わずかな期間だけ黒磯駅に入線したE721系1000番代(モハE721-1002)

今年もあと10日ちょっとでお終いです。

この1年間で撮影した形式写真を少しでもレタッチしておこうと、過去の写真を整理しています。

 
前回はJR北海道の キハ183-9560 をアップしたので、北から順にJR各社の写真をアップしていくことにします。

2〜3日に1回のペースでブログを更新していけば、大晦日までに今年1年を振り返ることができますからね…

頑張ってみたいと思います。

 
今回はJR東日本です。

今年は10月16日のダイヤ改正で東北本線黒磯〜新白河間から交流電車が撤退したことが大きなニュースでしたので、これに関わる車両の形式写真をアップしたいと思います。

 
2016(平成28)年秋に登場し、黒磯駅への入線はわずか1年足らずで終了したE721系1000番代にしたいと思います。

4両固定編成ですので、この区分のみに存在するモハE721形の モハE721-1002(仙セン)をアップします。

 
モハE721-1002

モハE721-1002(仙セン)  2017年4月8日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

E721系1000番代は2016(平成28)年11月30日から東北本線の運用に入りましたが、4両編成19本が出揃ったのは2017(平成29)年3月ダイヤ改正の直後です。

2017(平成29)年3月改正から本格的に運用が開始されたわけですから、定期運用として黒磯駅に入った3月から10月までの7ヶ月間だけでした。
しかし、E721系1000番代が黒磯に来たのは朝晩の3本だけでしたので、ここでE721系1000番代を撮るのは至難の業。

 
E721系1000番代は福島駅などでも撮れますが、ステンレス車体は周りに構造物があると写り込んでしまうので、開放的な場所で撮るに超したことはありません。

黒磯駅に日中やって来る交流電車は701系ばかりでしたから、E721系1000番代はそのうち撮れるだろう!なんて構えていたら大間違い。

相当気合いを入れて撮りに行きましたが、早朝の撮影で露出が厳しかったので、撮れた写真はコントラスト弱め。

 
でも、お天道様は見ていてくれたのですね。

運用の差し替えがあったみたいで、真っ昼間のドン曇りのときにきれいに撮れました。

 
現在は、キハ110系の2両編成とE531系の5両編成がやって来る場所に変わりました。

2018(平成30)年1月1~3日の電気設備改良工事が終われば、黒磯駅構内は完全に直流化されます。



この形式写真に関連するタグ: E721系 , JR東日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=28082