2018年05月

中央快速線用 E233系の奇数向き先頭車(クハE233-8)

ここ最近、寝られない日が続いていて、寝むいのに寝られないうちに朝になってしまいます。

 
もともと規則正しい生活を送るのが苦手なので仕方ないのですが… でも、1日の疲れが少しでも足りないと明け方まで寝付けません。

50歳を過ぎるとちょっとした油断でメタボになってしまうので、コナミスポーツに行ってトレーニングするようにしていますが、ハード気味なメニューをこなすことを考えるとせいぜい1週間に2日が限界ですよね。

困ったものです。

 
と、困ってばかりではいられないので、早朝にしか撮れないJR車両を求めて中央本線の高尾駅までプチ出撃してきました。

 
5月の下旬なら日の出は午前4時30分。

曇りの日でも 5時過ぎになれば十分に露出が稼げます。

こんな好条件なのに撮らないのはもったいないですし、圏央道のおかげでつきみ野からのアクセスがよくなったので、気軽に行ける環境になりました。

 
ということで、今回は2023年度末のグリーン車導入を前に大きな動きがありそうな中央快速のE233系0番代をアップしたいと思います。

東京方に連結されている奇数向き先頭車(Tc)の クハE233-8(東トタ)です。

 
クハE233-8

クハE233-8(東トタ)  2018年5月23日 高尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E233系 , JR東日本

1985〜1988年のとれいん が入荷しました

1985〜1988年のとれいん の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

とれいん 1985年7月号(No.127)
 特集:レールバス 今昔物語
 内容:車輛の視点:南部縦貫鉄道キハ101・キハ01〜03形/レールバスのいる風景/イラストで見る新性能国電 111系・113系(1)
 当店価格:1,080 円

とれいん 1985年8月号(No.128)
 特集:工作派別座談会 熱く語った20人の男たち
 内容:車輛の視点:ヨ3500形/新京成モハ100形・モハ126形・京成モハ511 (HO・実物)/イラストで見る新性能国電 101系(2)
 当店価格:810 円

とれいん 1985年9月号(No.129)
 徹底取材:東急ハンズ100%利用法
 内容:車輛の視点:東武鉄道1700系/東武8500系の細部 (HO・実物)/東ドイツ国鉄の150年祭/木曽の森林鉄道 助六の橋の上で
 当店価格:810 円

とれいん 1985年11月号(No.131)
 特集:ナローゲージ&軽便鉄道の世界
 内容:ナローの連結器あれこれ/小田急2200系 (HO・実物)/夏の頸城鉄道/イラストで見る新性能国電 161系
 当店価格:1,080 円

とれいん 1985年12月号(No.132)
 特集:ネームドトレインの編成とかたち
 内容:車輛の視点:名古屋鉄道パノラマDX/下関行急行7列車/国際急行列車「大陸」/イラストで見る新性能国電 115系(1)
 当店価格:1,080 円

とれいん 1986年1月号(No.133)
 特集:初夢は…今年こそレイアウト!
 内容:車輛の視点:ヨ6000形/ワイインレッドの115系・身延の旧型国電62系 (HO)/イラストで見る新性能国電 165系(1)
 当店価格:810 円

とれいん 1986年2月号(No.134)
 特集:冬の立役者 ロータリーと仲間達
 内容:車輛の視点:国鉄のロータリー車(キ600・キ620)・国鉄の除雪用車輛 貨車編-1(キ800・キ900・キ700・キ750・キ950)/新性能国電 103系
 当店価格:1,080 円

とれいん 1986年7月号(No.139)
 車輛の視点:20系特急用客車
 内容:40周年を迎えたKTM/街を作る(銚子電鉄戸川駅など)/キハ07 901・キヤ92 1 (実物)
 当店価格:1,890 円

とれいん 1986年10月号(No.142)
 車輛の視点:ED53・ED19
 内容:或る列車(1)/車輛の視点:伊豆箱根鉄道5000系・2軸&3軸タンク車(1)/イラストで見る新性能国電 113系(2)/転テツ器標識
 当店価格:1,350 円

とれいん 1986年11月号(No.143)
 特集:車輛の視点
 内容:車輛の視点:汽車会社8722・クモハ591形・東武鉄道6050系, 3070系, モニ1471・銚子電鉄デキ3・2軸&3軸タンク車(2)/或る列車(2)
 当店価格:2,160 円

とれいん 1986年12月号(No.144)
 特集:国鉄試作機関車達の軌跡
 内容:車輛の視点:DD20 1, 2・DE50形・ED45 11, 21・2軸&3軸タンク車(3)/イラストで見る新性能国電 165系(2)
 当店価格:1,890 円

とれいん 1987年3月号(No.147)
 特集:緊急チェック 間違いだらけのあなたの塗装
 内容:車輛の視点:D61形/古典機のある風景 小倉鉄道3形/イラストで見る新性能国電 103系(2)/私鉄のロータリーDL
 当店価格:810 円

とれいん 1987年4月号(No.148)
 特集:華麗なる御召機関車名選
 内容:戦後お召列車牽引機関車一覧表/京阪京津線の車両 (HO)/タム5000の形態分類(補遺と他形式)
 当店価格:810 円

とれいん 1987年10月号(No.154)
 特集:新世代気動車の見かた
 内容:車輛の視点:キハ31・キハ32・キハ38・キハ54/JR貨物の試験塗装機関車(2)/製鉄所のクレーン車たち(下)
 当店価格:810 円

とれいん 1987年11月号(No.155)
 特集:秋の夜長に異色寝台車はいかが?
 内容:車輛の視点:スハネ25形700番代/鉄道院20m級丸屋根木造車/国鉄のクレーン車たち(上)/新性能国電 115系(2)
 当店価格:1,350 円

とれいん 1988年7月号(No.163)
 特集:プロを越える鉄道写真極秘テクニック
 内容:鉄道写真極秘テクニック(全23章)/イラストで見る新性能国電 113系(5)
 当店価格:648 円

とれいん 1988年9月号(No.165)
 東海道中ストラクチャー図鑑
 内容:特急列車の通過する幹線の駅/イラストで見る新性能国電 201系
 当店価格:540 円

 
とれいん(1985〜1988年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

7月から「オホーツク」「大雪」に投入されるNN183系(キロ182-7553)

2015(平成27)年3月に「安全投資と修繕に関する5年間の計画について」という発表がなされましたが、それ以降、JR北海道は着々とキハ183系の初期形車両を置き替えてきました。

・「オホーツク」の区間短縮(→「大雪」の誕生)
・「サロベツ」のキハ261系化(区間短縮)
・「北斗」のキハ261系化

これらの対策によってキハ183系の所要両数が大幅に減少したので、老朽化の激しい初期形車両のほとんどは廃車となりました。

 
現在、キハ183系が使用される列車は「オホーツク」「大雪」の4往復3運用だけです。

しかし、「オホーツク」「大雪」のグリーン車は半室タイプのキロハ182形が連結されているので、これを置き替えないと車齢35年超の車両はなくなりません。

6月まではキロハ182形が連結されるので、7月以降はどうなるのか?
JR北海道から発表はまだなのかと思っていたところ、ようやく7月以降の「オホーツク」「大雪」編成について発表がありました。

 
発表内容からハッキリと読み取れるのは、①ハイデッカー構造のグリーン車が連結されることと、従来は札幌方に指定席とグリーン車を連結していたのを ②「ライラック」と合わせるために遠軽方に指定席とグリーン車を連結するということだけでした。

プレスリリースでは接客サービスの説明だけすればいいので、これ以上を期待しても仕方ないのですね〜

 
「オホーツク」「大雪」の4往復3運用を機関換装したキハ183系7550番代(130km/h運転対応車のNN183系)でまかなうのは不可能ですが、かといってキハ183系500番代(N183系)のグリーン車2両(キロ182形500番代)を7550番代化するような動きは見られません。

ということは、2運用をNN183系編成、1運用をN183系編成にするなど、それぞれのタイプを使っていくことになるのでしょう。波動輸送はN183系編成でまかなう、とかね…

 
出力適正化改造車(パワーダウン)の400番代や旧「サロベツ」の指定席仕様車(シートピッチ拡大)もN183系に含まれますが、あまりに仕様がバラバラだと保守管理が大変なので、N183系は「北斗」で使用されていた原形に近いグループだけが残るのでしょうか?

7月1日の編成変更を待たないとその全容は分かりませんね。

 
ということで、今回は「オホーツク」「大雪」への転用が確定したNN183系のハイデッカーグリーン車、キロ182-7553 をアップしたいと思います。

 
キロ182-7553

キロ182-7553(函ハコ)  2017年11月4日 苗穂駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , プレス発表

1980〜1984年のとれいん が入荷しました

1980〜1984年のとれいん の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

とれいん 1980年4月号(No.64)
 模型製作資料:銚子電鉄全ガイド
 内容:いま蘇る古典ロコ:鉄道省1850形/合の子モハ43を組む(2) (HO)/上越時代のED16 (13mm)
 当店価格:1,080 円

とれいん 1980年6月号(No.66)
 模型製作資料:ターンテーブル・C51のキャブ
 内容:いま蘇る古典ロコ:鉄道省3400形/模型製作資料:火の見やぐら/C61 20 (HO)/南薩5号タイプCタンクを組む (HO)
 当店価格:1,080 円

とれいん 1981年5月号(No.77)
 車輛の視点:111・113系(1)
 内容:C55 27を作る (HO)/東京市電4100形 (HO)/バス待合所になった木曽森林の客車/蒸気機関車の塗装テクニック
 当店価格:810 円

とれいん 1981年6月号(No.78)
 車輛の視点:111・113系(2)
 内容:阪急600型を作る (HO)/新津時代のC57 1 (HO)/三菱大夕張鉄道の客車
 当店価格:810 円

とれいん 1981年11月号(No.83)
 内容:汽車会社25tC型ディーゼル機関車 (HO・実物)/日車15t軽便鉄道用標準型タンク機関車/北海道型給水塔を楽しむ
 当店価格:648 円

とれいん 1981年12月号(No.84)
 内容:御殿場線の73系 (13mm)/EF54 (13mm)/キットを求めて D51形 (HO)/古典機関車形態(2)/車体表記文字
 当店価格:648 円

とれいん 1982年4月号(No.88)
 車輛の視点:24系25形客車(床下機器配置図あり)
 内容:9040形 (HO)/DD53形 (HO)/アクセサリー(4) 保線区のトロッコ/ポイントマシンを隠す (HO)
 当店価格:1,350 円

とれいん 1983年4月号(No.100)
 車輛の視点:上田交通の車輛たち
 内容:上田交通トータルガイド(ジオラマのためのプロトタイプガイド/モハ5250と仲間たち)/HO・1067の研究について
 当店価格:1,890 円

とれいん 1983年10月号(No.106)
 車輛の視点:キハ40形100番代・キハ47形
 内容:ローカル味を賞味する (HO)/上越形EF58の魅力/関東鉄道 DD50 2 (HO)/アクセサリー(16) トンネル・ポータル
 当店価格:648 円

とれいん 1983年12月号(No.108)
 内容:DD14とDL用機関庫 (HO)/模型用モーターの特性と構造/72系電車の模型的形態分類と床下機器の一般的配置
 当店価格:1,080 円

とれいん 1984年1月号(No.109)
 特集:DD51と鉄橋
 内容:車輛の視点:DD51形/DD51のウェザリング (HO)/鉄橋のレイアウトのために/アクセサリー(番外編) ワーレン・トラス
 当店価格:1,350 円

とれいん 1984年5月号(No.113)
 写真でみる国鉄客車用台車(1) TR11系台車
 内容:TR11をはいた鋼体化客車/折込図面:スハニ61・ED54/ED54とナヌ32作製メモ (OJ)
 当店価格:1,080 円

とれいん 1984年6月号(No.114)
 特集:入換・操車場
 内容:車輛の視点:EF80形/入換設備と操車場の働き/日本の入換用機関車たち
 当店価格:1,350 円

とれいん 1984年7月号(No.115)
 特集:山を登る鉄道
 内容:車輛の視点:ED42形/日本の登山路線と勾配用車輛の今昔/ED18 組みくらべ (HO)
 当店価格:648 円

とれいん 1984年8月号(No.116)
 写真でみる国鉄客車用台車(2) TR23系台車
 内容:車輛の視点:京浜急行2000系・ヨ2000形/中央東線の(山用電車)旧型国電を作る (HO)
 当店価格:1,350 円

とれいん 1984年9月号(No.117)
 車輛の視点:DE11形2000番代
 内容:車輛の視点:ヨ5000形(ヨ13500〜)/中央東線の(山用電車)旧型国電を解説する/モハ72形850番代について
 当店価格:648 円

とれいん 1984年11月号(No.119)
 車輛の視点:キハ44000形
 内容:車輛の視点:近江鉄道ED14形/折込図面:キハ44000/貨車を組立てる (HO1067)
 当店価格:1,620 円

とれいん 1984年12月号(No.120)
 車輛の視点:阪急電鉄710系
 内容:車輛の視点:ヨ5000形(標準タイプ)/給水塔の質感/プラスチック貨車の加工 (HO1067)/阪神電鉄の15m車
 当店価格:1,080 円

 
とれいん(1980〜1984年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

一部置き替えが発表された「あずさ」「かいじ」のE257系(クハE256-10)

またまた、ブログの更新が疎かになってしまいました。

申し訳ありません。

 
主夫をやりながら原稿書きに集中するのは難しいですね…

いつもなら事前に月末は毎日遅くなる、みたいに奥さんから宣言されるのですが、ここ最近は何もなかったように深夜に帰宅してきます。

気持ちと時間の準備をしておきたいので、何らかしら連絡が欲しいのですが、やっぱり無理ですよね〜

 
子どもが大きくなると家事が楽になるなんて幻想です…

待ち時間ばかり増えて非効率的な日が続く今日この頃です。

 
 * * *

 
愚痴はこのぐらいにしておきます。

本日(5/18)、 “夏の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、今後の撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(リゾート列車など)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 

夏の臨時列車情報とは別に、7月1日から中央本線の特急「あずさ」「かいじ」の一部をE257系に置き替えるとの発表がJR東日本長野支社からありました。

 
「スーパーあずさ」にE353系が投入されるときに、「あずさ」「かいじ」についてもE353系に車種統一されることが書かれてました。
また、「スーパーあずさ」のE353系化が終わった後も9両基本編成の増備が進んでいたので、特に驚くような発表ではありません。

でも、今回の発表でE257系がリニューアル化と東海道本線への転用がハッキリしました。

 
幕張車両センター(千マリ)のE257系500番代(5両編成)も余剰気味なので、こちらの一部も「踊り子」の付属編成に転用されるでしょう。

となると、元「あずさ」「かいじ」のE257系0番代は何両編成に組み直されるの?

サロハE257形は?

2両付属編成はどうなるの?

 
興味は尽きませんが、かつての205系の転用劇のようにE257系も一部が改造されて新天地に旅立つのでしょうか?

 
今後の動向が気になりますが、先ずはE257系の現在の姿を少しずつ記録していきたいと思います。

ということで、今回はE257系0番代の偶数側先頭車(Tc’)クハE256形をアップします。

 
クハE256-10

クハE256-10(長モト)  2018年2月10日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E257系 , JR東日本 , プレス発表