観光特急「はやとの風」の1号車 キハ47 8092

最近引退した車両の形式写真を続けてアップしましたが、今回からいつものように地道に普通の車両をアップしていこうと思います。

 
といきたいところですが、

先週の水曜日(10/4)から3日間ほど鹿児島に遠征してきましたので、そのときに撮影した形式写真をアップしたいと思います。

 
昨年の12月末から2回も鹿児島に遠征してますが、ここは私にとって難易度が高い場所のようで、いつもお天気に嫌われています。

 
昨年(2016年)12月末はピーカンのため撮影枚数ゼロ @鹿児島中央駅

今年(2017年)3月はほとんど曇らず、撮影できたのは数両のみ @鹿児島中央駅

 
2〜3日間曇る予報が出ていたのに…
縁がなかったようです…

でも、これは撮影効率を求めて鹿児島中央駅に滞在したからかも知れないので、今回は鹿児島中央駅にはこだわらないで、効率は悪くても周辺の駅で撮影するように方針変更しました。

となるとロケハンが必要になるので、2日間連続で曇り予報が出ていた10/5(木)から本気が出せるように前日(10/4)から鹿児島入りすることにしました。

 
初日の10/4(水)は晴れ予報だったので撮影するつもりはありませんでしたが、鹿児島に着いてみると程よい曇り。

雲の位置関係から鹿児島中央駅よりも鹿児島駅の方が曇っているようだったので、すぐに鹿児島に移動してしばらく滞在することにしました。

 
ず〜っと曇っていたなんてことはありませんが、観光特急「はやとの風3号」が鹿児島駅の2番ホームに入線したときに運よく曇ってくれたので、今回は キハ47 8092(鹿カコ)をアップしたいと思います。

 
キハ47 8092

キハ47 8092(鹿カコ)  2017年10月4日 鹿児島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR九州は、“デザイン&ストーリー列車(D&S列車)”というコンセプトのもとでストーリー性を持つデザインの観光列車を管内各地に導入しています。

「オランダ村特急」をはじめとする観光色の強いジョイフルトレインが民営化直後から走っていますが、現在の“デザイン&ストーリー列車”シリーズのきっかけとなったのは特急「はやとの風」です。
2004(平成16)年3月13日の九州新幹線の鹿児島部分開業に合わせて登場したD&S列車です。

 
ローカル線でお馴染みのキハ47形を特急車両にするなんて!!!

そんなことはどうでもいいんです。

接客サービスとして特急列車たるものが提供できれば…

 
そんな元祖D&S列車で使用されているのが キハ47 8092(1号車)と キハ147 1045(2号車)です。かつては キハ140 2066 も使われていましたが、現在は“指宿のたまて箱”仕様に再改造されています。

キハ47 8092 はトイレ付きの高出力改造車なのでトイレ側を撮影しようと思ってましたが、それにこだわると半日掛かりの撮影になるので、今回は鹿児島駅で手を打ちました。

 

それにしても、天気予報って当たらないものですね…



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ40系 , ジョイフルトレイン