御殿場線・身延線用のクモハ313形2350番(クモハ313-2352)

今回もJR東海の313系のダブルパンタグラフ車をアップしたいと思います。

御殿場線や身延線で使用されているオール・ロングシート仕様のうち、ダブルパンタグラフとして登場したクモハ313形2350番代の クモハ313-2352(静シス)です。

 

クモハ313-2352

クハ313-2352(静シス)  2015年6月16日 沼津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

御殿場線・身延線で長年使用されていた115系1000・2600番代およびクモハ123形の置換用車両の一つとして313系3次車の2両編成(シスW編成)が2006(平成18)年12月から2007(平成19)年1月にかけて9本投入されました。

 
すでに、セミクロスシート&ワンマン運転対応の313系3000番代(2両編成)が1999(平成11)年3月に12本投入されていたので、このときに増備された3次車はオールロングシートの2両(313系23X0番代)および3両編成(313系2600番代)とセミクロスシート&ワンマン運転対応の2両編成(313系3100番代)の3種類でした。これらはすべて寒地仕様車で、山岳線区には入れるように発電ブレーキを装備しています。

同時期に東海道本線静岡地区の113系も313系化されましたが、こちらに投入されたのは発電ブレーキを装備していない、オールロングシート仕様で3両編成の313系2500番代です。基本的に、御殿場線と身延線には入線しませんので、ここではスルーしておきます。

 
313系化が完了する2007(平成19)年3月ダイヤ改正のために、セミクロスシートとロングシート、そして、非ワンマン対応とワンマン対応、さらに2両編成と3両編成の313系車両が以下のラインナップで揃いました。

 

非ワンマン ワンマン運転対応 落成時期
2両編成
セミクロスシート
・313系3000番代(12本)
※ 2006年度にダブルパンタ化
1998年度(1次車)
・313系3100番代(2本)
※ ダブルパンタグラフ
2006年度(3次車)
2両編成
オールロングシート
・313系2300番代
(7本)
2006年度(3次車)
・313系2350番代
(2本)
※ ダブルパンタグラフ
2006年度(3次車)
3両編成
オールロングシート
・313系2600番代
(10本)
2006年度(3次車)

 

上表のとおり、オールロングシート仕様車の2両編成(W1〜W9編成)のうち2本については身延線の早朝運用にも就けるようにクモハ313形の前位側に霜取りパンタグラフが搭載され、クモハ313形は2350番代となりました(W1・W2編成)。

一方で、セミクロスシート&ワンマン運転対応の313系3000番代(V1〜V12編成)に霜取りパンタグラフが増設され、さらに霜取りパンタグラフを搭載したクモハ313形3100番代(V13・V14編成)も新製増備されたので、2007(平成19)年3月ダイヤ改正以降は御殿場線および身延線の車両運用に余裕が生まれました。

 
ダブルパンタのクモハ313形2350番代を連結するW1・W2編成が身延線の朝一番の列車に充当されたのはすでに過去の話しのようで、現在は313系3000・3100番代(V1〜V14編成)に置き替えられている模様です。

断定はできませんが、冬季の霜取り限定運用はすでに解除されていると思われます。

 
でも、このような少数派の形式区分は撮影意欲をかき立てるには十分な存在です。撮れたときの満足感は半端ないですからね…

 
あとは、飯田線でロングラン運用に就いている313系1700番代。

これが撮れるとだいぶ気持ちが楽になるので、しばらくは313系の撮影困難車を追いかけてみたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 313系 , JR東海

顔出しで撮影した非ワンマンのクモハ313形1300番代(クモハ313-1304)

年末年始に掛けてアップする形式写真のテーマを決めてみました。

“前パンタの先頭車”

というのはどうでしょうか?

 
東急田園都市線の沿線住民には馴染みのないのが“前パンタ”です。

つきみ野に引っ越してくるず〜っと前、大井町〜つきみ野間が田園都市線だったころ(1980年ごろ)に乗っていた緑色の旧3000系や旧5000系は前パンタでしたし、大学受験のころまでは小田急線にも2200形や2220形、2320形といった個性的な前パンタ車が残っていました。

でも、その後の車両の置き替えで神奈川県域の鉄道路線から前パンタ車はほとんど絶滅。

江ノ電と箱根登山鉄道にわずかに残るだけで、関西の私鉄や旧形電車のような迫力のある“前パンタ”の先頭車は、首都圏では東武や西武、京王でしか見られなくなりました。

 
だからでしょうか、前パンタの先頭車を撮ると嬉しくなるんですよね…

でも、パンタグラフが前位側に1基のみという車両は実際には少なく、前後にパンタグラフを2基搭載していることが多いので“ダブルパンタ”ということになりますが、前位にパンタがある力強い姿に惹かれてしまうのでしょう。

 
ということで、前位側にもパンタグラフを搭載している“ダブルパンタ”のJR車両にしばらくこだわってみようと思います。

年末年始に地味な車両の形式写真が続くかも知れませんが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 
今回はJR東海のダブルパンタグラフ車両で、以外に顔出しで撮るのが難しい非ワンマン対応のクモハ313形1300番代、クモハ313-1304(海シン)をアップいたします。

 
クモハ313-1304

クモハ313-1304(海シン)  2015年6月21日 河原田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

313系1300番代は、車端部を除く部分の座席が転換クロスシート、車端部にロングシートが配置された2両編成のグループです。

313系の4次車と5次車として32ユニット64両が神領車両区(海シン)に新製配置されましたが、暖地向けで非ワンマンのB401~B408編成と、寒地向けでワンマン運転対応のB501〜B524編成の2種類が存在しています。

 
今回アップしたB40X編成は中央西線の増結用や関西本線(名古屋〜亀山間)の朝夕の通勤通学輸送用として使用されています。

一方、ワンマン運転対応のB5XX編成は武豊線や木曽地区の中央西線でも使用されるため、スノープラウや増粘着装置(セラジェット)が台車に取り付けられています。

 
非ワンマンの313系1300番代は2両単独の運用が少ないうえに、211系4両編成の偶数側(中央西線の名古屋方、関西本線の亀山方)に増結されることが多いので、奇数車のクモハ313形1300番代(非ワンマンの クモハ313-1301〜1308)が先頭または最後尾の状態で撮影するとなるとかなり手間が掛かります。

地元の鉄道ファンならば撮影するのは簡単かも知れないですが、神奈川県在住者にとっては難儀な車両です。

 
クモハ313形1300番代の3/4がワンマン運転対応車で、しかもワンマン対応車のほとんどが単独運用ですから、取り敢えずこの区分を押さえておくならワンマン対応車の クモハ313-1309〜1332 になりますが、そこを何とか追いかけてみて撮ったのが今回の クモハ313-1304 です。

 
両開きドア横の押しボタンが準備工事のままで、前位台車にスノープラウが取り付けていない、その程度の差異しかないことが分かるだけでも十分に価値があると思っています。



この形式写真に関連するタグ: 313系 , JR東海

静岡地区の313系3両編成ロングシート車の制御電動車(クモハ313-2605)

先日(2/12)に引きつづき、またまた静岡地区の313系3両編成ロングシート車です。

今回は115系を淘汰するために投入された発電ブレーキ搭載の2600番代の クモハ313-2606(静シス)です。
先日アップした モハ313-2605 とユニットを組む東京方の制御電動車です。

 
クモハ313-2605

クモハ313-2605(静シス)  2011年5月22日 沼津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

313系の番代区分の4桁目は座席配置、3桁目の数字のうち5〜7は3両編成用の電動車であることを(間接的に)示しているので、今回アップしたクモハ313形2600番代はロングシート配置で3編成用の制御電動車であることが分かります。

 
クモハ313形2600番代もモハ313形2600番代と同様にブレーキ抵抗器とブレーキチョッパ装置を装備しているので、後位台車そばの床下機器がにぎやかになっています。

発電ブレーキ関連の床下機器を取り除いたグループはクモハ313形2500番代となります。
こちらは平坦線区用なので、おもに東海道本線熱海〜豊橋間で運用されています。



この形式写真に関連するタグ: 313系 , JR東海

静岡地区の313系3両編成ロングシート車の中間電動車(モハ313-2605)

昨日(2/11)に引きつづき、またまた静岡地区の313系3両編成ロングシート車の中間電動車モハ313形をアップしますが、今回は115系を淘汰するために投入された発電ブレーキ搭載の2600番代の モハ313-2605(静シス)です。

 
モハ313-2605

モハ313-2605(静シス)  2011年5月22日 沼津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

おさらいしますが、
313系には0・300・1000・1100・1300・1500・1600・1700・2300・2350・2500・2600・3000・3100・5000・5300・8000番代が存在します。

このようにたくさんの番代区分がありますが、313系の番代区分の4桁目は座席配置、3桁目の数字のうち5〜7は3両編成用の電動車であることを(間接的に)示すことを念頭に置くと、今回アップしたモハ313形2600番代は昨日のモハ313形2500番代と同様にロングシート配置で3編成用の中間電動車であることが分かります。

 
モハ313形の2600番代は、2500番代に発電ブレーキを搭載したグループで、2006(平成18)年に増備されました。

クモハ313形2600番代およびモハ313形2600番代はブレーキ抵抗器とブレーキチョッパ装置を装備した車両で、列車密度の低い閑散路線での回生ブレーキ失効に備えています。

 
中央本線名古屋口用で発電ブレーキ未搭載のモハ313形1600番代と、発電ブレーキ搭載のモハ313形2600番代の床下機器の拡大写真を下に並べてみましたが、比べてみると搭載機器の違いがよく分かります。

 
モハ313-1603の床下機器

モハ313-1603の床下機器(非公式側)  2013年2月2日

 
モハ313-2605のブレーキ抵抗器

モハ313-2605の床下機器(非公式側)  2011年5月22日

 

2600番代はブレーキ抵抗器などが追加されているため、1600番代に比べて主回路リアクトルの周囲がにぎやかになっています。

本来なら、モハ313形2500番代の非公式側の写真があればよかったのですが、手元に写真がありませんでした。
今回はモハ313形1600番代と比較していますが、1600番代は2500番代と同時期に増備された313系3次車の一員で、床下機器などの基本仕様はお互い同じとみて結構です。

 

313系2600番代は2500番代と一見同じ外観をしていますが、発電ブレーキを搭載しているので、御殿場線や身延線の115系置換用として投入され、現在もこれらの路線でおもに運用されています。



この形式写真に関連するタグ: 313系 , JR東海

静岡地区の313系3両編成ロングシート車の中間電動車(モハ313-2515)

昨日(2/10)の モハ313-8504 に引きつづき313系の3両編成用の中間電動車をアップしますが、今回は静岡地区の113系を淘汰するために投入された2500番代の モハ313-2515(静シス)をアップします。

 
モハ313-2515

モハ313-2515(静シス)  2011年5月22日 沼津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

313系には0・300・1000・1100・1300・1500・1600・1700・2300・2350・2500・2600・3000・3100・5000・5300・8000番代が存在しますが、番代区分の4桁目は座席配置により区分されています。

2000番代はロングシート配置のグループで、2300・2350・2500・2600番代が存在します。

2000番代グループのうち番代区分の3桁目が5〜7となる2500・2600番代は3両編成用の電動車ですが、発電ブレーキの有無により2つの仕様(番代)に分かれています。

 
写真のモハ313形2500番代は、かつて113系が走っていた平坦線区用の3両編成ロングシート車です。

 
モハ313形2500番代は3両編成用の中間電動車ですので、主電動機は前位側(写真左側)の台車のみに搭載されています。

また、3両編成(Mc+M+T’c)に連結されるT’c車クハ312形2300番代は空気圧縮機(CP)の容量が1,000L/minと小さいため、中間電動車の当車にも1,000L/minのCPが搭載されています。

車内保温のため押ボタン式の半自動扉となっていますが、列車密度の低い勾配線区(御殿場線・身延線・飯田線など)での運用を考慮していないので、発電ブレーキは搭載されていません(発電ブレーキ搭載車は313系2600番代)。



この形式写真に関連するタグ: 313系 , JR東海