117系の代わりに下関地区に転用された113系2000番代(クハ111-2053)

2月下旬の短い期間のうちに1,500冊以上の買い取りがあり、その後は書庫の整理に追われている関係で、形式写真のアップが滞っております。

申し訳ありません。

 
昨年の実家の片付けで捨てきれなかった小物が書庫に置いてあり、まだ片付けが終わっていないために収納力が落ちているので、もうしばらくは形式写真のアップが疎かになってしまいそうです。

もう一度、実家にあった捨てきれなかった想い出の品を廃棄する基準を見直した方がいいんですよね。

想い出は過去のことであって、過去が現在を圧迫してしまうのは本末転倒です。

かなりの量を廃棄処分したつもりでいたのですが、まだまだなのでしょう。

とにかく、早く実家の荷物をもっと処分して買い取りに対応できるように対処していきたいと思います。

 
 * * *

 
今回は新山口(かつての小郡)〜下関間で使用されている下関総合車両所運用検修センター(広セキ)配置の113系2000番代をアップしたいと思います。

セキP01編成の偶数方先頭車として使用されている濃黄色の クハ111-2053(広セキ)です。

 
クハ111-2053

クハ111-2053(広セキ)  2016年2月22日 下関駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

下関総合車両所広島支所(広ヒロ)に227系が投入された影響で113・115系が岡山・下関地区に転出されましたが、これに関連して広セキの117系(セキC編成)が和歌山・岡山に玉突きで転属したために、それまで117系が受け持っていた新山口〜下関間の運用が113系2000番代に置き替えられました。

広セキには4両編成と短くなったものの原色のままで117系100番代(C-101〜C-103編成)が活躍していましたので Nikon D800E で撮り直ししたかったのですが、今回の下関遠征では間に合いませんでした。

すでに、117系100番代の3本は濃黄色に塗色変更されて岡山電車区(岡オカ)に転属となったからです。

 
広セキの117系はすべて他区へ去ってしまったので撮れませんでしたが、広ヒロ時代に撮影が叶わなかった旧ヒロP編成は今回の写真のように下関駅できれいに撮れました。

今回アップした クハ111-2053 はP-01編成ですが、この他にP-03編成もかつての117系運用に入っていました。

広セキに転属した113系2000番代はバリエーションが乏しいので追いかけるほどの車両ではありませんが、もう1回は下関に行って他の113系編成も撮ってみたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 113系 , JR西日本

濃黄色一色に塗り替えられたダブルパンタグラフ改造車(モハ112-2023)

前回の サロ185-201 で「国鉄/JR電車電車の場合、ブレーキ関連の配管(元空気ダメ管・ブレーキ管・直通管)はジャンパ連結器と同じ山側(東海道本線基準)の床下にあるのが標準です。」と書きましたので、今回は車両の向きで基準となっている東海道本線や山陽本線のほとんどすべて区間で走っていた113系電車の中間電動車の形式写真をアップします。

ただ、一般的な車両をアップしても面白くないので、JR西日本の単色化方針のもとで濃黄色になってしまった岡山電車区(岡オカ)で唯一のダブルパンタグラフ改造車 モハ112-2023 をアップします。

 
モハ112-2023

モハ112-2023(岡オカ)  2013年5月10日 庭瀬駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

濃黄色となった113系は岡山地区と広島地区に配置されており、下関総合車両所広島支所(広ヒロ)にもダブルパンタグラフのモハ112形が2両配置されていますが、広島支社のダブルパンタグラフ改造車は第1パンタしか使っていません。

岡オカには4両編成が3本だけ配置されていますが、B9編成の モハ112-2023 だけがダブルパンタグラフ改造車で、しかも2基のパンタグラフを常用しています。

 
岡オカ転属前は京都総合運転所(京キト)の所属で、高速化改造(+5000)のため一時 モハ112-7023 を名乗っていましたが、山陰本線京都口や草津線・湖西線で使用されていたため1992(平成4)年3月に後位側に霜取り用として第2パンタグラフを増設し、ダブルパンタグラフ車両となりました。

なお、B9編成の両端のクハ111形は日根野電車区(大ヒネ)のG403編成に組み込まれていた2両です。

サクッと岡オカB9編成の編成図イラストを書いてみましたが、こんな感じです(右側が下関方)。
 
岡オカB9編成

 

 * * *

 
やっと本題に入りますが、国鉄/JRの車両には向きがあります。

 
特に電車の場合、車両の片側に制御関係の回路を引き通しているので、連結面(妻面)の片側に設けられたジャンパ連結器(ジャンパ栓)の配置が連結する車両ごとに違っていたら大変なことになります。

基準となる向きをきめておかないと、すべての車両の両側にジャンパ栓を装備する必要が生まれてしまいます。

そこで、在来線では東海道本線を基準として上り方を奇数方向、下り方を偶数方向と決めて、車両の奇数方向を前位として引き通し線を山側に配置する“奇数設計”で車両を揃えるようにしました。

でも、すべての車両を奇数設計にはできないので、偶数向きの先頭車は両渡り構造や“偶数設計”の車両としました。

 
今回の モハ112-2023 は、基準となる東海道本線の延長区間となる山陽本線で運用されているときを山側(北側)から撮影していますので、こちら側に高圧用ジャンパ連結器があり、車端部の床下にはブレーキ関連の配管が写っています。

 
モハ112-2023の2位車端部

モハ112-2023の2位車端部

 
203系以前の新性能電車は発電ブレーキ併用電磁直通空気ブレーキを採用しているのでブレーキ関連の配管が3本ありますので、3色に塗り分けられた締切コックが車端部に取り付けられています。

写真では分かりにくいですが、白色の締切コックが元空気ダメ管(MRP)、朱色が自動ブレーキ用のブレーキ管(BP)、黄色が電磁直通ブレーキ用の直通管(SAP)となっています。

 
国鉄/JR電車の中間車は、写真のように2-4位側に引き通しを設けた“奇数設計”で統一されています。

偶数向きに連結された先頭車(制御車)は車両の向きと引き通しの関係が複雑で簡単には説明できませんが、奇数向き(東海道本線では東京向き)の先頭車(制御車)とは中間車と同様に“奇数設計”となっています。

 
編成ごとに方向転換した車両や車内設備の関係で方転した車両など例外もありますが、偶数向き制御車を除くと車両の向きと引き通しの関係は基本的に守られています。



この形式写真に関連するタグ: 113系 , JR西日本

抹茶色になった113系先頭車化改造車(クモハ112-5303)

このブログを執筆している時点では、まだ遠征から帰っている途中ですが、この週末はワゴンRで関西地区に行ってました。

行き先は、初日の3/2(土)は東海道本線の野洲駅と草津線の貴生川駅、2日目の3/3(日)は山陰本線の和田山駅です。

 
3月16日のダイヤ改正で引退する予定の特急「こうのとり」の183系800番代をもう1回撮っておきたい気持ちと、それに絡めて関西地区の主力形式221・223・225系と抹茶色に塗り替えられた113系を撮りたかったので、2か所を絡めて遠征してきました。

 
いつものとおりワゴンRで車中する貧乏行脚ですが、今回は半日以上は現地の天気が曇りそうだったので、初日の野洲・貴生川撮影についてはクルマを駐車料金の安い南草津駅近くのコインパーキングに駐めて、撮影地までの移動は鉄道を利用しました。

2日目も同じようなスタイルで、篠山口にクルマを駐めて、途中の柏原で撮影しながら移動し、和田山駅で粘る目算だったのですが、丹波地方の天気予報が当日になって晴れ予報に変わってしまったので、そのままクルマで和田山駅まで移動しました。

 

JR西日本で国鉄形車両の塗色の単色化が進められていますが、今回の遠征で抹茶色に塗り替えられた113系が何両か撮れましたので、今回はそのうちの1両をアップします。福知山地区で活躍する113系先頭車化改造車、クモハ112-5302(福フチ)です。

実車を見たのは今回が初めてで、単色になった近郊形車両に慣れなかったのですが、これも記録と割り切って撮影しました。
塗色変更前の同車のすがたはすでにアップ済みですので、旧塗色時代の公式側非公式側もご覧ください。

 
クモハ112-5303(抹茶色)

クモハ112-5302(福フチ)  2013年3月3日 和田山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 113系 , JR西日本

福知山地区の113系先頭車化改造車(クモハ113-5302)

数日前まで下関総合車両所(広セキ)の115系電車を続けてアップしていましたが、ほぼネタ切れ。

ブログがきっかけで広島地区の113・115系が気になり出し、今後もう少し動きがあるような気がするので、思い切って広島に向かうことにしました。

で、ただいま移動中。

東名阪自動車道の御在所サービスエリアで休んでいるところです。

 
午後6時頃につきみ野を出ましたが、東名高速道路の音羽蒲郡付近の渋滞にはまってしまったので、広島まではほど遠いです。

明日(7/17)は曇ってくれそうなので、うまく天気が身方してくれれば、広島地区の113・115系など国鉄型車両をたくさん撮ってこようと思っています。

 
曇りの日が続くようだったら、和田山駅によって福知山電車区(福フチ)の113系S編成の最近の姿も記録してこようと思っています。

天気予報が難しい時期、曇りが続くか微妙ですが、頑張ってきます。

 
クモハ113-5302

クモハ113-5302(福フチ)  2010年11月2日 和田山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 113系 , JR西日本

福知山地区の113系先頭車化改造車(クモハ112-5303 非公式側)

昨日(7/14)は福知山電車区(福フチ)の クモハ112-5303 をアップしましたが、逆サイドの非公式側(1-3位側)も撮影していましたので、今日はこちらをどうぞご覧ください。

制御電動車は床下機器に余裕がないので水タンクが必要となるトイレを取り付けないことが多いのですが、2両のみで運用されるため3位車端部にトイレを取り付けています。
水タンクはトイレの横の機器室に設けているので、クハよりも1つ余計に小窓が埋められています。このようなトイレ増設改造車はクモハ114形1000番代などでも見られます(→ クモハ114-1520)。

 
クモハ112-5303

クモハ112-5303(福フチ)  2010年11月2日 和田山駅



この形式写真に関連するタグ: 113系 , JR西日本