常磐線を走っていた2階建て先頭車(クハ415-1901)

まずはご連絡ですが、先日モノクロ写真のままアップしていた オロハネ24 551 をカラー写真に差し替えました。

 
オロハネ24 551 のポジスキャン画像を探してましたら、OLYMPUS E-300 で撮影した写真が出てきましたので、今回はその中から常磐線に試験的に導入されていた415系電車の2階建て先頭車 クハ415-1901(水カツ)をアップいたします。

 
8両固定編成(K880編成)の仙台方に連結されて常磐線上野~勝田間で使用されていましたが、2005(平成17)年7月改正(E531系運用開始)で定期運用を離脱しすぐに廃車となりました。

K880編成は珍車を含むきれいなオールステンレス編成でしたが、クハ415-1901 の引退直前は415系同士で車両の差し替えが行われていたため、8両のうち3両が鋼製車両の模型ネタのような編成になっていました。

 
クハ415-1901

クハ415-1901(水カツ)  2005年5月14日 石岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 415系 , JR東日本

コメント

  • Facebookではお世話になっております。実は、この車両は一度のみだけ撮影できましたが、デジタルでは残せなかったのが残念です。

    2002年11月3日
    常磐線 友部-内原
    MINOLTA α-7
    MINOLTA High Speed AF APO TELE 200mm F2.8 G
    RDPIII (+1/3)
    http://homepage2.nifty.com/tasuku0420/SCAN_3008.jpg

    2012年10月22日 23:47 | Tasuku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=8135

トラックバック