のっぺらぼうな中間車代用の785系の制御電動車 クモハ785-101

こちらのブログの右サイドバーに “人気の投稿” のベスト10 を掲載していますが、ここ最近は北海道地区を走る車両が6つもランクインしています。

なお、このベスト10は記録期間を過去30日間に設定していますので、瞬間風速的なノイズは反映しにくくなっています。

 
ベスト10から北海道関係を抜き出すとこんな感じです。

2位 : ボルスタレス台車に取り替えられたキハ54形500番代(キハ54 509)
4位 : 北海道新幹線の開業に合わせて運転された臨時「北斗91号」の キハ283-2
5位 : 「オホーツク」で使用されているキハ182形400番代(キハ182-405)
7位 : 「北斗星」の食堂車“グランシャリオ”(スシ24 506)
9位 : キハ261系1000番代の中間増結車 タイプ③(キハ260-1317)
10位: “白ボウズ”と呼ばれている“とかち”色の先頭車化改造車(キハ183-104)

 

どの車両もネット上ではあまり採り上げられない車両か、または、きれいな形式写真がヒットしない車両なのでランクインしたものと思っています。

 
比較的マイナーな車両にも日が当たるようにと願っていますので、このベスト10には大満足です。

JR北海道にはもっともっと面白い車両が走っていますので、これらが好きになる切っ掛けになればいいと思っています。

これからもどんどん首都圏中心の情報では埋もれてしまう車両を採り上げていきたいと思っていますので、当ブログをこれからもよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 

今回は、昨年の北海道遠征で撮影したやや変わり種な車両をアップしたいと思います。

「スーパーカムイ」で使用されている中間車代用の制御電動車(Mc)、クモハ785-101(札サウ)です。

 
クモハ785-101

クモハ785-101(札サウ)  2015年9月2日 深川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

もっと変わり種の“のっぺらぼう”がJR北海道に在籍していましたが、残念ながら北海道新幹線の開業で役目を終えたため2015(平成27)年度下期に廃車されてしまいました。

その車両とは モハ785-303 です。

モハ785-303 の種車は クモハ785-105 でしたから、この クモハ785-101 とは兄弟でした。

残念ながら撮れず仕舞いで終わりましたが、やるだけのことはやったので仕方ないですね。

 
この クモハ785-101 は、789系「スーパー白鳥」の増結編成用だった モハ785-303 のように中間車に形式変更されていませんが、乗務員室の運転台の機器類が撤去され、乗務員扉が塞がれているので、運用上では5両編成(サウNE-501編成)の中間車となっています。

ワイパーとスカートが撤去されているので、外観上では完全に中間車然としており、半流形国電を客車に改造した戦災復旧車を思わせる外観(例えば、スユニ72 51 ← オハ71 11)で模型ネタとしては最適な車両だと思います。

このような中間車はジョイフルトレインでも見られる特徴で、先頭車や緩急車を種車とした中間車化改造車(「こがね」の中間車 キハ29 506 など)でその姿を見ることができました。

 
やはり、こういう外観には惹かれますね…

 
クモハ785-101 の連結部(2位側)

クモハ785-101 の連結部(2位側)

 

2015(平成27)年3月に発表された「安全投資と修繕に関する5年間の計画」によると、785系については“37両中27両淘汰”とあります。

すでに2両が「スーパー白鳥」の運転終了で廃車となっているので、785系は残り35両。

あと25両が2017(平成29)年度から廃車されて、10両が残ります。

 
残る10両がどうなるのか気になりますが、JR四国のキハ185形3000・3100番代や東武鉄道の1800系通勤化改造車のように、朝夕の通勤通学輸送に合わせて座席の固定や一部座席の撤去が行われてもおかしくありません。

10両という数字がちょうどキハ143形100・150番代の両数と同じというのが気になるところ。

もしかしたら3年後には2連化された785系が苫小牧・室蘭地区でノンビリ走っているかも知れません。

 
何てことない、そのまま「スーパーカムイ」用として残るかも知れないですけどね。

 
一体どうなるのでしょう…



この形式写真に関連するタグ: 785系 , JR北海道

785系の制御電動車 クモハ785形0番代(クモハ785-3)

今回もJR北海道の定例記者会見に関する車両として、民営化間もない1990(平成2)年に登場した785系の制御電動車、クモハ785形0番代をアップしたいと思います。

札幌運転所(札サウ)の クモハ785-3 です。

 
クモハ785-3

クモハ785-3(札サウ)  2014年5月13日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

785系は交流電車初のVVVFインバータ制御を採用した軽量ステンレス製の特急形車両で、4両基本編成と2両付属編成がそれぞれ製造されました。

1990(平成2)年9改正から特急「スーパーホワイトアロー」として運用され、札幌〜旭川間では781系の特急「ライラック」と交互に30分間隔で特急列車が運転されるようになりました。

2002(平成14)年には、グリーン車並みの設備を有する座席指定席車の“Uシート”を連結するためにモハ784形500番代とモハ785形500番代が増備され、前者は4両基本編成に、後者は2両付属編成2組にそれぞれ組み込まれて全編成が5両編成に揃えられました。

 
785系は比較的車齢の若い系列で、しかも2007(平成19)年までにリニューアル工事が実施されて機器更新されているのでしばらく安泰かと思っていましたが、今回の発表で置き替えられることが表明されました。

 
2016(平成28)年3月の北海道新幹線新青森〜新函館北斗間の開業で特急「スーパー白鳥」が廃止となり789系0番代が余剰となります。
その転用先として789系0番代が「スーパーカムイ」「すずらん」に回されることは予想していましたが、こんなに早い時期に発表されるとは思っていなかったので、今後の撮影計画を見直していこうと思い始めたところです。



この形式写真に関連するタグ: 785系 , JR北海道 , プレス発表