2016年12月

特急「スーパー宗谷」のグリーン普通車(キロハ261-202)

本年は「店長のツブヤキ」をご購読いただき、誠にありがとうございました。

本当にお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 
基本的に、自宅にいる日はすべて古本屋「トレインブックス」を営業していますので、大晦日の今日(12/31)も数件分の梱包・発送を行っていました。

 
この冬は娘が高校受験なので妻の実家(栃木市)には行けませんし、遠征に出掛ける予定もありませんので、引き続きほぼ毎日、梱包・発送の作業を続けていこうと考えております。

お正月の明日(1/1)だけは発送をお休みする予定にしていますが、すき間時間に梱包・発送の作業ができそうだったら、仕事をしているかも知れません。

 
このような状況ですので、申し訳ございませんが、年末年始の営業案内については告知いたしません。

基本的には平常通り、ということになります。

 
年末年始は妻がお休みで主夫から解放されますし、週に2回ほど通っているスポーツクラブはお休みですし、さらにクリスマスを過ぎたあたりから注文が激減しているので、鉄道雑誌や書籍の表紙をスキャンしてコンテンツの充実化を図るために時間を使ってみようと思っています。

古本屋は在庫管理業みたいなもので、ほとんどの時間がそれに費やされていますので、こういうときにサイトの構築を進めてみます。

 
 * * *

 
今年最後の形式写真ですが、今回は特急「スーパー宗谷」で使用されているキハ261系0番代のグリーン普通車、キロハ261-202(札ナホ)をアップしたいと思います。

 
キロハ261-202

キロハ261-202(札ナホ)  2014年5月13日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ261系0番代は14両すべてが苗穂運転所(札ナホ)に配置されています。

キハ261形 + キハ260形(SE-101〜SE-104編成)または キハ260形 + キロハ261形(SE-201〜SE-203編成)の2両ユニットを組み合わせて4両または6両編成が組成され、札幌〜稚内間の特急「スーパー宗谷」で使用されています。

1998・1999(平成10・11)年に落成した12両は北海道高速鉄道開発が所有しJR北海道に貸し付けられたかたちになっていますが、予備車なしの状態を解消するために2001(平成13)年に増備されたSE-203編成の2両はJR北海道の所有に変わりました。

 
しかし、JR北海道のキハ183系車両の老朽化対策として、こんどの2017(平成29)年3月ダイヤ改正で「スーパー宗谷」の1往復と「サロベツ」が旭川発着に変わるため、それ以降は1往復の「宗谷」(札幌〜稚内間)と2往復の「サロベツ」(旭川〜稚内間)に再編されます。

 
札幌から稚内までの直通列車が減るので感情的な意見が出るのは否定しませんが、旭川で乗客の多くが入れ替わったり、列車遅延の影響で札幌〜旭川間の列車間隔が乱れることがありますので、この施策は致し方ないのではないかと思っています。

現行「サロベツ」を含めた稚内発着の特急列車がすべてキハ261系に統一されるメリットも大きいですからね。

でも、札幌から1本の列車で稚内に行けないのは寂しいですけどね…



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ261系

1990〜1999年の鉄道ジャーナル が入荷しました

1990〜1999年の鉄道ジャーナル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ジャーナル 1990年12月号(No.290) 「特集:ローカル私鉄の賛歌」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1991年3月号(No.293) 「特集:東京圏通勤輸送の展望」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1991年4月号(No.294) 「特集:総合交通体系と鉄道」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1991年12月号(No.302) 「特集:京阪神圏魅惑の最新電車事情」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1992年10月号(No.312) 「特集:北海道・四国・九州鉄道復権へのチャレンジ」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1993年4月号(No.318) 「特集:関東・関西鉄道事情の違いを見る」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1993年8月号(No.322) 「特集:駅その機能と新しいシステム」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1993年11月号(No.325) 「特集:JRローカル線新旧の素顔」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1993年12月号(No.326) 「特集:鉄道貨物輸送の動向をさぐる」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1994年3月号(No.329) 「特集:列車を運転する」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1995年8月号(No.346) 「特集:大都市圏通勤型電車のデザイン」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1995年11月号(No.349) 「特集:JR西日本のチャレンジ」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1997年6月号(No.368) 「特集:JR3月ダイヤ改正とスピードアップ」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1998年3月号(No.377) 「特集:乗入れ直通運転の新しい展開」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1998年4月号(No.378) 「特集:総合交通体系と鉄道の役割」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1998年8月号(No.382) 「特集:全国 快速列車の素顔」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1999年2月号(No.388) 「特集:日本海縦貫線の旅路」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1999年4月号(No.390) 「特集:鉄道と利用者の間で」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1999年9月号(No.395) 「特集:北海道の鉄道 JR13年目の光と影」
当店価格:648 円

 
鉄道ジャーナル(1990〜1999年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

2000〜2009年の鉄道ジャーナル が入荷しました

2000〜2009年の鉄道ジャーナル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ジャーナル 2000年5月号(No.403) 「特集:JR気動車の現勢力」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2001年5月号(No.415) 「特集:輸送革新と鉄道の未来」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2001年8月号(No.418) 「特集:ライバル決戦 2001」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 2003年3月号(No.437) 「特集:東北新幹線八戸開業と12月ダイヤ改正」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2004年6月号(No.452) 「特集:九州新幹線開業と3月ダイヤ改正」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 2004年12月号(No.458) 「特集:JR北海道の幹線輸送」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2006年8月号(No.478) 「特集:JR京阪神都市圏 輸送の現状」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2007年1月号(No.483) 「特集:東京・名古屋・大阪 大都市圏の快速電車」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2009年5月号(No.511) 「特集:2009年 三代の特急車両」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 2009年6月号(No.512) 「特集:阪神なんば線開業とアーバンネットワーク」
当店価格:648 円

 
鉄道ジャーナル(2000〜2009年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

長崎本線で活躍するJR九州のクハ411形1500番代(クハ411-1514)

今回も九州遠征の中から数少ない成果をアップしたいと思います。

長崎本線の朝夕の通勤通学輸送を中心に活躍するクハ411形1500番代、クハ411-1514(本ミフ)です。

 
クハ411-1514

クハ411-1514(本ミフ)  2016年12月23日 長崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

すでにJR東日本の415系は、ほぼ過去の形式となっています。

2016(平成28)年3月に定期運用から離脱しました。
車籍が残っている415系は、勝田車両センター(水カツ)に留置されている1500番代の4両編成4本だけという寂しい状況です。

 
しかし、JR九州にはたくさんの415系が在籍しており、まだまだ現役で活躍しています。

 
2016(平成28)年3月改正で小倉総合車両センター門司港車両派出(本コラ)の車両配置がなくなって415系が大分車両センター(分オイ)と南福岡車両区(本ミフ)に転属となりました。

これにともなう転配でJR九州の415系はセミクロスシート車とロングシート車の配置と運用が整理され、長崎地区を走る415系はすべて本ミフ車に変わりました。

 
本ミフの415系1500番代には、2009(平成11)年にJR東日本から購入したトップナンバーがいます。

国鉄〜JR東日本時代の青帯が転落防止ホロに残っている様子を撮りたかったのですが、本気で追いかけないとやっぱり難しいようです。

 
本ミフの415系1500番代は運用範囲が広く、しかも朝夕を中心とした限られた運用に就いているので、特定の番号の車両を撮るのは至難の業でしょうね。

でも、すぐに置き替えられるという話しも聞かないので、ゆっくりと追いかけていこうと思います。



この形式写真に関連するタグ: 415系 , JR東日本

1981〜1989年の鉄道ファン が入荷しました

1981〜1989年の鉄道ファン の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ファン 1981年2月号(No.238) 「特集:特急さくら乗務ルポ」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1981年5月号(No.241) 「特集:新形国電のあゆみ」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1982年9月号(No.257) 「特集:東北新幹線開業」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1983年1月号(No.261) 「特集:国鉄新形通勤電車 Part-2」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1983年4月号(No.264) 「特集:国鉄機関車の動き」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1984年4月号(No.276) 「特集:ブルートレイン」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1986年2月号(No.298) 「特集:北緯45°の車両たち」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1987年3月号(No.311) 「特集:国鉄グレードアップ車両」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1987年4月号(No.312) 「特集:485系とその一族」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1989年1月号(No.333) 「特集:オリエント急行日本一周」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1989年2月号(No.334) 「特集:ブルートレイン30周年記念」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1989年12月号(No.344) 「特集:JRニューカラー・オールガイド」
当店価格:648 円

 
鉄道ファン(1981〜1989年)


この記事に関連する形式写真タグはありません