2016年05月

先頭部に転落防止ホロが取り付けられている クハ222-1001

今回も約2週間前、5/16(月)の遠征報告です。

 
5/15(日)に九州北部で臨時特急「あそぼーい!91・92号」のキハ183系1000番代を撮影しましたが、もともと撮影両数が稼げる遠征ではありませんでした。

それならば、新幹線で戻って途中関西で1泊して撮影することを考えてみたところ、当日は日曜日で格安航空券がそれほど低価格ではなかったので、新幹線移動で関西に1泊して翌日(5/16)も撮影することにしました。

 
ターゲットは京阪神地区で普通に走っている223系です。

 
これまで約30年も形式写真を撮ってきましたが、大阪地区とは天気との巡り合わせが悪くて、ほとんど縁がありませんでした。

曇り予報だったのに大阪に来たら晴れ、、、この繰り返しばかりで、そのうち京阪神地区で撮るのを諦めてしまいました。

なので、数年前まで大阪駅で形式写真が撮れたのですが、緩行線の201・205系は撮れず仕舞い、221系はほとんど未撮影。
「新快速」用の223系も敦賀で撮れただけという散々な結果でした。

 
でも、こうしている間に221・223系先頭車の先頭部に転落防止ホロが取り付けられています。

これは、2010(平成22)年12月17日に山陽本線舞子駅で発生した転落死亡事故の原因として、先頭車同士の連結部付近にすき間があったことが挙げられたためです。

このすき間部分に人が侵入できないように安全対策を強化するのは鉄道会社としては当然のことで、この流れを止めることはできません。

 
遠征2日目(5/16)は、転落防止ホロが取り付けられる前の姿を記録するために野洲駅で1日粘ることにしました。

 
当日は曇りのち雨の予報でしたので、朝から野洲駅に滞在し281系や223系を撮影してましたが、午前10時過ぎには雲がなくなってピーカンに。

バリエーション豊かな223系をたくさん撮るつもりでしたが、ピーカンのうえにカーテン閉の車両ばかり。

夕方まで野洲駅に滞在しても意味がなさそうだったので、お昼ごろには帰途に就きました。

やはり、関西地区では天気が味方に付いてくれません。
相性が最悪のようです。

 
でも、数時間の滞在で何両かは撮ることができましたので、今回は転落防止ホロが取り付けられている223系1000番代のトップナンバー、クハ222-1001(近ホシ)をアップしたいと思います。

 
クハ222-1001

クハ222-1001(近ホシ)  2016年5月16日 野洲駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 223・125系 , JR西日本

1990〜1999年の鉄道ファン が入荷しました

1990〜1999年の鉄道ファン の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ファン 1990年6月号(No.350) 「特集:251系&田町電車区」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1991年3月号(No.359) 「特集:話題の車両’91 新春のラインナップ」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1991年4月号(No.360) 「特集:話題のエアポートアクセス」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1991年6月号(No.362) 「特集:御殿場線ウオッチング」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1991年10月号(No.366) 「特集:私の名は900番」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1991年12月号(No.368) 「特集:キハ80系・キハ181系」
当店価格:756 円

鉄道ファン 1992年4月号(No.372) 「特集:92春、新車ガイド・スペシャル第1陣」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1992年8月号(No.376) 「特集:JR車両 file 92」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1992年9月号(No.377) 「特集:HOKKAIDO 1992」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1992年10月号(No.378) 「特集:21世紀へのスピードアップ」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1992年12月号(No.380) 「特集:燃えてます!JR九州」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1993年1月号(No.381) 「特集:ブルトレの最新ラインナップ」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1993年2月号(No.382) 「特集:今また国鉄形蒸機が熱い」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1993年3月号(No.383) 「特集:JR特急電車プロフィール ’93」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1993年5月号(No.385) 「特集:103系通勤形電車(2)」
当店価格:1,350 円

 
鉄道ファン(1990〜1993年)

 

鉄道ファン 1993年7月号(No.387) 「BOSO VIEW EXPRESS その計画から誕生まで」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1993年8月号(No.388) 「特集:JR車両 file 93」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1993年9月号(No.389) 「特集:100系新幹線電車」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1993年10月号(No.390) 「特集:JNR / JR 25年の大アルバム」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1993年11月号(No.391) 「特集:20系特急形客車最後の特集」
当店価格:1,620 円

鉄道ファン 1993年12月号(No.392) 「特集:惜別ゆうづるの28年」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1994年2月号(No.394) 「特集:ブルートレインナウ」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1994年7月号(No.399) 「特集:ジョイフルトレインたちの名場面」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1994年9月号(No.401) 「特集:JR予報 車両最前線」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1995年1月号(No.405) 「特集:JRブランドの特急形電車」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1995年5月号(No.409) 「特集:“スーパーひたち”の勝田電車区」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1995年6月号(No.410) 「特集:上野特急エイジ」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1995年7月号(No.411) 「特集:JR車両ファイル」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1996年4月号(No.420) 「特集:JR東西通勤形電車徹底比較 207 vs 209」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1996年12月号(No.428) 「特集:最後の力持ち EF63」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1998年3月号(No.443) 「特集:新幹線コレクション」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1999年5月号(No.457) 「特集:思い出の80系湘南電車」
当店価格:648 円

 
fr1990_20160528_2


この記事に関連する形式写真タグはありません

「あそぼーい!91号」のパノラマシート付きの4号車(キハ183-1002)

もう2週間近くも前の5/15(日)ですが、九州北部にトンボ返りで遠征してました。

 
ゴールデンウィーク後半の北海道遠征に続く遠征で、しかも成果がほどほどあったのと、それを無駄にしたくなかったので、九州遠征後もJR北海道の写真をこちらにアップしてきました。

なかなかアタマの中が切り替えられなかったので時間差での遠征報告になりましたが、その点はご容赦ください。

 
 * * *

 
今回ご報告する九州遠征の目的はただ一つ。

臨時特急「あそぼーい!91・92号」のキハ183系1000番代です。

 
熊本地震により豊肥本線の一部区間が不通となったため、熊本発着の特急「あそぼーい!」は全区間運休となりました。

「あそぼーい!」の運休がしばらく続くのかと思った矢先、ゴールデンウィーク中に運転区間を博多~門司港間に変更して臨時特急「あそぼーい!91・92号」として運転されることが発表されました。

 
残念ながらこのときは北海道遠征を優先したので九州に行けませんでしたが、その後、5月中の土日も追加で運転されることが発表されましたので、曇り予報をひたすら待つことに。

もしかしたらお天気のために「あそぼーい!」の見送りも覚悟していたところ、約2週間前の週末(5/15)に九州北部で曇りベースの予報が出たので、急遽、飛行機で九州入りしました。

 
「あそぼーい!」で使用されている車両はもともと「オランダ村特急」のために製造されたキハ183系1000番代です。

まだ大学生だった1988(昭和63)年当時、鳥栖で715系を撮っているときに試運転で入線していたのを目撃したことがあるので、それ以来の再会です。

塗色も用途も目まぐるしく変わったキハ183系1000番代ですが、再会するのは嬉しいですね。

 
「あそぼーい!」用車両のキハ183系1000番代は、白色と黒色のツートンの車体に愛嬌たっぷりな犬のキャラクター“くろちゃん”がたくさん散りばめられた印象的なデザインになっています。

しかし、先頭部分はもとをたどれば国鉄末期の「パノラマエクスプレスアルプス」(国鉄/JR165系 → 富士急行2000形「フジサン特急」)で採用された基本デザインです。

 
国鉄がなくなってもうすぐ30年ですが、国鉄っぽさをいち早く排除したはずのJR九州に残っているのも不思議な巡り合わせのような気がします。

 
キハ183-1002

キハ183-1002(熊クマ)  2016年5月15日 香椎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

その後、6月も設定日を大幅に増やして「あそぼーい!91・92号」が運転されることが発表されました。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ183系

1981〜1989年の鉄道ジャーナル が入荷しました

1981〜1989年の鉄道ジャーナル の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ジャーナル 1981年3月号(No.169) 「特集:私鉄ロマンスカーの世界」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1981年4月号(No.170) 「特集:急行列車はどこへ行く」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1981年5月号(No.171) 「特集:京阪神圏の鉄道(第1部)」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1981年6月号(No.172) 「特集:京阪神圏の鉄道(第2部)」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1981年8月号(No.174) 「特集:電車の時代 Part-2」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1981年9月号(No.175) 「特集:素顔のローカル線 Part-1」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1981年11月号(No.177) 「特集:地下鉄開業と福岡都市圏の鉄道」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1983年2月号(No.192) 「特集:57-11ダイヤ改正と上越新幹線開業」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1984年1月号(No.203) 「特集:1984=鉄道をとりまく明暗の話題/“客車急行”賛歌」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1985年9月号(No.223) 「特集:ローカル線 ‘85年の展開」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1986年6月号(No.233) 「特集:大阪の電車を見る」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1986年12月号(No.240) 「特集:国鉄輸送の大いなる転進」
当店価格:1,080 円

鉄道ジャーナル 1987年1月号(No.241) 「特集:国鉄改革の第一弾“61.11”ダイヤ改正」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 1987年4月号(No.245) 「特集:“民営国鉄”私鉄王国にいどむ」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1987年6月号(No.247) 「特集:さらば日本国有鉄道 JRの旅立ち」
当店価格:1,080 円

鉄道ジャーナル 1987年12月号(No.254) 「特集:JR・九州旅客鉄道/JR・四国旅客鉄道」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1988年2月号(No.256) 「特集:JR貨物/青函連絡船」
当店価格:810 円

鉄道ジャーナル 1988年7月号(No.261) 「特集:63.3ニューフェイス列車/C623」
当店価格:648 円

鉄道ジャーナル 1989年1月号(No.267) 「特集:鉄道車両新時代の競演」
当店価格:972 円

鉄道ジャーナル 1989年12月号(No.278) 「特集:九州の鉄道新時代」
当店価格:540 円

 
鉄道ジャーナル(1980〜1989年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

ボルスタレス台車に取り替えられたキハ54形500番代(キハ54 509)

今回もゴールデンウィーク中の北海道遠征の成果をアップしたいと思います。

ボルスタレス台車に取り替えられた宗谷北線運輸営業所(旭アサ)のキハ54形500番代、キハ54 509 です。

 
この日は「増毛ノロッコ号」運転日のだったためなのか分かりませんが、留萌本線の列車に増結や発着番線の変更があった関係で、普段は停車しない場所にキハ54形500番代が止まってくれました。

今回の写真は普段どおりの停車位置で撮ったものですが、トイレ側からも形式写真が撮れました。

これからは廃止予定の留萌本線留萌〜増毛間のお名残乗車で賑わうことになるのでしょうか?

 
キハ54 509

キハ54 509(旭アサ)  2016年5月7日 深川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ54形は国鉄分割民営化直前の1986(昭和61)年に登場した一般形気動車です。

民営化以降も経営が厳しくなると予想されたJR北海道・JR四国・JR九州(JR三島)の経営基盤整備を目的として、キハ31形とキハ32形とともに各地に投入されました。

キハ54形は四国地区に0番代、北海道に500番代が投入されましたが、投入地域の事情がまったく異なるため、2エンジンの一般形気動車共通の足まわりを備えた21m級ステンレス製車体の両運転台車であることくらいしか共通項はありません。

 
両運転台のキハ24形やキハ40形に類似した車内配置になっていますが、キハ54 501~526 は座席はバケット式のセミクロスシート仕様で、急行「礼文」用として登場した キハ54 527~529 は新幹線用の転換式クロスシート(発生品)を使用していました。

台車は廃車発生品の軸ばねにゴム被覆を施したDT22Fを履いていましたが、2003〜2005(平成15〜17)年の台車取替工事で軸梁式ボルスタレス台車の N-DT54 に交換され、変速機の換装も行われました。

この他に、客室の座席をキハ183系や「海峡」用のオハ50系からの発生品である簡易リクライニングシートや転換クロスシートに交換するなどの後年改造が行われたため、現在はボックスシートのセミクロスシート車は消滅しています。

 
N-DW54 台車(キハ54 511)

キハ54 511 の N-DW54 台車

 

キハ54形500番代は整った窓割りと2エンジンという力強さから落成当初から何度か形式写真を撮っていました。

たまたまスキャン済みのネガが手元にありましたので、DT22系時代のモノクロ写真も参考までにアップしておきます。

 
キハ54 517

キハ54 517(釧クシ)  1993年7月25日 釧路運転所



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ31・54系