なかなか顔を出してくれない付属編成の偶数向き先頭車(クハE230-6035)

今月に入ってからクルマで遠征したり、珍しく東海道新幹線を使ったり、何回か遠出して撮影してました。

早速そのときの形式写真を、と思ってましたが、この3連休も12/22(土)、12/23(祝日)と前半2日間が曇ってくれたので、比較的近場で撮影したものから順不同で報告したいと思います。

 
12月10日から青春18きっぷの利用期間に入りますが、この時期になるとドン行旅を楽しむ乗客が多くなるので、比較的車内が空いている車両を撮るのが大変になります。

可能な限りに乗客が写り込まないように背後から撮るように注意しますが、そんな配慮をしてまで形式写真を撮りたくないので、撮影意欲がそのものが減退してしまいます。

でも、乗客の映り込みが直接関係しない留置車両なら問題ないだろう。ということで、一昨日(12/22)は籠原までE231系(近郊形)を撮りに行ってきました。

 
撮影したのは首都圏の近郊路線(湘南新宿ライン・上野東京ラインなど)で活躍しているE231系の偶数向き先頭車、クハE230形6000番代です。

いつもの通り珍しくも何ともない形式です。

 
でも、付属編成の先頭車のうち基本編成側(11号車)に連結される偶数向き先頭車(クハE230形6000番代とクハE232形3500番代)は、15両編成のときに中間に入ってしまうのでなかなか顔を出してくれません。

このことは、クハE232形3500番代(クハE232-3522)をアップした先日にも書きました。

 
同じことを書きますが、付属編成(5両編成)が単独で運用されるときを狙えばいいのですが、近郊タイプのE231・233系の付属編成は増結運用ばかりで撮影のチャンスがありません。

しかも、クハE230形6000番代は前期形と後期形で外観が異なり、それ以外にも今はなきE331系の冷房装置(AU725A-G4)を搭載した車両まで存在しますから、すべてを顔出しで撮ろうとなると年単位の時間を要します。

普通に走っている近郊タイプのE231系も馬鹿にできない存在なのです。

 
そう思って籠原駅で撮影したのが、今回アップする クハE230-6035(横コツ)です。

東海道本線東京口用として増備されたクハE230形6000番代の後期形(クハE230-6029〜6069)ですので、屋根上に容量をアップした冷房装置(AU726)を搭載しています。
また、日射による暑さ低減のため側窓のガラスがIR(近赤外線)カットのタイプに仕様変更されています。

 
クハE230-6035

クハE230-6035(横コツ)  2018年12月22日 籠原駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

線路モニタリング装置を搭載している武蔵野線用E231系のサハE231-64

昨日(10/5)の雨が降り始める前にプチ出撃してきましたので、今回はサクッと1枚だけ撮ってきた形式写真をアップしたいと思います。

床下に線路モニタリング装置が取り付けられた京葉車両センター(千ケヨ)MU2編成の5号車、付随車の サハE231-64 です。

 
サハE231-64

サハE231-64(千ケヨ)  2018年10月5日 府中本町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

山手線の東京総合車両センター(東トウ)にE235系が投入されて、E231系500番代が中央総武緩行線(三鷹車両センター)に転用されています。

この関係で中央総武緩行線のE231系(0番代)が玉突きで放出され、複数の編成を組み替えて8両編成化されて、武蔵野線に転用されています。

 
まだ、この玉突き転用劇は始まってから間がないので、武蔵野線に転用されたE231系(0番代)の8両編成は5本しかありませんが、そのうちの1本(ケヨMU2編成)のサハE231形(5号車)に線路モニタリング装置が搭載されています。

 
先日アップした川越・八高線用の クハ208-3502 と異なり、軌道材料モニタリング装置と軌道変位検測装置をセットで搭載しているので、ジャンパ連結器が賑やかな車端部にまで機器類が取り付けられています。

 
この写真だと床下機器がいっぱいのサハにしか見えませんが、動き出すとLED照明が線路を照らし、レーザプロジェクタの赤いラインが浮かび上がるので、不思議な存在感を放つ中間車に変わりします。

首都圏のJR各路線に1両ずつ配置されていますので、注目してみては如何でしょうか?

国鉄形車両とは違った楽しみが味わえますよ。

中央総武緩行線から武蔵野線に転用されたE231系0番代(クハE231-13)

先週の水曜日(5/23)に引き続き昨日(5/30)も早起きして209・E231系を撮りに高麗川に向かいました。

ベストコンディションで川越・八高線用のE231系3000番代が撮れると思って出掛けたものの、移動途中でE231系の運用予想がハズレていることが分かったので、八王子で八高線に乗り換えるのをやめました。

 
新たなターゲットは、武蔵野線に転用されたE231系0番代やメルヘン顔の205系… ということで、府中本町に向かいました。

武蔵野線用のE231系(8両編成)は京葉車両センター(千ケヨ)に3本ほど配置されていますが、昼間まで動く運用に就いていたのは1本だけ。

府中本町での撮影だけでは枚数が稼げそうになかったので、市川大野に滞在して武蔵野線用の205・209・E231系を地道に撮ることにしました。

 
昨日(5/30)は形式写真に好適な曇りだったので、千ケヨの205・209・E231系を一通り撮ることができました。

運用の関係で撮れなかった特徴車もあったので、205系が激減する前に市川大野にもう1回行けば目的は果たせそうです。

 
ということで、今回は地味な成果の中から今のところ少数派形式となっているて武蔵野線用のE231系をアップしたいと思います。

元中央・総武緩行線のミツB13編成で、現在はケヨMU32編成に転用されている クハE231-13(千ケヨ)をアップしたいと思います。

 
クハE231-13

クハE231-13(千ケヨ)  2018年5月30日 市川大野駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

2月から川越・八高線で活躍しているE231系3000番代(クハE231-3002)

今回は、先週水曜日(5/23)のプチ出撃の続きです。

 
この日は朝5時30分過ぎにE233系の撮影が終わってしましたが、このまま戻って寝直すほど眠くはなかったので、その勢いのまま川越・八高線の高麗川駅(埼玉県日高市)へ移動することにしました。

 
川越線と八高線電化区間は川越車両センター(宮ハエ)の4両編成が使用されています。

これまでは、元山手線の205系3000番代とオリジナルの209系3000番代、そして元りんかい線(東京臨海高速鉄道)の209系3100番代が入り乱れていました。

しかし、山手線にE235系が投入されて大々的な車両転用劇が始まったため、宮ハエに元中央・総武緩行線の209系3500番代とE231系3000番代が転入してきました。

 
川越・八高線の4両編成は10本使用、1本予備で回しているので、通常は11本しか配置されていません。

205系3000番代を置き替えるために209系3500番代とE231系3000番代が2本ずつ転入し、この4本は2月から徐々に運用に入っています。

車両の置き替えの途中ということもあって、現在は一時的に5種類の車両が入り乱れた状態になっています。

 
ゆくゆくは209系3500番代とE231系3000番代の2種類に統一されると思いますが、まだ転入改造が終わっていないので、この状態はしばらく続くと思われます。

車齢の若い元りんかい線の209系3100番代(中間車)を考えるともったいない気がしますが、積み残しが出そうなほど混み合う八王子〜北八王子間のことを考えると、少しでも車体幅の広い車両で揃えておきたいところだと思います。

 
ということで、今回は元中央・総武緩行線のミツB6編成で、現在はハエ42編成に転用されている クハE231-3002(宮ハエ)をアップしたいと思います。

 
クハE231-3002

クハE231-3002(宮ハエ)  2018年5月23日 高麗川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

中央・総武緩行線から離脱したE231系900番代の6扉車(サハE230-901)

朝晩が少し寒くなってきたと思ったら、いつの間にか10月になってますね…

 
クロネコヤマトの配送料金の値上げに合わせてトレインブックスの送料を値上げする準備をしたり、またまた執筆に没頭したりで、いつものようにバタバタしていました。

デジタル一眼レフを Nikon D800E から D850 に買い替えたので、曇りの予報が出たら出撃に行ってましたし、なかなか落ち着かないですね…

 
ブログの更新が疎かになっている間に国鉄形やJR初期の車両が運用離脱や引退していますので、今回はそのうちの一つをアップしたいと思います。

9/25(月)に中央・総武緩行線運用からE231系900番代(ミツB901編成)が離脱し、豊田車両センター武蔵小金井派出所に回送されたようですので、今回は絶滅危惧車種6ドア車の サハE230-901(八ミツ)をアップします。

 
サハE230-901

サハE230-901(八ミツ)  2014年5月27日 市川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回離脱したE231系900番代は1998(平成10)年に209系950番代として登場した試作車です。

10両編成1本しか落成してませんし、電動車ユニット毎に製造会社が異なるほど試作要素が満載で、しかも室内の仕様はほとんど209系500番代と同じ車両ですから、E231系量産車と同じようなメンテナンスはできないと思われます。

2000(平成12)年に当時の209系900番代とほぼ同一の仕様でE231系0番代が量産されていますが、以前こちらでアップしたサハE230形0番代(サハE230-18)と見比べても、ジャンパー連結器の本数がちがうのがすぐに見て取れるぐらい違いますからね…

 
今後、ミツB901編成は豊田車両センター(八トタ)に転属して8連化されたうえで武蔵野線に転用されるのか、あっさり廃車となるのか分かりません。

少なくとも現在は熱線吸収ガラスをはめた6ドア車を見ることができなくなりました。

 
今回はすでにドアステッカーが撤去されているようなので、一時的な疎開で三鷹車両センター(八ミツ)にすぐ戻ることはなさそうです。