電車

Nikon D850 を購入しました(写真はモハE232-8005)

突然ですが、Nikon D850 を購入しました。

 
Nikon から D850 が発売されるという発表は知ってましたし、いずれ D800E からその後継機にスムーズに切り替えられるように50mm標準レンズを COSINA Carl Zeiss Planar から COSINA Carl Zeiss Milvus に変えて準備していました。

でも一方で、新機種に飛びつくような性格ではないので、評判を確認してから落ち着いた時期に買おうと思ってました。

すでに D850 は予約販売が好調で、Nikon からは D850 が発売されても入荷待ちになるとの発表がありました。

 
今月初旬、ヨドバシカメラ町田店に出掛けたときも D850 のことはすっかり忘れてました。

でも、発売日前なのに D850 の実機展示が…

 
Nikon D850

 
基本的に D800E と操作性が同じなので好感触。

気になる仕様を確認してみたところ、ライブビュー使用時に電子シャッターでブラケット撮影ができること。高解像度のフルサイズカメラだと、シャッターブレが気になりますからね。

しかも、D800E を11万円以上で下取りしてくれるキャンペーンが目に入ってしまったので、(予約を破棄しても構わないという条件で)ついつい D850 を予約しまいました。

D800E のときのように1ヶ月以上待たされるから、そのうち買いたい気持ちが落ち着くだろう。そう思ってましたが、予約を取り消す前に入荷の連絡が9/13(木)に来てしまいました。

発売日が9/8(土)でしたから、5日しか待たなかったことになります。

 
D850 をお店に行って受け取るか1日悩んでから、翌9/14(金)に購入を決心しました。

気軽に買える金額のカメラではないですからね…

 
ということで、D800E を手放して D850 を手に入れました。

しかも、発売から6日後に。

お店に聞いたところでは、予約した翌々日には1〜2ヶ月待ちになったらしいのでタイミングがよかったとのこと。まぁ〜、本当かどうか分かりませんが…

 
Milvus 50mm を取り付けた D850

 

天気予報に反してその日(9/14)は曇り。

早速手に入れた D850 に標準レンズの Milvus 1.4/50 ZF.2 を取り付け、武蔵溝ノ口駅に出掛けてきました。

試し撮りのモデルは中原電車区(横ナハ)のE233系8000番代の中間車。Milvus のときと同じです。

 
モハE232-8005

モハE232-8005(横ナハ)  2017年9月14日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

このときは、珍しく始業前点検が終わったら室内灯が消されたので、ややコントラストが高いきれいな形式写真になりました。

同じ標準レンズを取り付けているので写りは同じ。極端にダイナミックレンジが広くなった印象は受けませんが、相変わらずおとなしい色調です。レタッチ耐性に繋がるので大事なことです。

 
前位車端部付近(写真左側)に標記されている所属と定員の小さな文字も等倍で切り出してみましたが、「横ナハ」と「定員160名」がきちんと読み取れます。

 
前位車端部付近の車体標記(D850 + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

前位車端部付近の車体標記(D850 + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

 
ステンレス製車体の標記シールはボヤッとしやすいですが、これだけシャープな絵なら十分です。

 
一つのページに比較写真を収めた方がいいので、D800E時代の試し撮りした写真を貼っておきます。

レンズは今回と同じ COSINA Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZF.2 です。

 
モハE233-8013

モハE233-8013(横ナハ)  2016年6月17日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
前位車端部付近(写真左側)の標記部分の等倍切り出し写真も貼っておきます。

解像度の関係で切り出し部分の面積が異なっています。

 
前位車端部付近の車体標記(D800E + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

前位車端部付近の車体標記(D800E + Zeiss Milvus 1.4/50 にて撮影)

 

Zeiss Milvus 1.4/50 の解像感は素晴らしく、抜群の安定感です。でも、これ以上カメラが高解像度化してもクリアに表現できるかどうかは微妙ですね。D850 との組み合わせが限界かも知れません。

とは言っても、これだけ描写できるレンズの相棒として Nikon D850 が仲間入りしましたので、どんどん使い倒したいと思っています。

 



この形式写真に関連するタグ: E233系 , JR東日本

長期間運用離脱していたカツK459編成の奇数方先頭車(クハE531-1009)

8/24(木)に“秋の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されました。

少し発表から時間が経っていますが、あとで見返すのにリスト化しておいた方がいいと思いますので、遅ればせながらリストにまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 
秋の臨時列車は10/1から11/30までの2ヶ月間ですが、この10月に青春18きっぷ利用者にはお馴染みの区間でダイヤ改正が実施されます。

東北本線黒磯~新白河間で運用される車両が、701・E721系交流電車からE531系交直流電車とキハ110系気動車に変更されます。

10/16(月)からの話しです。

 
JR東日本の発表によると上野東京ラインや常磐特急の「ひたち」「ときわ」を絡めたダイヤ改正となっていますが、やはり目玉は黒磯~新白河間の輸送体系の変更です。

これまで交流電車が黒磯まで顔を出すのが当たり前。そう思っていたのが、ダイヤ改正以降、黒磯では交流電車が見られなります。

 
すでに、黒磯~新白河間ではE531系3000番代とキハ110形による訓練運転が実施されています。先日、これを撮りに行ってきましたので、そのときの写真をアップしたいと思います。

E531系3000番代を… といきたいところですが、出撃した8/21(月)は勝田車両センター(水カツ)のK459編成が出場回送されたときで、たまたま黒磯駅で撮影しました。

カツK459編成の奇数方先頭車、クハE531-1009 です。

 
クハE531-1009

クハE531-1009(水カツ)  2017年8月21日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ダイヤ改正が過ぎたら当たり前のようにE531系がここに止まることになります。
でも、黒磯~新白河間に投入されるのは耐寒仕様のE531系3000番代になると思います。

となると、ダイヤ改正以降でもE531系0番代が黒磯駅に止まるのは工場出場のときくらいでしょうか?

 
黒磯駅構内のすべてが直流区間に変更されたら、今までのように電気の切り替えのための長時間停車はなくなるでしょう。
もしかしたら、試運転列車は通過になってしまうかも知れません。

ED75形やEF65形が忙しく行き交っていた光景はさらに過去のものになるのでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: E531系 , JR東日本 , プレス発表

トイレが2位側に変更されたクハ700形1500番代後期形(クハ700-1514)

7月初旬の盛岡遠征で快速「はまゆり」のキハ110系0番代を撮影しましたが、普段の3両編成だとどうしてもきれいに撮れない形式があるのを知ってしまいました。

「はまゆり」は盆暮れなどの多客期になると増結され、しかもその情報は鉄道ダイヤ情報で事前に知ることができます。

 
盛岡駅で「はまゆり」のキハ110系0番代を撮るとなるとこの時期が限度です。
曇ってばかりの今夏なら運用を選んでピンポイントで撮りたい車両が撮れるかも知れない…

そう思っているとこのチャンスを逃すのはもったいない気がしてきたので、増結が始まる8/9(日)からクルマで遠征することにしました。

 
つきみ野から盛岡までは560km。
結構な長旅です。

この距離を一気に移動するよりも途中で撮影しながら移動する方が気分転換になるので、ピーカンだった関東地方を抜けきって安定的に曇りエリアに入っていた原ノ町駅に立ち寄りました。

でも、この日は家を出るのが遅かったので原ノ町駅で撮れるのは1本か2本。

そんな厳しい条件なのに原ノ町駅に入ってきた浪江行きの上り列車は701系1500番代後期形。
浪江で折り返して原ノ町駅の1番線に入ってくれば、特徴側となる公式側(2-4位側)が撮れる。しかも、1時間弱待っていればそのうち戻ってくる。

 
今年3月に相当頑張って福島まで追いかけてクハ700形1500番代後期形(クハ700-1516)のトイレ側を撮ったのに、今回は下調べもせずに偶然やって来たのが701系1500番代後期形。

こんなことはあるのですがね…

でも、原ノ町駅で撮影が失敗したら元も子もないので、1つ手前の磐城太田駅に先回りして撮影してから原ノ町駅でもう1回撮影しました。

 
今回は原ノ町駅で撮影した写真をアップしたいと思います。

仙台車両センター(仙セン) F2-514編成の クハ700-1514(仙セン)です。

 
クハ700-1514

クハ700-1514(仙セン)  2017年8月9日 原ノ町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本

引退が予定されているジョイフルトレイン「NO.DO.KA」の クモハ485-701

6/22(木)~7/4(火)の“大人の休日倶楽部パス”利用期間中に2枚パスを買って3度も遠征に出てました。

クルマでの遠征ほどではないですが、短期間のうちにこれだけ行くとやっぱり疲れますよね。好きだからできますけど…

 
もう遠征に出なくてもいいと思って、しばらくは出掛けないで古本屋さんとして在庫の整理に勤しんでいましたが、こんなときに新潟車両センター(新ニイ)のジョイフルトレイン “NO.DO.KA”が仙台から回送列車で南下するのを鉄道ダイヤ情報で知ってしまいました。

“シルフィード”としてデビューしてから27年、2001(平成13)年にカーペット車両に改造されて“NO.DO.KA”に改称されたパノラマカーも寄る年波には勝てず、来年(2018年)1月に引退することが発表されました。

定期列車としては運用されないので、早めに撮っておかないと撮り逃してしまいます。

 
これまでに何度か“NO.DO.KA”の485系700番代を撮りに行ったことがありますが、行くたびに振られまくり。

こんどは引退発表ですから縁のない車両かと諦めてましたが、7/31(月)の回送列車は撮影できそうな駅が福島、黒磯、小山と3ヶ所もあったので何とかなるかも知れない。

先ずは福島に行ってみて、このときに撮れれば夕方までには帰宅できる… そう思って青春18きっぷを購入して出撃することにしました。

 
青春18きっぷだと始発列車で行っても“NO.DO.KA”の福島停車に間に合わないので、宇都宮〜福島間だけ東北新幹線を使って行きましたが、曇り予報が完全にハズレたため福島はピーカン。

せっかくの新幹線乗車でしたが、完全に無駄足。

やっぱり“NO.DO.KA”とは縁がないのですかね…

 
でも、諦めずにすぐにドン行で黒磯まで戻りました。

黒磯は雨が心配なほどの曇天でしたが、何故か“NO.DO.KA”入線の直前になると雲が薄くなって、そのうちピーカンに。

 
やっぱり“NO.DO.KA”には縁がないのか…

でも、撮影したカットのうち何枚かは薄く雲が掛かっていたので、レタッチしてみたら先頭車の クモハ485-701 と クハ484-701 については問題のないレベル。

完全にピーカンになってから撮影した中間車(モハ484-701)は床下が真っ黒でダメでしたが、この1両は高崎駅で撮影したことがあったので問題なし。

これで“NO.DO.KA”の3両は無事に撮影することができました。しかも、3両とも回送列車での撮影なので文句なしです。

 
 * * *

 
今回は先日の出撃で撮影した2両のうち足元の雑草が落ち着いている奇数方の制御電動車(Mc)、クモハ485-701 をアップしたいと思います。

 
クモハ485-701

クモハ485-701(新ニイ)  2017年7月31日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 485系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン

宇都宮駅の留置線でお昼寝している205系日光線色の クハ204-603

ここ数週間ほど睡眠障害で昼夜逆転の生活に…

しかも、睡眠時間が短いので起きているあいだの生産性も悪く、どんどん悪化しています。

1ヶ月前の遠征記録についても勿体ぶらずにどんどん書いていきたいのですが、作業的なことは難なくできても苦手な文章書きモードに入ると思考停止。困ったものです。

 
理由は簡単で、暑くて寝られないからです。

 
同じ寝室で寝ている奥さんがエアコン嫌いで、エアコンを付けながら就寝するとすぐに風邪を引いてしまう。

寝室を快適温度にして寝ることができないのです。

 
寝室を別にしたいので、もう何年も前から書斎を片付けるつもりでしたが、なかなか着手できない。

以前はリビングで寝るときもありましたが、今はネコを飼っているので、ネコの毛を掃除してからでないと体中が痒くなってしまう。

ネコを飼ってますけど、ネコ好きではないので…

 
飼い始めからマッタリ・モード全開のモカ

 

でも、可愛いですよ…
 

栃木市に住む義母のお世話もあって栃木に行くことが多いですが、マスオさん状態なのでなかなか落ち着かない。

奥さんの実家に行っても、家事を何もしない男連中にヨソ者の私が家事をやるのも馬鹿らしい話し。

 
栃木に行ったときは可能な限り向こうの実家には滞在せずに出掛けるようにしています。

早朝や真っ昼間の栃木県内は神奈川県民にとって遠い場所です。

これを機に栃木県内のJR車両を撮っておこうということで、“大人の休日倶楽部パス”で酒田駅(山形県酒田市)に遠征した翌日、7/2(日)に宇都宮駅まで行ってきました。

 
小山駅や小金井駅の構内の雑草の状況を確認したかったので、小山駅にクルマを駐めてから東北本線(宇都宮線)で移動しました。栃木(市内)〜小山駅間は渋滞しないのでね…

すでに酒田往復で“大人の休日倶楽部パス”の元は取ったので、短距離利用については気にしませんでした。

 
 * * *

 
今回は、“大人の休日倶楽部パス”の2日目(7/2)の成果として宇都宮駅で撮影した205系600番代をアップしたいと思います。

日光線色のクハ204形600番代、クハ204-603(宮ヤマ)です。

 
クハ204-603

クハ204-603(宮ヤマ)  2017年7月2日 宇都宮駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本