長期間運用離脱していたカツK459編成の奇数方先頭車(クハE531-1009)

8/24(木)に“秋の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されました。

少し発表から時間が経っていますが、あとで見返すのにリスト化しておいた方がいいと思いますので、遅ればせながらリストにまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 
秋の臨時列車は10/1から11/30までの2ヶ月間ですが、この10月に青春18きっぷ利用者にはお馴染みの区間でダイヤ改正が実施されます。

東北本線黒磯~新白河間で運用される車両が、701・E721系交流電車からE531系交直流電車とキハ110系気動車に変更されます。

10/16(月)からの話しです。

 
JR東日本の発表によると上野東京ラインや常磐特急の「ひたち」「ときわ」を絡めたダイヤ改正となっていますが、やはり目玉は黒磯~新白河間の輸送体系の変更です。

これまで交流電車が黒磯まで顔を出すのが当たり前。そう思っていたのが、ダイヤ改正以降、黒磯では交流電車が見られなります。

 
すでに、黒磯~新白河間ではE531系3000番代とキハ110形による訓練運転が実施されています。先日、これを撮りに行ってきましたので、そのときの写真をアップしたいと思います。

E531系3000番代を… といきたいところですが、出撃した8/21(月)は勝田車両センター(水カツ)のK459編成が出場回送されたときで、たまたま黒磯駅で撮影しました。

カツK459編成の奇数方先頭車、クハE531-1009 です。

 
クハE531-1009

クハE531-1009(水カツ)  2017年8月21日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ダイヤ改正が過ぎたら当たり前のようにE531系がここに止まることになります。
でも、黒磯~新白河間に投入されるのは耐寒仕様のE531系3000番代になると思います。

となると、ダイヤ改正以降でもE531系0番代が黒磯駅に止まるのは工場出場のときくらいでしょうか?

 
黒磯駅構内のすべてが直流区間に変更されたら、今までのように電気の切り替えのための長時間停車はなくなるでしょう。
もしかしたら、試運転列車は通過になってしまうかも知れません。

ED75形やEF65形が忙しく行き交っていた光景はさらに過去のものになるのでしょうね…



この形式写真に関連するタグ: E531系 , JR東日本 , プレス発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=27716