「スーパーあずさ」から引退したE351系のグリーン車(サロE351-4)

この週末にイカロス出版から発売された「列伝シリーズ01 あずさ列伝」というムック本で、形式解説パートを担当しました。

 
列伝シリーズ01 あずさ列伝(イカロス出版刊)

列伝シリーズ01 あずさ列伝

 

“大人気だった鉄道MOOKが完全復活!”というキャッチコピーが表紙に入っているとおり、国鉄/JR列車を扱った「名列車列伝」シリーズの復活という位置付けの新シリーズです。

新宿〜松本間の特急列車を扱ったムック本ですので、形式解説は国鉄時代に登場した183系電車だけでなくJR形式のE351・E353系も扱いました。

 
今回の執筆もいつものように形式写真集めが大変で、昨年(2017年)12月23日に営業開始したばかりのE353系は困難を極めました。

他誌のように走行写真を形式写真の代わりにしたくなかったのと、可能な限りブラインドが開いた状態や、晴れの日に撮影して床下が真っ黒になった形式写真を掲載したくなかったので、JR形式については完全撮り下ろしにしました。

そのため、形式写真の撮影が終わったのは締め切り2週間前。

 
新宿〜松本間で形式写真が撮れるのは甲府駅と小淵沢駅ですが、小淵沢駅は「スーパーあずさ」が止まる朝の1本だけなので、実質的には甲府駅だけ。

しかも、甲府盆地はなかなか曇ってくれません。

甲府市が「全国の県庁所在地の日照時間を調べてみると、なんと全国で1番多い」と自慢するレベル。

とにかく曇ってくれません。
特に冬は…

 
形式写真が入る想定で各ページの割り付けを考えてましたが、E351・E353系については2月末までは穴だらけ〜

E351・E353系の各車両を撮り終えるまでは気が気ではありませんでした。

こんな思いはしたくないものです。

 
 * * *

 

ということで、今回は先週のダイヤ改正で「スーパーあずさ」の定期運用から離脱したE351系の1枚をアップしたいと思います。

お召列車の予備編成として整備されていたモトS4編成の サロE351-4(長モト)です。

 
サロE351-4

サロE351-4(長モト)  2018年2月1日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「スーパーあずさ」はビジネス客が多いのでブラインド開の状態を撮影するのが難しいですが、やっときれいに撮れたグリーン車です。ですが、残念ながら台割の関係でこの写真はボツになってしまいました。

 
お召列車予備編成のグリーン車なので防弾ガラス付きの可能性が高い車両です。

しかし、E351系の場合は従来から固定窓なのでその真偽は分かりません。
185系の サロ185-11・208 のように外観が変わるほど側窓が改装されていれば分かるのですが…

もう少し現車を観察していればよかったのですが、すでに運用から外れているのでそれも叶いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=28607