「クリスタルエクスプレス」の1号車 キハ183-5102

9/6(水)の午後から出掛けた北海道遠征ですが、北海道ではほとんど成果がなかったので、大館駅で撮影した花輪線の珍車 キハ111-152 をアップしただけ終わっていました。

結果的に無駄に終わった感の強い遠征でしたが、数少ない成果をアップしても罰は当たらないでしょう。

 
今回の北海道遠征は“旭山動物園号”編成のキハ183系0番代を撮るのがメインターゲット。

曇りベースの天気予報だった9/9(金)に道央地区に移動して撮るつもりでしたが、行ってみると晴れときどき雨。形式写真を撮るには最悪の天気。

 
天気の変わり目に曇ってくれる時間帯があれば何とかなりましたが、それもほとんどありません。

こういうときは深追いすると傷口が広がるので、その日のうちに旭川から特急列車と新幹線を乗り継いで帰ることを決断。

お昼過ぎの上り「ライラック」に乗って長距離移動することにしました。

残念でしたね…

 
でも、この日の午前中に臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス3号」に充当された“クリスタエクスプレス”の キハ183-5102 が撮れたので、完敗にはなりませんでした。

これが撮れただけでも遠征に出てよかったと思えましたからね…

 
ということで、今回は結果的に渾身の1枚になってしまった形式写真をアップしたいと思います。

“クリスタエクスプレス”の1号車、キハ183-5102(札ナホ)です。

 
キハ183-5102

キハ183-5102(札ナホ)  2017年9月9日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

50歳になって“大人の休日倶楽部パス”が買えるようになったので今回も使ってみました。

でも、このフリー切符、使ってみると大きな問題がありました。

 
“大人の休日倶楽部パス”の利用期間は、駅近くのホテルの予約が気軽に取れません。

格安航空券を使って閑散期に渡道するのに慣れてしまうと、ホテルの予約が直前で取れないというのが結構辛い。

天気予報に合わせて撮影地を転々とできないので、天気を味方に付けることができません。

 
予約しておいたホテルの宿泊地が晴れ予報に変わってしまうと、もうこれで為す術がないという状況に。

鉄道移動の場合、駅近くのビジネスホテルしか選択肢に入らないですから、もともとホテルを探すのにハンディを背負ってます。

 
今回のように格安のフリー切符を使ったために撮影の歩留まりが悪くなるというのは本末転倒です。
いくら交通費が安くても撮影できなければ意味がないですからね…

使ってみて痛感したので、次回以降はもっと自由に動き回れるようなスタイルを採っていきたいと思います。

 
でも、予定していた場所(JR北海道・JR東日本エリア)が予報どおりに曇ってくれるのなら、“大人の休日倶楽部パス”ほど形式写真に相応しいフリー切符はありませんよ。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , ジョイフルトレイン

花輪線で使用されている珍車、キハ111形150番代(キハ111-152)

JR東日本のフリーきっぷ“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”の第2回利用期間が8/31(木)から始まりました。

50歳になってようやく使えるようになったので、今回もJR北海道の車両を撮りに出ようと思い、先週からずっ〜とタイミングを図っていました。

 
なかなか安定的に曇りの予報が出てくれないものですね…

フリーきっぷを購入しては、天気予報に合わせて列車の予約を変更。
そして、キャンセル。

こんなことが続いたので遠征を諦めていましたが、先週の木曜日(9/7)辺りから3日間ほど北海道内で曇る予報が出始めたので、思い切って函館前泊で遠征に出ることにしました。

 
先ずは函館に2泊して撮影するつもりでしたが、道南地方は予報がコロコロ変わって、結局は晴ればかり。

函館のほかに道央の砂川に宿泊して撮影に臨みましたが、晴れか雨ばかり。

前泊を除いて3日間ほど道内を起点に活動してましたが、満足に撮影できた形式写真は道内では2枚だけ。

 
天気予報を信じた私が愚かでした…

 
北海道については惨敗…

 
現地撮影初日の9/7(水)から予報どおり曇ってくれなかったので、早朝のうちに函館に見切りを付けて本州に戻り、奥羽本線の大館駅(秋田県大館市)まで行きました。

予め調べておいた花輪線のキハ110系の車両運用の確認と、大館駅をロケハンするためです。

 
なんとなんと大館に着いてみると、以前から撮りたいと思っていたキハ110系150番代が“撮ってください”状態でホーム横に留置してました。

 
キハ110系150番代は稀少区分車で、小牛田運輸区(仙ココ)と盛岡車両センター(盛モリ)に2両編成が1本ずつしか配置されていません。

盛モリのキハ110系150番代は花輪線の運用に入るので、これを撮るためにどこに行けばいいのかちょうど調べていることろでした。

 
今回は、その地味に珍しいキハ110系150番代のうちの1両、キハ111-152(盛モリ)をアップしたいと思います。

 
キハ111-152

キハ111-152(盛モリ)  2017年9月7日 大館駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
すでにキハ110系100番代が活躍していた水郡線の増備車として200番代が量産されていた1994(平成6)年に投入されたのが150番代です。

そのため、キハ110系150番代は200番代とほぼ同一仕様のグループなのに、ステップ高さだけは1,036mmの100番代仕様(200番代は970mm)。
ですから、200番代のドアよりも靴ズリが高くなっているので、靴ズリの下部が間延びしています。

比べてみないと分からないほどの違いですが…

 
キハ111-215の前位ドアのステップ

キハ111-215の前位ドアのステップ

 

キハ111-152の前位ドアのステップ

キハ111-152の前位ドアのステップ

 

どうですか?

上下に拡大写真を並べてみると分かりますよね。

 

以前、トイレなしの キハ112-151(仙ココ)を撮影したことがありますが、このときは試運転だったのでブラインド閉の少々残念な写真でした。撮れただけでもよかったと思っていますが…

でも、今回は車体に停車目標(通称:ハタキ)が被る程度で、構図や光線状態については申し分ない。いつもこのように撮れればいいのに、と思えるほどの仕上がりです。

 
今回の遠征、北海道遠征としてはほとんど成果がなく完全に失敗でしたが、当初予定していなかった場所でこういうきれいな写真が撮れたときの感動はかなりのものです。

それが原動力になっているから続けられるのでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系

長期間運用離脱していたカツK459編成の奇数方先頭車(クハE531-1009)

8/24(木)に“秋の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されました。

少し発表から時間が経っていますが、あとで見返すのにリスト化しておいた方がいいと思いますので、遅ればせながらリストにまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 
秋の臨時列車は10/1から11/30までの2ヶ月間ですが、この10月に青春18きっぷ利用者にはお馴染みの区間でダイヤ改正が実施されます。

東北本線黒磯~新白河間で運用される車両が、701・E721系交流電車からE531系交直流電車とキハ110系気動車に変更されます。

10/16(月)からの話しです。

 
JR東日本の発表によると上野東京ラインや常磐特急の「ひたち」「ときわ」を絡めたダイヤ改正となっていますが、やはり目玉は黒磯~新白河間の輸送体系の変更です。

これまで交流電車が黒磯まで顔を出すのが当たり前。そう思っていたのが、ダイヤ改正以降、黒磯では交流電車が見られなります。

 
すでに、黒磯~新白河間ではE531系3000番代とキハ110形による訓練運転が実施されています。先日、これを撮りに行ってきましたので、そのときの写真をアップしたいと思います。

E531系3000番代を… といきたいところですが、出撃した8/21(月)は勝田車両センター(水カツ)のK459編成が出場回送されたときで、たまたま黒磯駅で撮影しました。

カツK459編成の奇数方先頭車、クハE531-1009 です。

 
クハE531-1009

クハE531-1009(水カツ)  2017年8月21日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ダイヤ改正が過ぎたら当たり前のようにE531系がここに止まることになります。
でも、黒磯~新白河間に投入されるのは耐寒仕様のE531系3000番代になると思います。

となると、ダイヤ改正以降でもE531系0番代が黒磯駅に止まるのは工場出場のときくらいでしょうか?

 
黒磯駅構内のすべてが直流区間に変更されたら、今までのように電気の切り替えのための長時間停車はなくなるでしょう。
もしかしたら、試運転列車は通過になってしまうかも知れません。

ED75形やEF65形が忙しく行き交っていた光景はさらに過去のものになるのでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: E531系 , JR東日本 , プレス発表

2014年の鉄道ジャーナル が入荷しました

2014年の鉄道ジャーナル が入荷しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ジャーナル 2014年1月号(No.567) 「北海道の鉄道/ななつ星の旅立ち」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年2月号(No.568) 「開業迫る北陸新幹線」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年3月号(No.569) 「車両製造工場を見る」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年4月号(No.570) 「大阪環状線の今と明日」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年5月号(No.571) 「未来を拓いたJR第一世代車両」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年6月号(No.572) 「3月ダイヤ改正とニューフェイス」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年7月号(No.573) 「東京・横浜の電車 2014」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年8月号(No.574) 「寝台特急物語 終章」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年9月号(No.575) 「阪和ライバル模様/北東北への誘い」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年10月号(No.576) 「新幹線 2014 東海道新幹線開業50周年」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年11月号(No.577) 「鉄道をデザイン」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2014年12月号(No.578) 「新旧ディーゼル競演」
当店価格:540 円

 
鉄道ジャーナル(2014年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

1981〜1989年の鉄道ジャーナル が入荷しました

1981〜1989年の鉄道ジャーナル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ジャーナル 1981年7月号(No.173) 「特集:電車の時代 Part-1」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1982年1月号(No.179) 「特集:‘82 新しい鉄路の息吹き」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1982年5月号(No.183) 「特集:長距離ドン行列車の現状/153系電車」
当店価格:1,620 円

鉄道ジャーナル 1983年6月号(No.196) 「特集:地下鉄と近郊電車の相互直通運転」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1983年7月号(No.197) 「特集:青函トンネルと北海道の鉄道」
当店価格:1,350 円

鉄道ジャーナル 1983年9月号(No.199) 「特集:貨物列車はどうなっているか」
当店価格:1,080 円

鉄道ジャーナル 1983年11月号(No.201) 「特集:ローカル幹線から“特定地交線”まで」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1984年1月号(No.203) 「特集:1984=鉄道をとりまく明暗の話題/“客車急行”賛歌」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1984年3月号(No.205) 「特集:国鉄電車 1984/白魔に挑む=除雪機関車」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1984年5月号(No.207) 「特集:581・583系電車の旅路」
当店価格:1,080 円

鉄道ジャーナル 1984年11月号(No.213) 「特集:新幹線20年の軌跡」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1989年12月号(No.278) 「特集:九州の鉄道新時代」
当店価格:540 円

 
鉄道ジャーナル(1981〜1989年)


この記事に関連する形式写真タグはありません