国鉄時代に大井川鉄道に譲渡された車齢77年の オハフ33 215

今回も、JR西日本から大井川鐵道に譲渡された旧“レトロ客車”12系700番代を撮りに行ったプチ遠征(4/6)の続きです。

 
この日は西日本から雨雲が迫っていたので、昼過ぎには雨が降るとの予報でした。

12系700番代の手前に止まっているトーマス色のスハ43系客車がSL急行「さくら号」に充当されるのが12時ごろでしたので、その前に雨が降りだしたら遠征は無駄に… そんなことを心配しながらの移動でしたが、新金谷駅に着いてみると晴れ。

予想どおり12系700番代はトーマス色の客車が邪魔で撮影できません。しかも、「さくら号」にその客車が充当されるとは限りません。

 
予想どおりトーマス色のスハ43系は動いてくれるのだろうか?

そう心配しながら空の雲を確認しながらオハ35系の緩急車 オハフ33 215 を撮影していました。

こういうときは気が気ではないですね…

 
しばらくしてからホームに止まっていたSL急行「川根路号」が発車し、代わりにトーマス色の客車がこのホームに入ってきました。

青春18きっぷを使わずに急いでクルマで行ったプチ遠征が無駄にならなかった瞬間でした…

 
こんな感じでハラハラしながらいつも撮影しています。

 
今回はそんなときに撮影した1枚をアップします。

1941(昭和16)年にオハフ34934として川崎車輛で製造された オハフ33 215 です。
国鉄時代に電気暖房が取り付けられて オハフ33 2215 に改番されていましたが、1976(昭和51)年に大井川鐵道に入線してから元番号に戻されました。

 
オハフ33 215

オハフ33 215  2018年4月6日 大井川鐵道新金谷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

大井川鐵道に譲渡されてからすでに40年以上も経っているので、妻面標記の書体が国鉄スタイルから変わってしまいましたが、少しくたびれた感じも含めて国鉄時代末期を思わせるような外観です。

元JR北海道の14系500番代とJR西日本の旧“レトロ客車”12系700番代がそれぞれ整備されるみたいなので、定期的に大井川鐵道を訪れて旧国鉄/JR車両を記録していきたいと思います。



この形式写真に関連するタグ: オハ35系 , 国鉄 , 大井川鐵道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=28791