電車

ダブルパンタグラフが凜々しいクモハE129形100番代(クモハE129-125)

3月に入ってから高校受験が終わった娘の片付けに付き合ったり、家族の予定が目白押しだったり、細かい用事がポツポツと入ったりですっかりブログの更新が後回しになってしまいました。

申し訳ありませんでした。

それでも少しだけ遠征に行ってましたので、今回はそのときの写真をアップしたいと思います。

 
その前に我が家のネコが可愛く撮れましたので、“モカ”の写真を貼ります。

決して人間様に媚びない姿勢が目つきに表れています…

 
ストーブの前から離れないモカ

ストーブの前から離れないモカ

 
話しを戻します。

もう20日近く前のことですが、クルマと青春18きっぷを組み合わせてダブルパンタのクモハE129形100番代を撮りに信越本線と上越線が分岐する宮内まで行ってきました。

新潟車両センター(新ニイ)には115系置換用として2両または4両編成のE129系が配置されていますが、2両編成(A1〜A30編成)のうち8本(A23〜A30編成)だけは奇数向き(新潟方)のクモハE129形の前位側にパンタグラフが搭載されたダブルパンタ車です。

前位側のパンタグラフは集電可能な霜切り用パンタグラフですが、新ニイのダブルパンタ車は冬季のみしか霜切りパンタは使用されません。

 
このような外観上の特徴となる前位パンタグラフを搭載した クモハE129-123〜130 については、上越線限定の運用となるこの時期に押さえておきたかったので、雪が落ち着いた今月上旬に宮内に行ったというわけです。

撮影地の関係で前位パンタグラフが目立たない構図になりましたが、横浜線のクモハ73形を見て育った身には馴染みのある“前パンタ”。

春になると後位側のパンタグラフだけの使用となり、限定運用も解除されるので、きっちり特徴的な姿が記録できたことに満足しています。

 
クモハE129-125

クモハE129-125(新ニイ)  2017年3月4日 宮内駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E129系 , JR東日本

非電化区間を走る蓄電池電車のBEC819系量産先行車(クモハBEC819-1)

今回は九州遠征2日目(2/23)の話しです。

 
この日は、午前中から筑豊本線(若松線)の架線式蓄電池電車(DENCHA)のBEC819系量産先行車を撮りに行きました。

 
二島駅は1月の九州遠征のときに2回行きましたが、雪または晴れてしまったために撮ることができませんでした。
今回の遠征でも前日(2/22)に寄ったものの、こんどは雨。

ここでは、クモハBEC819形のほかにも3月4日ダイヤ改正で引退予定のキハ47形とキハ31形も撮りたかったのですが、みごとに天気にはハズされっ放し。

うまく曇ってくれれば2時間ぐらいの滞在で済むはずですが、何しろうまく曇ってくれません。特にトイレなしのキハ31形は他線区への転用が難しいので、ここで撮っておきたかったのですが…

 
でもこんな執念が通じたのか、ようやく4度目の正直で二島駅の滞在中に安定して曇ってくれました。

座席の大部分がロングシートに交換された キハ31 10(定員:111名)とドア付近だけ座席が撤去された キハ31 15(定員:98名)、そしてキハ47形8000番代を撮影。

そのあと、今回アップする クモハBEC819-1(本チク)も撮影。

すぐに直方に移動し、普段は日田彦山線で使用されている キハ140 2041 が何故か撮影でき、今回も大満足。

 
門司港に移動して811・813・817系を撮るつもりでしたが、お昼からの晴れ予報どおり雲が薄くなってしまいました。

門司港での撮影は期待していなかったので、すぐに小倉に戻って博多発の「のぞみ」に乗車。1月に引き続き新幹線の5時間の長旅を堪能して帰路に就きました。

 
クモハBEC819-1

クモハBEC819-1(本チク)  2016年2月23日 二島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

明日(3/4)からは筑豊本線の非電化区間(若松線)がすべてDENCHA(BEC819系)化されるので量産先行車が撮れる確率が低下します。でも、一方で直方駅で撮れる可能性も生まれるので急いで量産先行車を撮る必要もありませんでしたが、筑豊篠栗鉄道事業部(本チク)のキハ31形撮影の副産物ですので、ありがたく撮影させていただきました。

 
パンタグラフを降ろして非電化区間を電車が走る光景にはまだ慣れませんね…
つい目を疑ってしまいます。

明日(3/4)のダイヤ改正でJR東日本の烏山線も全列車が架線式蓄電池電車に置き替えられます。このような動きが進んでいくので、そのうちに馴染んでくるのでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: BEC819系 , JR九州

お得な寝台(“パン下中段”)が懐かしいモハネ582形(モハネ582-106)

下書きのまま放置してしまったので鮮度落ちの情報ですが、先日(2/17)、JR東日本秋田支社から交直両用寝台電車583系の引退について発表がありました。

長年活躍した583系も、4/8(土)の秋田〜弘前間で運転される団体臨時列車の2往復を最後に引退するということです。

 
世界初の寝台電車581系(直流・交流60Hz対応)の後継車として東日本地区の交流50Hzにも対応した3電源タイプの電動車に変更した583系が登場したのが1968(昭和43)年ですから、私と同じアラフィフです。

しかも、最盛期には昼間は座席特急に、夜は寝台特急に使用され、1日に1,500km近くをロングランする過酷な運用に就いていたこともありました。“昼も夜も”働く日本一忙しい車両として日本全国を駆け巡っていました。

山陽新幹線の博多開業と東北新幹線の盛岡開業によって在来線の昼行特急運用の多くが廃止されたため、国鉄末期はほぼ夜行列車のみの運用となり昼夜走りずくめの状態から解放されました。

 
幼少のころをヒガハス(東北本線東大宮〜蓮田間)の線路沿いの団地で過ごした身なので、583系というと上野〜青森間の特急「はつかり」と寝台特急「はくつる」のイメージが強過ぎますが、実際に乗るようになったのは「はつかり」が盛岡〜青森間に追いやられてからです。485系とともにかなりお世話になりました。

正直に言って、ベネシャンブラインドを内蔵したガラスの汚い二重窓や、重心が高く横揺れがひどいことなどから583系は敬遠していましたが、なくなると決まってしまうと寂しいものですね…

後年改造でベネシャンブラインドが撤去されて車窓の景色が楽しめる普通の特急形車両になりましたが、1980年代中ごろからは急行「きたぐに」や臨時快速列車での活躍が主流となったため、それ以降は特急料金が不要な乗り得な車両に変わりました。

 
今回の583系引退のニュースを受けてほとんどのサイトやブログは「月光形」と呼ばれた貫通形先頭車(クハネ583形)にフォーカスした写真がたくさん掲載されているようなので、当ブログでは旅慣れた人たちに人気だった“パン下中段”と呼ばれた寝台区画を配置したパンタグラフ付きのモハネ582形をアップしたいと思います。

快速「あいづライナー」の代走に入ったときに撮影したものです。

 
モハネ582-106

モハネ582-106(仙セン)  2011年5月28日 会津若松駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

583系の寝台車は、中央通路の両側にレール方向にベッドが並んでおり、上段・中段・下段の3段式B寝台となっています(のちに2段式に改造したA寝台車 サロネ581形が追加)。

そのため車両限界ギリギリ近くまで屋根高さを高くして3段の寝台(ベッド)を納めていますが、パンタグラフを搭載している部分だけは屋根を低くせざるを得ないため当該部分だけ低屋根にした構造になっています。同部分にトイレ・洗面所を配置して無駄をなくすように設計されていますが、低屋根部分はそれ以上に広いため中段・下段の2段式でベッドを配置しています。

その部分の中段、具体的にはモハ582形の1・2・11〜14の中段は他の区画よりも寝台高さが高く、“パン下中段”と呼ばれて人気の区画となっていました。1両あたり6名分しかありません。しかも、1編成にパンタ付きの車両は2〜4両しか連結されていません。

上の写真をよく見ると側窓上部の小さな明かり窓が1つしか設置されていない場所があります(クリーム色部分に明かり窓のない箇所)。その部分が“パン下中段”にあたります。

 
もう583系は寝台車として運転されることがないようなので、みどりの窓口で席取りゲームを繰り広げたのはすでに過去の話しとなりました。

京都鉄道博物館に保存されているのは先頭車のクハネ581形(「きたぐに」で使用された クハネ581-35)だけなので、それを間近に見ることもできなくなりました。



この形式写真に関連するタグ: 583系 , JR東日本

筑豊本線に投入された蓄電池電車のBEC819系量産先行車(クハBEC818-1)

先月末の九州遠征の撮影報告をしている途中でしたが、確定申告の準備と買い取りした本山の整理に没頭してしまい、遠征2日目(1/23)の報告が延び延びになってしまいました。

すみません。

青色申告書の作成がだいたい終わったので、こちらの更新を再開したいと思います。

 
当初から、今回の九州遠征は福岡県内という狭い地域を1泊2日で撮影する行程を考えていました。

前回アップしたように遠征1日目(1/22)は福岡空港到着後にすぐに香椎線宇美駅に向かいましたが、2時間少々の滞在で少数派の キハ40 2037 と一通りの番代区分のキハ47形が撮影できてしまったので、こんどは20数年ぶりに直方に立ち寄り筑豊本線の非電化区間(若松線)に移動しました。

曇り予報で実際に曇る確率ってかなり低いと思っているので、雪雲の動きを気にしながら電化された筑豊本線(福北ゆたか線)を北上しました。

 
以前、筑豊本線に乗車したときは直方気動車区(本カタ)のキハ66・67形が頻繁に走っていた時代ですからね…

まだ、屋根上機器が原形のまま。箱形の押込式通風器とラジエーターが残っていた時期で、塗色だけ九州地域色になっただけ。国鉄分割民営化のときの外観が残っていた最末期のときだったと思います。

 
キハ66 10

キハ66 10(本カタ)  1994年5月4日 直方気動車区

 

そんな筑豊本線(篠栗線)も今では福北ゆたか線なんて愛称が付いた電化路線になっています。

非電化で残っていた若松〜折尾間(若松線)も、架線式蓄電池電車(DENCHA)の先行投入区間として2016(平成28)年10月からBEC819系量産先行車が走っています。

さらに、来月のダイヤ改正には若松線のすべての列車がDENCHA化される予定で、この区間を走るキハ40系とキハ31形はBEC819系に置き替えられます。

 
ということで、香椎線宇美駅のあとに若松線の二島駅に向かいましたが、遠征1日目(1/22)は残念ながら雪が強くて撮れませんでした。

 
気を取り直して遠征2日目(1/23)にもう1回二島駅に訪問。

天気予報がハズレ気味でやや晴れベースの天候でしたが、何とかBEC819系量産先行車の2両が撮れましたので、今回は床下機器の主回路用蓄電池が印象的な クハBEC818-1(本チク)をアップしたいと思います。

 
クハBEC818-1

クハBEC818-1(本チク)  2017年1月23日 二島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

BEC819系は、JR九州が非電化区間で運行しているキハ40系などの国鉄形気動車の置き替えを目的に開発された世界初の交流方式による架線式蓄電池電車の新製車です。

817系改造の試作車による試験結果を踏まえて実用化した量産形式で、車体構造と接客設備は817系2000番代をベースとし、305系で採用された改良点も反映されています。

今のところBEC819系は、クモハBEC819-1 と クハBEC818-1 の1ユニット2両編成(Z001編成)の1本のみが在籍し、2016(平成28)年10月に営業開始しました。

「“D”UAL “EN”ERGY “CHA”RGE TRAIN」の頭文字をとった「DENCHA」の愛称も817系改造車から引き継いでおり、車体のロゴもクリーン・エネルギーをイメージした水色になっています。

 
BEC819系は交流電化区間では通常の交流電車として走行しますが、走行中や停車中に架線からの交流電力を蓄電池に充電するので、非電化区間では蓄電池を電源として走行し、ブレーキ時に回生エネルギーを蓄電池に充電することもできます。

JR東日本が烏山線に投入したEV-E301系も同様のシステムを採用しているが、こちらは直流用蓄電池電車となっています。

 
来月のダイヤ改正では、BEC819系をベースとして耐寒耐雪対策を強化したEV-E801系がJR東日本秋田支社の奥羽本線・男鹿線(秋田〜男鹿間)に投入されることになっているので、当面はこのタイプの架線式蓄電池電車が交流区間では標準となると思われます。

キハ40系も安泰ではなさそうですね。



この形式写真に関連するタグ: BEC819系 , JR九州 , キハ66系

鶴見線で活躍する元埼京線用・先頭車化改造車のクハ205形1100番代

先日(1/20)の磯子出撃は午前中だけでお仕舞いでした。

京浜東北線・根岸線を走っているのがE233系1000番代だけですからね。
こういうときは長居は無用です。途中から雪も降り始めてましたし…

そのあとは野暮用があったので、川崎市内に移動。

 
せっかくの出撃なのにテツ活動を何もしないで川崎に行くのももったいないですから、鶴見線の大川駅に立ち寄って雑草の状況を確認に行ってきました。

この駅に入線する鶴見線用の205系1100番代の形式写真は、50mm標準レンズを使えば簡単に3両とも撮影ができます。

 
すでにこちらにアップしている中間電動車 モハ205形0番代(モハ205-95)をご覧になると分かると思いますが、中間車のモハ205形はパンタグラフを搭載している車両なので、少しサイド寄りからやや広角気味の45mmレンズで撮影した方がいいと思っています。

でも、このときは50mmレンズしか持っていないときで、他に選択肢がありませんでした。

今ならタムロンの45mmレンズがあるので、もう少し被写体をサイド側から撮ってシングルアーム式のパンタグラフがはっきり分かるような構図で撮ることができます。
撮影場所は道路沿いなので下がることができないという撮影場所の制約からも逃れられますしね…

 
ということで、以前から大川駅での撮り直しを画策していましたが、問題は大川駅構内の雑草。

以前のように現場で気軽に形式写真が撮れないですから、駅構内で引きが取れるところで撮影するしかないので、線路際の手入れが行き届いた時期に撮り直ししたいと思っていました。

 
ということで、大川駅構内の雑草を確認してきました。

 
鶴見線大川駅構内

 
やっぱりまだダメのようです。
立ち枯れた雑草の中に大川駅ホームが浮いているような感じ。

う〜ん…

3月中旬にもう1回確認してみたいと思います。

 
今回は駅構内の雑草がきれいに刈られた時期に撮影した クハ205-1108(横ナハ)をアップしたいと思います。

 
クハ205-1108

クハ205-1108(横ナハ)  2014年3月26日 大川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

鶴見線で走っている205系1100番代は元山手線用と元埼京線用の車両を転用改造したグループですが、制御車(Tc)のクハ205形1100番代はすべて埼京線用10両編成の4号車または7号車のサハ205形を先頭車化改造したものです。

なお、今回アップした クハ205-1108 は サハ205-229 からの改造車です。

 
山手線にE231系500番代が投入された際、従来の205系を他線区へ転用するときに6ドア車だけは埼京線の一部のサハ205形(4ドア車)を置き替えるかたちで転用されました。

このときに余剰となったサハ205形が先頭車化されて鶴見線の103系置換用として再活用されました。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本