軌道材料モニタリング装置を搭載している川越・八高線の クハ208-3502

先週の木曜日(9/20)のプチ出撃したときの本命をまだアップしてませんでしたので、今回は2018(平成30)年5月から川越・八高線の営業運転に就いている209系3500番代をアップしたいと思います。

 
これまでに209系3500番代は51〜54編成の4本がデビューしていますが、そのうちの2本のクハ208形(八王子方)には線路モニタリング装置が床下に搭載されています。

今回はそのうちの1両をご覧ください。
川越車両センター(宮ハエ)の52編成の偶数向き制御車、クハ208-3502 です。

 
クハ208-3502

クハ208-3502(宮ハエ)  2018年9月20日 高麗川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR東日本は自社管内を走行している営業車両の一部に線路設備モニタリング装置を搭載し、線路状態の変化をモニタリングして線路の保守・管理に役立てています。

 
線路設備モニタリング装置は、軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置から構成されており、これまでは1両にすべての機器が搭載されることになっていました。

しかし、川越・八高線の209系はこの2つの装置が別々の編成のクハ208形に分割搭載されています。

具体的には、

・軌道材料モニタリング装置は、52編成の クハ208-3502

・軌道変位検測装置は、53編成の クハ208-3503

 
恐らく、クハ208形は保安装置(ATS-P)の制御機器と共通配電箱(SBB)が床下に均等に離れて配置されているので、線路設備モニタリング装置をすべて搭載するには大掛かりな移設工事が必要になるからではないかと思われます。

軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置はそれぞれ測定している対象が異なるので、別々に搭載しても問題がないように思いますしね…

 
軌道材料モニタリング装置は、距離を測定するプロファイルカメラと濃淡を識別するラインセンサカメラを使ってレール締結装置の状態やレールの継目板ボルトの状態などを記録するものです。後位台車の横(前位側)に搭載されたライトグレーの装置を使ってモニタリングしているのでしょう。

 
軌道変位検測装置を搭載している 53編成の クハ208-3503 が撮れれば、川越・八高線用の209系3500番代の特徴車の撮影はひとまず終了します。

あとは、線路モニタリング装置を搭載していない クハ208-3501・3504 が撮れればコンプリートできますが、川越・八高線用の209系3500番代はまだ増備途中なので、同区分が出揃うまで待った方が簡単に撮れそうです。

 
線路モニタリング装置はJR東日本管内の営業車(電車)に搭載され始めていますので、しばらくは他線区の搭載車を追いかけるのもいいかなぁ〜と思っています。



この形式写真に関連するタグ: 209系 , JR東日本 , 線路設備モニタリング装置搭載車

線路設備モニタリング装置を追設した盛モリの クハ700-1015

先月(6月)の北海道・東北遠征の報告が停滞していますが、今回は“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”の最終日(5日目)、6/25(月)の話しです。

 
この日は前日(6/24)に撮影できなかった快速「はまゆり」のキハ110系0番代がターゲット。

朝5時過ぎにはホテルを出て盛岡駅に向かい、同列車に優先的に充当されるリクライニングシート装備車が運よく撮影できましたが、露出不足のため色調調整にもっと時間を掛けたいレベルの出来の撮影でした。
決して失敗ではないのですが、安全を見て余裕があるときにレタッチしたいと思います。

 
早朝の撮影後、釜石線のドン行で釜石に向かいましたが、ピーカンになってしまったので撮影機会は訪れませんでした。

帰りに北上駅に寄ってキハ100形を撮影するつもりで新花巻で下車し、北上まで「はやぶさ」で移動。
曇天の下で、いい形式写真が撮れそうでしたが、在来線ホームに行ってみると撮影不可能な1番ホームにキハ100形が停車していたので、撮影できず。

すぐに停車中の「はやぶさ」に戻ってそのまま東京まで戻り、夕方には帰宅しました。

最終日の「はまゆり」後はロケハンの心づもりだったので、乗りテツを楽しんだ1日でした。

 
大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)

 

初めて“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”を使って遠征してみましたが、鉄道移動に拘りすぎた感があり、そのために成果が上がらなかったような気がしています。

今回は特急「ライラック」の789系0番代を撮る気持ちが強かったので、それが裏目に出たのかも知れません。

 
こんどの遠征は数日先の天気予報は当たらないものとして、もっと短期間で少ない撮影場所を巡る遠征に軌道修正してみたいと思います。

 
 * * *

 
上記のとおり遠征最終日(6/25)に撮影した写真はすぐに用意できないので、今回はその前日(6/24)に撮影した盛岡車両センター(盛モリ)の クハ700-1015 をアップしたいと思います。

盛モリには線路設備モニタリング装置を追設したクハ700形が2両いますが、クハ700-1015 はそのうちの1両です。

 
クハ700-1015

クハ700-1015(盛モリ)  2017年6月25日 盛岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR東日本はJR東日本管内を走行している営業車両の一部に線路設備モニタリング装置を搭載し、線路状態の変化をモニタリングしています。

線路設備モニタリング装置は、下写真のように軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置から構成されています。
この装置を搭載した編成が走行(営業運転)するたびに、軌道状態の小さな変化や異常を確認することができます。

 
クハ700-1015 の線路設備モニタリング装置

軌道材料モニタリング装置(左側)と軌道変位検測装置(右側の2つの機器)

 

軌道材料モニタリング装置は、レールや枕木を押さえる締結装置などの材料状態を濃淡カメラで撮影するものです。車上装置内のSSDに画像データが収録されるので、定期的に取出し解析して線路設備関係材料の変化を抽出しています。

一方、軌道変位検測装置は、加速度計とレーザー照射により線路の歪みなどの状態を検査するものです。
収録された測定データは無線通信によってクラウドサーバーに随時転送されるので、その後の解析によって軌道変位が進展した箇所が特定できるようになっています。

 
East i・E と East i・D の2編成の電気・軌道総合試験車だけでJR東日本全線の線路状態を常に把握することはできないので、“MUE Train”での試用を皮切りに線路設備モニタリング装置の搭載が進められました。

これまで、モニタリング装置の取り付けは701系、E231系、E233系、E235系、E129系などのJR世代の車両で見られましたが、最近になって205系(600番代)にも線路設備モニタリング装置が取り付けられました。

 
この数年のうちにJR東日本管内すべての電化区間を網羅するように線路設備モニタリング装置が取り付けられるのでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本 , 線路設備モニタリング装置搭載車