定期「かいじ」から離脱したE257系の奇数向き先頭車(クハE257-107)

往復1,500kmの四国遠征を強行してキハ185系などを撮影してきましたが、四国では3月28日の午前中しか曇ってくれなかったので、翌日の夕方に八王子へプチ出撃することにしました。

往復1,500kmを運転した後で相当疲れてましたし、また別の機会でもいいかなぁ〜 と思ってましたが、珍しく天気予報どおり曇ってくれたので、この機会を活かすことにしました。

 
「あずさ」「かいじ」の定期列車に充当されていた今年(2019年)3月まで、E257系の奇数向き先頭車(クハE257形100番代)は撮影できる場所がありませんでした。

「踊り子」への転用改造はすべてが対象車ではないと噂されてますが、それはあくまでも噂であって、あっさりクハE257形100番代も転用改造されたら廃区分になってしまいます。

 
E257系にそこまでこだわる必要はありませんが、チャンスをみすみす逃すのもどうかと思ってと思って八王子に向かったところ、ちょうどいい場所にクハE257形100番代が停車してくれました。

 
松本車両センター(長モト) M107編成の クハE257-107 です。

波動輸送用に転用されたので現在は大宮総合車両センター東大宮センターに常駐していますが、このときは松本への回送だったので乗客のいない状態できれいに撮れました。

 
クハE257-107

クハE257-107(長モト)  2019年3月29日 八王子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クハE257形100番代については以前から何処で撮ろうか悩んでましたが、四国遠征の直後にほんの近場で撮れてしまったので、拍子抜けしてしまいました。

撮影を続けていると、こういうこともあるのですね…

2000〜2009年の鉄道ピクトリアル が入荷しました

2000〜2009年の鉄道ピクトリアル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ピクトリアル 2000年11月号(No.693) 「特集:JR山手線」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 2001年3月号(No.698) 「特集:横須賀・総武快速線」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 2002年12月号(No.725) 「特集:JRの車両基地」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 2003年1月増刊号(No.727) 「特集:近畿日本鉄道」
当店価格:3,240 円

鉄道ピクトリアル 2003年5月号(No.731) 「特集:行先方向板」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 2004年3月号(No.743) 「特集:80系湘南形電車」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 2004年4月号(No.745) 「特集:103系電車」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 2005年1月号(No.756) 「特集:国電一世紀」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 2005年2月号(No.757) 「特集:12系・14系座席客車」
当店価格:2,430 円

鉄道ピクトリアル 2005年3月増刊号(No.759) 「特集:東京地下鉄」
当店価格:2,700 円

 
鉄道ピクトリアル(2000〜2005年)

 

鉄道ピクトリアル 2005年4月号(No.760) 「特集:EF81形電気機関車」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 2005年5月号(No.761) 「特集:食堂車」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 2005年7月号(No.763) 「特集:20系固定編成客車」
当店価格:2,700 円

鉄道ピクトリアル 2005年11月号(No.768) 「特集:遜色急行」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 2006年5月号(No.775) 「特集:グリーン車」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 2006年10月増刊号(No.781) 「鉄道車両年鑑 2006年版」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 2007年7月号(No.791) 「特集:14・24系寝台客車 (I)」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 2007年8月号(No.792) 「特集:14・24系寝台客車 (II)」
当店価格:2,430 円

鉄道ピクトリアル 2008年1月号(No.798) 「特集:貨物輸送」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 2009年5月号(No.818) 「特集:思い出の郵便・荷物輸送」
当店価格:1,620 円

 


この記事に関連する形式写真タグはありません

2017年にリニューアルされた“ゆうゆうアンパンマンカー”(キロハ186-2)

とんぼ返りだった3月下旬(3/28)の四国遠征でしたが、キハ185系“四国まんなか千年ものがたり”の3両を撮り終えたあとに徳島線の阿波加茂駅に寄って“ゆうゆうアンパンマンカー”を撮影しました。

天気予報どおりに曇ってくれなかったので、温泉に行くなど3時間ほど時間潰ししてから撮影に望んだ渾身の1枚をアップしたいと思います。

何てことのない形式写真ですが、“ゆうゆうアンパンマンカー”の キロハ186-2(四カマ)です。

 
キロハ186-2

キロハ186-2(四カマ)  2019年3月28日 阿波加茂駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

“ゆうゆうアンパンマンカー”は、旧普通客室(写真左側)をプレイルームに改装した キロハ186-2 です。

2017(平成29)年10月に2回目のリニューアル工事が実施され、車内の一部に販売スペースが設置され、車体塗色がそれまでの青色系から黄色系に変更されました。

 
1回目のリニューアル工事後の青色時代に撮影していますが、2回目のリニューアル工事以降はまだ撮影してませんでした。

“ゆうゆうアンパンマンカー”は基本的に土日祝日と夏休み期間しか連結されませんが、3月下旬は春休み期間中ということもあって、ウィークデーにも“ゆうゆうアンパンマンカー”が連結されました。

 
平日の遠征の方がクルマが少ないので長距離運転は楽だし、のんびりムードの中で撮影できるので気楽でいいのですが、平日遠征ばかりが続くとどうしても撮れない車両というのが出てしまいます。

イベント用車両の多くは休日稼働なので、これからもこういう絶妙なタイミングを狙った撮影も採り入れていきたいと思っています。

その日に曇ってくれるかどうか… 結局はそれに尽きますけどね。

1979年の鉄道ファン が入荷し、商品リストを更新しました

1979年の鉄道ファン の在庫を補充しました。

今回も 1979年の鉄道ファンの商品リストを分かりやすいように書き替えました。

ブルトレブームだった1979年の鉄道ファンです。でも、ブルートレインだけに偏ることなく、“レールバスものがたり”“よりよい鉄道写真をとるために”といった車両研究や鉄道写真のレベルの底上げを図るような連載が多く、読み応えのある記事が多くなっています。初期の新性能電車が置き換え時期に差し掛かっていたので、多くの新車を詳細に紹介するようになった時期でもありました。
 
ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ファン 1979年1月号(No.213)
 特集:電車特急20年
 内容:電車特急の20年 こだま形から781系まで/ヨン・サン・トウから10年 特急列車の歩み(1)/781系900番台/53-10改正 “ブルートレイン”スペシャル(5-1)/レールバスものがたり(I-1) 丸山車輛/技術随筆 汽車の今昔(1)
 当店価格:810 円

鉄道ファン 1979年2月号(No.214)
 ヨン・サン・トウから10年
 内容:ヨン・サン・トウから10年 特急列車の歩み(2)/新京成電鉄 8000系/都営地下鉄新宿線 岩本町〜東大島間開通/20系ブルートレインの再出発/53-10改正 “ブルートレイン”スペシャル(5-2)/レールバスものがたり(1-2) 日本車輛・松井製作所/赤穂鉄道の発掘(1)/技術随筆 汽車の今昔(2)/消えゆく貨車 ワム90000
 当店価格:648 円

鉄道ファン 1979年3月号(No.215)
 特集:峠の機関車
 内容:峠の機関車のすべて/峠の機関車 ショート・ヒストリー/アルプス超えの機関車/京浜急行電鉄 800形/近畿日本鉄道 30000系/名古屋鉄道 100系/レールバスものがたり(1-3) 梅鉢鉄工所/赤穂鉄道の発掘(2)/技術随筆 汽車の今昔(3)
 当店価格:810 円

鉄道ファン 1979年4月号(No.216)
 特集:近鉄特急
 内容:近鉄特急ものがたり/201系900番台/最近の国鉄客車 −51系・マニ44・スユニ50−高速貨車の話題/東急電鉄 デハ8400形/遠州鉄道に冷房車デビュー/レールバスものがたり(1-4) 新潟鉄工所・汽車会社・その他の単端式車たち/赤穂鉄道の発掘(3)/技術随筆 汽車の今昔(4)
 当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1979年5月号(No.217)
 特集:東急ステンレスカー20周年
 内容:東急ステンレスカー20周年 5200から8400まで/特急ものがたり “さくら”/新幹線 962形(1)/北総開発鉄道 7000形/さよなら 博多の電車(西鉄福岡市内線)/レールバスものがたり(2-1) −代燃時代から戦前派全滅まで− 丸山車輛・日本車輛/技術随筆 汽車の今昔(5)
 当店価格:810 円

鉄道ファン 1979年6月号(No.218)
 特集:グリーン車
 内容:グリーン車のすべて/近畿日本鉄道 3000系/ヨーロッパのグリーン車あれこれ/新幹線 962形(2)/技術随筆 汽車の今昔(6)/レールバスものがたり(2-2) 梅鉢鉄工所・雨宮製作所・戦後製の単端式/切符の話(1)
 当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1979年7月号(No.219)
 特集:寝台列車
 内容:寝台列車 1979/大阪市営地下鉄 10系量産車/明日の新幹線のための新しい技術 −962形試作電車での試みを中心に−/京阪電鉄 500系/東武鉄道1800系 6連化/杵屋栄二さんのアルバム拝見/臼井茂信の「機関車の系譜図」落穂集/技術随筆 汽車の今昔(7)/切符の話(2)
 当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1979年8月号(No.220)
 武蔵野線散歩
 内容:東京の郊外をひと回り 武蔵野線散歩/EF58の現況/東武鉄道 5000系/お召列車 初夏を行く/よりよい鉄道写真をとるために(1)/レールバスものがたり(3-1) 国鉄キハ10000系/技術随筆 汽車の今昔(8)/切符の話(3)
 当店価格:810 円

鉄道ファン 1979年9月号(No.221)
 特集:急行形車両
 内容:急行形車両 オンパレード/伊豆急行 1000系/よりよい鉄道写真をとるために(2)/いよいよ出番のC57 1/技術随筆 汽車の今昔(9)/レールバスものがたり(3-2) 私鉄のレールバス
 当店価格:810 円

鉄道ファン 1979年10月号(No.222)
 特集:寝台電車581・583系
 内容:寝台電車カタログ −581・583系のすべて−/寝台電車ものがたり/神戸電鉄 1350形/西武鉄道 新101系/最近の一般形ディーゼル動車/レールバスものがたり(4-1) 簡易軌道のレールバス/よりよい鉄道写真をとるために(3)/C56 31 帰還せり
 当店価格:1,350 円

鉄道ファン 1979年11月号(No.223)
 国鉄電機 79
 内容:最新情報 国鉄電機 79/東急8000系 グループのすべてC58 1 山口線へ/ジーメンスの電気機関車第1号/よりよい鉄道写真をとるために(4)/レールバスものがたり(4-2) 簡易軌道のレールバス/新しいお座敷客車登場(スロ18系)/切符の話(4)
 当店価格:810 円

鉄道ファン 1979年12月号(No.224)
 特集:新幹線15年 Part-1
 内容:新幹線開業15周年 Part-1/新幹線車両カタログ/117系0番台/キハ183系900番台/富山地方鉄道 14760形/黒部峡谷鉄道 DD22/よりよい鉄道写真をとるために(5)/日豊本線全線電化完成/DE11形2000番台
 当店価格:810 円

 
鉄道ファン(1979年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

鮮やかな車体の“四国まんなか千年ものがたり”の1号車(キロ185-1001)

あと10日あまりで新しい元号“令和”に変わります。

3月下旬にも何回か遠征に行ってましたが、まだ撮影報告が終わっていないので、“平成”のうちに急いで終わらせたいと思います。

 
3月26日にE235系の公開試運転を撮りに新津まで行きましたが、その翌日(3/27)の晩には四国に向けて片道700kmほどのドライブに行ってきました。

今回の四国遠征の目的は3つ。

1つめは高松駅に留置されているJR四国の113系を撮ること、そして2つ目は前回の遠征のときに雨に見舞われた“四国まんなか千年ものがたり”のキハ185系を撮り直すこと。
さらに、黄色系の新塗色となった“ゆうゆうアンパンマンカー”の キロハ186-2 を阿波加茂駅で撮ることでした。数年前に下見して以来それっきりになっていたので、これも何とか撮りたいと思ってました。

 
曇りときどき雨の予報だったので四国遠征を決行しましたが、実際に曇ったのは午前中の早い時間帯だけで、お昼前から雲が少なくなってしまいました。いつものように、天気予報はハズレました…

ただ、高松駅と多度津駅は午前中に訪れたので、113系(4両)と“四国まんなか千年ものがたり”のキハ185系(3両)はきれいに撮れました。

しかし、阿波加茂駅は午後からの滞在で、ほとんどの時間は晴れてしまったので、太陽光線が弱くなる夕方まで4時間ほど待ってからの撮影となりました。

 
出発した時点では2日連続で曇る可能性もあったのですが、これもいつも通りのことで、今回も天気予報はハズレ。

撮影後すぐに帰路に就きましたので、今回は目的の車両だけをクルマ移動で撮りに行っただけ。

 
約30時間で往復約1,500kmを運転。かなり強行な遠征でした。

次の日も曇ってくれればゆっくりできたのですが…

 
 * * *

 
ということで、今回はJR四国の観光特急「四国まんなか千年ものがたり」で使用されている1号車の キロ185-1001(四カマ)をアップしたいと思います。

曇っているときに撮影しているので伝わらないかも知れないですが、鮮やかなカラーリングの車体で、きれいに輝いていました。すでに運行開始から2年が経ちますが、特別な観光列車然とした雰囲気が保たれています。

こんどは撮影機材を持たないで四国に行きたいですね〜

 
キロ185-1001

キロ185-1001(四カマ)  2019年3月28日 多度津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。