大井川鉄道に譲渡された元「SLやまぐち号」の展望車(オハフ13 701)

今年の春は例年より暖かく、雑草の伸び始めが早いようなので、少し焦りながら撮影希望地の天気予報を見ています。

雑草が気になる場所柄ほとんどはローカル線で、しかも西日本方面。
しかも、土日にならないと動かない車両が多いので、なかかな稼働できません。

 
こんなことで1〜2年ほど遠征のタイミングを図っていたら、撮り逃してしまった車両がありました。

下関総合車両所(広セキ)に配置されていた元「SLやまぐち号」用の“レトロ客車”(12系700番代)です。

 
宿泊費を浮かせるために車中泊で遠征したとしても、片道800kmですからね〜
12系700番代の5両だけのために行くことはできないので、ほかの地域と抱き合わせた行程にしないと…

なんて考えていたら、「SLやまぐち号」の“レトロ客車”は新35系客車に置き替えられてしまいました。

 
12系700番代は2017(平成29)年9月2日の「ありがとうレトロ客車」をもって引退し、数日後には下関総合車両所に回送されました。

車体の老朽化が激しいみたいだし、このままあっさり解体されるものと思っていましたが、なんとなんと翌2018(平成30)年2月に大井川鐵道に譲渡されました。

しかも、大井川鐵道は受け入れた12系700番代を新金谷駅ホーム横にしばらく留置しているとのこと。車体はJR西日本時代のままで、留置場所も中2線空きという絶好のロケーション。

JR北海道から元「はまなす」用の14系500番代を2016(平成28)年6月に購入しているので、すぐに手を付けないとしても、車体色が褪せる前に撮影できればJR西日本時代の姿が記録できる。そう思って、新金谷駅で撮影するタイミングを図っていました。

 
4/6(金)に雨雲が流れてくる前に半日ほど曇るような予報が出たので、クルマで大井川鐵道の新金谷駅に行ってきました。

まだ青春18きっぷが1日分残っていましたが、ドン行で静岡県内をゆっくり移動する時間的余裕がなかったので、新東名高速道路でサクッと行ってきました。

 
ということで、今回は元「SLやまぐち号」の展望車、オハフ13 701(広セキ と標記)をアップしたいと思います。

 
オハフ13 701

オハフ13 701(広セキ と標記)  2018年4月6日 大井川鐵道新金谷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

普段は手前の留置線に「きかんしゃトーマス号・ジェームス号」用の客車が止まっていますが、SL急行「さくら号」にその客車が充当されたので、雨が降る前に難なく12系700番代の5両を撮影することができました。



この形式写真に関連するタグ: 12系 , JR西日本 , 大井川鐵道

大井川鉄道に譲渡されて オハ47 512 に改番された旧国鉄 オハ46 512

すでに鮮度落ちの情報ですが、今年(2016年)3月に廃止となった急行「はまなす」で使用されていた14系客車4両を大井川鐵道が購入した、との発表が6/9(木)にありました。

すでにスハフ14 502 と スハフ14 557 の2両は大6/9(木)に大鉄入りしており、残りの2両(オハ 14 511・535)も発表後の6/11(土)に到着しました。

 
少し前まで経営難に喘いでいた大井川鐵道ですが、2014(平成26)年夏に「きかんしゃトーマス号」の運転を開始して以来、同社は攻めの姿勢に転じ、今ではすっかり息を吹き返しました。

子ども向けキャラクターだから成し得たこことはいえ、牽引機の蒸気機関車をキャラクター・デザインに改造するなどの思い切った施策が功を奏したかたちになります。

 
賛否両論はあるでしょうが、何処かで収益をきっちり上げていかないと旧形車両の動態保存はできないですから、「きかんしゃトーマス号」に対して批判的な気持ちはありません。

まだ子どもが小さくて、“きかんしゃトーマス”好きだったら、私も家族で大井川鐵道に乗りに行っていたと思うので。

 
西武鉄道にもいろんな塗色の9000系が登場していますが、これからは、いつ塗り替えられてしまうか分からないという緊張感を持つようにして鉄道車両を撮っていかないといけないようです。

今年(2016年)は“きかんしゃトーマス”の3年契約の最後ですから、見慣れない塗色になってしまった旧国鉄の旧形客車も撮っておいた方がいいように思います。

ということで、今回はオレンジ色になったトーマス客車の オハ47 512(旧国鉄 オハ46 512)をアップいたします。

 
オハ47 512(旧国鉄オハ46 512)

オハ47 512(旧国鉄オハ46 512)  2016年4月28日 大井川鐵道新金谷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

“トーマス”専用客車として車体がオレンジ色に変更されたのは、オハ47 81・380・398・512、スハフ42 184・286・304 の7両です。

 
国鉄/JR の“オハ47形”はスハ43形の台車を TR47 から TR23(一部の車両はTR34)に交換したために誕生した形式です。

これは、改造名義の軽量客車(オハネ17形とオシ16形)を製造するときに、乗り心地のよいTR47台車を供出する必要があったために台車交換が行われたからです。

スハ43形は698両が新製されましたが、そのうち328両がオハ47形に改造されました。

 
一方で、698両も新製されたスハ43形のうち、途中から設計変更などにより自重が“ス”級から“オ”級に収まるまで軽量化が進んだ改良タイプが160両も製造されました。

これらの車両は落成後すぐの1956(昭和31)年に“オハ46形”に形式変更されました。

すでに、オハ46形はオリジナル設計で オハ46 1〜60 が落成していましたが、スハ43時代の番号そのままでオハ46形に編入されたので、編入車は オハ46 374〜398・494〜553・599〜628・654〜698(飛び番号)となりました。

 
今回アップした大井川鐵道の オハ47 512 は1990(平成2)年まで旧国鉄時代の オハ46 512 を名乗っていた車両ですので、元々は1954(昭和29)年製の スハ43 512 ということになります。

 
終戦後に新製された切妻形の同タイプの一般形客車は“スハ43系”と呼ばれますが、“スハ43形”として最後まで活躍した車両は多くありませんでした。

鉄道模型では代表形式として必ず製品化されますけどね…

 
これは、自重の関係で“オ”級のオハ46形とオハ47形が重宝がられたことが影響していたためで、旧形客車がほとんど淘汰された1985(昭和60)年3月時点ではほとんど見掛けられませんでした。

そのため、動態保存されているのもオハ47形ばかりとなりました。

 

本格的に形式写真を撮りはじめた1985(昭和60)年3月中旬、すでに稼働状態にあったスハ43形は東北と山陰、そして九州に少しだけ。

スハ43形は撮れないものと諦めていましたが、トップナンバーで盛岡客貨車区(盛モカ)の スハ43 2001 が常磐線平駅に入線したときにはビックリしました(2001を名乗っているのは電気暖房搭載車のため)。

しかも、鉄道ダイヤ情報誌に書かれていたぶどう色の塗色でなく、青15号でしたからね…

 
そのとき撮影した スハ43 2001 もアップしておきます。

 
スハ43 2001

スハ43 2001(盛モカ)  1985年3月13日 平駅



この形式写真に関連するタグ: スハ43系 , 国鉄 , 大井川鐵道

何故かTR47台車を履いている大井川鐵道の オハ35 459

遠征1日目(4/27)は雨のため散々な結果でしたが、2日目(4/28)も関西地方は雨予報。

それじゃダメだと思って午後には帰途に就きましたが、途中のサービスエリアで天気予報をチェックしてみたところ、静岡県内ならお昼ぐらいに雨が上がるとの予報が。

 
ならば、遠征2日目(4/28)は、

朝から大井川鐵道の新金谷に行って旧形客車を撮り、

お昼過ぎに川根温泉で今回の強行遠征の疲れを取る、

こんなプランなら遠征を無駄にしないで済むのでは、と考えました。

 
Twitter のタイムラインに、大井川鐵道の オハ35 459 がTR47台車を履いるとの情報が上がってからは、ず〜っと行きたいと思ってましたからね…

これが撮れれば文句なし。

 
しかし、2日目(4/28)は朝から雨。

あきらめずに新金谷入りし、待つこと約5時間。

お昼ごろになって、ようやく オハ35 459 の形式写真が撮れました。

 
はやり、被写体が旧形客車だと気合いの入り方が違います。

障害物を除けるために、レンズを変えたり、三脚の高さを調整して頑張って撮りました。

 
オハ35 459

オハ35 459  2016年4月28日 大井川鐵道新金谷車両区

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国鉄時代であれば、台車振替によって“ス”級に形式変更とされてもおかしくないのでは、と思っています。

オハフ33形1000番代の例があるので、台車違いを整理して“スハ42形”の1000番代あたりに改番されていたのかな、と。

 
オハ35 459 の妻面の重量標記を見ると、自重は 30.6 t 。

恐らく、台車振替がされていないときの標記のままだと思われます。

 
オハ35 459 の重量標記

オハ35 459 の重量標記

 
国鉄時代の諸元表によれば、オハ35形の自重は 31.6〜34.5 t 。

TR47 台車は TR23 系よりも約1 t 重いので、台車振替で自重が変わったとしても約 31.6 t 。

これならオハ35形の自重の範囲内なので、国鉄/JR方式で形式を見直したとしても変更する必要はなさそうです。

 
でも、台車振替車両を営業運用に入れるためには事務手続きが必要でしょうから、頻繁にこのような台車振替はしないでしょう。

 
では、何のために台車振替が行われたのでしょうか?

不思議です…

 
TR23 台車を履いたスハフ42形や旧オハ46形が運用に就いていればいいのですが、そのような話しは聞きません。

しばらくは謎のままなのでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: オハ35系 , 国鉄 , 大井川鐵道