では交流電車が見られなります。

 
すでに、黒磯~新白河間ではE531系3000番代とキハ110形による訓練運転が実施されています。先日、これを撮りに行ってきましたので、そのときの写真をアップしたいと思います。

E531系3000番代を… といきたいところですが、出撃した8/21(月)は勝田車両センター(水カツ)のK459編成が出場回送されたときで、たまたま黒磯駅で撮影しました。

カツK459編成の奇数方先頭車、クハE531-1009 です。

 
クハE531-1009

クハE531-1009(水カツ)  2017年8月21日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ダイヤ改正が過ぎたら当たり前のようにE531系がここに止まることになります。
でも、黒磯~新白河間に投入されるのは耐寒仕様のE531系3000番代になると思います。

となると、ダイヤ改正以降でもE531系0番代が黒磯駅に止まるのは工場出場のときくらいでしょうか?

 
黒磯駅構内のすべてが直流区間に変更されたら、今までのように電気の切り替えのための長時間停車はなくなるでしょう。
もしかしたら、試運転列車は通過になってしまうかも知れません。

ED75形やEF65形が忙しく行き交っていた光景はさらに過去のものになるのでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: E531系 , JR東日本 , プレス発表

トイレが2位側に変更されたクハ700形1500番代後期形(クハ700-1514)

7月初旬の盛岡遠征で快速「はまゆり」のキハ110系0番代を撮影しましたが、普段の3両編成だとどうしてもきれいに撮れない形式があるのを知ってしまいました。

「はまゆり」は盆暮れなどの多客期になると増結され、しかもその情報は鉄道ダイヤ情報で事前に知ることができます。

 
盛岡駅で「はまゆり」のキハ110系0番代を撮るとなるとこの時期が限度です。
曇ってばかりの今夏なら運用を選んでピンポイントで撮りたい車両が撮れるかも知れない…

そう思っているとこのチャンスを逃すのはもったいない気がしてきたので、増結が始まる8/9(日)からクルマで遠征することにしました。

 
つきみ野から盛岡までは560km。
結構な長旅です。

この距離を一気に移動するよりも途中で撮影しながら移動する方が気分転換になるので、ピーカンだった関東地方を抜けきって安定的に曇りエリアに入っていた原ノ町駅に立ち寄りました。

でも、この日は家を出るのが遅かったので原ノ町駅で撮れるのは1本か2本。

そんな厳しい条件なのに原ノ町駅に入ってきた浪江行きの上り列車は701系1500番代後期形。
浪江で折り返して原ノ町駅の1番線に入ってくれば、特徴側となる公式側(2-4位側)が撮れる。しかも、1時間弱待っていればそのうち戻ってくる。

 
今年3月に相当頑張って福島まで追いかけてクハ700形1500番代後期形(クハ700-1516)のトイレ側を撮ったのに、今回は下調べもせずに偶然やって来たのが701系1500番代後期形。

こんなことはあるのですがね…

でも、原ノ町駅で撮影が失敗したら元も子もないので、1つ手前の磐城太田駅に先回りして撮影してから原ノ町駅でもう1回撮影しました。

 
今回は原ノ町駅で撮影した写真をアップしたいと思います。

仙台車両センター(仙セン) F2-514編成の クハ700-1514(仙セン)です。

 
クハ700-1514

クハ700-1514(仙セン)  2017年8月9日 原ノ町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本