3月17日ダイヤ改正で引退予定のJR四国2000系試作車TSE(2201)

明日、2018(平成30)年3月17日はJRグループを中心にダイヤ改正が実施されます。

 
細かい内容は時刻表や昨年(2017年)末の発表をご覧いただくとして、JR関係で引退や離脱する車両は以下のとおりとなります。

 
・特急「北斗」系統のキハ183系(函ハコ)
・八戸線のキハ40系(盛ハヘ)
・特急「スーパーあずさ」のE351系(長モト)
・高崎地区の115系(髙タカ)
・阪和線・羽衣線(阪和線支線)の103・205系(近ヒネ)
・特急「宇和海」の2000系気動車(四カマ)

 
これ以外に、直前になって引退が噂された車両があったので、昨晩(3/15)から車中泊で遠征に出掛けてきました。

その車両とは松本車両センター(長モト)の クモヤ143-52 です。

 
数年前から冬季の霜取り列車で動いているときに田沢駅(篠ノ井線)で撮影できそうなのは確認してましたが、ロケハンだけで実際に撮り行くのは後回しにしてました。

神奈川県在住が故に冬用タイヤを持たないことにしていたので、気軽に行けるようになるには3月まで待たないとなりませんでした。

今冬もダイヤ改正が終わったらゆっくり遠征の計画でも立てようかと思ってましたが、Twitterのタイムラインに改正以降はE127系に置き換わる、みたいなことが書かれてました。

 
クモヤ143-52 引退の真偽は分かりませんが、これを機に田沢駅に行ってみよう!

ということで、久しぶりにゴルフ ヴァリアントの車中泊で遠征に行ってきました。

 
が、しかし…

運転最終日の今日は、霜取り列車の運用を終えた クモヤ143-52 は長モトに戻らないで長野総合車両センターに回送されてしまったため、田沢駅には入線しませんでした。

完全に、空振り…

 
クモヤ143-52 を撮影する最後のチャンスだと思って行きましたが、何も撮れず帰ってきました。

フットワーク軽く、撮れると思ったらすぐに行動しないとダメですね…

反省です…

 
 * * *

 
今日はレタッチしたての クモヤ143-52 がアップできるものだと思ってましたが、まさかの空振りでネタ切れになってしまいました。

ならば、ダイヤ改正がらみのネタを投入!

ということで、今回は明日(3/17)の午前中に定期運用から離脱すると発表されているJR四国の2000系試作車(TSE)をアップしたいと思います。
TSE は3両編成ですが、先頭車の2両(20012101)はこちらで紹介済みなので、今回は中間車の 2201(四マツ)をアップします。

 
2201(JR四国)

2201(四マツ)  2014年6月7日 八幡浜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

引退するTSEの代わりにN2000系の3両(2426・2460・2523)が高松運転所(四カマ)から松山運転所(四マツ)に転属し、すでに「宇和海」運用に入っているようです。

「うずしお」で使用されているN2000系は形式写真の撮れる駅ホームがなかったので、これで各形式の量産車が撮れるようになります。

数年前にJR四国の車両を固め打ちしましたが、これ以降に登場した形式が増えてきたので、今年は四国に遠征に行ってみたいと思います。