いつの間にか区分消滅していた元北越急行所属車のサハ681形2200番代

「JR電車編成表」を購入していたので2018(平成30)年10月1日現在のJR車両の動向をチェックしていたところ、いつの間にか消滅していた形式区分があるのに気が付きました。

以前、こちらで「区分消滅の可能性が高い『しらさぎ』のサハ681形200番代(サハ681-207)」と題してプチカフェテリア付きのサハ681形200番代のことを採り上げていましたが、このサハ681形200番代ではなくて北越急行所属車のサハ681形2200番代です。

2015(平成27)年3月の北陸新幹線金沢延伸開業までは在来線の特急「はくたか」(金沢〜越後湯沢間)で使用されていていた車両です。

 
北陸新幹線の長野〜金沢間開業で在来線の「はくたか」が廃止された際、「はくたか」に使用されていた681・683系はすべて特急「しらさぎ」に転用となりました。

このときに北越急行所有の681系2000番代と683系8000番代はJR西日本に譲渡されて、編成単位で方向転換が行われ、その前後に車体塗色も赤帯を巻いた“スノーラビットエクスプレス”色から“しらさぎ”色に変更されました。

 
「しらさぎ」への転用を見越して「はくたか」時代の末期にモハ681形を差し替える編成組替が行われましたが、このため車掌室のない6両基本編成が生まれてしまったので、これを解消するためにプチカフェテリア付きのサハ681形200・2200番代を車掌室付きの300・2300番代に改造する工事が行われています。

683系4000番代のリフレッシュ工事で金沢総合車両所が手一杯だったのか分かりませんが、サハ681形の車掌室設置工事は進捗がものすごく遅く、サハ681形200番代はまだ区分消滅にはなってません。

一方、元北越急行所属車のサハ681形2200番代はあっさりと2両とも2300番代に改造されてしまったのです。

 
というか、10月の北陸遠征のときに敦賀駅で現車を見るまで、そのことに気が付きませんでした。

 
2015(平成27)年3月にJR西日本に譲渡されたサハ681形2200番代は2018(平成30)年3月には廃区分になっていたのです。JR西日本の所有となってわずか2年で廃区分です。

“しらさぎ”色をまとったサハ681形2200番代は2年弱しか存在しなかったということです。

 
残念ながら短命だった“しらさぎ”色時代のサハ681形2200番代は撮影してませんので、北越急行時代のサハ681形2200番代、N01編成の サハ681-2201 をアップしたいと思います。

 
サハ681-2201

サハ681-2201(北越急行)  2014年11月16日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

北越急行時代の特急「はくたか」用車両(クハ683-8701)

今週はず〜っと奥さんが忙しくて毎日深夜帰り、なのに体調が悪くて倒れそうな状態だったので、いつも以上にシングルファーザーでした。

疲れましたね…

明日(6/28)から週末ですが、恐らく週末は奥さんがダウンして写真撮影どころではないでしょう。もし、出掛けたとしても近場のプチ出撃かな?という感じです。

 
「男女共同参画社会」を目指すこと自体は大賛成ですが、

子どもがいて、夫婦2人して残業が当たり前、そして通勤は片道1時間、なんて無理な話しなのです。

どちらかに家事をするだけの余裕がないと、家族は壊れてしまうと思います。

 
我が家はそれが嫌なので、夫婦の役割分担として、平日はシングルファーザーをやっています。

 
男女共同参画社会基本法なんて制定したって、社会が変わらないと子どもを持とうなんて思わないでしょうね。

 
 * * *

 
チョット疲れていますので、今回は手持ちの写真の中から3ヶ月前に撮影した、今となっては懐かしい感じがする形式写真をアップしたいと思います。

北越急行が所有していた「はくたか」用683系8000番代の クハ683-8701 です。

 
クハ683-8701

北越急行 クハ683-8701  2015年2月23日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

「しらさぎ」時代のパンタグラフ付きグリーン制御車(クロ682-2004)

ゴールデンウィークも後半に入りましたが、鉄道写真や鉄道旅を満喫されているのでしょうか?

すっかりトレインブックスへの注文が激減している状況を見ると、まとまった休みを使って羽を伸ばしている鉄道ファンの方々がような気がします。

 
我が家は受験生を抱えているので遠出できないのと、休みの日くらいゆっくり片付けをしたいと思っている奥さんの思惑が重なったので、今年のゴールデンウィークは遊びに出掛けずにいます。

一昨日(5/3)までは今までどおり新事務所の片付け。

そして、昨日(5/4)今日(5/5)と2日掛けて自宅のウッドデッキの補修と塗り替え。

昨日は曇り予報だったのでDIYの日にしましたが、日焼けするとすぐに火傷する身にとって持って来いのコンディション。
でも、実際はドン曇りにならずにいい天気で、露出していた部分だけ真っ赤っか。

仕方のないことですが、この先が思いやられます。

曇りの日にしか出撃できない、そんな肌の持ち主なので無意識のうちに形式写真を撮るようになったのかも知れません。

 
 * * *

 
今回は手元にあった写真をアップしたいと思います。

特急「しらさぎ」から「くろしお」または「こうのとり」系統への転用が発表されている683系2000番代のグリーン制御車(Tpsc)、クロ682-2004(金サワ)です。

 
クロ682-2004

クロ682-2004(金サワ)  2014年11月16日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

これまでに何回か書きましたが、681系や683系はM車(クモハやモハ)とTp車(クハやクロ、サハ)でユニットを組み、M車への電気機器の集中を防ぐためパンタグラフや交直流機器などをTp車に搭載しています。

2001(平成13)年までに登場した681系や683系0番代はM車とTp車が隣り合って連結していましたが、683系2000番代はユニットのあいだに引き通し線を設けた付随車(サハ683形2500番代)を組み込んだため、2両または3両を1ユニットとして組成することができるようなっています。

 
クロ682-2004 を連結していた金サワS4編成をイラストにしてみましたが、こんな感じです(右側が米原方)。

 
金サワS4編成

金サワ S4編成

 

今回アップした クロ682-2004 は隣りの モハ683-3404 とユニットを組んでいます。

 
「くろしお」または「こうのとり」系統への転用では5両編成が4両編成と6両編成に組み替えられることが発表されていますので、この元金サワS4編成が6両化される場合は、5両→4両化により外されるサハ683形2500番代が クロ682-2004 と モハ683-3404 の間に組み込まれることになると思います。

逆に4両化される場合は、他方のユニット間の サハ683-2504 が外されることになります。

このような編成組み替えを見越してだと思いますが、サハ683形2500番代のトイレは車いす対応にはなっていません。

 
683系2000番代を直流化して289系に形式変更するようですが、183系800番代のように交流機器を他形式に譲るために撤去するのか、183系200番代のように交流機器を使用停止にするのか、どちらの方法を採るのか気になります。

なお、JR東日本の651系1000番代は後者の方法を採っていますが、形式上では交直流電車と見なされています。

 
JR会社によって直流電車または交直流電車として扱いが別れる可能性があるというのも面白い話しです。

どのように対応になるのか判明するにはもう少し時間が掛かりそうです。

区分消滅の可能性が高い「しらさぎ」のサハ681形200番代(サハ681-207)

Twitter のTLを読んでいると681系先行試作車(681系1000番代)が廃車になることが話題になっていました。

このことはある程度予想されていたことで、試作車が短命で終わるのは世の常です。

 
試作車というのは量産車を作るためのデータ取りが目的で、目的を果たしたら廃車。

しかし、営業用車両の場合は量産車が登場すると量産化改造が実施されて、量産車と共通で運用されるケースがほとんどです。

その場合でも、後継形式の登場など量産車を取り巻く環境が変わると試作車が真っ先に廃車されてしまいます。

681系1000番代はすでに車齢20年を超え、量産化統一工事(1995年)、車内設備統一工事(2001年)を施工してからだいぶ年数が経っています。

そういう経緯を鑑みると、681系1000番代は量産車よりも早く引退しても仕方のない存在です。

 
Twitter で流れていた681系1000番代廃車のソースを調べてみると、今月発売の「鉄道ジャーナル2015年6月号」に掲載されていた“北陸新幹線開業に伴う JR西日本 車両の動き”という記事で、JR西日本鉄道本部運輸部輸送計画課による執筆のものでした。

 
鉄道ジャーナル2015年6月号

鉄道ジャーナル2015年6月号

 

3月ダイヤ改正前後の681・683系の動向についての記述があり、「サンダーバード」「はくたか」から「しらさぎ」に転用された681系や、「しらさぎ」から離脱した683系2000番代について車両転配の計画が書かれていました。

 
これからの撮影計画に関わるので記事を読み込んでみると、先行試作車の681系1000番代は予備車になっているということでした。

でも、すぐに廃車ということではなく、「しらさぎ」の681系編成の4号車(サハ681形)が「サンダーバード」からの転用編成と「はくたか」転用の編成とのあいだで車内設備が統一されていないので、これらを解消するための改造が終わって運用に余裕ができた時点で681系1000番代を廃車する、と読み取りました。

 
その後 4/28(火)には、JR西日本から、683系2000番代を直流化した289系を「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」に投入するという発表がありましたので、これらの列車の置き替え計画とも関係しそうなので、681系1000番代の廃車の時期は分かりませんが、すぐに運用を離脱することにはならないと思っています。

 

サハ681-207

サハ681-207(金サワ)  2015年2月23日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

現在、「しらさぎ」用681系編成の4号車は付随車のサハ681形が連結されています。

3月までは「サンダーバード」「はくたか」で使用されていましたが、落成当初は「サンダーバード」「はくたか」編成とも車内設備については共通の仕様で、プチカフェテリア・車いす対応設備付きのサハ681形200番代でした。

しかし、「サンダーバード」用編成については2002〜2004(平成14〜16)年に683系と車内設備を合わせるための工事が施工されたため、4号車(サハ681形200番代)はプチカフェテリアの代わりに自動販売機・車内販売準備室・車掌室が配置されました。
これにともない、サハ681-201〜203・206 の4両は サハ681-301〜303・306 に改番されました。

この他にも、同じ理由でドア数や車掌室の有無などの仕様が3号車(モハ681形0・300番代)と付属編成の8号車(モハ681形200・300番代)で分かれてしまいました。

 
鉄道ジャーナル2015年6月号」によると、車内販売の廃止で不要となった4号車(サハ681形200番代)のプチカフェテリアを車掌室に変更する工事を施工するらしいので、元「はくたか」用編成(サワW01〜W04編成)のサハ681形200番代(サハ681-204・205・207・208)は300番代に改番されることになると思われます。

一方、モハ681形については言及されていませんでした。

 
以上の流れから、681系1000番代の運用離脱はこれらの車内設備統一工事が終わってからになりますので、681系1000番代の9形式区分よりも先にプチカフェテリア付きのサハ681形200番代が廃区分になる可能性が高いことが言えます。

走行写真を撮る大半の鉄道ファンにとって中間車の区分変更は関心のないことかも知れませんが、形式写真撮りや模型化資料を撮っておきたい方々にとっては気になることなので、681系1000番代よりもサハ681形200番代の方が早めに撮っておきたい車両ということになります。

今ならサハ681形200番代はそれほど珍しい存在ではありませんので、早めに記録しておいてみては如何でしょうか?

北越急行所有の特急「はくたか」用車両(クロ683-8001)

明日(3/14)、JR各社でダイヤ改正が実施されます。

 

寝台特急「トワイライトエクスプレス」は最終列車が上り下りともに目的地に到着し、無事に25年間の運転を終えました。
寝台特急「北斗星」は今夜が定期列車として最後の運転となり、(現在17時30分過ぎですから)もうすでに上下列車とも出発しました。

 
この他にも、北海道では711系が、金沢地区では475系がそれぞれ最後の運転を終えました。

いずれの形式もどちらかというと地味な存在でしたが、最終日の今日はお別れセレモニーが行われたようです。いいですね。

 
この他にも、北陸新幹線絡みで特急「はくたか」「北越」と快速「くびき野」「妙高」が今日でお別れで、この他に特急「スーパーひたち」「フレッシュひたち」「あやめ」も明日からは見られなくなります。

定期列車としての快速「あいづライナー」も今日が最終日で、同列車に使われていた485系のセンA3/A4編成は引退するようです。

 
例年、この時期は会社員時代は年度末のため、独立してからは確定申告の提出期限ギリギリで切羽詰まっていることが多いので、ダイヤ改正前後の盛り上がりがどうだったのかあまり記憶にありません。

でも、今年はダイヤ改正前に直接的に影響受けそうな車両を撮りに何度も遠征していましたので、改正関連のニュースに目が行ってしまいます。

先々週は2日間も「はくたか」用車両の撮影三昧でしたからね。

 
でも、着々と日本列島の主要幹線が新幹線に置き替えられ、一方で地域に密着する運行形態で並行在来線が残されています。

速達列車を剥ぎ取られているのに、第三セクター化された並行在来線はローカル運用だけでクルマ社会と戦っています。
かなりむごい状態。しかも、一夜にしてそのような状況に晒されています。

収益性の高い新幹線を運行するJR線、一方、補助金頼みで何とか細々と運行する並行在来線。

 
この図式が何年保つのか… 国鉄の二の舞になるのではないか?

すごく気になります。

 
なくなってしまう列車に郷愁を求めたり、それほど利用していたわけでもないのに最後になって「ありがとう!」って列車に叫ぶのもいいですが、なんでこの列車がなくなることになったのか?今一度考えてみては如何でしょうか。

 
 * * *

 
先月の北陸遠征で撮影した北越急行所有の特急「はくたか」用車両のうちの1枚をアップしたいと思います。

683系8000番代付属編成(N13編成)の1号車に連結されるグリーン先頭車(Tsc)の クロ683-8001 です。

 
在来線の特急としては最後に運転される「はくたか26号」は、この写真の クロ683-8001 が先頭を務めることになっています。

「はくたか」を自社所有のスノーラビットで締めるなんて、粋な計らいを見せてくれますね、北越急行は…

 
クロ683-8001

北越急行 クロ683-8001  2015年2月23日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。