JR九州に在籍する現役国鉄形客車 マヤ34形軌道検測車(マヤ34 2009)

この冬は九州への遠征を続けると決意しました。

とはいえ、曇ってくれないと行っても意味がないので、天気予報メジャーの3機関が揃って曇り予報が出るのを待っていました。

そんなときに、首都圏で大雪となった翌日(1/23)から4日連続も南九州を中心に曇り予報となったので、先々週に引き続き九州遠征に出ることにしました。

 
現地の滞在時間を長く取りたいので、1/23(火)の福岡行きの早朝便で九州入りすることに決めました。

ただ、リムジンバスだと早朝便に間に合わない、帰りがいつになるか分からないので格安の駐車場も予約できない、ということで、今回は羽田空港近くで前泊することにしました。

 
しかし、前泊した日は昼過ぎから大雪。
いつもより積もり始めるのが早かったのと、いつ鉄道が止まるか分からなかったので、夕方までにホテルに向かって翌日早朝のフライトに備えました。

前泊したのが奏功し、ホテルからの空港直行バスで難なく朝一番のフライトに間に合いました。

 
しかし、遠征初日(1/23)になって天気予報が一転。

前日まで各予報機関が揃って曇り予報だったのが、晴れ、曇り、雪とバラバラになってしまったのと、降り立った福岡空港がいい天気だったので、予定を大幅に変更して初日は福岡近郊で811・813・817・BEC819系を撮ることにしました。

香椎か遠賀川、門司港に直行しようと思いましたが、晴れているかも知れなかったので、直方に向かいました。
昨年(2017年)3月ダイヤ改正でBEC819系の量産車が投入され、パンタグラフが上がった状態の同車が簡単に撮れるようになったからです。

 
でも、直方に着いてみると雨。帯状の雨雲が筑豊地区に停滞していて、しばらくは雨が上がらない様子…

晴れを心配した行程だったのに、まさかの雨。折尾で乗り換えて遠賀川に向かいましたが、こんどは晴れ。
仕方がないので、香椎に移動しましたが、こちらも晴れ。

せっかく早朝便で福岡に来たのに、天気に翻弄されて為す術なし。

 
結局、いつものように鳥栖まで南下しました。

でも、ここも雨…

ただ、雨雲レーダーを見てみると、30分もすれば雨が上がりそうな状況だったので、しばらく駅の待合室で待つことにしました。

 
14時過ぎにようやく雨が上がり、形式写真が撮れるくらいまで辺りが乾いてきたところに、811系1500番代が入線。
先日、目撃しただけで撮影が叶わなかった青帯のリニューアル工事車です。

そして、こんどはDE10形にけん引されたマヤ34形。
妻出しで停車していた時間が短くて、しかも手前に列車が止まっていたので妻出しは撮れませんでしたが、まさかの出会いです。

 
この日はカメラを持った人たちが多かったので、何かが来るような気がしてましたけど、青色に黄色帯の軌道検測車がやって来るとは思いませんでした。

 
 * * *

 
結局、遠征初日(1/23)の行程で曇ったのは鳥栖での1時間30分だけでしたが、このあいだに撮影困難車が何両か来てくれました。

今回はその中でも珍車中の珍車、JR九州の高速軌道検測車、マヤ34 2009(熊クマ)をアップしたいと思います。

 
マヤ34 2009

マヤ34 2009(熊クマ)  2018年1月23日 鳥栖駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

マヤ34形を撮影している途中から晴れてしまったので、この日の撮影はこれでお終い!と思いましたが、お隣りの田代駅(鳥栖貨物ターミナル駅)に留置されていた EF81 716 を撮りに移動しました。

すでに空に雲はなかったのですが、日の入りまで10分程度だったので、日が沈んだ直後にローズピンクの EF81 716 を撮影しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=28337