2016年09月

1980〜1989年の鉄道ファン が入荷しました

1980〜1989年の鉄道ファン の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ファン 1980年8月号(No.232) 「特集:京阪神ライバル物語」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1981年3月号(No.239) 「特集:交流・交直流エル特急」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1982年3月号(No.251) 「特集:直流エル特急」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1982年7月号(No.255) 「特集:夜行列車」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1983年5月号(No.265) 「特集:私鉄のネームドトレイン」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1984年6月号(No.278) 「特集:アルプス特急」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1985年1月号(No.285) 「特集:EF65PF」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1985年2月号(No.286) 「特集:お召列車乗務ルポ」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1985年3月号(No.287) 「特集:国電ひょうきん族」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1986年5月号(No.301) 「特集:1986年の展望」
当店価格:756 円

鉄道ファン 1986年11月号(No.307) 「特集:日本の地下鉄 1986」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1987年3月号(No.311) 「特集:国鉄グレードアップ車両」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1987年7月号(No.315) 「特集:JRグループ車両の新陣容」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1987年10月号(No.318) 「特集:新時代を迎えるブルートレイン」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1987年11月号(No.319) 「特集:JRグループ気動車特急」
当店価格:756 円

鉄道ファン 1988年1月号(No.321) 「特集:碓氷電化75周年記念」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1989年3月号(No.335) 「特集:東京ぐるっと外環状線」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1989年4月号(No.336) 「特集:JR各社のステータス・トレイン」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1989年5月号(No.337) 「特集:3.11ダイヤ改正のニュー・フェイスたち」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1989年9月号(No.341) 「特集:JR特急 気になるあれこれ」
当店価格:648 円

 
鉄道ファン(1980〜1989年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

広島更新色で活躍する新鶴見機関区の EF65 2127

こちらのブログの右サイドバーに “人気の投稿” のベスト10 を掲載しています。

今月に入って オロ12 10 などJR四国に在籍していた12系客車に関連する投稿のアクセス数が増えていますが、これは東武鉄道のC11形運転開始にともなう車両譲渡や甲種回送に関係したものです。

このブログも開設して5年が経ち、掲載しているJR車両もかなり網羅的になってきましたので、全国でJR車両に関わるできごとがあるとアクセス数というかたちで響いてきます。

 
一方で、鉄道とは何ら関係なく一定のアクセス数を稼いでいるのが、「三脚を買い替えました、3か月前の話しですが(クモハ211-5619)」「スポンジグリップを取り付けた GITZO GT3542LS(クモハ114-1518)」の2つです。

現在常用している三脚、GITZO GT3542LS を購入したときと、この三脚に格安のスポンジグリップを取り付けたときの投稿です。

 
やはり、ジッツオ(GITZO)の三脚は人気があるんですね。

GITZO はこれ1本しか持っていないのですべての GITZO を語ることはできませんが、少なくとも GITZO システマティック・シリーズはとても使いやすい三脚です。

値段が10万円以上と高いので気軽に試すことができないから、こちらの投稿をご覧になるのだと思いますが、使ってみると分かりますが、セットしたときの安定性と脚を拡げたり伸ばすときのトルクは絶妙で、しかもまったくヘタリがありません。

三脚は使っていればヘタるものだと思っていましたが、GT3542LS にはその兆しが感じられません。

 
でも、一つだけ問題があります。

これは金属製スパイク石突がすぐにすり減ってしまうことです。

小さな消耗品ですし、いざとなったらゴム製石突きをはめればいいのですが、もう少し一般的な硬性の高い金属を採用してもよかったのでは、と思っています。

 
GT3542LSの金属製スパイク(使用前)

GT3542LSのスパイク石突き(GIZOホームページより)

 
GT3542LSの金属製スパイク(使用後)

使用後の金属製スパイク石突き

 

 * * *

 
以前アップしていたはずなのに、過去ログを見返してみても見当たらない形式写真がありました。

現在、右サイドバー “人気の投稿” の10位にランクインしている「広島更新色の塗り分けで活躍するEF64形1000番代(EF64 1049)」と同じように岡山時代の広島更新色をまとっている新鶴見機関区(新)の EF65 2127 です。

 
これを撮るためだけに新小岩に行っているので、すぐにアップしたと思うのですが…

 
EF65 2127

EF65 2127(新)  2015年8月10日 新小岩信号場

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: EF65・EF67形 , JR貨物

1976〜1977年の鉄道ジャーナル が入荷し、商品リストを更新しました

1976〜1977年の鉄道ジャーナル の在庫を補充しました。
また、商品リストを更新して記事内容が詳しく分かるように書き替えました。

数日ごとに鉄道ジャーナルの商品リストを更新していきますので、その他の年代のバックナンバーについてはもう少々お待ちください。
 
ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ジャーナル 1976年1月号(No.106)
 特集:新時代の鉄道<第1部>
 内容:ドキュメント列車追跡ワイド版★日本特急横断(前編)西鹿児島→長野/国鉄の新しい車両(旅客車)/新幹線電車 おいたちの記/‘碓氷峠’を征服した鉄道技術/振子電車は走る! 特急「しなの」大阪→長野/“名列車”誌上リバイバル(11) 信濃路をひた走る「しなの」号/近代の旅客車 −より快適な乗り心地を求めて−/再録 国鉄特急電車の12年/海外の新しい列車と車両(第1部)/路面電車再発見(1)
 当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1976年2月号(No.107)
 特集:新時代の鉄道<第2部>
 内容:ドキュメント列車追跡ワイド版★日本特急横断(後編)長野→東京→網走/国鉄の新しい車両(機関車)/国鉄貨車の近代化/私鉄車両の近代化/‘サイリスタ・チョッパ制御’小話/国鉄窓口の近代化を見る/RJ技術解説シリーズ(10) マルスの端末装置/海外の新しい列車と車両(第2部) アメリカ/ソビエト連邦の鉄道/“名列車”誌上リバイバル(12) 富士(戦前)/路面電車再発見(2) 西日本鉄道 福岡市内線・北九州線/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(25)
 当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1976年3月号(No.108)
 特集:国鉄の動力近代化
 内容:国鉄の動力近代化のあゆみ/動力近代化の効果/運転業務からみた動力近代化/動力近代化の陰に/戦後のアルバム(1) 進駐軍客車など/ドキュメント列車追跡ワイド版★四国の鉄道を走る/海外へ雄飛する日本の技術/“名列車”誌上リバイバル(13) 富士(戦後)/明治の代表的蒸気機関車/路面電車再発見(3) 京都市交通局・東京都交通局
 当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1976年4月号(No.109)
 特集:〈あさかぜ〉から新幹線まで
 内容:‘昭和30年代の鉄道’誌上再現/36.10白紙ダイヤ改正 優等列車一覧/昭和30年代の電気機関車の発達/昭和30年代の旅客車の発達/戦後のアルバム(2) 鉄道車両の黄金期/“名列車”誌上リバイバル(14) 山陽路に散った「はと」/路面電車再発見(4) 仙台市交通局・東急世田谷線/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(26)
 当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1976年4月増刊号(No.110)
 蒸気機関車の最後
 内容:C57 135/日本の‘SL最後の日’の記録/日本の蒸気機関車
 当店価格:1,080 円

鉄道ジャーナル 1976年5月号(No.111)
 特集:動力近代化の将来/SLの動態保存
 内容:20系ブルー・トレイン「銀河」の旅/動力近代化の今後/昭和30年代の私鉄と路面電車/戦後のアルバム(2) 思いでの蒸気機関車たち/座談会 SL動態保存の諸問題について/大井川鉄道 C11 227 復活への旅路/ドキュメント列車追跡ワイド版★臨時特急「白根」 183系に衣がえした/RJ技術解説シリーズ(11) PS23形パンタグラフのしくみ/路面電車再発見(5) 南海電鉄大阪軌道線・京阪電鉄京津線・岡山電気軌道/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(27)
 当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1976年6月号(No.112)
 特集:ローカル線5つの顔
 内容:国鉄のローカル線 その意義と問題点/国鉄経営からみたローカル線問題/ローカル線の素顔を探る/ローカル線建設は続く −日本鉄道建設公団の組織と仕事−/ドキュメント列車追跡★陰陽連絡DC急行「ちどり1号」/RJ技術解説シリーズ(12) 踏切遮断機のしくみ/路面電車再発見(6) 富山地鉄富山市内線・射水線・加越能鉄道高岡軌道線/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(28)
 当店価格:1,080 円

鉄道ジャーナル 1976年7月号(No.113)
 特集:特急〈あさかぜ〉と“ブルートレイン”
 内容:ドキュメント列車追跡ワイド版★「あさかぜ」は博多をめざす/あさかぜ誕生秘話/“名列車”誌上リバイバル(15) 特急「あさかぜ」(1)/ブルー・トレインの機関車 そのバラエティーと運用/ブルー・トレインの客車/RJ技術解説シリーズ(12) ブルー・トレインの電源車/ダイヤから見たブルー・トレイン/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(28)/路面電車再発見(7) 土佐電気鉄道・伊予鉄道松山市内線
 当店価格:756 円

鉄道ジャーナル 1976年8月号(No.114)
 特集:電車の運転とメカニズム
 内容:目で見る電車のメカニズム/「ときわ4号」を運転する/中央鉄道学園の研究3科生たち/もう一つの時刻表 運転曲線/九州の幹線に‘エル特急’出そろう −長崎・佐世保線の電化開業まぢか−/周遊券のあゆみ(1)/路面電車再発見(8) 長崎電気軌道/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(30)
 当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1976年9月号(No.115)
 特集:長距離ドン行の魅力と現状/長崎・佐世保電化速報
 内容:紀伊半島をめぐる長距離普通列車「南紀」/生きている長距離普通列車/長距離ドン行 きのうきょうあす/ドキュメント列車追跡★さいはてドン行のりつぎ660.8km 函館→札幌→北見→網走/長距離ドン行の系図/エル特急「かもめ」「みどり」を追う 博多→長崎・佐世保/“名列車”誌上リバイバル(16) 「あさかぜ」(2) 20系ブルートレインの誕生/RJ技術解説シリーズ(13) 鉄道車両の冷房装置/路面電車再発見(9) 鹿児島市交通局・熊本市交通局/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(31)
 当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1976年10月号(No.116)
 特集:鉄道のサービスを考える
 内容:東京七大私鉄の運賃とサービスを切る/なんでもはじめて! 鉄道サービス百年史/主力電車の設備サービスを採点する/RJ技術解説シリーズ(14) リクライニングシートの構造/鉄道のサービス サインとシンボル/ドキュメント列車追跡★急行ビュッフェのサービス拝見 下り「信州1号」上野→長野/路面電車再発見(10) 名鉄岐阜市内線・美濃町線・豊橋鉄道豊橋市内線/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(32)
 当店価格:756 円

鉄道ジャーナル 1976年11月号(No.117)
 特集:関西の鉄道<第1部>
 内容:目でみる関西の鉄道/大阪電車図絵/関西私鉄の主力電車をみる/大阪の地下鉄(1)/ドキュメント列車追跡★関西私鉄277キロ日帰りの旅/京阪神を軸とした優等列車のあゆみ(上)/ブルートレインの新型オロネ25・オハネ25登場/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(33)/路面電車再発見(11) 札幌市交通局・函館市交通局
 当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1976年12月号(No.118)
 特集:関西の鉄道<第2部>/10月ダイヤ改正の表情
 内容:大阪駅24時間/京阪神を軸とした優等列車のあゆみ(下)/大阪の地下鉄(2)/RJ技術解説シリーズ(15) 京阪3000系の自動座席転換装置/関西の都市と鉄道/ドキュメント列車追跡★新特急「北アルプス」立山への道/10月ダイヤ改正の表情/“名列車”誌上リバイバル(17) 「あさかぜ」(3)/路面電車再発見(12) 広島電鉄市内線/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(34)
 当店価格:648 円

 
鉄道ジャーナル(1976年)

 

鉄道ジャーナル 1977年1月号(No.119)
 特集:現代の主役 “特急列車”
 内容:ドキュメント列車追跡★下り特急「富士」東京→西鹿児島/国鉄特急列車のすべて 輸送力からみた特急時代/国鉄の特急列車(前) 旅客営業面からみた その変遷と発展/“名列車”誌上リバイバル(18) 瀬戸内を駆ける「安芸」/列車食堂営業の最近10年のあゆみ/夢多き世界の特急列車(1)/‘特急’とはどんな列車か/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(35)/車両とともに30年(1) 寝台車の3等車への改造・客車の座席減少・木製電車の鋼製化・身延線用の鋼製化電車/路面電車再発見(13) 京福電鉄嵐山線・福井鉄道軌道線・江ノ島鎌倉観光
 当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1977年2月号(No.120)
 特集:現代の主役 “特急列車”(続)
 内容:エル特急 その現状分析と考察/国鉄の特急列車(前) 旅客営業面からみた その変遷と発展/ドキュメント列車追跡★北近畿のジグザグ特急「あさしお1号」城崎ゆき/“名列車”誌上リバイバル(19) 「はつかり」ものがたり(前)/振子電車特急「しなの」運転日記/‘時刻表’にのらない特急 貨物輸送をになう陰の主役/夢多き世界の特急列車(2)/車両とともに30年(2) クハ79形・横須賀線電車の4つ口化と座席減少・ワキ700形・‘高射砲’装架車・トラ→トキ戦時型3軸無蓋車への改造/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(36)/路面電車再発見(14) 路面電車の保存と利用
 当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1977年3月号(No.121)
 特集:消えゆく鉄路のスターたち
 内容:ドキュメント列車追跡★‘こだま形電車’181系「とき」を守る男たち 上野→新潟/初期の近代化動力車/動力車の一生 新製・転配属の流れ/国鉄の車両検査体制/RJ技術解説シリーズ(17) ディーゼル機関車の動力伝達方式/夢多き世界の特急列車(3)/“名列車”誌上リバイバル(20) 「はつかり」ものがたり(後)/貨物輸送を支える‘地貨’と‘専貨’/車両とともに30年(3) 連合軍専用車両への改造/路面電車再発見(15) 地方中核都市への適用
 当店価格:756 円

鉄道ジャーナル 1977年4月号(No.122)
 特集:鉄道のサービスを考える(続)
 内容:乗車効率264%の縮図! 国電中央線‘通勤輸送’にみる極限状態のサービス/駅とインフォメーション・サービス −新幹線で東京から横浜へ/鉄道のサービスとは?/ドキュメント列車追跡★通勤輸送のエース 名鉄6000系/車両とともに30年(4) 連合軍特別車スイロネフ381号(のちの御料車14号)の改造/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(37)/謎の機関車を追って… 陸軍臨時鉄道隊の117号および118・119号機関車(前)
 当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1977年5月号(No.123)
 特集:花の”車両基地”
 内容:特急列車の基地 −向日町運転所24時間/車両基地ものがたり 動力車基地104年のあゆみ/国鉄の車両基地一覧/京浜急行電鉄 金沢検車区の素顔/ドキュメント列車追跡★飯田線196キロ・94駅・428分の旅/車両とともに30年(5) 展望車の整備改造(マイテ39 1・39 11・39 21)・オハ60形・オハシ30形/“名列車”誌上リバイバル(21) オリエント急行(前)/ヨーロッパ鉄道の名花〈オリエント急行〉 華麗なる百年の軌跡/謎の機関車を追って… 陸軍臨時鉄道隊の117号および118・119号機関車(後)
 当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1977年6月号(No.124)
 特集:列車の安全を守る
 内容:急行「佐渡」脱線転覆! 上越線落石事故の解剖/国鉄の運転保安システム/時速200キロを支える新幹線総合司令所/RJ技術解説シリーズ(18) 国鉄の近代保安設備/札幌市地下鉄のATO装置/営団地下鉄の運転保安システム/阪急電鉄のTTCシステム/国鉄‘列車事故と保安’ 100年/“名列車”誌上リバイバル(22) オリエント急行(後)/思い出の別子鉄道/車両とともに30年(6) スロ60形・スヤ51 1号/韓国鉄道の旅(1)
 当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1977年7月号(No.125)
 特集:寝台列車のすべて
 内容:さくら行進曲/国鉄の寝台列車/‘夜行列車’運転の現状/国鉄の寝台列車 旅客営業面からみた その変遷と発展/夜行列車・運転の現状 〈さくら〉から347Mまで/寝台列車の改善について国鉄へ提案する/ドキュメント列車追跡★北陸ゆき急行「能登」号 寝台車の一夜/寝台 その現実を考える/ディーゼル機関車とわたし(1)/車両とともに30年(7) モユニ81形の新製・63形電車の標準設計への試改造
 当店価格:1,350 円

鉄道ジャーナル 1977年8月号(No.126)
 特集:旧型国電は生きている
 内容:昭和史の旧型国電/旧型国電はなぜ消えてゆくのか?/旧型国電 そのメカニズム/旧型国電の形式と番号を解読する/‘旧国’健在! 旧型国電の走る路線/ドキュメント列車追跡★旧型国電の宝庫 大糸線を行く/韓国鉄道の旅(2)/ディーゼル機関車とわたし(2) 戦後編-1 惣明期/車両とともに30年(8) マイテ30形・湘南電車の事故車の復旧・63形電車の緊急諸対策と特別改造併施更新修繕/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(38)
 当店価格:1,620 円

鉄道ジャーナル 1977年9月号(No.127)
 特集:東北本線と東北新幹線
 内容:仙台駅24時間/東北の鉄道95年のあゆみ/東北本線 その現状と展望/これからの東北本線/東北新幹線工事はどこまで進んでいるか/ドキュメント列車追跡★「やまびこ3号」上野→盛岡/伊豆急行 15年のあゆみ/伊豆急のスターたち/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(39)/ディーゼル機関車とわたし(3) 戦後編-2 発育期/韓国鉄道の旅(3)
 当店価格:1,350 円

鉄道ジャーナル 1977年10月号(No.128)
 特集:‘急行列車’再発見<第1部>
 内容:急行ジグザグ日本縦断(前編) 指宿→新宿/急行列車900本の素描/国鉄の急行列車 旅客営業面からみた その変遷と発展/急行ジグザグ日本縦断(中編) 「あしずり」土讃本線をゆく/“名列車”誌上リバイバル(23) 急行「津軽」/ヨーロッパの新しい“急行用”客車/ディーゼル機関車とわたし(4) 戦後編-3 成長期/車両とともに30年(9) モハ30形の丸屋根改造・モハ70形800台(山用)電動車の製作・鋼製化荷物電動車 モニ53形
 当店価格:1,080 円

鉄道ジャーナル 1977年11月号(No.129)
 特集:‘急行列車’再発見<第2部>
 内容:急行ジグザグ日本縦断(後編) 上野→稚内/国鉄の急行用車両を考える/急行列車80年の歩み/急行列車の再編成による改善を!/車両とともに30年(10) 全金属製電車 モハ70001号の試作/ヨーロッパの鉄道と列車の旅(40)/汽車会社のディーゼル機関車製番表
 当店価格:1,080 円

鉄道ジャーナル 1977年12月号(No.130)
 特集:現代 日本の私鉄
 内容:日本の私鉄 北から南から/(資料編)私鉄の現況報告/私鉄の優等列車/東武の貨物列車/近畿日本鉄道北勢線 近代化するナロー鉄道/国鉄の収支係数をさぐる/ディーゼル機関車製番表(続)/汽車会社のディーゼル機関車製番表(続)/車両とともに30年(11) 代用2等車の整備・皇族用電車クロ49形を伊東線用に改造・モハ40形を中間電車に改造(モハ30形)
 当店価格:810 円

 
鉄道ジャーナル(1977年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

1980〜1985年のとれいん が入荷しました

1980〜1985年のとれいん の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

とれいん 1980年2月号(No.62)
 模型製作資料:伊豆箱根鉄道3000系・スノウプロウ
 内容:いま蘇る古典ロコ:鉄道省5830形/阪急1形 (HO)/F-7改装のポイント−米国型ディーゼル機の工作
 当店価格:810 円

とれいん 1980年3月号(No.63)
 模型製作資料:17m級国電
 内容:いま蘇る古典ロコ:鉄道省1430形/キットを求めて C57形4次 (HO)/合の子モハ43を組む(1) (HO)
 当店価格:810 円

とれいん 1980年5月号(No.65)
 模型製作資料:飯田線の旧型国電
 内容:模型製作資料:江ノ電1000系(細部)/いま蘇る古典ロコ:鉄道省2800形/飯田線の旧型国電/タキ5000を組む (HO)
 当店価格:1,080 円

とれいん 1982年6月号(No.90)
 車輛の視点:EF67形
 内容:ED29 (13mm)/身延線のクモハユニ44 (13mm)/十勝鉄道 昭和12年/C55 53の横顔
 当店価格:810 円

とれいん 1982年7月号(No.91)
 車輛の視点:京王3000系
 内容:阪急電車3題 (HO)/珊瑚の2120 (HOキット)/線路脇のアクセサリー(6) 無人駅/D51 145の横顔
 当店価格:648 円

とれいん 1982年10月号(No.94)
 内容:EF67 (HO)/日立電鉄モハ13 (HO)/キハ81を作る (13mm)/アクセサリー(8) 廃車体の倉庫
 当店価格:648 円

とれいん 1983年1月号(No.97)
 内容:電車昭和元年(1) 東武電車/変な凸電 吉野鉄道と庄川水電/線路脇のアクセサリー(10) 距離標識
 当店価格:648 円

とれいん 1983年5月号(No.101)
 車輛の視点:日車型流線型気動車あれこれ
 内容:アクセサリー(13) 上屋と待合室/貨物上屋 (HO・実物)/ホハ6800系のバラエティー/電車昭和元年(3) 京浜電車
 当店価格:648 円

とれいん 1983年12月号(No.108)
 内容:DD14とDL用機関庫 (HO)/模型用モーターの特性と構造/72系電車の模型的形態分類と床下機器の一般的配置
 当店価格:810 円

とれいん 1984年4月号(No.112)
 特集:小さなレイアウト・魅力再発見
 内容:小さなレイアウトの中の車輛 (実物)/荷物車あれこれ、わけてもマニ36
 当店価格:648 円

とれいん 1984年6月号(No.114)
 特集:入換・操車場
 内容:車輛の視点:EF80形/入換設備と操車場の働き/日本の入換用機関車たち
 当店価格:1,080 円

とれいん 1984年8月号(No.116)
 写真でみる国鉄客車用台車(2) TR23系台車
 内容:車輛の視点:京浜急行2000系・ヨ2000形/中央東線の(山用電車)旧型国電を作る (HO)
 当店価格:1,350 円

とれいん 1985年2月号(No.122)
 特集:流山サドルタンク
 内容:車輛の視点:ヨ5000形(変形リベット無し)/流山鉄道 15・16号 (HO1067)/イラストで見る新性能国電 151系(1)
 当店価格:810 円

とれいん 1985年7月号(No.127)
 特集:レールバス今昔物語
 内容:車輛の視点:南部縦貫鉄道キハ101・キハ01〜03形/レールバスのいる風景/イラストで見る新性能国電 111系・113系(1)
 当店価格:1,080 円

とれいん 1985年9月号(No.129)
 徹底取材:東急ハンズ100%利用法
 内容:車輛の視点:東武鉄道1700系/東武8500系の細部 (HO・実物)/東ドイツ国鉄の150年祭/木曽の森林鉄道 助六の橋の上で
 当店価格:810 円

 
とれいん(1980〜1985年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

濃黄色に塗色変更された元荷物電車の クモハ123-5

週末まで奥さんが中国出張だった関係で、先週は完全に受験生を抱えるシングルファーザーでした。

細々とした家事をやって、子どもたちが帰宅するたびに夕飯を用意していると一日が終わる、というストレスの溜まる毎日。
やりたいことがたくさんあるのに、みたいな。

もう少し時間を掛けて鉄道趣味のことをやりたかったのですが、ぜんぜん時間が取れませんでした。

仕方がないですけどね…

 
こういうときは手元のストックをブログにアップするに限りますから、今回は「特別な“トワイライトエクスプレス”」の牽引機 EF65 1124 を撮りに行った下関遠征のときの1枚をアップしたいと思います。

濃黄色に塗色変更された最近の クモハ123-5(広セキ)です。

 
クモハ123-5

クモハ123-5(広セキ)  2016年2月22日 下関駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クモハ123-5 は2012(平成24)年3月に小野田駅で撮影したことがありましたが、このときはまだ旧塗色時代でトイレも未設置でした。

2013(平成25)年10月に車いす対応の大形トイレが1位側のドア横に追設され、2015(平成27)年3月にJR西日本地域色の濃黄色に塗り替えられて、ほんの数年ですっかり外観が変わってしまいました。

 
また、後位妻面の車体表記そばに貼付されているJR西日本の管理用バーコードと思われるシールが確認できます。

 
片運転台車や中間車は妻部の車体表記が連結側になるので隠れてしまいますが、キハ40形や当形式などの両運転台車は先頭に出る機会が多いですからね。簡単にその存在が確認できます。

 
クモハ123-5に貼付されているバーコード

クモハ123-5 の後位妻面に貼付されているバーコード

 
JR西日本所属の車両はこのように後位妻面にバーコードが貼られているので、暇つぶしに確認してみては如何でしょうか?



この形式写真に関連するタグ: JR西日本 , クモハ123形