線路モニタリング装置を搭載している武蔵野線用E231系のサハE231-64

昨日(10/5)の雨が降り始める前にプチ出撃してきましたので、今回はサクッと1枚だけ撮ってきた形式写真をアップしたいと思います。

床下に線路モニタリング装置が取り付けられた京葉車両センター(千ケヨ)MU2編成の5号車、付随車の サハE231-64 です。

 
サハE231-64

サハE231-64(千ケヨ)  2018年10月5日 府中本町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

山手線の東京総合車両センター(東トウ)にE235系が投入されて、E231系500番代が中央総武緩行線(三鷹車両センター)に転用されています。

この関係で中央総武緩行線のE231系(0番代)が玉突きで放出され、複数の編成を組み替えて8両編成化されて、武蔵野線に転用されています。

 
まだ、この玉突き転用劇は始まってから間がないので、武蔵野線に転用されたE231系(0番代)の8両編成は5本しかありませんが、そのうちの1本(ケヨMU2編成)のサハE231形(5号車)に線路モニタリング装置が搭載されています。

 
先日アップした川越・八高線用の クハ208-3502 と異なり、軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置をセットで搭載しているので、ジャンパ連結器が賑やかな車端部にまで機器類が取り付けられています。

 
この写真だと床下機器がいっぱいのサハにしか見えませんが、動き出すとLED照明が線路を照らし、レーザプロジェクタの赤いラインが浮かび上がるので、不思議な存在感を放つ中間車に変わりします。

首都圏のJR各路線に1両ずつ配置されていますので、注目してみては如何でしょうか?

国鉄形車両とは違った楽しみが味わえますよ。



この形式写真に関連するタグ: E231系 , JR東日本

車両解説を担当した「踊り子列伝」が発売されました(クハ185-315)

185系と251系の車両解説パートを担当した「列伝シリーズ03 踊り子列伝」(イカロス出版刊)が10月2日(火)に発売されました。

 
列伝シリーズ03 踊り子列伝

 

国鉄形車両の185系だけでなく、バブル期真っ直中に設計されたJR東日本の251系も扱っていますので、お近くの書店などでこの表紙の本を見掛けたらお手に取っていただけると嬉しいです。

 
 * * *

 
「踊り子列伝」に我孫子「踊り子」のクハ185形を掲載しようと目論んでいましたが、事務所の床上浸水でそれは叶いませんでした。

 
“踊り子”のヘッドマークを掲出した斜めストライプ塗装のクハ185形です。

この姿を撮るのはもう最後かも知れません…

 
E257系の転用改造が動き出したら、185系の置き替えは一気に進むでしょう。

我孫子「踊り子」も閑古鳥が鳴いていましたし… 大丈夫かなぁ〜 撮れるうちに撮っておこうと思って9月下旬の3連休に我孫子に行ってきました。

 
グリーン車を組み込む7両編成は3本しか残っていませんが、今回はOM09編成の クハ185-315(宮オオ)をアップいたします。

 
クハ185-315

クハ185-315(宮オオ)  2018年9月22日 我孫子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 185系 , JR東日本

軌道材料モニタリング装置を搭載している川越・八高線の クハ208-3502

先週の木曜日(9/20)のプチ出撃したときの本命をまだアップしてませんでしたので、今回は2018(平成30)年5月から川越・八高線の営業運転に就いている209系3500番代をアップしたいと思います。

 
これまでに209系3500番代は51〜54編成の4本がデビューしていますが、そのうちの2本のクハ208形(八王子方)には線路モニタリング装置が床下に搭載されています。

今回はそのうちの1両をご覧ください。
川越車両センター(宮ハエ)の52編成の偶数向き制御車、クハ208-3502 です。

 
クハ208-3502

クハ208-3502(宮ハエ)  2018年9月20日 高麗川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR東日本は自社管内を走行している営業車両の一部に線路設備モニタリング装置を搭載し、線路状態の変化をモニタリングして線路の保守・管理に役立てています。

 
線路設備モニタリング装置は、軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置から構成されており、これまでは1両にすべての機器が搭載されることになっていました。

しかし、川越・八高線の209系はこの2つの装置が別々の編成のクハ208形に分割搭載されています。

具体的には、

・軌道材料モニタリング装置は、52編成の クハ208-3502

・軌道変位検測装置は、53編成の クハ208-3503

 
恐らく、クハ208形は保安装置(ATS-P)の制御機器と共通配電箱(SBB)が床下に均等に離れて配置されているので、線路設備モニタリング装置をすべて搭載するには大掛かりな移設工事が必要になるからではないかと思われます。

軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置はそれぞれ測定している対象が異なるので、別々に搭載しても問題がないように思いますしね…

 
軌道材料モニタリング装置は、距離を測定するプロファイルカメラと濃淡を識別するラインセンサカメラを使ってレール締結装置の状態やレールの継目板ボルトの状態などを記録するものです。後位台車の横(前位側)に搭載されたライトグレーの装置を使ってモニタリングしているのでしょう。

 
軌道変位検測装置を搭載している 53編成の クハ208-3503 が撮れれば、川越・八高線用の209系3500番代の特徴車の撮影はひとまず終了します。

あとは、線路モニタリング装置を搭載していない クハ208-3501・3504 が撮れればコンプリートできますが、川越・八高線用の209系3500番代はまだ増備途中なので、同区分が出揃うまで待った方が簡単に撮れそうです。

 
線路モニタリング装置はJR東日本管内の営業車(電車)に搭載され始めていますので、しばらくは他線区の搭載車を追いかけるのもいいかなぁ〜と思っています。



この形式写真に関連するタグ: 209系 , JR東日本 , 線路設備モニタリング装置搭載車

比較的最後まで残っていたE127系100番代の未更新車(クハE126-108)

台風13号が関東地方に接近したおかげで最高気温が25度で留まり、だいぶ涼しくなりました。

相変わらず湿度は高いままですが、一時期のような酷暑から逃れることができました。

 
ここまで涼しくなると、予告したクハE126形100番代の未更新車に拘らなくてもいいのかなぁ〜、と思いましたが、せっかくの機会なので クハE126-108(長モト)の1-3位側をアップしたいと思います。

撮影当時、クハE126-108 を組み込むモトA8編成は未更新でしたが、2018(平成30)年1月に電気機器の更新工事が実施されました。

 
クハE126-108

クハE126-108(長モト)  2017年9月16日 信濃大町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

前回アップした機器更新車の クハE126-104 は1-3位側にトランスフィルタ装置と断流器箱が床下の中央部付近に並んで配置されていましたが、未更新車の クハE126-108 は同部分に静止形インバータ装置(SIV、SC52)と断流器箱が配置されています。

その後位側に見えた元空気ダメのタンクも未更新車にはありません。

未更新車(クハE126-107)の2-4位側の床下機器を見てみると、車体中央部付近に線路方向に元空気タンクが取り付けられていますので、機器更新の際に後位側に移設されたものと考えられます。

 
一般的に、付随車両の機器更新工事は機器の取り替え程度で、機器の配置が変化することはほとんどありません。

しかし、クハE126形100番代は前位台車の後部に汚物処理装置が配置されているため、ぎ装スペースの関係でE129系と同タイプのSIVが取り付けられなかったものと考えられます。

 
このような疑問は現車を確認すれば簡単に解決します。簡単に行ける距離ではないですけどね…

すでにE127系100番代の機器更新工事は完了しているので、もう少し涼しくなったら信濃大町駅を訪ねてE127系100番代を撮りたいと思います。

 
今なら大糸線乗り入れの特急「あずさ」でE257系の各車両が撮影できるので、遠征リストの優先順位を上げて取り組んでみます。

そして、新潟車両センター(新ニイ)に配置されているE127系(0番代)も機器更新車なので、こちらも撮っておいた方がいいでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: E127系 , JR東日本

涼しげなカラー帯をまとう大糸線用のE127系100番代(クハE126-104)

今年の夏は例年以上に暑いですね!!!

 
夏が苦手な私としては、毎年同じようなことを書いているような気になっていますが、今夏の暑さは殺人的です。

梅雨明けが早く、しかも6月下旬から最高気温が30度以上の真夏日が…

7月に入るとさらに最高気温が上がり、35度以上の猛暑日が連続すると、もう日常生活なんて送れませんよね。

 
早々と夏バテになってしまい、サイトの更新も止まってしまいました。

これは一種の自己防衛ですね…

でも、申し訳ありませんでした。

 
こんな暑い最中、明日(8/5)から夏の甲子園が開幕します。

毎年思うのですが、かつてよりも最高気温が上がって生命活動すら危うい8月の真夏日に、将来のある高校生を晒す“残酷ショー”はどうにかならないでしょうか。

 
高校野球は私立高校の宣伝の場になって久しいですし、すでに若い人たちにとって野球はそれほどメジャーなスポーツではありません。

ニュース番組で、災害級の酷暑が続いていることを報じている、その数分後には“残酷ショー”たる甲子園予選を何食わぬ顔で報道していることがありますが、その変わり身の早さはいったい何なのでしょうね?

理解に苦しみます。

 
大人のビジネスに高校生を消耗品のように巻き込むのはやめた方がいいと思います。

この暑さは根性で乗り越えられるというレベルではありません。

 
でも、球児が亡くなる事態が発生しないと変わらないんだろうなぁ〜

 
 * * *

 
久しぶりのブログがこんな内容になってしまい、大変申し訳ございませんでした。

 
少しでも涼しげなカラーリングのJR車両をアップしようと思い、ここ1〜2年の写真を探していたところ、好適な形式写真がありました。

大糸線用として1998(平成10)年に登場したJR東日本のE129系100番代の偶数向き制御車(Tc’)、クハE126-104(長モト)です。

 
クハE126-104

クハE126-104(長モト)  2017年9月16日 信濃大町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真の クハE126-104 を組み込むモトA4編成は1998(平成10)年11月に川崎重工業で製造されましたが、車齢18年を迎えた2017(平成29)年2月に電気機器の更新工事がおこなわれました。

主回路機器を中心とした機器更新でしたが、クハE126形についても補助電源装置のSIVがE129系タイプのSC103Aに換装されました。

この関係でトランスフィルタ装置(ICD38A)と断流器箱(LB90A)もE129系タイプに交換されたため、写真のように非公式側(1-3位側)の床下機器配置が大きく変わりました。

 
今回の クハE126-104 の写真だけでは変わった部分が分からないので、次回は未更新車をアップしたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: E127系 , JR東日本