パンタを降ろして烏山線を走る蓄電池電車のEV-E301系(EV-E301-2)

4/3(月)に義母が脳梗塞で倒れてしまい、そのまま植物状態になってしまったため、それ以降は何度かつきみ野と栃木を往復しています。

一時は相当な覚悟が必要な状況で、3年前に実母で経験したイヤな気持ちを思い出してしまうほどでした。
生命が絶えるのをただ待つだけ、そんな辛い思いは義父や義妹弟にはしてもらいたくなかったので…

 
週末の4/8(土)になって呼びかけに反応するようになり、調子のいいときは自分の名前も言えるようになりました。その後も意識のはっきりしている時間が拡大しているようです。

回復が楽しみな状況にステージが完全に移ってきているので、安堵しているところです。

 
一方で、ローカル路線のJR車両を撮るときに妨げとなる雑草が春になって伸び始めているところもチラホラ。

そうなってくると、今年こそ押さえておこうと思っている撮影場所の状況が少し気になっているところです。

 
日曜日(4/9)は、雑草の影響が心配される栃木県内の無人駅にお見舞いのついで寄ってみました。

以前からクルマで栃木県に行く用事があったら寄ってみようと思ってましたが、昨年は娘の受験があった関係で実現できませんでした。キハ40形1000番代なら宝積寺駅で簡単に撮影できたということもありましたし…

でも、3月ダイヤ改正でキハ40形が引退し、烏山線の全列車が蓄電池電車(愛称:ACCUM)に置き替えられましたので、これを機に量産車が揃って撮影が楽になったEV-E301系を撮ってきたというわけです。

 
EV-E301-2

EV-E301-2(宮ヤマ)  2017年4月9日 下野花岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

烏山線は約20kmほどの非電化区間で、キハ40形時代は最大3両編成で運転されていました。

2014(平成26)年3月改正にEV-E301系量産先行車の2編成1本(ヤマV1編成)が投入されて、宇都宮〜烏山線での運用が開始されました。計画時、まだ“スマート電池くん”と呼ばれていましたが、EV-E301系の投入に合わせて“ACCUM”という愛称が付けられました。

この時点で、終点の烏山駅に専用の充電設備(烏山変電所)が建設され、走行時に必要な電源が充電できる設備が用意されました。
電力会社から受電して降圧整流を行った直流1,500Vの電流を、剛体架線とEV-E301形のパンタグラフを通して主回路用蓄電池と補助電源装置の静止形インバータ (SIV) に給電します。

 
基本的な構成は2016(平成28)年に登場したJR九州のDENCHA(BEC819系)もほとんど同じですが、こちらは投入線区の関係で交流電源を利用したシステムになっています。

 
2017(平成29)年3月4日のダイヤ改正でキハ40形1000番代はすべてEV-E301系に置き替えられ、同線区は2両編成に統一されました。

 
国鉄末期の1986(昭和61)年、烏山線のキハ40形2000番代はトイレを撤去して、当時としては珍しかった線区限定の地域色に塗り替えられました。キハ40形の区分も1000番代に整理されました。

1968(昭和43)年に“赤字83線”に選定された廃止対象路線でしたが、キハ40形をローカル仕様に改装するという地方ローカル線の活性化モデルケースとして大役を果たすことになりました。
なお、当時はセミクロスシートの座席配置のままで、トイレ撤去部分にロングシートは設置されていませんでした。

 
JR各社の後年改造の数多くの例と比べてみるとキハ40形1000番代なんて改番不要な地域向け改造のように見えますが、当時の国鉄は全国転配を考慮した車両管理を行っていた時代ですから、他線区への転用ができなくなるような地域事情を踏まえた改造はそれほど行われていませんでした。

まして車齢10年程度のキハ40形ですから、このような改造を施すのは異例のことでした。

 
今回の烏山線へのEV-E301系の投入も将来のローカル線の在り方を先取りしているようなものなので、“歴史は繰り返される”ことになっているのでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: EV-E301系 , JR東日本

1990〜1994年の鉄道ファン が入荷しました

1990〜1994年の鉄道ファン の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ファン 1990年1月号(No.345) 「特集:1990年代のJR展望」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1990年2月号(No.346) 「特集:JRヘッドマークトレイン ’90」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1990年3月号(No.347) 「特集:急行形気動車30年の歩み」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1990年4月号(No.348) 「特集:近鉄名阪特急直通30周年」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1990年5月号(No.349) 「特集:’90年春、好感のニューモデル」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1990年6月号(No.350) 「特集:251系&田町電車区」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1990年7月号(No.351) 「特集:JR車両 file 90」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1990年8月号(No.352) 「特集:すぽっと板谷峠」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1990年11月号(No.355) 「特集:ブルートレイン1990・1991」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1991年1月号(No.357) 「特集:JR特急 1991」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1991年2月号(No.358) 「特集:JR特急 1991 (II)」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1991年5月号(No.361) 「特集:VVVFインバータ車両」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1991年6月号(No.362) 「特集:御殿場線ウオッチング」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1991年7月号(No.363) 「特集:創刊30周年記念特大号/ダブルデッカー 1991」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1991年8月号(No.364) 「特集:JR車両 file 91」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1991年10月号(No.366) 「特集:私の名は900番」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1991年11月号(No.367) 「特集:機関車 EF66」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1992年1月号(No.369) 「特集:205系通勤形直流電車」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1992年2月号(No.370) 「特集:お召機関車 EF58 61」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1992年3月号(No.371) 「特集:485系特急形電車」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1992年5月号(No.373) 「特集:92春、新車ガイド・スペシャル第2陣」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1992年6月号(No.374) 「特集:92春、咲き競う新車の花」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1992年7月号(No.375) 「特集:惜別485系“つばさ”」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1992年9月号(No.377) 「特集:HOKKAIDO 1992」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1992年11月号(No.379) 「特集:運転台大研究」
当店価格:648 円

 
鉄道ファン(1990〜1992年)

 

鉄道ファン 1993年1月号(No.381) 「特集:ブルトレの最新ラインナップ」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1993年3月号(No.383) 「特集:JR特急電車プロフィール ’93」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1993年4月号(No.384) 「特集:103系通勤形電車(1)」
当店価格:1,620 円

鉄道ファン 1993年5月号(No.385) 「特集:103系通勤形電車(2)」
当店価格:1,620 円

鉄道ファン 1993年6月号(No.386) 「特集:JR気動車特急展望」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1993年8月号(No.388) 「特集:JR車両 file 93」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1993年9月号(No.389) 「特集:100系新幹線電車」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1993年10月号(No.390) 「特集:JNR / JR 25年の大アルバム」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1993年11月号(No.391) 「20系特急形客車最後の特集」
当店価格:1,890 円

鉄道ファン 1993年12月号(No.392) 「特集:惜別ゆうづるの28年」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1994年1月号(No.393) 「特集:全国地下鉄事情」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1994年2月号(No.394) 「特集:ブルートレインナウ」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1994年3月号(No.395) 「特集:183・189系特急形直流電車」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1994年5月号(No.397) 「特集:’94春、話題の車両のラインアップ」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1994年7月号(No.399) 「特集:ジョイフルトレインたちの名場面」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1994年8月号(No.400) 「特集:創刊400号記念特大号/機関車 C62」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1994年11月号(No.403) 「特集:0系新幹線電車のすべて」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1994年12月号(No.404) 「特集:梅小路蒸機の現役時代」
当店価格:810 円

 
鉄道ファン(1993〜1994年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

「丹波路快速」で使用されている225系120km/h運用車(クモハ224-6013)

先月末の遠征は3日間鹿児島に滞在するつもりで九州内のJR車両や列車しか下調べしないで臨みましたが、結果は曇ったのは撮影初日(3/30)の2時間だけという散々な結果。

このまま鹿児島に滞在しても意味がないようだったので、お昼過ぎにはN700系「さくら」に乗って翌日が曇りそうな北近畿地区を目指すことにしました。
宿泊地は移動中に決めればいいというノープラン。青春18きっぷで鹿児島中央駅に入っていたので、これを無駄にしないために一部区間は在来線を利用するという理解不能なほど非効率な長距離移動でした。

何もかもがイヤになるくらいの失望感の中、翌朝早くから福知山線相野駅(兵庫県三田市)で撮影することにアタマを切り替えて何とか大阪に向かいました。

 
撮影2日目(3/31)、早朝から「丹波路快速」に乗って相野に移動しました。

「こうのとり4号」のクロ288形を撮るつもりで待っていたら、最後部の同車は撮影できないことが判明。
完全に下調べ不足です。やってしまいました…

完全に舞い上がってしまい、何を考えたのか天気予報を確認せずに和田山に向かうことを決心。篠山口に移動して225系6000番代を数両撮るまではよかったのですが、福知山に移動すると雨。

天気予報が雨に変わっているのに気が付かずに和田山方面に向かっていたのです。もうこうなるとすべてがダメダメ。

京都、米原、大垣と在来線を乗り継いで雨から逃げるように東方へ移動しましたが、もう何処に行っても雨だったので名古屋でこの日の撮影を諦めました。

静岡県内をドン行乗り継ぎで移動する気力も残ってなかったので、名古屋〜新横浜間はもちろん「のぞみ」。
“青春18きっぷ”の長距離移動には耐えられないアラフィフですからね… 名古屋からは早かったです。夕方には帰宅してしまいました。

 

成果のほとんどない撮影2日目(3/31)でしたが、篠山口で転落防止ホロを取り付けたクモハ224形6000番代がきれいに撮れましたので、今回は クモハ224-6013(近ミハ)をアップしたいと思います。

 
クモハ224-6013

クモハ224-6013(近ミハ)  2017年3月31日 篠山口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

福知山線「丹波路快速」の225系は2012(平成24)年3月から運用が開始されました。

京阪神地区の「新快速」用の225系の一部が網干総合車両所(神ホシ)から宮原総合運転所(大ミハ)に転属して実現したもので、このときに最高速度を130km/hから120km/hに落とす措置が取られて6000番代に改番されました。

すでに「丹波路快速」用として使用されていた223系5500番代と同様に、先頭部の前面貫通扉と乗務員扉にオレンジ色の細帯が2本追加されているのが外観上の特徴です。

 
せっかくの相野遠征だったのに、この日の成果は3枚だけ。
雑草が生い茂る前にもう一度訪問したいと思います。

でも、そもそも今回は鹿児島遠征だったのですが…



この形式写真に関連するタグ: 225系 , JR西日本

1995〜1999年の鉄道ファン が入荷しました

1995〜1999年の鉄道ファン の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ファン 1995年1月号(No.405) 「特集:JRブランドの特急形電車」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1995年2月号(No.406) 「特集:特急列車は国鉄メークが美しい」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1995年3月号(No.407) 「特集:寝台電車 583」
当店価格:1,350 円

鉄道ファン 1995年4月号(No.408) 「特集:京王5000系と阪急2800系・名車がんばる」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1995年5月号(No.409) 「特集:“スーパーひたち”の勝田電車区」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1995年6月号(No.410) 「特集:上野特急エイジ」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1995年7月号(No.411) 「特集:JR車両ファイル」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1995年8月号(No.412) 「特集:北海道ストーリー」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1995年9月号(No.413) 「特集:「急行形」スペシャル」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1995年11月号(No.415) 「特集:大手私鉄最新10年間の車両カタログ」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1995年12月号(No.416) 「特集:山陽本線特急時代」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1996年1月号(No.417) 「特集:ロクサン形電車とそのファミリー」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1996年2月号(No.418) 「特集:ブルートレイン+客車列車」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1996年3月号(No.419) 「特集:JR新時代気動車」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1996年4月号(No.420) 「特集:JR東西通勤形電車徹底比較 207 vs 209」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1996年5月号(No.421) 「特集:機関車 D51」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1996年7月号(No.423) 「特集:JR車両ファイル」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1996年9月号(No.425) 「特集:EF81オールラウンダー」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1996年11月号(No.427) 「特集:新幹線 200系」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1996年12月号(No.428) 「特集:最後の力持ち EF63」
当店価格:810 円

 
1995〜1996年の鉄道ファン

 

鉄道ファン 1997年2月号(No.430) 「特集:ボンネットSTYLE」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1997年3月号(No.431) 「特集:パワフルディーゼル特急」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1997年5月号(No.433) 「JR10周年記念特大号」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1997年6月号(No.434) 「特集:ブルートレイン事情」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1997年9月号(No.437) 「特集:信越本線」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1997年12月号(No.440) 「特集:特急シンボルマーク」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1998年3月号(No.443) 「特集:新幹線コレクション」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1998年4月号(No.444) 「特集:イラストマーク・パレード」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1998年6月号(No.446) 「特集:地下鉄ネットワーク」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1998年9月号(No.449) 「特集:個室・コンパートメント」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1998年10月号(No.450) 「特集:今どきの485系」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1998年11月号(No.451) 「特集:グランド九州大百科」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1998年12月号(No.452) 「特集:直流急行形 」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1999年1月号(No.453) 「特集:私鉄特急メドレー」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1999年3月号(No.455) 「特集:キハ181系と国鉄メークの気動車」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1999年5月号(No.457) 「特集:思い出の80系湘南電車」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1999年6月号(No.458) 「特集:短絡線ミステリー 2」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1999年7月号(No.459) 「特集:JR車両ファイル 1999」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1999年11月号(No.463) 「特集:夜行列車 1999」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1999年12月号(No.464) 「特集:特急電車の20世紀 第1集(151系特急形直流電車)」
当店価格:648 円

 
1997〜1999年の鉄道ファン


この記事に関連する形式写真タグはありません

1995〜1999年の鉄道ジャーナル が入荷しました

1995〜1999年の鉄道ジャーナル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ジャーナル 1995年3月号(No.341) 「特集:東北本線変貌する北の大動脈」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1995年5月号(No.343) 「特集:“国鉄型”電車・気動車の健闘」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1995年12月号(No.350) 「特集:車両リニューアルの実態」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1996年2月号(No.352) 「特集:“新幹線接続特急”の現状(第2部)」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1996年3月号(No.353) 「特集:駅が受け持つ”運転”業務」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1996年7月号(No.357) 「特集:新旧交替すすむ日本の気動車」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1996年8月号(No.358) 「特集:北陸新幹線と信州の鉄道」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1996年11月号(No.361) 「特集:長大地方幹線の実態と展望」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1997年4月号(No.366) 「特集:ブルートレイン ’97」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1997年6月号(No.368) 「特集:JR3月ダイヤ改正とスピードアップ」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1997年11月号(No.373) 「特集:混迷深まるローカル線」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1998年4月号(No.378) 「特集:総合交通体系と鉄道の役割」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1998年12月号(No.386) 「特集:鉄道とデザイン」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1999年11月号(No.397) 「特集:路面電車復権と近代化の道筋」
当店価格:540 円

 
鉄道ジャーナル(1995〜1999年)


この記事に関連する形式写真タグはありません