日本一遅い新幹線「鉄道ホビートレイン」に改造された キハ32 3

今回は遠征2日目(5/24)の話しです。

 

前日(5/23)は寝不足を押し切った強行スケジュールで、1日で1,000kmも走行したので、日暮れには翌朝の撮影地に近い、予土線松丸駅の“森の国ぽっぽ温泉”に移動。

いつもの遠征のように温泉を楽しんでから近所の道の駅で車中泊しました。

 
学生の貧乏旅行に通じる感覚ですが、今回は朝5時過ぎには予土線江川崎駅(高知県四万十市)に向かいたかったので、鉄道移動という選択肢がなかったからです。

駅の周りには何もない僻地ですからね。

でも、天気予報は翌朝まで雨。
去年の遠征のように空振りの可能性が大でしたが、四国入りしてからは天気予報が好転気味でしたので、未明のうちに雨が上がっていると読みました。

 
日頃の行いがよかったのか、翌朝5時過ぎに江川崎駅に着いたら、ホームに“鉄道ホビートレイン”の キハ32 3 と“海洋堂ボビートレイン”の キハ32 4 が並んでいました。

当たり前の光景なのは分かってましたが、昨年の遠征のときは前日の豪雨の影響で着いたら空っぽでしたからね…

感動したので、普段は撮らない駅構内の様子を撮ってしまいました。

 
江川崎駅の早朝

江川崎駅の早朝  2015年5月24日

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

この写真の手前が今回のメインターゲット、“鉄道ホビートレイン”の キハ32 3 です。

 
愛媛県の宇和島と高知県の窪川を結ぶ予土線の利用促進を図るために、「予土線3兄弟」と名付けられる“鉄道ボビートレイン”“海洋堂ボビートレイン”“しまんトロッコ”が運行されています。

このうち、“鉄道ボビートレイン”がJRの常識を一線越えた変わり種の車両で、外観を初代新幹線の0系に似せた車体に改装されているのです。

いつもならこういうネタもの車両には興味持たないのですが、ここまでぶっ飛んだセンスはほかのJRには真似できません。こういう車両は運転終了などであっさり原形に復帰されてしまうことがあるので、早いうちに撮っておこうと。

 

キハ32 3(鉄道ホビートレイン)

鉄道ホビートレイン キハ32 3(四マツ)  2015年5月24日 江川崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回はローカル線を活性化させるために改造された“鉄道ボビートレイン” キハ32 3 に興味を持ってもらい、できれば四国まで実際の車両を見に行って乗ってもらいたいという気持ちを込めて、Nikon D800E で撮影した「等倍画像」の形式写真をアップします。

 
撮って出しは恥ずかしいので、レンズ補正済み・レタッチ済み・リサイズなし・最低限のシャープネスを掛けた等倍画像です。
そのため、オリジナルより若干サイズが小さくなっていますが、7,100 × 4,700 px の3,337万画素です。

あと、やや後ピンにして遠い部分の車体標記がボケないようにして撮影していますので、写真としてはイマイチです。その点はご容赦ください。

 

キハ32 3

キハ32 3(20.5MB)

 

※ シャッタースピード:約0.8秒、絞り値:f/11、露光補正量:+0.3EV、ISO感度:100

 
レンズは、いつものように Zeiss の標準レンズ Planar T*1.4/50 を使っています。

描写力のいいレンズですので、“定員 98”という標記や、車内に飾ってある鉄道模型の形式もだいたい分かるのではないでしょうか?

でも、この描写力はこの解像度がギリギリだと思っていますし、撮影時のシャッター幕の振動の影響を排除するのが大変ですので、約5060万画素を誇る Canon EOS 5Ds R
のカメラ性能に負けないレンズがあるのかどうか懐疑的です。

Nikon が推奨しているレンズを使って描写力のなさに落胆したことがありましたのでね…

 
そう思っていますので、しばらくは Nikon D800E を使って全国のJR車両をきれいに記録したいと思っています。

Nikon D800E は販売終了となっているので、現在は Nikon D810 がラインナップされています。

 

 

遠征2日目は、午前7時ごろに八幡浜駅に移動し2000系量産車を撮影し、すぐに松山駅に移動。

松山への移動中から晴れてしまい、8000系電車のリベンジは叶わないと諦めていましたが、なぜか現地に着いた途端に曇り空に。前日に続いて2日目も天気が味方をしてくれました。

でも、神がかった天気はこれまでで、徳島線の阿波加茂駅に移動しましたが、ピーカンになってしまったので「ゆうゆうアンパンマンカー」の キロハ186-2 は撮れず仕舞い。

すぐに徳島駅に向かいましたが、曇りそうな予感がしなかったので、早々と帰宅の途に就きました。

 
2日目も走行距離はだいたい1,000km。

2日間で合計2,000kmの長旅で、撮影時間はわずかの遠征でしたが、リベンジを果たすことができたので大満足でした。

 
江川崎駅を押さえることができたので、こんどはクルマ車中泊の遠征ではなくて鉄道旅で四国を回ることができそうです。



この形式写真に関連するタグ: JR四国 , キハ31・54系 , 軽快気動車

JR東海の寒地向け軽快気動車(キハ11-113)

昨日(2/13)は野球で言えば変化球のような車両を採り上げましたので、今回は直球の車両をアップします。

JR東海が民営化直後に高山本線用として製造した18m級の軽快気動車のキハ11形100番代、美濃太田車両区(海ミオ)の キハ11-113 です。

 
キハ11-113

キハ11-113(海ミオ)  2015年2月13日 美濃太田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ11形100番代は、1989(平成元)年に新潟鐵工所とJR東海名古屋工場で23両が製造された寒地向けのグループです。

基本構造は伊勢車両区(海イセ)に配置された0番代と同じですが、笛シャッターの取り付けやドア付近の保温対策などが施されています。

また、バックミラーへの着雪対策として海ミオの100番代には運転士側(2・3位側)のミラーにカバーが取り付けられており、助士側(1・4位側)が車体前面に移設されている。なお、海イセ配置車は助士側の取り付け位置が車体側面のままになっています。

 
キハ11形0・100・200番代に共通する仕様として、製造コストの削減のためにトイレが省略されており、営業運転でキハ40系などの他形式と連結できないので単独運用が組まれています。
そのため、閑散地区での長距離運転に使用できないので、海ミオ配置車は高山に入る運用には就いてません。

 
キハ11形100番代は全車とも海ミオに新製配置されましたが、1989(平成元)年度に キハ11-107〜112 の6両が海イセに転属したため、現在は残りの17両が高山本線岐阜口と太多線で使用されています。



この形式写真に関連するタグ: JR東海 , キハ11・25・75形 , 軽快気動車

JRマークが貼付されている東海交通事業のキハ11形(キハ11-203)

この3月に高山本線のキハ40系のほとんどが淘汰されます。

すでに新形気動車キハ25形(2次車)が美濃太田車両区(海ミオ)に新製配置され、昨年12月からキハ25形の運用が開始され、すでに余剰となった車両が廃車回送されました。

 
3月1日の武豊線電化で余剰となるキハ25形(1次車)と快速「みえ」の減車によって捻出されたキハ75形が、3月ダイヤ改正から海ミオで使用開始される予定です。

まだ、この時点でキハ40系がすべて置き替えられるのではありませんが、JR東海のダイヤ改正発表資料によると“高山線の岐阜〜美濃太田間は約8割の定期列車が、キハ25形もしくはキハ75形気動車になります”と書かれているので、列車本数の多い区間はほとんど新形車両に置き換わることになります。

しかも、淘汰されるのはキハ40系だけでなく、分割民営化直後に製造されたキハ11形も置き替えられることが明記されました。

 
車齢25年ちょっとのキハ11形がキハ40系とともに淘汰されるということなのです。

もう1ヶ月前の発表でしたが、驚きました。

 
キハ11形は投入線区と仕様により0・100・300番代に分かれています。

昨年までまったく撮影機会に恵まれなかった形式でしたが、一身田遠征のときに伊勢車両区(海イセ)の暖地向けの0番代ステンレス製車体の300番代が撮れたので一安心したばっかりでした。

あとは、寒地向けの100番代だけ… これが撮れればキハ11形は一通りの区分は押さえたことになります。

と思っていたら、実はこれ以外にも東海交通事業という城北線(勝川〜枇杷島間)を運営している会社が保有している200番代(キハ11-203・204)が海ミオに配置されているのを思い出しました。

 
東海交通事業(TKJ)

東海交通事業の社章

 

基本的に私鉄車両は追いかけていないので、本来ならスルーして、その熱意をほかの車両の撮影に傾けたいところですが、キハ11-203・204 はJR東海のキハ11形100番代と同じ外観をしているのです。

しかも、車体塗色だけでなく、正面などに“JRマーク”まで貼ってあるらしいのです。

となると、記録のために撮っておきたくなるのが人情です。

 
ということで、一昨日(2/13)の美濃太田遠征は、今まで通りにキハ40系だけを狙うのではなく、東海交通事業の キハ11-203・204 も撮影対象に入れることにしました。

 
一昨日は曇り予報だったので夜通しの運転で現地に向かいましたが、現地は“晴れときどき雪、たまに吹雪”という最悪の状況でした。

8時間以上も美濃太田駅に滞在したのに、撮れたのは数両だけ。しかも、キハ40系が停車していたときは運悪く吹雪…

でも、キハ11形が駅ホームに入ってくるときは曇ることが多いという、消化不良の遠征でした。

 
キハ11-203

キハ11-203(海ミオ)  2015年2月13日 美濃太田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

海ミオにはキハ11形100番代が17両配置されていますが、このほかに東海交通事業からの借り入れ車で200番代の キハ11-203・204 が配置されています。

東海交通事業のキハ11形200番代はJR東海のキハ11形100番代とまったく共通で運用されているので、この2両を撮るとなると2/19の確率になります。

しかも、美濃太田駅は富山方に車両が連結されると駅舎下に入ってしまうため撮影ができません。

このように撮影確率の低い車両を追いかける場合は運用表が必須になりますが、世の中は国鉄形車両ブームの真っ直中。

キハ40系を追いかけるための運用情報はあっても、民営化以降に生まれたキハ11形の情報はありません。

そうなると、キハ11形200番代が撮れるかどうかは運次第。

 
いつもなら、こういうときは運悪く撮影できないで終わることが多いですが、今回はたまたま キハ11-203 が曇っているときに2番線に入ってくれました。

 
順光できれいに撮れる3番線に キハ11-203 と キハ11-204 が止まってくれることもありましたが、カメラの背後にあるホテルの影が邪魔な時間帯で、しかも晴れてしまったので、こちらはダメでした。乗客を降ろしたあとの信号待ちだったので、スローシャッターにはいい条件だったのですが…

その代わりに、先頭部側面の2位側に取り付けてある銘板だけを撮影し、東海交通事業が所有している車両であることの証しを記録。

さらに車内を観察し、JR東海所属車と貼られているポスター類が同じであることも確認。

正面のJRマークも含め、銘板以外はすべてがJR東海仕様になっていることをこの目で確認しました。

 
キハ11-204の銘板

キハ11-204 の銘板

 

なお、東海交通事業(TKJ)はJR東海が100%出資している完全子会社で、JR東海管轄の駅業務などを担っている会社です。

TKJのキハ11形は1993(平成5)年の城北線尾張星の宮〜枇杷島間の延伸開業時に投入された車両で、JR東海の18m級軽快気動車のキハ11形100番代と同形態のものが4両だけ製造されました。

 
このうち城北線専用の キハ11 201・202 は車体が同線専用塗色となっており、ドアのステップが廃止されています。

しかし、キハ11 203・204 は城北線の線路使用料相殺のためにJR東海の海ミオに貸し出されているJR東海仕様車なので、高山本線・太多線の新形車両化後に2両とも城北線に転用するということにはならないと思います。

高山本線・太多線がキハ25形とキハ75形の形式だけになるとき、キハ11 203・204 はどうなるのでしょうか?

この2両の去就が気になるところです。



この形式写真に関連するタグ: JR東海 , キハ11・25・75形 , 軽快気動車

「花咲くいろは」ラッピング車両に改装された のと鉄道のNT200形気動車

小さいときからあまり漫画を読んだことがなく、テレビでもアニメも見てきませんでした。

子どもたちとの付き合いで古いアニメを特集したテレビ番組を見ることがありますが、リアルタイムで見ていてもおかしくないアニメのハズなのにぜんぜん分からないのです。名前は知っているけど… みたいなものばかりです。

 
最近はアニメのキャラクターを鉄道車両にラッピングすることがありますが、何が何だか?という感じで、まったく興味がありません。

とは言っても、車両にラッピングを施して話題になり、それで鉄道会社の収益増に繋がるのならどんどんやって欲しい。そう思っているので、否定的な意見は持っていません。

ただ単に興味がないだけです。

話題になって、ニュースに採り上げられれば鉄道会社の知名度が上がりますからね。
地方鉄道の場合は知ってもらうこと自体が重要ですから、こういった施策はどんどんやるべきだと思います。

 
ラッピング車両だからといってカメラを向けたわけではありませんが、先月の北陸遠征のときにのと鉄道の“花咲くいろは”ラッピング車両を撮影していましたので、そのときの写真をアップします。のと鉄道のNT200形(NT202)です。

 
のと鉄道 NT202

のと鉄道 NT202  2014年11月16日 七尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「花咲くいろは」は2011(平成23)年に放映されたアニメで、のと鉄道が取材協力をしたそうです。

作中に出てくる“湯乃鷺駅”がのと鉄道の西岸駅をモデルにしたので、NT200形気動車の総勢7両のうち3両が「花咲くいろは」のラッピング車両に改装されました。

ラッピングは2012〜2014(平成24〜26)年に行われましたが、1号車の NT201 は一般塗色に戻されたので、現在は2・3号車の NT202・NT203 の2両のみとなっています。



この形式写真に関連するタグ: 第三セクター , 軽快気動車

ステンレス製車体の軽快気動車(キハ11-302)

キハ11形のバリエーションの中なら鋼製車体の0番代を先日アップしましたが、同車にはトイレがありませんでした。

昨日(9/3)アップしたクハ210形5300番代が登場するまでJR東海の211系5000・6000番代にはトイレがなかったくらいですし、キハ11形0番代とほぼ同じ時期にローカル線区用として投入されたほとんどの軽快気動車にはトイレが設置されませんでした。

 
このような流れは国鉄末期から進められていた合理化策の影響だと思いますが、比較的長距離を運行する車両にすらトイレを省略するというはいけませんよね。

結局、トイレなしの車両を単独で運用するのを極力避けるために、トイレ増設工事や増備車にトイレを設置してトイレ付き車両が連結されるように運用を工夫するなど、行きすぎた合理化策の見直しが全国的に行われました。

 
JR東海のキハ11形の場合は、ステンレス製車体に変更されてトイレ付きとなった300番代が1999(平成11)年に増備されましたので、紀勢本線多気~新宮間にはキハ11形0・100番代とキハ11形300番代の2両編成が入るようになりました。

しかし、キハ11形300番代は6両と製造両数が少ないので、名松線についてはトイレなしのキハ11形0・100番代が引き続き使用されています。

 
キハ11-302

キハ11-302(海イセ)  2014年8月17日 一身田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR東海 , キハ11・25・75形 , 軽快気動車