2017年05月

「スーパーおおぞら5・10号」に3両も連結された簡易運転台付き中間車

今回は北海道遠征2日目(5/25)の話しです。

 
当初の予定では、この日は岩見沢に向かい新設の特急「ライラック」に転用された789系0番代を撮るつもりでいました。

しかし、前日(5/24)の時点で予報が好転し、道央にいても晴れてしまう確率が高くなりました。

普段から曇り運がないので、ここは無理してはいけない。
いっそのこと前線の端っこが掛かる道東に行ってしまえば曇るのではないか?

ツアーのオプションの札幌フリーパスを活かしたかったのですが、思い切ってフリー区間から飛び出して釧路地区の白糠(しらぬか)に遠征してキハ283系を撮影することにしました。

 
全行程を鉄道で移動すると列車本数が少ないため撮影のチャンスが限られてしまうので、札幌〜帯広間は鉄道(行きは特急「スーパーおおぞら1号」)、帯広〜白糠間をレンタカーにすればそれほど疲れないし、「スーパーとかち10号」に間に合うように帯広に戻れば札幌帰着が遅くならない。

なんて素晴らしいアイデアだろう!と自画自賛しながら、当日の早朝にレンタカーを予約しました。

 
この行程なら「スーパーおおぞら」を迎えるチャンスが5回もあります。
多少、撮影に失敗したとしてもキハ283系の未撮影区分車は余裕で撮影できそう〜

空き時間に音別駅に行けばDF200形が撮れるかも知れない。

そう思って白糠駅に行ってきました。

 
今回は帯広駅前のタイムズレンタカーを利用しましたが、月〜木曜日は4割引だったのでガソリン代を含めても5千円ちょっと。
かなりリーズナブルな値段で帯広〜白糠間を往復することができました。

 
 * * *

 
白糠駅では「スーパーおおぞら」が入線するたびにキハ283系の各形式を撮影しました。

すでにキハ283形0番代とキハ282形100番代は撮影済みでしたので、中間車ばかり撮ってました。

 
5回のチャンスのうち最初の3回で中間車の各形式区分が一通り撮れたので、最後の2回は先頭車のキハ283形0番代を撮ろうとホームの端っこでスタンバイしてましたが、入線してきたキハ283系は9両編成という珍しい長大編成。

白糠駅は8両以上の編成になるとホーム長の関係でキハ283形が撮れません。

そこで、もう1回キハ282形2000番代を撮り直したのが、今回アップする キハ282-2008(札サウ)です。

 
キハ282-2008

キハ282-2008(札サウ)  2017年5月25日 白糠駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

通常、「スーパーおおぞら」は6両または7両で運転されています。
そのため、簡易運転台付きのキハ282形2000番代は多くても2両しか組み込まれません。キハ282形100・3000番代と共通で運用されるため、2000番代が組み込まれない編成もあるくらいです。

でも、5/25(木)の「スーパーおおぞら5号」とその折り返しの「スーパーおおぞら10号」は最近では珍しく9両編成で運転されたため、下の編成図のようにキハ282形2000番代を3両も組み込んだ編成でした。

 
「スーパーおおぞら5号」の編成表

「スーパーおおぞら5号」の編成表(左側が札幌方)

 
パッと見では分かりにくいですが、運転台を設置した車両が5両も連結された9両長大編成です。模型で走らせると面白そうな編成だったと思います。

 

キハ282形2000番代は「スーパーおおぞら」の札幌〜帯広間に連結する付属編成用として用意された区分です。

そのため、前位側(釧路方)に簡易運転台が設置されているので、前位車端部の床下にスカートが取り付けられています。今回の写真では分かりにくいですが、前照灯と尾灯が妻部に取り付けられています。
キハ282形100・3000番代と同様に後位側(札幌方)に荷物置場とミニラウンジが配置されています。また、同様にトイレと洗面所も設置されていません。

 
キハ283系の普通車のうち指定席として使用される車両は、座席の回転リクライニングシートがグレードアップ仕様のものに換装されています(指定席仕様車)。
「スーパーおおぞら」は札幌方の2両が自由席として使用されているので、従来仕様の座席を装備した自由席仕様車も混在していますが、キハ282形2000番代についてはすべてが指定席仕様車となっています。

現在は、札幌運転所(札サウ)に キハ282-2002・2004・2006・2008 が、釧路車両所(釧クシ)に キハ282-2003・2005・2007・2009 がそれぞれ配置されています。量産先行車の キハ282-2001 は平成27(2015)年3月末に廃車されました。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ283系

1970〜1979年の鉄道ピクトリアル が入荷しました

1970〜1979年の鉄道ピクトリアル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ピクトリアル 1970年11月号(No.244)
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1971年5月号(No.250)
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1971年6月号(No.252)
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1971年7月号(No.253)
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1971年9月号(No.255)
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1971年10月号(No.256) 「特集:蒸気動車」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1972年5月号(No.265) 「特集:ローカル国電」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1972年6月号(No.266) 「特集:ガスタービン車両」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1972年7月号(No.267)
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1972年8月号(No.268)
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1972年9月号(No.269) 「特集:東京急行電鉄」
当店価格:2,700 円

鉄道ピクトリアル 1972年10月号(No.270) 「特集:鉄道100年記念」
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1972年11月号(No.271)
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1972年12月号(No.273)
当店価格:540 円

 
鉄道ピクトリアル(1970〜1972年)

 

鉄道ピクトリアル 1973年3月号(No.276) 「特集:京成電鉄60年記念」
当店価格:1,350 円

鉄道ピクトリアル 1973年4月号(No.277) 「特集:国鉄新線開業」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1973年5月号(No.278) 「特集:京王帝都電鉄」
当店価格:2,700 円

鉄道ピクトリアル 1974年1月号(No.288) 「特集:南海電気鉄道」
当店価格:2,160 円

鉄道ピクトリアル 1974年2月号(No.289) 「特集:17m国電」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1974年12月号(No.300) 「300号記念鉄道書300選」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1975年5月号(No.306)
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1976年3月号(No.317) 「特集:流線形国電モハ52」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1976年5月号(No.320) 「特集:相模鉄道」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1977年6月増刊号(No.335) 「特集:東京急行電鉄」
当店価格:2,700 円

鉄道ピクトリアル 1977年8月号(No.337) 「特集:80系のあゆみ」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1978年1月号(No.343) 「鉄道郵便車と郵便輸送」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1979年10月増刊号(No.367) 「特集:南海電気鉄道」
当店価格:2,160 円

 
鉄道ピクトリアル(1973〜1979年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

1980〜1989年の鉄道ピクトリアル が入荷しました

1980〜1989年の鉄道ピクトリアル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ピクトリアル 1980年5月号(No.375) 「草津・桜井・和歌山線電化記念」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1982年4月号(No.402) 「特集:旧型主力電気機関車」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1983年10月号(No.423) 「特集:キハ82系特急形気動車」
当店価格:1,350 円

鉄道ピクトリアル 1984年2月号(No.428) 「特集:EF58形電気機関車」
当店価格:2,700 円

鉄道ピクトリアル 1984年3月号(No.429) 「特集:キハ55系気動車」
当店価格:2,160 円

鉄道ピクトリアル 1984年4月号(No.430) 「特集:私鉄高性能車30年」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1984年6月号(No.433) 「特集:165・169系急行形電車」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 1985年3月号(No.444) 「特集:20系固定編成客車」
当店価格:2,160 円

鉄道ピクトリアル 1985年3月増刊号(No.445) 「特集:関西地方のローカル私鉄」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 1985年5月号(No.447) 「特集:103系通勤形電車」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 1985年6月号(No.449) 「特集:スハ43系客車」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 1985年11月号(No.455) 「特集:釣掛式電車」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1985年12月増刊号(No.457) 「特集:南海電気鉄道」
当店価格:2,700 円

 
鉄道ピクトリアル(1980〜1985年)

 

鉄道ピクトリアル 1986年2月号(No.459) 「特集:115系近郊形電車」
当店価格:1,620 円

鉄道ピクトリアル 1986年4月号(No.462) 「特集:キハ35系・キハ45系気動車」
当店価格:2,160 円

鉄道ピクトリアル 1986年6月号(No.465) 「特集:インバータ制御電車」
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1986年8月号(No.467) 「特集:中央線」
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1986年9月号(No.469) 「特集:急行形交直流電車」
当店価格:1,350 円

鉄道ピクトリアル 1987年2月号(No.475) 「小集:鉄道郵便」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1987年4月号(No.478) 「特集:キハ58系気動車」
当店価格:2,160 円

鉄道ピクトリアル 1987年6月号(No.481) 「特集:関東大手私鉄の列車ダイヤ」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1987年12月号(No.488) 「特集:阪和線」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1987年12月増刊号(No.489) 「特集:帝都高速度交通営団」
当店価格:2,700 円

鉄道ピクトリアル 1988年3月増刊号(No.493) 「特集:中国地方のローカル私鉄」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 1988年4月号(No.494) 「特集:碓氷峠」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1988年9月増刊号(No.501) 「特集:京浜急行電鉄」
当店価格:2,970 円

鉄道ピクトリアル 1989年4月号(No.510) 「特集:常磐線」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1989年7月号(No.514) 「特集:列車編成の記録」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1989年10月号(No.518) 「特集:25年目の新幹線」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1989年11月号(No.519) 「特集:鉄道建築」
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1989年12月増刊号(No.521) 「特集:阪急電鉄」
当店価格:3,240 円

 
鉄道ピクトリアル(1986〜1989年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

「スーパー北斗」で使用されているキハ281系のグリーン車(キロ280-1)

一昨年(2015年)以降、5月に北海道に行くのが恒例になってますが、今回も未撮影の形式区分を何とかするために3泊4日で遠征してきました。

今回は嘘か本当か5日連続と長めの曇り予報が各予報機関から出ていたので、もし半分がハズレて晴れたとしても2日くらいは撮影できるのでは?その程度の期待値を抱いて行ってきました。

 
去年までの北海道遠征は天気予報がハズレたらすぐに帰れるように予約変更が可能な航空券や北海道新幹線で北海道入りしましたが、今回の遠征はそのような備えはせずに格安な直前申し込みが可能のツアーを利用しました。

これで4日間続けて晴れたら目も当てられなのですが、今回は道内の曇天エリアをうまく移動できたので、まずまずの成果でした。

でも、ここ数年間は北海道での撮影に力を入れてきたので、今回のターゲットは地味な車両ばかり。
成果報告で形式写真をアップしても反響のない形式区分ばかりだと思いますので、あっさり写真をアップしていきたいと思います。

 
北海道遠征の初日(5/24)の撮影地は、苫小牧と登別の両駅。
これまでに何度も訪れていすが、今回は新旧の塗色が入り交じっている函館運輸所(函ハコ)配置のキハ261系1000番代を撮るのが目的。
前回の遠征で意外に撮るのが難しいことが分かったので、今のうちから撮り始めておくことにしました。

あとはカーテンやブラインドが閉じていない状態。つまり“きれいな形式写真”をゴールデンウィークが終わったこの時期に撮っておこうという算段。まだ、駅構内の雑草は伸びてませんしね…

でも、この時期の「スーパー北斗」は修学旅行輸送を兼ねていたので、“きれいな形式写真”は簡単には撮れませんでした。

簡単に撮れないものですね…

 
 * * *

 
今回は、遠征初日(5/24)の成果の中から特急「スーパー北斗」で使用されている キロ280-1(札サウ)をアップしたいと思います。

函館〜札幌間の線形の関係から、「スーパー北斗」に充当される車両は沿線のどこかで晴れてしまうと両サイドのカーテンが閉められてしまいます。
特に、グリーン車のキロ280形はビジネス利用の乗客が多いためなのか?“きれいな形式写真”がなかなか撮れません。

でも、遠征初日は道内全域で曇ってくれたため、今回アップする写真のようにきれいな状態で形式写真が撮れました。

 
すごく地味な成果ですが、今回の遠征ではこんな写真ばかり撮ってました。

登別滞在中は暗〜い曇天にならなかったので、いい感じの発色ですしね… いい一日でした。

 
キロ280-1

キロ280-1(札サウ)  2017年5月24日 登別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ281系

1990〜1999年の鉄道ピクトリアル が入荷しました

1990〜1999年の鉄道ピクトリアル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ピクトリアル 1990年5月増刊号(No.528) 「特集:山陽電気鉄道/神戸電鉄」
当店価格:2,430 円

鉄道ピクトリアル 1991年6月号(No.544) 「特集:空港アクセス鉄道」
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1991年7月号(No.545) 「特集:103系電車の現状」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1991年8月号(No.547) 「特集:14・24系寝台車(I)」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 1991年9月号(No.548) 「特集:14・24系寝台車(II)」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 1991年10月号(No.549) 「特集:東北本線100年」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1991年12月号(No.552) 「特集:キハ58系の現状」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1993年2月号(No.571) 「特集:キハ40・47・48形」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 1993年4月号(No.573) 「特集:北陸本線」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1993年10月号(No.581) 「特集:車両の座席」
当店価格:540 円

鉄道ピクトリアル 1994年1月号(No.586) 「特集:新幹線30年」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1994年3月号(No.588) 「特集:JR165系電車の現状」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1994年7月増刊号(No.593) 「特集:路面電車」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1996年6月号(No.622) 「特集:新京成電鉄50年」
当店価格:1,080 円

鉄道ピクトリアル 1996年9月号(No.626) 「特集:北陸の鉄道」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1998年6月号(No.654) 「特集:常磐線100年」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1998年7月号(No.655) 「特集:信号と運転の基礎」
当店価格:810 円

鉄道ピクトリアル 1998年9月号(No.658) 「特集:レールバス」
当店価格:648 円

鉄道ピクトリアル 1999年12月増刊号(No.679) 「特集:小田急電鉄」
当店価格:1,350 円

 
鉄道ピクトリアル(1990〜1999年)


この記事に関連する形式写真タグはありません