「雷鳥&サンダーバード列伝」が発売されました(写真は サハ288-2210)

681・683系と289系の車両解説パートを担当した「列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝」が発売されました。

 
列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝

 

同書はJR西日本の681・683系の開発担当者へのインタビューもありますので、今までの列伝シリーズのように車両寄りの内容が充実しています。

 
JR車両の多くは連結位置に応じて接客設備が細かく分かれているので、形式区分が複雑になっています。

681・683系も同じように形式区分が多くて全体を把握するのが大変ですので、可能な限りたくさんの形式図を入手しました。

中間車などは地味な存在なので省略されることが多いですが、今回は頑張りました。

 
各形式区分を見比べればJR西日本の本気度が分かると思いますので、お近くの書店に行った際にはぜひ手にとって見てみてください。

 
 * * *

 
ということで、今回は「列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝」には掲載できなかった写真をアップしたいと思います。

P135に交流機器撤去後の サハ288-2210 を掲載しましたが、実はまったく同じ場所で交流機器搭載時代の同車を撮っていましたので、今回は交流機器搭載時代の写真をご覧いただきたいと思います。

 
サハ288-2210

サハ288-2210(福フチ)  2016年3月13日 柏原駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

この写真はP135(中段)とまったく同じ構図ですので、この2枚を見比べれば交流機器の撤去工事で何処がどう変わったかが簡単に分かると思います。

なかなかこういう比較はできるものではないので、間違い探しのように楽しんでみては如何でしょうか?

「雷鳥&サンダーバード列伝」の執筆が終わりました(写真はモハ681-205)

「雷鳥&サンダーバード列伝(列伝シリーズ04)」というムック本が2/21(木)に発売されます。

 
いつも“列伝シリーズ”でJR/国鉄車両の形式解説パートを執筆させていただいておりますが、今回は特急「サンダーバード」で活躍している681・683系とその改造車289系の全形式区分を解説いたしました。

今回はすべてJR西日本オリジナルの特急形車両ですが、車内設備ごとに番代区分された形式ばかりなので盛りだくさんな内容です。

 
形式図だけで42枚。

形式写真はなんと77枚。

まるで、形式ガイドブック…
すごいですよね。

我ながら、よく掲載できたな〜、と大満足な内容です。

 
特急「雷鳥」をタイトルに入れたムック本ですが、車両解説については国鉄時代の485系車両を振り返るのではなく、「サンダーバード」用として開発された681・683系を採り上げています。

ですから、懐古的な内容だけに終始するのではなく、JR西日本の特急形車両にもフォーカスをあてたムック本になっています。

 

 

この写真は、誤字脱字のチェックをしていたときを撮影したものですが、実際に出版される「雷鳥&サンダーバード列伝(列伝シリーズ04)」はすべてカラーページになっています。
当時の北越急行所属車についてはスノーラビット色をまとっていた時代のものが掲載されています。上の写真はチェック用のモノクロ印刷になっていますが…

編成の変遷も可能なかぎり細かく掲載しましたので、先行試作車の編成組み替えや方転がどのように行われたのかも描きました。

 
最近は国鉄車両を懐古する内容の鉄道本ばかり書店に並んでいますが、いま走っているJR車両にも注目してもらいたいので、これからも積極的に解説しく場を設けていきたいと思っています。

 
2/21(木)には書店に並ぶと思いますので、是非手を取っていただきたいと思っております。

 
 * * *

 
この流れを活かして 681・683系 のかっこいい先頭車をアップしたかったのですが、すでに見られなくなった形態の中間車をご覧いただくのもこのブログらしいと思いますので、少々地味な中間電動車、車掌室・事業用室付きの モハ681-205(金サワ)を選ぶことにしました。

北陸新幹線金沢延伸開業の直前は特急「はくたか」用の付属編成(サワW01編成)の8号車に連結されていました。

 
モハ681-205

モハ681-205(金サワ)  2014年11月3日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

モハ681-205 は1995(平成7)年4月に川崎重工業で製造された基本編成(サワT05編成)用の中間電動車でした。

 
金サワ T05編成

金サワ T05編成

 

681系が特急「スーパー雷鳥(サンダーバード)」で営業を開始した当初は、車掌室・事業用室付きのモハ681形200番代は6両基本編成の3号車に連結されていました。
となりのサハ681形200番代にプチカフェテリアが設けられていたので、基本編成が単独で運転される場合は唯一の車掌室が当車(3号車)に配置されたというわけです。

しかし、2001(平成13)年に改良増備された683系は車掌室の連結位置を4号車(サハ683形300番代)に変更したため、サワT05編成は気密性向上などの160km/h運転対応工事を施したうえで特急「はくたか」専用編成(サワW04編成)に転用されました。

 
約13年間、モハ681-205 はサワW04編成の3号車で活躍しましたが、北陸新幹線金沢延伸開業で「はくたか」から名古屋発着の「しらさぎ」に転用するため、2014(平成26)年10月にその準備としてサワW11編成の モハ681-8 と差し替えが行われました。

 
金サワ W04編成とW11編成の差し替え

金サワ W04編成とW11編成のモハ681形の差し替え

 

今回アップした写真は2014(平成26)年11月の撮影なので、編成組み替えが行われた直後に撮影したものになります。

 
それまでの基本編成3号車から付属編成8号車に移動しましたが、「しらさぎ」の付属編成は米原〜金沢間の区間増結がメインの活躍場所で車掌室は基本編成のサハ681形300番代を使えばいいので、付属編成に連結される当車の車掌室は要らなくなったようです。

結局、モハ681形200番代の車掌室・事業用室部分に設けられている下降窓は「しらさぎ」転用後に埋められてしまいました。

 
北陸新幹線金沢〜敦賀間が予定どおり2023年春に開業すると683系が大量に余まることになるので、681系がこれだけ活躍する姿が見られるのもあと4年ちょっとです。

一般に国鉄形車両に比べるとJR車両はあまり注目されませんが、「しらさぎ」転用後の681系も地道に撮影していきたいと思っています。

いつの間にか区分消滅していた元北越急行所属車のサハ681形2200番代

「JR電車編成表」を購入していたので2018(平成30)年10月1日現在のJR車両の動向をチェックしていたところ、いつの間にか消滅していた形式区分があるのに気が付きました。

以前、こちらで「区分消滅の可能性が高い『しらさぎ』のサハ681形200番代(サハ681-207)」と題してプチカフェテリア付きのサハ681形200番代のことを採り上げていましたが、このサハ681形200番代ではなくて北越急行所属車のサハ681形2200番代です。

2015(平成27)年3月の北陸新幹線金沢延伸開業までは在来線の特急「はくたか」(金沢〜越後湯沢間)で使用されていていた車両です。

 
北陸新幹線の長野〜金沢間開業で在来線の「はくたか」が廃止された際、「はくたか」に使用されていた681・683系はすべて特急「しらさぎ」に転用となりました。

このときに北越急行所有の681系2000番代と683系8000番代はJR西日本に譲渡されて、編成単位で方向転換が行われ、その前後に車体塗色も赤帯を巻いた“スノーラビットエクスプレス”色から“しらさぎ”色に変更されました。

 
「しらさぎ」への転用を見越して「はくたか」時代の末期にモハ681形を差し替える編成組替が行われましたが、このため車掌室のない6両基本編成が生まれてしまったので、これを解消するためにプチカフェテリア付きのサハ681形200・2200番代を車掌室付きの300・2300番代に改造する工事が行われています。

683系4000番代のリフレッシュ工事で金沢総合車両所が手一杯だったのか分かりませんが、サハ681形の車掌室設置工事は進捗がものすごく遅く、サハ681形200番代はまだ区分消滅にはなってません。

一方、元北越急行所属車のサハ681形2200番代はあっさりと2両とも2300番代に改造されてしまったのです。

 
というか、10月の北陸遠征のときに敦賀駅で現車を見るまで、そのことに気が付きませんでした。

 
2015(平成27)年3月にJR西日本に譲渡されたサハ681形2200番代は2018(平成30)年3月には廃区分になっていたのです。JR西日本の所有となってわずか2年で廃区分です。

“しらさぎ”色をまとったサハ681形2200番代は2年弱しか存在しなかったということです。

 
残念ながら短命だった“しらさぎ”色時代のサハ681形2200番代は撮影してませんので、北越急行時代のサハ681形2200番代、N01編成の サハ681-2201 をアップしたいと思います。

 
サハ681-2201

サハ681-2201(北越急行)  2014年11月16日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

北越急行時代の特急「はくたか」用車両(クハ683-8701)

今週はず〜っと奥さんが忙しくて毎日深夜帰り、なのに体調が悪くて倒れそうな状態だったので、いつも以上にシングルファーザーでした。

疲れましたね…

明日(6/28)から週末ですが、恐らく週末は奥さんがダウンして写真撮影どころではないでしょう。もし、出掛けたとしても近場のプチ出撃かな?という感じです。

 
「男女共同参画社会」を目指すこと自体は大賛成ですが、

子どもがいて、夫婦2人して残業が当たり前、そして通勤は片道1時間、なんて無理な話しなのです。

どちらかに家事をするだけの余裕がないと、家族は壊れてしまうと思います。

 
我が家はそれが嫌なので、夫婦の役割分担として、平日はシングルファーザーをやっています。

 
男女共同参画社会基本法なんて制定したって、社会が変わらないと子どもを持とうなんて思わないでしょうね。

 
 * * *

 
チョット疲れていますので、今回は手持ちの写真の中から3ヶ月前に撮影した、今となっては懐かしい感じがする形式写真をアップしたいと思います。

北越急行が所有していた「はくたか」用683系8000番代の クハ683-8701 です。

 
クハ683-8701

北越急行 クハ683-8701  2015年2月23日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

「しらさぎ」時代のパンタグラフ付きグリーン制御車(クロ682-2004)

ゴールデンウィークも後半に入りましたが、鉄道写真や鉄道旅を満喫されているのでしょうか?

すっかりトレインブックスへの注文が激減している状況を見ると、まとまった休みを使って羽を伸ばしている鉄道ファンの方々がような気がします。

 
我が家は受験生を抱えているので遠出できないのと、休みの日くらいゆっくり片付けをしたいと思っている奥さんの思惑が重なったので、今年のゴールデンウィークは遊びに出掛けずにいます。

一昨日(5/3)までは今までどおり新事務所の片付け。

そして、昨日(5/4)今日(5/5)と2日掛けて自宅のウッドデッキの補修と塗り替え。

昨日は曇り予報だったのでDIYの日にしましたが、日焼けするとすぐに火傷する身にとって持って来いのコンディション。
でも、実際はドン曇りにならずにいい天気で、露出していた部分だけ真っ赤っか。

仕方のないことですが、この先が思いやられます。

曇りの日にしか出撃できない、そんな肌の持ち主なので無意識のうちに形式写真を撮るようになったのかも知れません。

 
 * * *

 
今回は手元にあった写真をアップしたいと思います。

特急「しらさぎ」から「くろしお」または「こうのとり」系統への転用が発表されている683系2000番代のグリーン制御車(Tpsc)、クロ682-2004(金サワ)です。

 
クロ682-2004

クロ682-2004(金サワ)  2014年11月16日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

これまでに何回か書きましたが、681系や683系はM車(クモハやモハ)とTp車(クハやクロ、サハ)でユニットを組み、M車への電気機器の集中を防ぐためパンタグラフや交直流機器などをTp車に搭載しています。

2001(平成13)年までに登場した681系や683系0番代はM車とTp車が隣り合って連結していましたが、683系2000番代はユニットのあいだに引き通し線を設けた付随車(サハ683形2500番代)を組み込んだため、2両または3両を1ユニットとして組成することができるようなっています。

 
クロ682-2004 を連結していた金サワS4編成をイラストにしてみましたが、こんな感じです(右側が米原方)。

 
金サワS4編成

金サワ S4編成

 

今回アップした クロ682-2004 は隣りの モハ683-3404 とユニットを組んでいます。

 
「くろしお」または「こうのとり」系統への転用では5両編成が4両編成と6両編成に組み替えられることが発表されていますので、この元金サワS4編成が6両化される場合は、5両→4両化により外されるサハ683形2500番代が クロ682-2004 と モハ683-3404 の間に組み込まれることになると思います。

逆に4両化される場合は、他方のユニット間の サハ683-2504 が外されることになります。

このような編成組み替えを見越してだと思いますが、サハ683形2500番代のトイレは車いす対応にはなっていません。

 
683系2000番代を直流化して289系に形式変更するようですが、183系800番代のように交流機器を他形式に譲るために撤去するのか、183系200番代のように交流機器を使用停止にするのか、どちらの方法を採るのか気になります。

なお、JR東日本の651系1000番代は後者の方法を採っていますが、形式上では交直流電車と見なされています。

 
JR会社によって直流電車または交直流電車として扱いが別れる可能性があるというのも面白い話しです。

どのように対応になるのか判明するにはもう少し時間が掛かりそうです。