2017年11月

黒磯〜新白河間の区間運転で使用されている仙コリの キハ112-108

やっと、原稿書きの日々から解放されました。

あとは誤字と脱字、書き間違いの確認が終わればお仕舞いです。

 
文字数は少ないものの、いつものように採り上げている数が多いガイドブックなのでチェックが大変ですが…

でも、今回は1週間か10日間ぐらいは余裕がありそうなので、もう少し頑張りたいと思います。

 
もう少しだ…

頑張ろう!!!

 
 * * *

 
先日の北海道遠征の撮影報告が中途半端だったので、その続きをと思いましたが、アタマの切り替えができないので、今回はその遠征とは別に日帰りで出撃したときの写真をアップしたいと思います。

10/16(月)のダイヤ改正以降、黒磯駅で毎日見られるようになった郡山総合車両センター郡山派出所(仙コリ)のキハ110系ですが、今回は撮影に行った11/8(水)に黒磯〜新白河間の区間運用に入っていた キハ112-108 をご覧ください。

 
キハ112-108

キハ112-108(仙コリ)  2017年11月8日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

今から思い返ってみると、2016(平成28)年3月26日のダイヤ改正で磐越東線のキハ110系は運用本数を削減したのが、ことの始まりだったようです。

 
それまで、2両編成の7運用と1両編成の2運用で磐越東線の全列車を回していたのに、2016(平成28)年3月以降は2両編成の7運用だけでした。

不要になった両運転台車のキハ110形を他区へすべて放出するわけでもなく…

結局、運用減で放出されたのは小牛田運輸区(仙ココ)に転属した キハ110-103 だけです。予備車を考慮しても、仙コリは2両も余計にキハ110系を持っていたことになります。

 
まさか、電化区間の東北本線のローカル運用を電車から気動車に置き替えるなんてね…

思いも寄りませんでした。

 
ということで、2017(平成29)年11月8日のダイヤ改正以降、仙コリ配置車のキハ110系2両編成は黒磯〜新白河間の区間運転で使用されることになりました。

これもいつまで続くか分からないですし、スカート部分の形状が異なるキハ110系の初期形が気軽に撮れるようになったので、安定的に曇ってくれた11/8(水)に黒磯まで行ってきました。

11月4日に引退した“ニセコエクスプレス”の3号車(キハ183-5001)

ここ2〜3年の頑張りでキハ183系の稀少区分車の撮影や撮り直しが進んで、現役車両の形式区分のほとんどが撮影済みになりました。

まぁ〜、これだけ何度も北海道に行っていればなんとかなるのかも知れません。

 
でも、これは実車が動かないと話しにならないわけでして、稼働実績のない“お座敷車両”のキハ183形6000・6100番代やキハ183形500番代の撮影はできません。

これらの形式区分はカラーポジ時代やモノクロ時代に撮っているので、これで我慢するしかないのですが、これとは別に、ほとんど稼働しない“ニセコエクスプレス”(キハ183系5000番代)の撮り直しというのも自分の中では大きなテーマでした。

 
JR北海道の事故・不祥事の頻発以来、すっかりリゾート列車の運転本数が減ってしまったので、他のリゾート車両に比べて3両と編成両数の短い“ニセコエクスプレス”はほとんど出番がなくなってしまいました。

 
そんな矢先、11月4日に“ニセコエクスプレス”が引退するという発表が9月中旬に出されました。

寝耳に水です…

 
ニセコエクスプレス・ラストラン

 

臨時特急「ニセコエクスプレス」(札幌〜蘭越間、倶知安〜蘭越間は快速列車)のさよなら運転でキハ183系5000番代を撮るしか選択肢がなくなってしまったので、10/29(日)、11/3(祝)、11/4(土)が曇ることを9月からず〜っと祈ってました。

 
こういうイベントで形式写真を撮るのは本来は避けたいところ。
でも、途中の倶知安駅と折り返しの蘭越駅は停車時間が長いので何とかなるかも知れない、そう思って渡道することにしました。

形式写真仲間の冨田さんも同じことを考えていて、彼も私も11/3(祝)に撮影する予定だったので現地で合流することにしました。

 
イベント列車が故に立ち入り禁止エリアが多く、当初の見込みどおりに撮影できませんでしたが、蘭越駅の折り返しでキハ183系5000番代の2両が撮れました。

これで一安心です…

 
キハ183-5001

キハ183-5001(札ナホ)  2017年11月3日 蘭越駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

普段は誰もいないところで自分のペースで形式写真を撮っていますが、この日は鉄道ファンが集まって撮影もままならない状態。

こういう環境に慣れていないので失敗しまくりでしたが、車体ブレもなく、乗客も少なく、おとなしい状態で記録できたので、無駄な遠征にはなりませんでした。

途中、土砂降りになったり晴れたり安定しない天気でヒヤヒヤしましたが、蘭越駅に停車中のほとんどの時間は曇ってくれました。

 
冨田さん、お疲れさまでした。