2018年01月

600番代に改番されたオリジナルタイプのEF81形(EF81 716)

九州遠征初日(1/23)の話しの続きですが、その日の黄昏時に撮影したJR貨物の EF81 716(門)がうまくレタッチできましたので、予定を変更して初日の2枚目をアップしたいたと思います。

 
鳥栖貨物ターミナル駅に留置されている電気機関車のうち1両だけは田代駅のホームの横にいるので、パンタグラフが上がる時間まで待てばきれいな形式写真が撮影できます。

しかし、冬場だとすでに日が暮れてからの撮影になるので、曇っていると逆に露出が足りなかったり、前照灯の光が煌々とした写真になってしまいます。
それを避けるために晴れた日の黄昏時に形式写真を撮るようにしていますが、今回は夕焼けの名残りの赤さが強かったので、レタッチに時間が掛かると思ってました。

そのぐらいの覚悟だったのですが、勘所が分かってきたのか、夕焼けの赤みが強い部分をうまくニュートラルな感じに直すことができました。

どうです…
黄昏時に撮った形式写真には見えないと思いませんか?

 
ということで、今回は門司機関区の EF81 716(元EF81 116)です。

 
EF81 716

EF81 716(門)  2018年1月23日 田代駅(鳥栖貨物ターミナル駅)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国土交通省の「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」等によって、運転速度が100km/hを超える線区を走行する車両については運転状況記録装置等の搭載が義務付けられました(2016年6月30日が猶予期限)。

JR旅客会社が所有するEF81形には運転状況記録装置が取り付けられましたが、JR貨物のEF81形は同装置が追設されなかったので最高速度が100km/hに制限されています。

同じ形式にも関わらず保安装置の有無により最高速度が区別されているため、JR貨物所有のEF81形0番代は原番号に600にプラスする措置が取られました。EF81形には他にも300・400・450・500番代が存在しますが、こちらはJR旅客会社に所属車がいないので改番されませんでした。

 
EF81形600番代はこのような経緯で登場した区分ですが、このような措置が執られた2012(平成24)年には初期車のほとんどが淘汰されていたので、EF81形600番代のほとんどは700番代を名乗っています。

しかし、日本海縦貫線のEF81形がEF510形に置き替えられたため、EF81形600番代も稼働車は富山機関区から門司に転属した数両だけとなってしまいました。

 
JR貨物になってから更新工事が実施されたため車体裾部に白線が追加されていますが、JR東日本所属車では見られなくなった運転室側面の落とし窓の点検蓋が残っています。

流石に、客車用の電気暖房(EG)の表示灯は撤去されているので、乗務員扉横が寂しいですけどね…



この形式写真に関連するタグ: EF81形 , JR貨物

ジェー・アール・アール刊の“国鉄車両シリーズ”が入荷しました

国鉄車両研究のお供に、そして過去に特急列車や普通列車がどのような編成を組んでいたのか、どのように車両が転配されたかを知るのにとても大変に役立つ、ジェー・アール・アール刊の“国鉄車両シリーズ”が入荷しました。
 
シリーズ1の“直流急行形電車”は、急行「伊豆」や房総急行などから153・165系が撤退した1981〜1982(昭和56〜57)年に発行され、
シリーズ2の“交直流急行形電車”は、東北・北陸急行が激減した1982(昭和57)年11月改正の動きを受けて発行されました。

シリーズ3の“101系通勤形電車”は、中央本線の快速列車の主役が201系に入れ替わった1984(昭和59)年の発行で、中央本線のダイヤグラムが巻末に何枚も折り込まれています。

シリーズ4の“485系特急形電車”は、食堂車の連結がなくなり、短編成化や先頭車化改造車がたくさん登場したのを受けて1986(昭和61)年に発行されました。

 
ご注文は、トレインブックスのページからお願いします。

 
国鉄車両シリーズ1 直流急行形電車

出版: ジェー・アール・アール
発行: 1982年11月
判型: B5 118ページ
状態: AB
価格: 5,400円(税込み)

特集: 153・155・159・165・167・169系
国鉄車両シリーズ1 直流急行形電車

 
国鉄車両シリーズ2 交直流急行形電車

出版: ジェー・アール・アール
発行: 1983年3月
判型: B5 119ページ
状態: AB
価格: 4,320円(税込み)

特集: 451・453・455・457・471・473・474系
国鉄車両シリーズ2 交直流急行形電車

 
国鉄車両シリーズ3 101系通勤形電車

出版: ジェー・アール・アール
発行: 1984年12月
判型: B5 103ページ
状態: B
価格: 4,860円(税込み)

国鉄車両シリーズ3 101系通勤形電車

 
国鉄車両シリーズ4 485系特急形電車

出版: ジェー・アール・アール
発行: 1986年2月
判型: B5 139ページ
状態: AB
価格: 4,320円(税込み)

国鉄車両シリーズ4 485系特急形電車


この記事に関連する形式写真タグはありません

JR九州に在籍する現役国鉄形客車 マヤ34形軌道検測車(マヤ34 2009)

この冬は九州への遠征を続けると決意しました。

とはいえ、曇ってくれないと行っても意味がないので、天気予報メジャーの3機関が揃って曇り予報が出るのを待っていました。

そんなときに、首都圏で大雪となった翌日(1/23)から4日連続も南九州を中心に曇り予報となったので、先々週に引き続き九州遠征に出ることにしました。

 
現地の滞在時間を長く取りたいので、1/23(火)の福岡行きの早朝便で九州入りすることに決めました。

ただ、リムジンバスだと早朝便に間に合わない、帰りがいつになるか分からないので格安の駐車場も予約できない、ということで、今回は羽田空港近くで前泊することにしました。

 
しかし、前泊した日は昼過ぎから大雪。
いつもより積もり始めるのが早かったのと、いつ鉄道が止まるか分からなかったので、夕方までにホテルに向かって翌日早朝のフライトに備えました。

前泊したのが奏功し、ホテルからの空港直行バスで難なく朝一番のフライトに間に合いました。

 
しかし、遠征初日(1/23)になって天気予報が一転。

前日まで各予報機関が揃って曇り予報だったのが、晴れ、曇り、雪とバラバラになってしまったのと、降り立った福岡空港がいい天気だったので、予定を大幅に変更して初日は福岡近郊で811・813・817・BEC819系を撮ることにしました。

香椎か遠賀川、門司港に直行しようと思いましたが、晴れているかも知れなかったので、直方に向かいました。
昨年(2017年)3月ダイヤ改正でBEC819系の量産車が投入され、パンタグラフが上がった状態の同車が簡単に撮れるようになったからです。

 
でも、直方に着いてみると雨。帯状の雨雲が筑豊地区に停滞していて、しばらくは雨が上がらない様子…

晴れを心配した行程だったのに、まさかの雨。折尾で乗り換えて遠賀川に向かいましたが、こんどは晴れ。
仕方がないので、香椎に移動しましたが、こちらも晴れ。

せっかく早朝便で福岡に来たのに、天気に翻弄されて為す術なし。

 
結局、いつものように鳥栖まで南下しました。

でも、ここも雨…

ただ、雨雲レーダーを見てみると、30分もすれば雨が上がりそうな状況だったので、しばらく駅の待合室で待つことにしました。

 
14時過ぎにようやく雨が上がり、形式写真が撮れるくらいまで辺りが乾いてきたところに、811系1500番代が入線。
先日、目撃しただけで撮影が叶わなかった青帯のリニューアル工事車です。

そして、こんどはDE10形にけん引されたマヤ34形。
妻出しで停車していた時間が短くて、しかも手前に列車が止まっていたので妻出しは撮れませんでしたが、まさかの出会いです。

 
この日はカメラを持った人たちが多かったので、何かが来るような気がしてましたけど、青色に黄色帯の軌道検測車がやって来るとは思いませんでした。

 
 * * *

 
結局、遠征初日(1/23)の行程で曇ったのは鳥栖での1時間30分だけでしたが、このあいだに撮影困難車が何両か来てくれました。

今回はその中でも珍車中の珍車、JR九州の高速軌道検測車、マヤ34 2009(熊クマ)をアップしたいと思います。

 
マヤ34 2009

マヤ34 2009(熊クマ)  2018年1月23日 鳥栖駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

マヤ34形を撮影している途中から晴れてしまったので、この日の撮影はこれでお終い!と思いましたが、お隣りの田代駅(鳥栖貨物ターミナル駅)に留置されていた EF81 716 を撮りに移動しました。

すでに空に雲はなかったのですが、日の入りまで10分程度だったので、日が沈んだ直後にローズピンクの EF81 716 を撮影しました。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , 事業用車

1980〜1989年の鉄道ピクトリアル が入荷しました

1980〜1989年の鉄道ピクトリアル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ピクトリアル 1980年12月増刊号(No.384) 「特集:北海道鉄道開通百年記念」
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1981年4月号(No.388) 「特集:鉄道と観光」
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1981年8月号(No.393) 「特集:153系電車」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 1983年2月号(No.413) 「人物と事件でつづる私鉄百年」
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1984年6月号(No.433) 「特集:165・169系急行形電車」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1985年5月号(No.447) 「特集:103系通勤形電車」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 1986年2月号(No.459) 「特集:115系近郊形電車」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 1986年8月増刊号(No.468) 「特集:相模鉄道」
当店価格:2,160 円

鉄道ピクトリアル 1986年9月号(No.469) 「特集:急行形交直流電車」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 1986年11月号(No.471) 「特集:12系客車」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 1987年3月号(No.476) 「特集:111・113系近郊形電車」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 1987年9月号(No.484) 「小集:伊豆急行」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1988年5月号(No.495) 「特集:関東・関西大手私鉄の列車ダイヤ(通勤輸送編)」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1988年11月号(No.503) 「特集:横須賀線」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1989年9月増刊号(No.517) 「特集:西日本鉄道」
当店価格:2,160 円

 
鉄道ピクトリアル(1980〜1989年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

JR九州の都市圏輸送で活躍する813系200番代(クモハ813-226)

撮影2日目(1/10)の話しの続きをちょっとだけ。

 
先週の九州遠征は鹿児島と長崎での撮影を予定してましたが、この日も天気が安定しなかったので、観光特急「指宿のたまて箱」の キハ47 9079 が撮れたのを機に“九州ネットきっぷ”を買って九州新幹線で熊本に移動に向かいました。

青春18きっぷを持っていましたので、熊本から先はドン行で移動し、鳥栖に行きました。

でも、鳥栖で曇ってくれたのはほんの数分だけ。すぐに吹雪になってしまったので、この日の午後は撮影を諦め、お尻に根っこが生えるほどの思いをしながらドン行で長崎に移動しました。

約1年ぶりの長崎入り…

 
遠征3日目(1/11)に備えて長崎駅の雑草の状況を確認し、“ぶらり大村線きっぷ”を前もって購入。

あとは曇ることを祈るだけの状態にして、遠征3日目を迎えることにしました。

 

遠征3日目の 1/11(木)、前日まであれだけハズれまくった天気予報は何故かこの日だけ予報が当たり、長崎の街は白銀の世界。

雪予報が当たるとは思いもよらず… 完全に長崎入りしたのが無駄になってしまいました。

 
長崎駅で留置されているキハ66系(ハウステンボス色編成)

長崎駅で留置されているキハ66系(ハウステンボス色編成)

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

数cmレベルの積雪なので大した雪ではないですが、数年前の積雪で長崎空港が閉鎖されたことがあったみたいなので、帰りの飛行機をキャンセルし、前日に購入した“ぶらり大村線きっぷ”も払い戻して、“九州ネットきっぷ”を買い直して特急「かもめ」で博多に向かいました。

 
雪の降るなか、長崎駅2番ホームで発車を待つ「かもめ14号」

雪の降るなか、長崎駅2番ホームで発車を待つ「かもめ14号」

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

雪景色だったのは新線(市布経由)の長崎トンネルを出た辺りまでで、諫早に着くとほとんど雪はありませんでした。

有明海に面する肥前大浦の辺りは晴れていて、足元も湿っている程度。
福岡方面に向かったのは勇み足かと思ってましたが、肥前山口や鳥栖は吹雪。

 
博多はドン曇りの形式写真日和。

でも、博多駅で撮影するには準備不足だったので、一気に快速列車で門司港まで北上することにしました。

夕方の新幹線で小倉から帰るとしても4時間程度は滞在できそうだったので、811・813系のロケハンを兼ねて門司港駅で粘ることにしました。

 
外気温 約1度、吹きさらす強い海風のなか、門司港駅に4時間も居られません。

ときどき吹雪になったのと、三脚が揺れるほど強風が吹く厳しい条件でしたが、落ち着いた瞬間もあったので、無駄な一日にはなりませんでした。

でも、手はかじかむし、耳は切れるように痛い… 結局、3時間ほどでギブアップしてしまいました。

 
今回は、何とか凍えながら撮影した813系200番代の制御電動車(Mc)の クモハ813-226(本ミフ)をアップしたいと思います。

背景に写り込んでいる青帯車は811系のリニューアル工事施工車(1500番代)です。まだ、2編成しか落成していない811系1500番代の2本を繋げた8両編成が1番ホームに停車していましたが、残念ながら今回の遠征では撮影できませんでした。

 
クモハ813-226

クモハ813-226(本ミフ)  2018年1月11日 門司港駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今回の九州遠征は降雪のため長崎地区の撮影撮影を諦め、1日早く戻ってしまいましたが、これからも何度か挑戦してJR九州の一般的な形式を積極的に記録していきたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 787系 , 813系 , JR九州 , キハ66系