線路モニタリング装置を搭載しているE233系3000番代の サハE233-3034

3連休に突入する数日前にプチ出撃してきましたので、今回はサクッと1枚だけ形式写真をアップしたいと思います。

 
床下に線路モニタリング装置を取り付けている小山車両センター(宮ヤマ)U234編成の14号車、付随車の サハE233-3034 です。

 
サハE233-3034

サハE233-3034(宮ヤマ)  2018年11月22日 久喜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

現在、小山車両センター(宮ヤマ)配置のE233系3000番代は黒磯・前橋から沼津・伊東・逗子までの広範囲で運用されています。

そのため、宮ヤマ配置の5両付属編成(U233・U234編成)のサハE233形3000番代(14号車)に線路モニタリング装置が搭載されています。

 
E233系の付随車両は床下機器の配置に余裕があるので、軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置をセットで搭載しています。

とはいっても、これらの機器類はジャンパ連結器が賑やかな車端部にまで取り付けているので、見た目にも楽しい模型化したくなるような特徴的な床下になっています。

 
停車直前まで床下のLED照明が線路を照らし、レーザプロジェクタの赤いラインが浮かび上がっているので、この状態を撮ってみたいのですが、走行中でないと撮れないのがもどかしいところです。

なんとか撮れないものですかね…

中央快速転用のためにオレンジ帯となった209系1000番代(クハ208-1001)

JR東日本は、中央快速線等にグリーン車サービスを導入すると発表しました。

この発表は2015(平成27)年2月に行われましたが、この時点では2020年度にサービス開始ということでした。

その後、使用開始時期を2023年度末に延期し、現4号車(モハE233形200番代)にトイレを設置する工事を2018年度から行う、という内容に訂正されました。

 
中央快速用のE233系(0番代)にグリーン車を組み込んで12両編成化するためには、所要両数のグリーン車を用意して短期間のうちに編成を組み替えることになると思います。

しかし、トイレの設置工事は1編成ずつ運用を離脱して、モハE233形200番代を改造しないといけません。
約4年間で58編成を順次離脱させないとトイレ設置工事ができないので、中央快速線の運用車を多くして予備車を確保する必要があります。

 
そこで白羽の矢が立ったのが常磐緩行線・千代田線用の209系1000番代です。

 
2018(平成30)年10月13日の「ありがとう209系常磐線各駅停車引退の旅」を最後に常磐緩行線運用から離脱した松戸車両センター(東マト)の209系1000番代。

10両編成2本しか存在しない少数派の209系1000番代でしたが、この8月に常磐緩行線・千代田線運用から離脱していたマト81編成がオレンジ帯に変更され、豊田車両センター(八トタ)に回送されていました。

そして、先週の金曜日(11/16)から豊田〜大月間で試運転が開始されたので、オレンジ帯に変更された209系1000番代の形式写真を2枚だけ撮ってきました。

 
ということで、今回はそのうちの1枚、偶数向き制御車(T’c)の クハ208-1001(八トタ)をアップしたいと思います。

 
クハ208-1001

クハ208-1001(八トタ)  2018年11月19日 大月駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

カラー帯がこれまでのエメラルドグリーンからオレンジに変わったので違和感を覚えます。でも、この姿に慣れていかないとね…

 
209系1000番代が中央快速線で使われるのはトイレ設置工事が終わる2023年度末までですが、今回未撮影の形式もあるので引き続きウォッチングしていこうと思っています。

 
高尾駅の側線に留置される運用に入るといいのですが…

どうでしょうね〜

残り少なくなった485系ジョイフルトレイン( “ジパング” の クハ484-704)

「形式485系」を執筆した2012(平成24)年当時、485系のジョイフルトレインはJR東日本こんなにたくさん在籍してました。

 
NO.DO.KA(新潟支社)
リゾートエクスプレスゆう(水戸支社)
(東京地域本社)
(東京地域本社)
ニューなのはな(千葉支社)
・きらきらうえつ(新潟支社)
(長野支社)
リゾートやまどり(高崎支社)
・ジパング(盛岡支社)

 
この他に“リゾートやまどり”“ジパング”の種車となって消滅した“やまなみ”“せせらぎ”も高崎支社に在籍してましたので、485系ジョイトレは一つのグループを形成するほどの存在感がありました。

しかし、JR東日本管内の485系一般車の引退とともに保守部品の確保が難しくなったため、485系ジョイトレもその数を徐々に減らしてきました。

 
このリストのうち現在も現役の485系ジョイトレは“宴”“華”“きらきらうえつ”“リゾートやまどり”“ジパング”の5編成です。

“きらきらうえつ”はHB-E300系ベースのハイブリッド車“海里”の登場に合わせて引退する可能性が高いので、来年(2019年)の後半以降は残り4編成となりそうです。

 
現役の485系ジョイトレはほぼ撮影済みですが、“宴”の クロ484-3(1号車)と“ジパング”の クハ484-704(4号車)は橋上駅舎の下に停車ことが多かったので、これまで撮ることができませんでした。

東京地域本社の“宴”は首都圏で活躍しているので待っていれば撮れるような気がしますが、盛岡支社の“ジパング”は「ジパング平泉号」などの臨時列車がメインで、しかも稼働日数が少ないので未撮影のまま引退てしまいそうです。

 
“ジパング”の クハ484-704 を撮るには盛岡駅の3番ホームに入線する列車をウォッチングすればいいのですが、なかなかね〜

と思っていた矢先、11/8(木)に常磐線の浪江までの団体臨時列車の送り込みがあり、原ノ町駅で30分近く停車することが鉄道ダイヤ情報に掲載されていたので、これを撮りにクルマで遠征することにしました。

“ジパング”の撮影が失敗しても無駄な遠征にならないように福島県浜通りに11/7(水)から11/8(木)まで2日滞在し、湯本、いわき、四ツ倉、木戸、原ノ町の各駅で撮影することにしました。

 
保険を掛けて福島入りした初日(11/7)は天気予報がハズレて、概ね晴れ。

2日目(11/8)もいわき市内は概ね晴れでしたが、原ノ町駅のある南相馬市は前日の予報どおり曇ってくれたので、大本命の“ジパング”の3両だけはうまく撮れました。

 
これが撮れれば十分…

ということで、今回は“ジパング”の4号車、偶数向き制御車の クハ484-704(盛モリ)をアップしたいと思います。

 
クハ484-704

クハ484-704(盛モリ)  2018年11月8日 原ノ町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

書類上では、1969(昭和44)年製の クハ481-35 を“やまなみ”に改造した クロ484-6(1999年施工)が種車です。

このときの改造工事は新製した車体構体に485系の部品を取り付けたものでしたので、クハ481-35 の面影はまったくありません。

2012(平成24)年に現在の クハ484-704 に再改造されましたが、内装の改装と車体塗色の変更が中心だったので、2階建て車両とほぼ同じ形状の車体断面や特徴的な前頭部の形状は“やまなみ”時代と変わっていません。

なかなか顔を出してくれない付属編成の偶数向き先頭車(クハE232-3522)

先日の日曜日(11/4)に少しだけ撮影に出てましたので、今回はそのときの成果をアップしたいと思います。

少しだけといっても撮影地は高崎線の籠原駅(埼玉県熊谷市)で、つきみ野の自宅から片道3時間弱掛かります。
往復するだけでも半日が過ぎてしまうところ。

現地には30分くらいしか滞在しなかったので、移動ばかりの出撃でした。

 
撮影したのは首都圏の近郊路線(湘南新宿ライン・上野東京ラインなど)で活躍しているE233系の偶数向き先頭車、クハE232形3500番代です。

珍しくも何ともない形式です。

 
そうなんですが、付属編成の先頭車のうち基本編成側(11号車)に連結される偶数向き先頭車(クハE230形6000番代とクハE232形3500番代)は、15両編成のときに中間に入ってしまうのでなかなか顔を出してくれません。

付属編成(5両編成)が単独で運用されるときを狙えばいいのですが、近郊タイプのE231・233系の付属編成は増結運用ばかりで撮影のチャンスがありません。

 
こういう付属編成用の先頭車は撮影するのに苦労しますので、普通に走っている今のうちに撮っておきたいと思っていたところ、土休日に籠原に行けば撮れることが分かりました。

なら、早めに撮っておいて穏やかな気持ちになろう!

そう思って籠原駅で撮影したのが、今回アップする クハE232-3522(宮ヤマ)です。

 
クハE232-3522

クハE232-3522(宮ヤマ)  2018年11月4日 籠原駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

以前こちらにアップした基本編成の クハE232-3029 とほとんど同じ仕様の偶数向き先頭車です。

しかし、こちらの クハE232-3522 は前位連結器の下部に自動解結装置が取り付けられているため、スカートの開口が大きくなっています。

 
外観上ではその程度の違いしかありませんが、車両運用の上では大きな違いを意味しますので、近郊タイプのクハE232形は3000番代と3500番代の2つに分かれています。

このように自動解結装置の有無によって形式区分が変わることが多く、しかも車両運用の変更などで撤去されることがあるので、早めに撮っておくように気を付けています。

弥彦色をまとっていた新潟地区のワンマン運転対応車(クモハ115-503)

鉄道ニュースによると、新潟車両センター(新ニイ)の115系の3両編成(N36編成)が弥彦色に塗色変更されたそうです。

 
新ニイのN36編成は、北陸新幹線金沢延伸開業前の2014(平成26)年5月に長野支社の長野総合車両センター(長ナノ)から転入してきたリニューアル工事車です。

同年9月に2次長野色からリニューアル工事車がまとう青系の3次新潟色に塗り替えられていましたので、N36編成の3両は 湘南色 → 1次長野色 → 2次長野色 → 3次新潟色 → 弥彦色 と塗色変更を繰り返した車両となりました。

 
E129系の増備が再開すれば新ニイの115系は全廃されますので、N36編成は3次新潟色で全うするものと思っていましたが、そう簡単に引退させてくれないのでしょうね〜

2018(平成30)年2月に実施された『「私と通勤・通学電車」〜みんなで選ぼう 115系車両デザイン〜』の応募で弥彦色が2次新潟色(キムワイプ)に僅差で2位に選ばれたのですから…

 
3両編成の弥彦色に違和感がありますが、車体が汚れてきてくたびれてくれば馴染んでくるでしょう。

11/3日(土祝)の「復刻“弥彦色”越後ぐるっと周遊号」から運転が開始されるので、新形車両に置き替えられるまでローカル輸送で頑張って欲しいものです。

 
弥彦色をまとって出場したN36編成の車両をアップできればいいのですが、こちらの3両は出場したばかりで未撮影ですので、今回は2015(平成27)年3月改正でE127系0番代に置き替えられるまで活躍していた元祖弥彦色の クモハ115-503(新ニイ)をアップしたいと思います。

 
クモハ115-503

クモハ115-503(新ニイ)  2013年4月18日 吉田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クモハ115-503 は1966(昭和41)年製の中間電動車 モハ115-88 に運転台を取り付けた改造車です。

1983(昭和58)年に先頭車化改造が実施されたので、この時点ですでに車齢17年。

 
これだけでも凄いのに、2015(平成27)年の引退まで合計49年間も現役だったのですから、現場の保守管理も大変だったでしょうね。