「丹波路快速」で使用されている225系120km/h運用車(クモハ224-6013)

先月末の遠征は3日間鹿児島に滞在するつもりで九州内のJR車両や列車しか下調べしないで臨みましたが、結果は曇ったのは撮影初日(3/30)の2時間だけという散々な結果。

このまま鹿児島に滞在しても意味がないようだったので、お昼過ぎにはN700系「さくら」に乗って翌日が曇りそうな北近畿地区を目指すことにしました。
宿泊地は移動中に決めればいいというノープラン。青春18きっぷで鹿児島中央駅に入っていたので、これを無駄にしないために一部区間は在来線を利用するという理解不能なほど非効率な長距離移動でした。

何もかもがイヤになるくらいの失望感の中、翌朝早くから福知山線相野駅(兵庫県三田市)で撮影することにアタマを切り替えて何とか大阪に向かいました。

 
撮影2日目(3/31)、早朝から「丹波路快速」に乗って相野に移動しました。

「こうのとり4号」のクロ288形を撮るつもりで待っていたら、最後部の同車は撮影できないことが判明。
完全に下調べ不足です。やってしまいました…

完全に舞い上がってしまい、何を考えたのか天気予報を確認せずに和田山に向かうことを決心。篠山口に移動して225系6000番代を数両撮るまではよかったのですが、福知山に移動すると雨。

天気予報が雨に変わっているのに気が付かずに和田山方面に向かっていたのです。もうこうなるとすべてがダメダメ。

京都、米原、大垣と在来線を乗り継いで雨から逃げるように東方へ移動しましたが、もう何処に行っても雨だったので名古屋でこの日の撮影を諦めました。

静岡県内をドン行乗り継ぎで移動する気力も残ってなかったので、名古屋〜新横浜間はもちろん「のぞみ」。
“青春18きっぷ”の長距離移動には耐えられないアラフィフですからね… 名古屋からは早かったです。夕方には帰宅してしまいました。

 

成果のほとんどない撮影2日目(3/31)でしたが、篠山口で転落防止ホロを取り付けたクモハ224形6000番代がきれいに撮れましたので、今回は クモハ224-6013(近ミハ)をアップしたいと思います。

 
クモハ224-6013

クモハ224-6013(近ミハ)  2017年3月31日 篠山口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

福知山線「丹波路快速」の225系は2012(平成24)年3月から運用が開始されました。

京阪神地区の「新快速」用の225系の一部が網干総合車両所(神ホシ)から宮原総合運転所(大ミハ)に転属して実現したもので、このときに最高速度を130km/hから120km/hに落とす措置が取られて6000番代に改番されました。

すでに「丹波路快速」用として使用されていた223系5500番代と同様に、先頭部の前面貫通扉と乗務員扉にオレンジ色の細帯が2本追加されているのが外観上の特徴です。

 
せっかくの相野遠征だったのに、この日の成果は3枚だけ。
雑草が生い茂る前にもう一度訪問したいと思います。

でも、そもそも今回は鹿児島遠征だったのですが…



この形式写真に関連するタグ: 225系 , JR西日本

体質改善工事を施工した221系の奇数向き制御車(クハ221-60)

今日(1/10)は今シーズンの青春18きっぷの最終日ですが、今回も3回分しか消化できない散々な結果でした。

しかも、九州遠征の前半で使いましたが、このきっぷを使って撮影した形式写真はほんの数枚。
移動距離も短かったので、完敗。

 
新年に入ってからも3回ほど日帰り遠征を試みたものの、天気予報不信という重度の病に冒されてしまったので、出掛けるのを躊躇してしまいました。

撮りに行きたい場所がいずれも遠く、新幹線を併用するつもりだったので、先月の九州遠征みたいに惨敗だったどうしよう。そんな恐怖心の方が勝ってしまって、少しでも予報に不安があると出掛けない、そんな判断が続いてしまいました。

 
外を見つめるモカ

 

この時期になると、大陸側の太平洋高気圧が勢力を伸ばし日本海側や山沿いでは雪の日が多くなりますが、一方で、太平洋側では山から吹き下ろす乾いた風となるため晴れの日が多くなります。

これは教科書で習うレベルの知識ですが、12月から2月にかけては関東地区を初めとする太平洋側で形式写真を撮るのはほとん不可能になります。

 
一方、思ったよりも雪が少なくほどよく曇るのが山陰地区や北九州地区。

でも、関東からは遠いので、滞在中ほとんど天気予報が当たらないと悲しい結果になります。

なので、慎重に撮影候補地の天気予報をウォッチングしてましたが、慎重になりすぎました。

 
昨年5月、転落防止ホロが取り付けられていない221・223系を撮りに関西地区に遠征しましたが、こんどは駅構内の雑草が落ち着いたこの時期に再チャレンジしてみようと思っています。

未施工車を撮るには遅いかも知れないので、転落防止ホロの有無に関係なく関西地区のJR車両を撮ることになるでしょう。

 
クハ221-60

クハ221-60(近キト)  2016年5月25日 石部駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

221系の体質改善工事が始まったのは、2012(平成24)年12月。

221系の先頭車にも転落防止ホロが取り付けられたのは、2015(平成27)年11月以降。

 
この2つの工事の時間差によって、今回の写真のような、転落防止ホロが取り付けられていない221系体質改善工事車が現在も運用に就いています。まさに、過渡期の産物です。

このような形態はなくなってしまうと忘れ去られてしまう存在なので、“オリジナルではない!”なんて言わずにどんどん撮っていこうと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 221系 , JR西日本

“やくも”色をまとっているモハ380形0番代(モハ380-69)

久しぶりの更新になります。

 
約1ヶ月半のあいだ、まったくブログの更新ができなくて大変申し訳ありませんでした。

2年ぶりに形式本を出すことになりまして、12/10(土)に発売予定の「国鉄特急形直流電車 形式183・185・381系」の執筆と形式写真の準備に集中していました。

 
おかげさまで、今回もたくさんの形式写真が掲載できました。

きちんと数えていませんが、178枚の形式写真を掲載した国鉄形車両のガイドブックに仕上がっています。
これだけの写真が載っていますので、鉄道模型好きの皆さんにも参考になる内容だと思います。

すべての形式写真の構図と色調ができるだけ同じになるように調整しましたので、写真集として見ても目に優しい本ではないでしょうか???

 
形式183・185・381系

 

今回も諸先輩方に昭和40〜60年代の貴重な形式写真を提供していただきました。

また、Facebook「形式写真会」メンバーの「I TRENI ~失われし鉄道車両を求めて」の冨田さん、「デジタル形式写真館」の横山さん、そしてIさんからも数多くの写真を提供していただきました。

 
形式図については、今回も「鉄道CAD製作所」の奥井さんに作図し直していただきました。

国鉄形式図やJR形式図は実車とはまったく違う位置に冷房装置が取り付けられているものも見られますが、「かけやま写真館」のかけやまさんから提供されたサイドビューをもとに、可能なかぎり実車に即したものに直していただきました。

 
そして、巻頭などのカラー写真では大学鉄研時代の先輩、吉原さんにもご協力いただきました。

 
皆さま、本当にありがとうございました。

 
10月下旬からこれに付きっきりで、溜まりに溜まった疲れを取っている最中ですが、少しずつ始動していこうと思っていますので、これからも「店長のツブヤキ」「トレインブックス」をよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 
今回は、「国鉄特急形直流電車 形式183・185・381系」に掲載できなかった形式写真をアップしたいと思います。

最後の最後に差し替えてお蔵入りになった写真で、一時期「やくも」で見られた緑系の“やくも”色で活躍していたときの モハ380-69(米イモ)です。
2016(平成28)年3月に自動解結装置が取り付けられて モハ380-569 に改番されてしまいましたので、旧番号車を見ることはできなくなりました。

 
モハ380-69

モハ380-69(米イモ)  2007年12月15日 米子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 381系 , JR西日本

濃黄色に塗色変更された元荷物電車の クモハ123-5

週末まで奥さんが中国出張だった関係で、先週は完全に受験生を抱えるシングルファーザーでした。

細々とした家事をやって、子どもたちが帰宅するたびに夕飯を用意していると一日が終わる、というストレスの溜まる毎日。
やりたいことがたくさんあるのに、みたいな。

もう少し時間を掛けて鉄道趣味のことをやりたかったのですが、ぜんぜん時間が取れませんでした。

仕方がないですけどね…

 
こういうときは手元のストックをブログにアップするに限りますから、今回は「特別な“トワイライトエクスプレス”」の牽引機 EF65 1124 を撮りに行った下関遠征のときの1枚をアップしたいと思います。

濃黄色に塗色変更された最近の クモハ123-5(広セキ)です。

 
クモハ123-5

クモハ123-5(広セキ)  2016年2月22日 下関駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クモハ123-5 は2012(平成24)年3月に小野田駅で撮影したことがありましたが、このときはまだ旧塗色時代でトイレも未設置でした。

2013(平成25)年10月に車いす対応の大形トイレが1位側のドア横に追設され、2015(平成27)年3月にJR西日本地域色の濃黄色に塗り替えられて、ほんの数年ですっかり外観が変わってしまいました。

 
また、後位妻面の車体表記そばに貼付されているJR西日本の管理用バーコードと思われるシールが確認できます。

 
片運転台車や中間車は妻部の車体表記が連結側になるので隠れてしまいますが、キハ40形や当形式などの両運転台車は先頭に出る機会が多いですからね。簡単にその存在が確認できます。

 
クモハ123-5に貼付されているバーコード

クモハ123-5 の後位妻面に貼付されているバーコード

 
JR西日本所属の車両はこのように後位妻面にバーコードが貼られているので、暇つぶしに確認してみては如何でしょうか?



この形式写真に関連するタグ: JR西日本 , クモハ123形

スカートが紅くなった電連付きのクモハ381形500番代(クモハ381-508)

前回は米子遠征の1日目(7/15)に撮影した クロ381-138 をアップしましたが、今回は遠征2日目に撮影した381系の新区分、クモハ381形500番代をアップしたいと思います。

特急「やくも」のノーマル編成の岡山方に連結されている クモハ381-508(米イモ)です。

 
クモハ381-508

クモハ381-508(米イモ)  2016年7月16日 倉敷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

先週末の米子遠征は2日間フルで米子に滞在する予定でしたが、米子で撮影したのは初日の午前中だけで、いつも通りにお天気に翻弄されたためほとんどは倉敷での撮影になりました。

倉敷駅は岡山方の先頭車を撮るには絶好の場所で、ここではノーマル編成のクモハ381形0・500番代と増結編成のクハ381形100番代が撮れました。

当初の予定では米子に入る岡山電車区(岡オカ)の2両編成(G編成)の各車両や後藤総合車両所(米トウ)のキハ40系をたくさん撮るつもりだったのですが、お天気にはやっぱり勝てませんね。

 
今回アップした クモハ381-508 ですが、「JR電車編成表 2016夏」や「鉄道ファン2016年7月号 特集:JR車両ファイル2016」の配置表には掲載されていません。
これはデータの反映が2016(平成28)年4月1日現在となっているためです。

この時点では、クモハ381形に自動解結装置を取り付けた車両は クモハ381-502(元クモハ381-2)の1両だけでしたが、先週末に実見した限りでは クモハ381-502・507・508 の3両が確認できたので、今年度に入ってから少なくとも2両が追加改造されたことになります。

中間増結ユニットのモハ380形0番代についても自動解結装置の取り付けが行われていますが、こちらについては上の2冊に掲載されている モハ380-569(元モハ380-69)しか確認できませんでした。

 
クモハ381形500番代は自動解結装置の取り付けだけでなく、強化形のスカートへの交換も行われています。

しかも、スカート部分の塗色を車体色と同じ赤色に変更しているので、遠くからでも改造車であることが確認できるようになりました。

 
クモハ381形500番代の出現によって0番代が廃区分になる恐れが出てきましたので、今回は急いで遠征に出掛けました。

この381系が最後の国鉄形特急電車になるのは間違いないので、今後の動向を注視していきたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: 381系 , JR西日本