霜取りパンタグラフを増設した大糸線のクハE126形100番代

大糸線電化区間(松本〜南小谷間)のローカル運用はE127系100番代が使用されていますが、ここも寒冷地のため“霜取りパンタグラフ”を搭載した車両が昔から配置されています。

 
旧形国電時代は17m車の クモハ12001 、新性能電車が走るようになってからは クモヤ90803 が使用されていましたが、現在は主電動機(モーター)を持っていないクハE126形100番代にパンタグラフが取り付けられています。

E127系100番代は1998(平成10)年に2両編成12本(A1〜12編成)が新製されましたが、この霜取りパンタグラフを搭載した編成は2本(A11・12編成、クハE126-111・112)のみでした。

 
2本だけでは運用を回すのが大変だったのか?何ともいえませんが、2006〜2008(平成18〜20)年に霜取りパンタグラフの増設工事がクハE126-107〜110に対して行われたので、現在はE127系編成のうち半分が“霜取りパンタグラフ”になりました。

 
クハE126-107

クハE126-107(長モト)  2011年6月11日 信濃大町駅

 
クハE126形100番代の前位側に取り付けられたパンタグラフはクモハE127形100番代と同じシングルアーム式なので存在感がありません。



この形式写真に関連するタグ: E127系 , JR東日本

大糸線のクモハE127形100番代

先頭車化改造車の続きですが明日から復活しますので、今日は大糸線の主力、クモハE127形100番代をアップします。

直流電化区間の急行形車両(165・169系電車)を置き替えるために投入されたE127系ですが、100番代は701系交直流電車と同じ正面形状に変更され、客窓も一部開閉可能となっています。そのため、同系列のクモハE127-1(新ニイ)よりも701系交直流電車のクモハ701-1005(盛アオ)に似た外観になっています。
 

クモハE127-101

クモハE127-101(長モト)  2011年6月11日 信濃大町駅



この形式写真に関連するタグ: E127系 , JR東日本

新潟地区のクモハE127形0番代

首都圏を除く東日本エリアにも民営化されてから新車が投入されていますが、最短で2両編成が組める1M式電車が電化区間に投入されています。

仙台地区などのように交流区間では、719系や701系、E721系の順で新車が投入され、ローカル運用に転用されていた455系急行形電車が追いやられてしまいました。しかし、直流区間では115系電車の首都圏からローカル線区への転用や短編成化で所要両数がほぼ賄えてしまったため、民営化以降に登場したローカル線区向けの直流電車は107系とE127系しかありません。

国鉄形車両が盛り上がっている中でJR車両はあまり注目されていませんが、E127系直流電車はまだ本格的な更新工事がなされていないので、いまなら原形タイプの形式写真が撮れます。

ということで、今回は平成7(1995)年に新潟地区へ投入されたE127系の制御電動車、クモハE127-1(新ニイ)です。
東武30000系の3扉バージョンみたいなデザインですが、帯色が115系の新新潟色に準じた緑と黄緑の2色になっています。

 

クモハE127-1

クモハE127-1(新ニイ)  2010年10月24日 新津駅



この形式写真に関連するタグ: E127系 , JR東日本