花輪線で使用されている珍車、キハ111形150番代(キハ111-152)

JR東日本のフリーきっぷ“大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)”の第2回利用期間が8/31(木)から始まりました。

50歳になってようやく使えるようになったので、今回もJR北海道の車両を撮りに出ようと思い、先週からずっ〜とタイミングを図っていました。

 
なかなか安定的に曇りの予報が出てくれないものですね…

フリーきっぷを購入しては、天気予報に合わせて列車の予約を変更。
そして、キャンセル。

こんなことが続いたので遠征を諦めていましたが、先週の木曜日(9/7)辺りから3日間ほど北海道内で曇る予報が出始めたので、思い切って函館前泊で遠征に出ることにしました。

 
先ずは函館に2泊して撮影するつもりでしたが、道南地方は予報がコロコロ変わって、結局は晴ればかり。

函館のほかに道央の砂川に宿泊して撮影に臨みましたが、晴れか雨ばかり。

前泊を除いて3日間ほど道内を起点に活動してましたが、満足に撮影できた形式写真は道内では2枚だけ。

 
天気予報を信じた私が愚かでした…

 
北海道については惨敗…

 
現地撮影初日の9/7(水)から予報どおり曇ってくれなかったので、早朝のうちに函館に見切りを付けて本州に戻り、奥羽本線の大館駅(秋田県大館市)まで行きました。

予め調べておいた花輪線のキハ110系の車両運用の確認と、大館駅をロケハンするためです。

 
なんとなんと大館に着いてみると、以前から撮りたいと思っていたキハ110系150番代が“撮ってください”状態でホーム横に留置してました。

 
キハ110系150番代は稀少区分車で、小牛田運輸区(仙ココ)と盛岡車両センター(盛モリ)に2両編成が1本ずつしか配置されていません。

盛モリのキハ110系150番代は花輪線の運用に入るので、これを撮るためにどこに行けばいいのかちょうど調べていることろでした。

 
今回は、その地味に珍しいキハ110系150番代のうちの1両、キハ111-152(盛モリ)をアップしたいと思います。

 
キハ111-152

キハ111-152(盛モリ)  2017年9月7日 大館駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
すでにキハ110系100番代が活躍していた水郡線の増備車として200番代が量産されていた1994(平成6)年に投入されたのが150番代です。

そのため、キハ110系150番代は200番代とほぼ同一仕様のグループなのに、ステップ高さだけは1,036mmの100番代仕様(200番代は970mm)。
ですから、200番代のドアよりも靴ズリが高くなっているので、靴ズリの下部が間延びしています。

比べてみないと分からないほどの違いですが…

 
キハ111-215の前位ドアのステップ

キハ111-215の前位ドアのステップ

 

キハ111-152の前位ドアのステップ

キハ111-152の前位ドアのステップ

 

どうですか?

上下に拡大写真を並べてみると分かりますよね。

 

以前、トイレなしの キハ112-151(仙ココ)を撮影したことがありますが、このときは試運転だったのでブラインド閉の少々残念な写真でした。撮れただけでもよかったと思っていますが…

でも、今回は車体に停車目標(通称:ハタキ)が被る程度で、構図や光線状態については申し分ない。いつもこのように撮れればいいのに、と思えるほどの仕上がりです。

 
今回の遠征、北海道遠征としてはほとんど成果がなく完全に失敗でしたが、当初予定していなかった場所でこういうきれいな写真が撮れたときの感動はかなりのものです。

それが原動力になっているから続けられるのでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系