弥彦色をまとっていた新潟地区のワンマン運転対応車(クモハ115-503)

鉄道ニュースによると、新潟車両センター(新ニイ)の115系の3両編成(N36編成)が弥彦色に塗色変更されたそうです。

 
新ニイのN36編成は、北陸新幹線金沢延伸開業前の2014(平成26)年5月に長野支社の長野総合車両センター(長ナノ)から転入してきたリニューアル工事車です。

同年9月に2次長野色からリニューアル工事車がまとう青系の3次新潟色に塗り替えられていましたので、N36編成の3両は 湘南色 → 1次長野色 → 2次長野色 → 3次新潟色 → 弥彦色 と塗色変更を繰り返した車両となりました。

 
E129系の増備が再開すれば新ニイの115系は全廃されますので、N36編成は3次新潟色で全うするものと思っていましたが、そう簡単に引退させてくれないのでしょうね〜

2018(平成30)年2月に実施された『「私と通勤・通学電車」〜みんなで選ぼう 115系車両デザイン〜』の応募で弥彦色が2次新潟色(キムワイプ)に僅差で2位に選ばれたのですから…

 
3両編成の弥彦色に違和感がありますが、車体が汚れてきてくたびれてくれば馴染んでくるでしょう。

11/3日(土祝)の「復刻“弥彦色”越後ぐるっと周遊号」から運転が開始されるので、新形車両に置き替えられるまでローカル輸送で頑張って欲しいものです。

 
弥彦色をまとって出場したN36編成の車両をアップできればいいのですが、こちらの3両は出場したばかりで未撮影ですので、今回は2015(平成27)年3月改正でE127系0番代に置き替えられるまで活躍していた元祖弥彦色の クモハ115-503(新ニイ)をアップしたいと思います。

 
クモハ115-503

クモハ115-503(新ニイ)  2013年4月18日 吉田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クモハ115-503 は1966(昭和41)年製の中間電動車 モハ115-88 に運転台を取り付けた改造車です。

1983(昭和58)年に先頭車化改造が実施されたので、この時点ですでに車齢17年。

 
これだけでも凄いのに、2015(平成27)年の引退まで合計49年間も現役だったのですから、現場の保守管理も大変だったでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: 115系 , JR東日本