新元号発表にちなんで“旅万葉”ラッピングのクハ104形(クハ104-501)

本日(4/1)、新しい元号の発表がありました。

新元号は「令和(れいわ)」です!

 
平成に元号が変わったときは、昭和天皇の体調悪化が報じられたころから西暦を使うようになってましたし、昭和天皇が崩御されてから新元号が発表があったということもあって、世の中はお祭りムードからほど遠い雰囲気に包まれていました。

当時の“自粛ムード”は相当なものでしたからね…

新元号が発表されたからといって無責任に喜んでいるとバチが当たる、そんな感じでした。

 
でも、今回は崩御をともなわない生前退位で、その一環として新元号が事前公表されました。

 
昭和から平成に変わったときの“自粛ムード”を経験しただけに、今回のようにお祝いムードのなかで新元号が発表されると明るい気持ちになれます〜

平和なことを実感したからでしょうか、それとも歳を取ったからなのでしょうか?自分でも不思議です。

 
 * * *

 

新元号の“令和”は日本最古の歌集「万葉集」にある「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」との文言から取られたものだそうです。

 
この新元号発表から連想するような国鉄/JR車両は何かないかなぁ〜、と探してみたところ、吹田総合車両所日根野支所新在家派出所(近ヒネ)で数年前に見られた“旅万葉”ラッピングの105系がありました。

和歌山線や桜井線(万葉まほろば線)で使用されている引退間近の105系です。
奈良遷都1300年祭を機に色彩豊かなラッピング塗装が施されていましたので、今回はSW01編成の クハ104-501(近ヒネ)をアップしたいと思います。

 
クハ104-501

クハ104-501(近ヒネ)  2016年4月27日 五条駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ヒネSW01編成は クモハ105-501 とペアを組む2両編成で、2009(平成21)年11月にラッピング塗装が施工されました。

藤原鎌足や柿本人麻呂、額田王、大伴家持、大伴旅人、山上憶良といった万葉歌人の人物画と和歌、そして背景に三輪山や耳成山、香具山などの風景が描かれています。

 
その後、2009(平成21)年11月末に“万葉の四季”(SW02編成)、2010(平成22)年3月には“万葉の四季”(SW07編成)と“万葉の四季彩”(SW08編成)が追加されましたが、各編成ごとにカラーリングやテーマが異なっていました。

 
写真のヒネSW01編成は約8年間も“旅万葉”ラッピングをまとっていましたが、2017(平成29)年4月にラッピングが剥がされて、その際に車体塗色も従来の春日色から和歌山地区地域色の青緑色に変更されました。

ヒネSW01編成は103系の延命NB工事に準じた延命工事が施工されているので、105系4ドア車では珍しく戸袋窓が埋設されています。
この改造工事は3編成(6両)のみ終了してしまったため、105系4ドア車では少数派の撮影困難車となっています。

近ヒネの105系4ドア車は秋までに227系1000番代に置き替えられてしまうので、五条や和歌山を再訪してみたいと思っています。

227系の投入で引退の可能性のある105系ダブルパンタ車(クモハ105-512)

ダイヤ改正で引退する車両を直前になって追いかけるなんて“やってはいけないこと”の最たること、と日頃から思っています。

そう思ってはいても撮影できなかった車両があったので、ダイヤ改正の10日前にクルマと鉄道の両方を使って西日本方面に2日間ほど遠征して撮影してきました。

 
今回のターゲットは、何度チャレンジしてもお天気に嫌われて撮れなかった吹田総合車両所日根野支所新在家派出所(近ヒネ)のクモハ105形500番代(ダブルパンタグラフ改造車)。和歌山線や桜井線(万葉まほろば線)で使用されている国鉄形車両です。

本来ならこんな差し迫った時期に撮りたくないのですが、冬季にしか前位側の第2パンタグラフを上げないのと、すでに落成している227系1000番代(2両編成)のほとんどがダブルパンタ車(SD01〜SD08編成)なので、関西地方全域に曇り予報が出るのを心待ちしてました。

3月16日ダイヤ改正で近ヒネの105系がすべて227系化されるわけではありませんが、ダイヤ改正前に撮っておくことに超したことはないですからね…

九州遠征から帰ってきて1週間も経たない3/6(水)に広範囲で曇り予報が出たので、少々無理をして行くことにしました。

 
今回の遠征は、東海道本線岡崎駅(愛知県岡崎市)まではクルマ移動。運転したのは片道約270kmだけ、近いものです…

岡崎駅前の立体駐車場にクルマを置いて、ここからは青春18きっぷを使って名古屋 → 亀山 → 加茂 → 天王寺を経由して和歌山に移動。

途中の亀山と柘植で撮影ができれば、和歌山で空振りしても無駄な遠征にはならないだろう、そう思ってこの経路にしました。

 
いつものとおり移動途中は晴れときどき曇り。和歌山到着後もしばらくは晴れていましたが、ダブルパンタ車(M94運用)が入線するお昼ごろには絶好の曇りとなりました。

1時間ちょっとのあいだにダブルパンタ車が2本も入ってくるので、どちらかが撮れれば御の字だろうと思っていましたが、やっぱりお昼過ぎのM95運用は雨のため撮れませんでした。

 
 * * *

 

ということで、今回はクモハ105形500番代のダブルパンタグラフ改造車 クモハ105-512(近ヒネ)をアップしたいと思います。

雨が降りはじめる前に和歌山駅で撮影できたのはこの1枚だけでした。

 
クモハ105-512

クモハ105-512(近ヒネ)  2019年3月6日 和歌山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

当初の予定では15時くらいまで和歌山駅に滞在し、夕方の南海フェリーで徳島に移動するつもりでしたが、13時過ぎには雨が強くなってしまったので、大阪・岡山経由の鉄道移動で高松に向かうことにしました。

青春18きっぷを有効に使った移動ばかりの1日でしたが、途中の亀山で211系0番代、柘植でキハ120形がきれいな状態で撮れたので、気持ちのいい一日でした。

姫新線の冬の風物詩 ダブルパンタのクモハ103形(クモハ103-3503)

昨年(2018年)10月過ぎから地道に遠征を重ねていましたが、前々回にも書いたとおりお天気に嫌われることが多く、単に過酷な長距離ドライブを楽しんできた、みたいな遠征ばかりでした。

列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝」に681・683系の形式写真を掲載するにあたっても、リフレッシュ工事後の塗色変更後の写真が手元になったので、敦賀・武生の両駅に何度か通ったのですが、いつも晴れか雨。

なかなか天気予報どおり曇ってくれませんでした。

 
JR西日本エリアに着いたら晴れていた、なんてことで遠征を無駄にできないので、いつも予備のプランをいくつも考えています。

先月も米原にクルマを駐めて敦賀に向かうつもりでしたが、朝方になったら雨予報に変わってしまったので、急遽、目的地を和歌山に変更。

105系(ヒネSP編成)のクモハ105形500番代(ダブルパンタグラフ改造車)を撮りに行きましたが、予報より早めに雨が降ってしまったので撮れたのは223系0・100番代の中間車だけ。

 
“冬の関西1デイパス”の自由周遊区間をフル活用して、こんどは姫路に移動。

そして、以前訪れたときに撮れなかった播但線のクモハ103形3500番代を撮ることにしました。

姫路に着いた途端に晴れてきたり、そのうち雨が降ってくるなど不安定な天気でしたが、いい具合に薄曇ったときにダブルパンタグラフ改造車の クモハ103-3503(近ホシ)が撮れました。

 
先月(2019年1月)の遠征は、681・683系のリフレッシュ工事施工車も、クモハ105形500番代のダブルパンタグラフ改造車も撮れませんでした。
でも、わずか2両しか存在しないクモハ103形3500番代のダブルパンタグラフ改造車が撮影できたのですから、渋いながらも十分な成果のあった遠征だったと言えるでしょう。

欲を出したら切りがないですからね…

 
ということで、今回は網干総合車両所(近ホシ)に配置されている播但線色のダブルパンタグラフ改造車、クモハ103-3503 をアップしたいと思います。

 
クモハ103-3503

クモハ103-3503(近ホシ)  2019年1月12日 姫路駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真の クモハ103-3503 の種車は クモハ103-2509 です。

クモハ103-2509 は、1989(昭和64)年1月に片町線(学研都市線)の分割併合運転用として モハ103-485 を先頭車化した クモハ103-5010 が種車で、1994(平成6)年10月に自動連解結装置を撤去して2500番代に改番されました。

ですから、モハ103-485 → クモハ103-5010 → クモハ103-2509 → クモハ103-3503 と3回も改造されたことになります。

 
かなりの強者のように見えますが、播但線用のクモハ103形3500番代の9両はすべてこのような経緯を辿っています。

さらに、クモハ103-3503・3509 の2両については2014(平成26)年度に霜切り用のパンタグラフが前位側に取り付けられました。

 
霜切りパンタは冬季のみしか使用されませんので、このような凜々しい姿が見られるのはこの時期だけです。

 
加古川線用のクモハ103形3550番代にもダブルパンタグラフ改造車が3両いますが、こちらは撮影場所が思い当たらないので地元の鉄道ファンにお任せしたいと思います。

「雷鳥&サンダーバード列伝」が発売されました(写真は サハ288-2210)

681・683系と289系の車両解説パートを担当した「列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝」が発売されました。

 
列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝

 

同書はJR西日本の681・683系の開発担当者へのインタビューもありますので、今までの列伝シリーズのように車両寄りの内容が充実しています。

 
JR車両の多くは連結位置に応じて接客設備が細かく分かれているので、形式区分が複雑になっています。

681・683系も同じように形式区分が多くて全体を把握するのが大変ですので、可能な限りたくさんの形式図を入手しました。

中間車などは地味な存在なので省略されることが多いですが、今回は頑張りました。

 
各形式区分を見比べればJR西日本の本気度が分かると思いますので、お近くの書店に行った際にはぜひ手にとって見てみてください。

 
 * * *

 
ということで、今回は「列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝」には掲載できなかった写真をアップしたいと思います。

P135に交流機器撤去後の サハ288-2210 を掲載しましたが、実はまったく同じ場所で交流機器搭載時代の同車を撮っていましたので、今回は交流機器搭載時代の写真をご覧いただきたいと思います。

 
サハ288-2210

サハ288-2210(福フチ)  2016年3月13日 柏原駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

この写真はP135(中段)とまったく同じ構図ですので、この2枚を見比べれば交流機器の撤去工事で何処がどう変わったかが簡単に分かると思います。

なかなかこういう比較はできるものではないので、間違い探しのように楽しんでみては如何でしょうか?

「雷鳥&サンダーバード列伝」の執筆が終わりました(写真はモハ681-205)

「雷鳥&サンダーバード列伝(列伝シリーズ04)」というムック本が2/21(木)に発売されます。

 
いつも“列伝シリーズ”でJR/国鉄車両の形式解説パートを執筆させていただいておりますが、今回は特急「サンダーバード」で活躍している681・683系とその改造車289系の全形式区分を解説いたしました。

今回はすべてJR西日本オリジナルの特急形車両ですが、車内設備ごとに番代区分された形式ばかりなので盛りだくさんな内容です。

 
形式図だけで42枚。

形式写真はなんと77枚。

まるで、形式ガイドブック…
すごいですよね。

我ながら、よく掲載できたな〜、と大満足な内容です。

 
特急「雷鳥」をタイトルに入れたムック本ですが、車両解説については国鉄時代の485系車両を振り返るのではなく、「サンダーバード」用として開発された681・683系を採り上げています。

ですから、懐古的な内容だけに終始するのではなく、JR西日本の特急形車両にもフォーカスをあてたムック本になっています。

 

 

この写真は、誤字脱字のチェックをしていたときを撮影したものですが、実際に出版される「雷鳥&サンダーバード列伝(列伝シリーズ04)」はすべてカラーページになっています。
当時の北越急行所属車についてはスノーラビット色をまとっていた時代のものが掲載されています。上の写真はチェック用のモノクロ印刷になっていますが…

編成の変遷も可能なかぎり細かく掲載しましたので、先行試作車の編成組み替えや方転がどのように行われたのかも描きました。

 
最近は国鉄車両を懐古する内容の鉄道本ばかり書店に並んでいますが、いま走っているJR車両にも注目してもらいたいので、これからも積極的に解説しく場を設けていきたいと思っています。

 
2/21(木)には書店に並ぶと思いますので、是非手を取っていただきたいと思っております。

 
 * * *

 
この流れを活かして 681・683系 のかっこいい先頭車をアップしたかったのですが、すでに見られなくなった形態の中間車をご覧いただくのもこのブログらしいと思いますので、少々地味な中間電動車、車掌室・事業用室付きの モハ681-205(金サワ)を選ぶことにしました。

北陸新幹線金沢延伸開業の直前は特急「はくたか」用の付属編成(サワW01編成)の8号車に連結されていました。

 
モハ681-205

モハ681-205(金サワ)  2014年11月3日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

モハ681-205 は1995(平成7)年4月に川崎重工業で製造された基本編成(サワT05編成)用の中間電動車でした。

 
金サワ T05編成

金サワ T05編成

 

681系が特急「スーパー雷鳥(サンダーバード)」で営業を開始した当初は、車掌室・事業用室付きのモハ681形200番代は6両基本編成の3号車に連結されていました。
となりのサハ681形200番代にプチカフェテリアが設けられていたので、基本編成が単独で運転される場合は唯一の車掌室が当車(3号車)に配置されたというわけです。

しかし、2001(平成13)年に改良増備された683系は車掌室の連結位置を4号車(サハ683形300番代)に変更したため、サワT05編成は気密性向上などの160km/h運転対応工事を施したうえで特急「はくたか」専用編成(サワW04編成)に転用されました。

 
約13年間、モハ681-205 はサワW04編成の3号車で活躍しましたが、北陸新幹線金沢延伸開業で「はくたか」から名古屋発着の「しらさぎ」に転用するため、2014(平成26)年10月にその準備としてサワW11編成の モハ681-8 と差し替えが行われました。

 
金サワ W04編成とW11編成の差し替え

金サワ W04編成とW11編成のモハ681形の差し替え

 

今回アップした写真は2014(平成26)年11月の撮影なので、編成組み替えが行われた直後に撮影したものになります。

 
それまでの基本編成3号車から付属編成8号車に移動しましたが、「しらさぎ」の付属編成は米原〜金沢間の区間増結がメインの活躍場所で車掌室は基本編成のサハ681形300番代を使えばいいので、付属編成に連結される当車の車掌室は要らなくなったようです。

結局、モハ681形200番代の車掌室・事業用室部分に設けられている下降窓は「しらさぎ」転用後に埋められてしまいました。

 
北陸新幹線金沢〜敦賀間が予定どおり2023年春に開業すると683系が大量に余まることになるので、681系がこれだけ活躍する姿が見られるのもあと4年ちょっとです。

一般に国鉄形車両に比べるとJR車両はあまり注目されませんが、「しらさぎ」転用後の681系も地道に撮影していきたいと思っています。