「ソニック」のパンタグラフ付き付随車 サハ833形0番代(サハ883-3)

またまた遅くなってしまいましたが、先月の九州遠征の続きです。

今回は遠征3日目(1/25)の話しです。

 
この日は遠征最終日。
前日(1/24)のうちに佐賀入りして、当日の早朝に天気予報を見てから長崎か早岐(長崎県佐世保市)に移動するプランで臨みました。

長崎だったら787・885系の各形式、早岐だったら旧ハウステンボス色の783系とキハ66系を撮るつもり。

 
遠征3日目当日(1/25)、長崎も早岐もどちらも晴れそうな曇り予報。

天気予報は曇りベースのようなことを言ってましたが、晴れの予感。

長崎駅は前回の雪の遠征(1/11)で駅ホームの使用状況が確認できたので、今回は早岐に行くことに決めました。

 
曇り予報なのに晴れていた早岐駅

曇り予報なのに晴れていた早岐駅

 

でも、早岐に着いてみたら晴れ。

途中、嬉野温泉駅が曇っていたので期待しましたが、ダメでした。

写真には雲が写ってますが、太陽とはぜんぜん関係のないところだったので、30分も滞在しないで特急「みどり10号」に乗車して福岡方面を目指すことにしました。

 
香椎まで移動すると雲が多めになってきたので、ここで811系のトイレ付き中間車 サハ811形200番代を待つことに。
でも、香椎駅も太陽を遮る雲がなくなってきました。関係のない方向にはたくさん雲があったのですがね〜

ほとんど雲がないときに サハ811-202 が来ましたが、ベストな条件では撮れませんでした。証拠写真程度の低レベルな形式写真ではね…

 
その後、813系0番代を狙いに鳥栖まで移動しましたが、鳥栖駅も晴れ。

結局、この日に曇りのもとで撮れた写真はこの1枚だけ。

 
サハ883-3

サハ883-3(分オイ)  2018年1月25日 香椎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

14時過ぎには撮影を諦めて福岡空港に移動し、18時過ぎまで3月末に発売されるムックの原稿を書いてました。

 
今回も成果の少ない九州遠征で、天気予報不信がさらに酷くなる遠征で終わりました。

どのような予報のときに九州、特に長崎に行けばいいのでしょうか?

 
2月になると春節(旧正月)で中国人観光客が多くなって撮影が難しくなるし、3月になると青春18きっぷシーズンで普通列車の撮影が難しくなるし、4月以降は少しずつ駅構内の雑草が伸びてくるし…

悩ましいなぁ〜



この形式写真に関連するタグ: 883系 , JR九州

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=28409