2019年03月

「かいじ」のE257系を置き替えたE353系の非貫通形先頭車(クハE352-16)

この春は青春18きっぷを購入したので、曇り予報が出たら積極的に撮影に出ようと準備していました。

でも、なかなか曇ってくれませんね…
2日間でもいいから九州や四国で曇り予報が出たら遠征するつもりでいましたが、なかなか安定的に曇りそうではないので、作戦変更で近場の出撃を積み重ねることにしました。

 
3月16日のダイヤ改正で特急「かいじ」の全列車がE257系からE353系に置き替えられたので、E353系の各車両を甲府まで撮りに行ってきました。

甲府始発の「かいじ」を狙っていれば簡単に乗客がほとんどいない状態で形式写真が撮れますからね…

でも、全国の県庁所在地で日照時間が一番長い甲府はなかなか安定的に曇ってくれません。とにかく晴れます…

E353系のような白色系の車体を晴れた日に撮影するとスッ飛んでしまいますので、曇りの散乱光のもとで撮っておきたい形式です。

 
春分の日、3/21(木)に曇り(ときどき雨)予報を期待して甲府に行きましたが、お昼前までは小雨、午後は晴れときどき曇りで、安定的に曇る天気にはなりませんでした。

まぁ〜、朝から晩までいればきれいに撮れるチャンスはあるもので、なんとかE353系の偶数向き非貫通形先頭車、クハE352形がきれいに撮れました。

 
なんでこんな非効率な出撃までして撮影しているのだろうか?
そう思いながら撮影してましたが、きれいな仕上がりだったので、松本車両センター(長モト)のクハE352形、クハE352-16 をアップしたいと思います。

貫通形先頭車と同じデザインの前頭部ですが、正面の貫通扉はダミーですので、連結器下部の自動連解結装置が省略されています。

 
クハE352-16

クハE352-16(長モト)  2019年3月21日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

2000〜2009年の鉄道ファン が入荷しました

2000〜2009年の鉄道ファン の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ファン 2000年1月号(No.465) 「特集:特急電車の20世紀 第2集」
当店価格:810 円

鉄道ファン 2000年9月号(No.473) 「特集:大手私鉄車両ファイル」
当店価格:810 円

鉄道ファン 2002年1月号(No.489) 「特集:キハ58系一族」
当店価格:810 円

鉄道ファン 2004年2月号(No.514) 「特集:ブルートレイン大辞典」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 2004年4月号(No.516) 「特集:東北新幹線各駅停車/AU712形搭載車の現況」
当店価格:648 円

鉄道ファン 2006年10月号(No.546) 「特集:立体交差駅 66クロス」
当店価格:648 円

鉄道ファン 2006年11月号(No.547) 「特集:湘南新宿ライン」
当店価格:648 円

鉄道ファン 2007年1月号(No.549) 「特集:1号御料車とクロ157/JR西日本103系の現況」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 2009年11月号(No.583) 「特集:大手私鉄のフラッグシップエクスプレス」
当店価格:540 円

 
鉄道ファン(2000〜2009年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

ジェー・アール・アール刊の“私鉄車両編成表”が入荷しました

ジェー・アール・アール刊の“私鉄車両編成表”が入荷しました。
 
ご注文は、トレインブックスのページからお願いします。

 
私鉄車両編成表 都市私鉄編(’78年版)

出版: ジェー・アール・アール
発行: 1979年1月
判型: B5 107ページ
状態: B
価格: 4,320円(税込み)

特集: 1978年10月1日現在
私鉄車両編成表 都市私鉄編('78年版)

 
私鉄車両編成表 ’98年版

出版: ジェー・アール・アール
発行: 1998年9月
判型: B5 193ページ
状態: AB
価格: 2,160円(税込み)

私鉄車両編成表 '98年版

 
私鉄車両編成表 ’04年版

出版: ジェー・アール・アール
発行: 2004年9月
判型: B5 197ページ
状態: A
価格: 1,620円(税込み)

私鉄車両編成表 '04年版

 
私鉄データブック ’06年版

出版: ジェー・アール・アール
発行: 2006年8月
判型: B5 349ページ
状態: A
価格: 810円(税込み)

私鉄データブック '06年版

 
私鉄車両編成表 2010年版

出版: ジェー・アール・アール
発行: 2010年8月
判型: B5 205ページ
状態: A
価格: 1,350円(税込み)

私鉄車両編成表 2010年版

 
私鉄車両編成表 2011年版

出版: ジェー・アール・アール
発行: 2011年7月
判型: B5 215ページ
状態: A
価格: 1,350円(税込み)

私鉄車両編成表 2011年版

 
私鉄車両編成表 2013年版

出版: ジェー・アール・アール
発行: 2013年7月
判型: B5 223ページ
状態: AB
価格: 1,350円(税込み)

私鉄車両編成表 2013年版


この記事に関連する形式写真タグはありません

筑豊本線で活躍していたオール転換クロスシート車のキハ31形(キハ31 8)

この週末のダイヤ改正で三角線のキハ31形は引退し、これによりキハ31形の定期運用は消滅しました。

滞泊運用があった関係で最後の運転はダイヤ改正当日の3/16(土)までズレ込んだようですが、キハ31形の運用はすべてキハ47形に置き替えられたようです。

 
読売新聞によると、現存のキハ31形はすべて3月中に廃車とのことですので、三角線で使用されていた熊本車両センター(熊クマ)の6両だけでなく、小倉総合車両センターへの伴走車として残っていた直方車両センター(本チク)の2両も引退となるようです。

3/23(土)に筑豊本線桂川〜原田間(原田線)で臨時列車によるラストラン(さよなら運転)が運転されるので、この1往復がキハ31形の最後の営業運転となるのでしょうね。

 
こちらでは、キハ31形引退のニュースが発表される直前に キハ31 10 をアップしましたが、同車は座席のほとんどがロングシート化された通勤通学対応車でした。

撮影した2017(平成29)年2月当時、筑豊本線(若松線)にはオール転換クロスシート車も残っており、こちらのタイプも キハ31 10 の直後にドア付近のみ座席を撤去した キハ31 8(本チク)を撮ってましたので、今回は同車をアップしたいと思います。

側窓越しに横引きカーテンが見えるのがオール転換クロスシート車の特徴です。

 
キハ31 8

キハ31 8(本チク)  2017年2月23日 二島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真の キハ31 8 は国鉄時代の1987(平成62)年2月に新潟鐵工所で落成し、大分運転所(分オイ)に配置されました。

キハ31形は将来のワンマン化に対応できるように出入扉を両端に設けた車内配置でした。

 
キハ31形の平面図

キハ31形の平面図(再掲)

 

分オイ時代の1991(平成3)年10月に小倉工場でワンマン運転対応に改造されましたので、恐らくこのときに出入扉付近の座席が撤去されたと思われます。

立席スペースが増えたので、定員は98名から99名に増えました。なお、ロングシート化された キハ31 10 は111名まで定員が増加しています。

 
キハ31 8(ワンマン対応改造車)の平面図

キハ31 8(ワンマン対応改造車)の平面図

 

写真右側に保護柵が取り付けられた側窓が3つ確認できますが、この部分の座席が撤去されています。
しかし、ロングシートには改装されてませんので、当時の特急用車両みたいな横引きカーテンは存置されました。

豊肥本線大分口などで長らく使用されましたが、赤い車体のキハ220形200番代が新製投入されたため2006(平成18)年8月に筑豊篠栗鉄道事業部(本チク)に転属となり、それ以降はおもに筑豊本線若松〜直方間(若松線)で使用されました。

 
2017(平成29)年3月に若松線が架線式蓄電池電車(DENCHA)のBEC819系に置き替えられたため、キハ31 8 はすぐに小倉総合車両センターに回送され、同年7月に廃車されてしまいました。

 
先輩のキハ40系よりも先の引退ですが、駆動機関(エンジン)は更新されてないですし、トイレも追設されてないので仕方ないでしょうね…

2001年のとれいん が新たに入荷しました

2001年のとれいん が新たに入荷しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

とれいん 2001年1月号(No.313)
 Modelers File:3軸のタンク車いくつか
 内容:Gゲージ 庭園鉄道/603・606列車 急行“越前” (13mm)/大手私鉄の盲腸線を訪ねて 西武鉄道多摩川線/三軸タンク車タサ1・水槽車ミ10 (HO)/雑記帳メモリアル (20) 長距離鈍行客車列車の残照
 当店価格:648 円

とれいん 2001年2月号(No.314)
 Modelers File:倉吉線 昭和48年2月28日 古き良き日のローカル線を訪ねる
 内容:トレジャータウン製キハ56キットを組む (N)/キハ56一族のアルバム/大手私鉄の盲腸線を訪ねて 東武鉄道小泉線/雑記帳メモリアル (21) 1976年の銚子電鉄/DCC基礎講座 (3)
 当店価格:1,080 円

とれいん 2001年3月号(No.315)
 “直流急行形”万歳!
 内容:Modelers File:阪神電鉄 9300系・D51のバラエティーを探る/トミックス 165・169系小加工集 (N)/DCC基礎講座 (4)/雑記帳メモリアル (22) 日立鉱山電車/大手私鉄の盲腸線を訪ねて 東急電鉄こどもの国線
 当店価格:1,080 円

とれいん 2001年4月号(No.316)
 北国のキハ20系
 内容:エンドウ製キット キハ22 328 フルインテリア計画−前編 (HO)/Modelers File:D51の列車とデフあれこれ/大手私鉄の盲腸線を訪ねて 南海電鉄和歌山港線/雑記帳メモリアル (23) 大井工場のARE展/青大将14両編成 憧れの特急「はと」(HO)
 当店価格:1,080 円

とれいん 2001年5月号(No.317)
 Modelers File:吹田で見たD51たち (1)
 内容:KATO D51の加工 (HO)/エンドウ製キット キハ22 328 フルインテリア計画−中編 (HO)/雑記帳メモリアル (24) 碓氷峠 アプトの終焉/DCC基礎講座 (5)/大手私鉄の盲腸線を訪ねて 阪急電鉄甲陽線/京阪3000系 8両フル編成の製作 (HO)
 当店価格:648 円

とれいん 2001年6月号(No.318)
 Modelers File:JR西日本 683系電車
 内容:Modelers File:吹田で見たD51たち (2)/KATO D51の加工 (HO)/エンドウ製キット キハ22 328 フルインテリア計画−後編 (HO)/雑記帳メモリアル (25) 1961年12月 京都駅
 当店価格:810 円

とれいん 2001年7月号(No.319)
 内容:カトーD51を半流型へ改造する (HO)/KATO D51の加工 (HO)/雑記帳メモリアル (26) 1977年 千葉駅と新小岩機関区/大手私鉄の盲腸線を訪ねて 山陽電鉄網干線/決定版! 白色LEDの使い方
 当店価格:648 円

とれいん 2001年8月号(No.320)
 Modelers File:JR東日本 E257系電車
 内容:KATO D51の加工 (HO)/ワキ5000を組む−前編 (HO)/実録制作記 旧国鉄真岡駅 (HO)/雑記帳メモリアル (27) 1977年 松本・長野界隈/ワールド工芸 C59(戦前形)を組む (N)
 当店価格:810 円

とれいん 2001年9月号(No.321)
 Modelers File:長井線の59634と79607
 内容:夢屋製キット 山形交通モハ100形 (HO)/山形交通 盆地のミニ電たち (HO)/ワキ5000を組む−後編 (HO)/雑記帳メモリアル (28) 1977年 千葉ローカル72系終焉と北海道寸描/大手私鉄の盲腸線を訪ねて 南海電鉄加太線
 当店価格:810 円

とれいん 2001年10月号(No.322)
 内容:大手私鉄の盲腸線を訪ねて 阪神電鉄武庫川線/第2回JAMコンベンション完全レポート/雑記帳メモリアル (29) 1978年 飯田線
 当店価格:540 円

とれいん 2001年11月号(No.323)
 Modelers File:小田急電鉄 3000形
 内容:雑記帳メモリアル (30) 1978年 飯田線/大手私鉄の盲腸線を訪ねて 阪急電鉄今津線
 当店価格:648 円

とれいん 2001年12月号(No.324)
 名鉄パノラマカー40周年
 内容:日本鉄道 ボギー客車4題 (HO)/ムサシノモデルの鉄道省木造客車 ナハ20000系/名鉄7000系パノラマカーを作る (HO)/雑記帳メモリアル (31) 1978年 飯田線と大井川鉄道寸描
 当店価格:1,080 円

 


この記事に関連する形式写真タグはありません