豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」の展望車(E001-10)

今回は遠征3日目(4/3)の話しです。

 
この日は早朝から岩見沢駅で撮影してましたが、雨の降り始めが前日の時点よりも早まる予報に変わってきたので、室蘭本線の追分に移動してキハ261系を撮影し、その後はさらに登別まで南下しました。

目的は前日(4/2)にうまく撮れなかった「スーパーとかち」「スーパー北斗」の中間車 キハ260形1100番代です。この形式は増備時期ごとに外観が異なるので、両列車で初期形・増備形①・増備形②を押さえれば一通りの形態が撮影できることになります。

同車はキハ261系編成の札幌方に連結されるので撮影できる場所が少ないのと、何故か撮るたびに雲が切れて晴れてしまうなど、これまで縁がありませんでした。

しかし、2018(平成30)年3月改正までにキハ183系が「北斗」系統から引退し、その代わりにキハ261系の「スーパー北斗」が増えたので再びトライすることにしました。

 
これだけの思いで追いかけていると願いが叶うもので、ベストな条件ではないですがキハ260形1100番代の3形態が一通り撮影できました。

 
遠征3日目(4/3)の成果として地味な中間車のキハ260形1100番代をアップするつもりでいましたが、この日の夕方に予想外の列車が登別にやって来て、一通りきれいに撮ることができたので、今回はそちらの形式写真をアップしたいと思います。

JR東日本管内や北海道を巡る豪華寝台列車「TRAIN SUITE(トランスイート)四季島」の展望車、E001-10(東オク)です。

 
E001-10

E001-10(東オク)  2018年4月3日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「TRAIN SUITE 四季島」のE001形は3月末に2017(平成29)年度の運行を終えましたが、2018(平成30)年度の営業は4/14(土)の“1泊2日コース”から始まると発表されていました。

このことが頭にあったので「TRAIN SUITE 四季島」はノーマークでしたが、登別駅で撮影していると獅子みたいな着ぐるみを着た登別市役所スタッフやベージュの制服のJR職員がホームに控えていたので、“3泊4日コース”の到着時間に「TRAIN SUITE 四季島」が来るのではないかと駅ホームで待機することにしました。

 
あとで分かったのですが、この日は2年目の運行を前に乗務員訓練のため北海道入りした試運転列車のようです。

今回は、営業運転を想定した試運転として登別入りした「TRAIN SUITE 四季島」のE001形を撮影したことになります。

 
こういうこともあるのですね…

今回は寝台側がきれいに撮れたので、こんどは別の場所で通路側を撮ってみたいと思います。
何処で撮ればいいのでしょうね… いろいろと考えてみます。



この形式写真に関連するタグ: E001形 , JR東日本

E353系「スーパーあずさ」の貫通形先頭車(クハE353-3)

今年(2018年)の春休みは晴ればかりですね〜

 
こういうときに形式写真を撮影しなければならない状況にいたらノイローゼになっていたかも知れません。

「列伝シリーズ01 あずさ列伝」の締め切り直前まで形式写真が揃わなかったので、そんな気分はもう味わいたくないですね…

 
E351系は形式写真仲間に声を掛ければ何とかなりますが、デビューしたてのE353系は撮りに行かないと話しになりません。

「あずさ」「かいじ」にも充当されれば信濃大町に行くなど幅が広がりますが、E353系はまだ「スーパーあずさ」の4往復だけ。
しかも、そのほとんどが甲府駅では手前ホームに列車が入っていて撮影できない。ダイヤが乱れていないと撮れない形式区分が多い。

相当難易度が高いのに甲府盆地は曇らない…

 
こういう状況だったので、もう少しいい条件で撮ろうなんて余裕はなく、曇ってくれればOK。そんな状況で2月25日に撮り終わりました。

E351系1次車(量産先行車)の各形式区分を撮りたかったのですが、E353系に全力を注いでいたので撮影できませんでした。

 
今回は「列伝シリーズ01 あずさ列伝」向けの最終カットをアップしたいと思います。
クハE353-3(長モト)です。

顔を出していない先頭車なので最終的にボツにしましたが、E353系が「あずさ」運用に入るようになったら撮り直したいと思います。

 
クハE353-3

クハE353-3(長モト)  2018年2月25日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

E353系は編成全体のMT比を調整するために、2M方式の電動車ユニットのほかに1M方式の電動車や0.5M式の制御電動車を組み込んでいるため形式区分が難しくなっています。

その辺りのことも分かりやすく「列伝シリーズ01 あずさ列伝」に整理してみましたので、お近くの書店などでこの表紙の本を見掛けたらお手に取っていただけると嬉しいです。

 
列伝シリーズ01 あずさ列伝(イカロス出版刊)

列伝シリーズ01 あずさ列伝



この形式写真に関連するタグ: E353系 , JR東日本

「スーパーあずさ」から引退したE351系のグリーン車(サロE351-4)

この週末にイカロス出版から発売された「列伝シリーズ01 あずさ列伝」というムック本で、形式解説パートを担当しました。

 
列伝シリーズ01 あずさ列伝(イカロス出版刊)

列伝シリーズ01 あずさ列伝

 

“大人気だった鉄道MOOKが完全復活!”というキャッチコピーが表紙に入っているとおり、国鉄/JR列車を扱った「名列車列伝」シリーズの復活という位置付けの新シリーズです。

新宿〜松本間の特急列車を扱ったムック本ですので、形式解説は国鉄時代に登場した183系電車だけでなくJR形式のE351・E353系も扱いました。

 
今回の執筆もいつものように形式写真集めが大変で、昨年(2017年)12月23日に営業開始したばかりのE353系は困難を極めました。

他誌のように走行写真を形式写真の代わりにしたくなかったのと、可能な限りブラインドが開いた状態や、晴れの日に撮影して床下が真っ黒になった形式写真を掲載したくなかったので、JR形式については完全撮り下ろしにしました。

そのため、形式写真の撮影が終わったのは締め切り2週間前。

 
新宿〜松本間で形式写真が撮れるのは甲府駅と小淵沢駅ですが、小淵沢駅は「スーパーあずさ」が止まる朝の1本だけなので、実質的には甲府駅だけ。

しかも、甲府盆地はなかなか曇ってくれません。

甲府市が「全国の県庁所在地の日照時間を調べてみると、なんと全国で1番多い」と自慢するレベル。

とにかく曇ってくれません。
特に冬は…

 
形式写真が入る想定で各ページの割り付けを考えてましたが、E351・E353系については2月末までは穴だらけ〜

E351・E353系の各車両を撮り終えるまでは気が気ではありませんでした。

こんな思いはしたくないものです。

 
 * * *

 

ということで、今回は先週のダイヤ改正で「スーパーあずさ」の定期運用から離脱したE351系の1枚をアップしたいと思います。

お召列車の予備編成として整備されていたモトS4編成の サロE351-4(長モト)です。

 
サロE351-4

サロE351-4(長モト)  2018年2月1日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「スーパーあずさ」はビジネス客が多いのでブラインド開の状態を撮影するのが難しいですが、やっときれいに撮れたグリーン車です。ですが、残念ながら台割の関係でこの写真はボツになってしまいました。

 
お召列車予備編成のグリーン車なので防弾ガラス付きの可能性が高い車両です。

しかし、E351系の場合は従来から固定窓なのでその真偽は分かりません。
185系の サロ185-11・208 のように外観が変わるほど側窓が改装されていれば分かるのですが…

もう少し現車を観察していればよかったのですが、すでに運用から外れているのでそれも叶いません。



この形式写真に関連するタグ: E351系 , JR東日本

原ノ町〜浪江間の区間運用に就いていた701系100番代(クモハ701-106)

東日本大震災から7年を迎えました。

昨年(2017年)の夏に、宮城県南三陸町のホテル観洋に家族で泊まりに行って“語り部ツアー”に参加したり、宮城県石巻市の旧大川小学校で遺族の方に現地でいろいろとお話しを伺う機会があったので、今年は例年よりも思うことの大きい一日となりました。

 
やっぱり現地に行ってみないと分からないことが多い。

“語り部ツアー”で実際の津波の高さを知るまでは人ごとだった部分もありましたので…

民間のホテルがこういう活動をしているということがもっと知られるように、そして普通の人がもっと“語り部ツアー”に参加するようになればいいな、と。

 
毎年とはいかないかも知れませんが、立派ないいホテルだったので2〜3年に1回はホテル観洋に泊まりに行って“語り部ツアー”に参加して、復興の進み具合を実際に見たいと思っています。

 
 * * *

 
ここのところJR九州の車両が続きましたが、こういう日なので東北地区の車両を今回は取り上げたいと思います。

 
津波を受けて廃墟となった山元町立中浜小学校を見たり、ゴーストタウン化していた福島第1原発事故の避難指示解除準備区域をクルマで通り抜けた、衝撃的な光景を見たときの遠征で撮影した形式写真です。

仙台車両センター(仙セン)では少数派の701系100番代の クモハ701-106 です。

 
クモハ701-106

クモハ701-106(仙セン)  2017年4月26日 原ノ町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

701系100番代は、補助電源装置をMGからSIVに変更したマイナーチェンジ車です。

701系の2両編成は仙センに30本も配置されていますが、100番代は2本しかいません。もともと少数派区分なのに秋田と仙台に配置区が分散しているためです。

仙センの701系は運用範囲が広く、南は栃木県の東北本線黒磯(当時、現在は新白河)、北は岩手県の一ノ関まで、そして常磐線の浪江以北と仙山線にも入るので、特定の番号車を追いかけるのは至難の業です。

 
このときはE721系1000番代を撮りに行った遠征で、100番代はマークしてませんでしたが、午後から原ノ町〜浪江間の区間運用に入ってくれました。

この日は形式写真日和。
しかも、折り返しまで時間のあるときでした。

 
それまで目撃することすらほとんどなかった仙センの701系100番代なのにね〜



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本

わずかな期間だけ黒磯駅に入線したE721系1000番代(モハE721-1002)

今年もあと10日ちょっとでお終いです。

この1年間で撮影した形式写真を少しでもレタッチしておこうと、過去の写真を整理しています。

 
前回はJR北海道の キハ183-9560 をアップしたので、北から順にJR各社の写真をアップしていくことにします。

2〜3日に1回のペースでブログを更新していけば、大晦日までに今年1年を振り返ることができますからね…

頑張ってみたいと思います。

 
今回はJR東日本です。

今年は10月16日のダイヤ改正で東北本線黒磯〜新白河間から交流電車が撤退したことが大きなニュースでしたので、これに関わる車両の形式写真をアップしたいと思います。

 
2016(平成28)年秋に登場し、黒磯駅への入線はわずか1年足らずで終了したE721系1000番代にしたいと思います。

4両固定編成ですので、この区分のみに存在するモハE721形の モハE721-1002(仙セン)をアップします。

 
モハE721-1002

モハE721-1002(仙セン)  2017年4月8日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

E721系1000番代は2016(平成28)年11月30日から東北本線の運用に入りましたが、4両編成19本が出揃ったのは2017(平成29)年3月ダイヤ改正の直後です。

2017(平成29)年3月改正から本格的に運用が開始されたわけですから、定期運用として黒磯駅に入った3月から10月までの7ヶ月間だけでした。
しかし、E721系1000番代が黒磯に来たのは朝晩の3本だけでしたので、ここでE721系1000番代を撮るのは至難の業。

 
E721系1000番代は福島駅などでも撮れますが、ステンレス車体は周りに構造物があると写り込んでしまうので、開放的な場所で撮るに超したことはありません。

黒磯駅に日中やって来る交流電車は701系ばかりでしたから、E721系1000番代はそのうち撮れるだろう!なんて構えていたら大間違い。

相当気合いを入れて撮りに行きましたが、早朝の撮影で露出が厳しかったので、撮れた写真はコントラスト弱め。

 
でも、お天道様は見ていてくれたのですね。

運用の差し替えがあったみたいで、真っ昼間のドン曇りのときにきれいに撮れました。

 
現在は、キハ110系の2両編成とE531系の5両編成がやって来る場所に変わりました。

2018(平成30)年1月1~3日の電気設備改良工事が終われば、黒磯駅構内は完全に直流化されます。



この形式写真に関連するタグ: E721系 , JR東日本