電車

JR九州の都市圏輸送で活躍する813系200番代(クモハ813-226)

撮影2日目(1/10)の話しの続きをちょっとだけ。

 
先週の九州遠征は鹿児島と長崎での撮影を予定してましたが、この日も天気が安定しなかったので、観光特急「指宿のたまて箱」の キハ47 9079 が撮れたのを機に“九州ネットきっぷ”を買って九州新幹線で熊本に移動に向かいました。

青春18きっぷを持っていましたので、熊本から先はドン行で移動し、鳥栖に行きました。

でも、鳥栖で曇ってくれたのはほんの数分だけ。すぐに吹雪になってしまったので、この日の午後は撮影を諦め、お尻に根っこが生えるほどの思いをしながらドン行で長崎に移動しました。

約1年ぶりの長崎入り…

 
遠征3日目(1/11)に備えて長崎駅の雑草の状況を確認し、“ぶらり大村線きっぷ”を前もって購入。

あとは曇ることを祈るだけの状態にして、遠征3日目を迎えることにしました。

 

遠征3日目の 1/11(木)、前日まであれだけハズれまくった天気予報は何故かこの日だけ予報が当たり、長崎の街は白銀の世界。

雪予報が当たるとは思いもよらず… 完全に長崎入りしたのが無駄になってしまいました。

 
長崎駅で留置されているキハ66系(ハウステンボス色編成)

長崎駅で留置されているキハ66系(ハウステンボス色編成)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

数cmレベルの積雪なので大した雪ではないですが、数年前の積雪で長崎空港が閉鎖されたことがあったみたいなので、帰りの飛行機をキャンセルし、前日に購入した“ぶらり大村線きっぷ”も払い戻して、“九州ネットきっぷ”を買い直して特急「かもめ」で博多に向かいました。

 
雪の降るなか、長崎駅2番ホームで発車を待つ「かもめ14号」

雪の降るなか、長崎駅2番ホームで発車を待つ「かもめ14号」

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

雪景色だったのは新線(市布経由)の長崎トンネルを出た辺りまでで、諫早に着くとほとんど雪はありませんでした。

有明海に面する肥前大浦の辺りは晴れていて、足元も湿っている程度。
福岡方面に向かったのは勇み足かと思ってましたが、肥前山口や鳥栖は吹雪。

 
博多はドン曇りの形式写真日和。

でも、博多駅で撮影するには準備不足だったので、一気に快速列車で門司港まで北上することにしました。

夕方の新幹線で小倉から帰るとしても4時間程度は滞在できそうだったので、811・813系のロケハンを兼ねて門司港駅で粘ることにしました。

 
外気温 約1度、吹きさらす強い海風のなか、門司港駅に4時間も居られません。

ときどき吹雪になったのと、三脚が揺れるほど強風が吹く厳しい条件でしたが、落ち着いた瞬間もあったので、無駄な一日にはなりませんでした。

でも、手はかじかむし、耳は切れるように痛い… 結局、3時間ほどでギブアップしてしまいました。

 
今回は、何とか凍えながら撮影した813系200番代の制御電動車(Mc)の クモハ813-226(本ミフ)をアップしたいと思います。

背景に写り込んでいる青帯車は811系のリニューアル工事施工車(1500番代)です。まだ、2編成しか落成していない811系1500番代の2本を繋げた8両編成が1番ホームに停車していましたが、残念ながら今回の遠征では撮影できませんでした。

 
クモハ813-226

クモハ813-226(本ミフ)  2018年1月11日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回の九州遠征は降雪のため長崎地区の撮影撮影を諦め、1日早く戻ってしまいましたが、これからも何度か挑戦してJR九州の一般的な形式を積極的に記録していきたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 787系 , 813系 , JR九州 , キハ66系

明けましておめでとうございます(写真はクハ115-2018)

明けましておめでとうございます。

昨年中は格別のお引き立てをたまわり、誠にありがとうございました。
トレインブックスは、本年もお客さまに愛される鉄道専門古書店を目指し、より一層努力してまいりたいと思います。

本年が皆さまにとって素晴らしい一年となりますよう、ご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 
新しい年、2018年に因んで2018番の車両を探してみたところ、下関総合車両所広島支所(広ヒロ)に在籍していた当時に撮影した クハ115-2018(ヒロL-09編成)の形式写真が手元にありました。

広ヒロに227系が投入されたため下関総合車両所運用検修センター(広セキ)に転属しましたが、現在もセキL-09編成の偶数側(下関方)に連結されています。

 
クハ115-2018

クハ115-2018(広セキ)  2014年6月5日 西条駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

車両番号はオリジナルの“2018”のままですが、40N体質改善工事が実施され、車体塗色も濃黄色に変更されています。屋根上の冷房装置もよく見るとオリジナルのAU75系からWAU709Aに換装されています。

227系の増備に押されてJR西日本広島支社の115系は運用数が減少していますが、現在も山陽本線三石〜下関間などで使用されています。



この形式写真に関連するタグ: 115系 , JR西日本

短命で終わりそうな289系の全室グリーン車(クロ288-2006)

JR北海道、JR東日本、JR東海と続けてきましたので、大晦日までに何とか残りのJR各社を採り上げてみたいと思います。

でも、今年も残すところあと3日…
毎日更新しないと間に合わないですが、何とか頑張ってみます。

 
今年は北海道と九州への遠征ばかりだったので、JR西日本エリアへの遠征は3回だけ。

それも北近畿地区がメイン。

天気に恵まれず晴れと雨を避ける行程でしたので、撮影記録を見返すと悲しくなります…
こんなに時間を掛けているのになぁ〜、と。

 
それでも、地味にニュースな車両が撮れると嬉しいものです。

西日本方面に行くとクロスシート車の“カーテン閉”率が高いので、快速用や特急用の車両をきれいに撮るのは至難の業ですから。

 
今年の北近畿遠征の目的は、来年(2018年)くらいには廃形式となるクロ288形です。

5月の遠征報告の時点ではクロハ288形の方が珍しかったので、そのときは床下がスカスカな クロハ288-2001 をアップしました。
しかし、その後も半室グリーン車への改造が進んでクロ288形も残りわずかなってきましたので、今回はクロ288形をアップしたいと思います。

 
福知山電車区(福フチ)FG406編成の クロ288-2006 です。

2017(平成29)年9月に半室グリーン車に改造されたため、現在は クロハ288-2006 を名乗っています。

 
クロ288-2006

クロ288-2006(福フチ)  2017年5月9日 和田山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 289系 , JR西日本

“エル特急”という呼称がなくなる「ワイドビューしなの」(クモハ383-11)

JR北海道、JR東日本と続けてきたので、こんどはJR東海を、と用意しようと思ってましたが、今年はJR東海エリアに1回しか足を踏み入れませんでした。

このときに撮影した紀勢本線のキハ25形と特急「ワイドビュー南紀」のキハ85形はすでにアップしましたので、もうネタ切れか?と思ってましたらエリア外で撮影した形式写真がありました。

JR東日本の大糸線に入線している「ワイドビューしなの」の383系です。

 
JR東海の振子式電車 383系は名古屋駅で撮影できますが、ここで撮ると天井の低い車体が悪さして、構図の締まりが悪くなってしまいます。贅沢な悩みなんですけどね…

 
以前から大糸線の信濃大町駅で383系を撮りたいと思ってましたが、土休日や繁忙期にならないと大糸線に入線しないので、撮影を先送りしてました。

でも、9月の信濃大町遠征は引退直前だった“いろどり(彩)”の485系5000番代(ナノN201編成)を撮りに行ったときで、たまたま土曜日だったので、白馬行きの臨時「ワイドビューしなの81号」が運転されてました。

383系はステンレス製車体なので障害物が写り込む厄介な車両ですが、信濃大町駅はまわりに大きな構造物がないので、名古屋方の2両だけはきれいに撮れました。しかも、天井の低い車両でも迫力が出るように正面寄りの構図で撮影できました。

 
今回は、神領車両区(海シン)に配置されている「ワイドビューしなの」用4両編成(A102編成)の名古屋方の制御電動車(Mc)、クモハ383-11 をアップしたいと思います。

 
クモハ383-11

クモハ383-11(海シン)  2017年9月16日 信濃大町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

来年(2018年)3月ダイヤ改正で“エル特急”が消滅するそうです。

 
“エル特急”という呼称は国鉄時代の1972(昭和47)年10月に登場しました。

国鉄時代、1970年代まで特急列車はまさに“特別な急行列車”でした。
11両や12両などの長大編成で、すべての車両は指定席車。さらにグリーン車が2両、食堂車が連結されるのが当たり前でした。

しかし、1970年代に入ると国鉄の赤字は膨らみ、経営状況の悪化に対処するための施策が打たれるようになりました。
その一つが急行列車の特急列車への格上げでした。

急行列車を格上げして特急列車の本数を増やし、特急列車にも自由席車を連結し、それまでの急行列車のように乗りやすくした特急列車を“エル特急”と呼ぶようにしました。

 
1972(昭和47)年10月に“エル特急”となった特急列車は、
「ひばり」(上野〜仙台間・485/583系)
「ひたち」(上野〜仙台間〈常磐線経由〉・485系)
「わかしお」(東京〜安房鴨川間・183系)
「さざなみ」(東京〜館山間・183系)
「とき」(上野〜新潟間・181系)
「あさま」(上野〜長野間・181系)
「つばめ」(岡山〜熊本間・485/583系)
「はと」(岡山〜下関間・181/485系)
「しおじ」(新大阪〜下関間・181/485/583系)
の9つ。

その後、“エル特急”は国鉄の特急列車網の充実とともに増加し、ディーゼル特急にまで波及しました。

しかし、新幹線網の充実にともない在来線特急列車が減少する一方で比較的短距離な連絡特急列車が増加し、自由席車を連結するフリークエンシーなサービスが当たり前になったため、“エル特急”の呼称をやめる動きが徐々に広がりました。

 
それでも、JR東海は自社エリアを発着する「しらさぎ」「(ワイドビュー)しなの」「(ワイドビュー)ひだ」に“エル特急”の呼称を残していました。

 
来年(2018年)3月ダイヤ改正で“エル特急”という呼称がなくなったからといって何らサービスが変わる訳ではありませんが、こうやって少しずつ国鉄時代の遺産が消えていくのでしょうね。これからも…



この形式写真に関連するタグ: 383系 , JR東海

わずかな期間だけ黒磯駅に入線したE721系1000番代(モハE721-1002)

今年もあと10日ちょっとでお終いです。

この1年間で撮影した形式写真を少しでもレタッチしておこうと、過去の写真を整理しています。

 
前回はJR北海道の キハ183-9560 をアップしたので、北から順にJR各社の写真をアップしていくことにします。

2〜3日に1回のペースでブログを更新していけば、大晦日までに今年1年を振り返ることができますからね…

頑張ってみたいと思います。

 
今回はJR東日本です。

今年は10月16日のダイヤ改正で東北本線黒磯〜新白河間から交流電車が撤退したことが大きなニュースでしたので、これに関わる車両の形式写真をアップしたいと思います。

 
2016(平成28)年秋に登場し、黒磯駅への入線はわずか1年足らずで終了したE721系1000番代にしたいと思います。

4両固定編成ですので、この区分のみに存在するモハE721形の モハE721-1002(仙セン)をアップします。

 
モハE721-1002

モハE721-1002(仙セン)  2017年4月8日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

E721系1000番代は2016(平成28)年11月30日から東北本線の運用に入りましたが、4両編成19本が出揃ったのは2017(平成29)年3月ダイヤ改正の直後です。

2017(平成29)年3月改正から本格的に運用が開始されたわけですから、定期運用として黒磯駅に入った3月から10月までの7ヶ月間だけでした。
しかし、E721系1000番代が黒磯に来たのは朝晩の3本だけでしたので、ここでE721系1000番代を撮るのは至難の業。

 
E721系1000番代は福島駅などでも撮れますが、ステンレス車体は周りに構造物があると写り込んでしまうので、開放的な場所で撮るに超したことはありません。

黒磯駅に日中やって来る交流電車は701系ばかりでしたから、E721系1000番代はそのうち撮れるだろう!なんて構えていたら大間違い。

相当気合いを入れて撮りに行きましたが、早朝の撮影で露出が厳しかったので、撮れた写真はコントラスト弱め。

 
でも、お天道様は見ていてくれたのですね。

運用の差し替えがあったみたいで、真っ昼間のドン曇りのときにきれいに撮れました。

 
現在は、キハ110系の2両編成とE531系の5両編成がやって来る場所に変わりました。

2018(平成30)年1月1~3日の電気設備改良工事が終われば、黒磯駅構内は完全に直流化されます。



この形式写真に関連するタグ: E721系 , JR東日本