2016年04月

何故かTR47台車を履いている大井川鐵道の オハ35 459

遠征1日目(4/27)は雨のため散々な結果でしたが、2日目(4/28)も関西地方は雨予報。

それじゃダメだと思って午後には帰途に就きましたが、途中のサービスエリアで天気予報をチェックしてみたところ、静岡県内ならお昼ぐらいに雨が上がるとの予報が。

 
ならば、遠征2日目(4/28)は、

朝から大井川鐵道の新金谷に行って旧形客車を撮り、

お昼過ぎに川根温泉で今回の強行遠征の疲れを取る、

こんなプランなら遠征を無駄にしないで済むのでは、と考えました。

 
Twitter のタイムラインに、大井川鐵道の オハ35 459 がTR47台車を履いるとの情報が上がってからは、ず〜っと行きたいと思ってましたからね…

これが撮れれば文句なし。

 
しかし、2日目(4/28)は朝から雨。

あきらめずに新金谷入りし、待つこと約5時間。

お昼ごろになって、ようやく オハ35 459 の形式写真が撮れました。

 
はやり、被写体が旧形客車だと気合いの入り方が違います。

障害物を除けるために、レンズを変えたり、三脚の高さを調整して頑張って撮りました。

 
オハ35 459

オハ35 459  2016年4月28日 大井川鐵道新金谷車両区

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国鉄時代であれば、台車振替によって“ス”級に形式変更とされてもおかしくないのでは、と思っています。

オハフ33形1000番代の例があるので、台車違いを整理して“スハ42形”の1000番代あたりに改番されていたのかな、と。

 
オハ35 459 の妻面の重量標記を見ると、自重は 30.6 t 。

恐らく、台車振替がされていないときの標記のままだと思われます。

 
オハ35 459 の重量標記

オハ35 459 の重量標記

 
国鉄時代の諸元表によれば、オハ35形の自重は 31.6〜34.5 t 。

TR47 台車は TR23 系よりも約1 t 重いので、台車振替で自重が変わったとしても約 31.6 t 。

これならオハ35形の自重の範囲内なので、国鉄/JR方式で形式を見直したとしても変更する必要はなさそうです。

 
でも、台車振替車両を営業運用に入れるためには事務手続きが必要でしょうから、頻繁にこのような台車振替はしないでしょう。

 
では、何のために台車振替が行われたのでしょうか?

不思議です…

 
TR23 台車を履いたスハフ42形や旧オハ46形が運用に就いていればいいのですが、そのような話しは聞きません。

しばらくは謎のままなのでしょうね。



この形式写真に関連するタグ: オハ35系 , 国鉄 , 大井川鐵道

和歌山地区地域色の青緑色に塗色変更された クハ104-507

一昨年からこの時期になったら撮りに行きたいと思っていた場所がありました。

でも、遠いのと優先順位の関係で後回しにしていたのですが、ここ数年の遠征でこれまで優先順位が低かった場所にも行けるようになってきたので、ゴールデンウィークで道路が混み始める前の4/27(水)に車中泊で行ってきました。

 
関西方面ですが、残念ながら現地はほとんど雨で、思うような写真が撮れなかったので、再挑戦したら改めてご報告いたします。

 
その日は早々と撮影を切り上げ、すぐに別の場所に移って105系電車をゆっくり撮ってましたので、今回はその中から唯一ラッピング塗装が施されていない状態の1枚をアップしたいと思います。

吹田総合車両所日根野支所新在家派出所(近ヒネ)の クハ104-507 です。

 
クハ104-507

クハ104-507(近ヒネ)  2016年4月27日 五条駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

お昼前後に和歌山線の五条駅に3時間ほど滞在して105系の クハ104-551 が入線するのを待ちましたが、1区分1両の珍車が簡単に撮れることはなく、やって来たのはほとんどがラッピング車両。

ある意味運がよかったのかも知れませんが、先ずは基本を押さえるために和歌山地区地域色の青緑色をまとった105系車両を狙いましたが、撮れたのは国鉄末期に103系 モハ102-1020 を電装解除のうえで先頭車化された クハ104-507 のみ。

もう少し時間を掛けないと近ヒネの105系は撮れないということを痛感した遠征となりました。

 
夜通し運転で、しかも片道550kmも掛けた遠征の割りに成果の少なかった1日。

低気圧には勝てませんから仕方ないですね。

14時過ぎには名阪国道に乗って帰宅の途に就いていたので、現地滞在よりも移動が長かった遠征1日目は呆気なく終わりました。



この形式写真に関連するタグ: 105系 , JR西日本

2011年の鉄道ジャーナル が入荷しました

2011年の鉄道ジャーナル が新たに入荷しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

鉄道ジャーナル 2011年1月号(No.531) 「特集:東京の通勤電車 2011」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年2月号(No.532) 「特集:分岐駅の素顔」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年3月号(No.533) 「特集:東北新幹線と青森の鉄道」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年4月号(No.534) 「特集:最新 鉄道車両デザインブック」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年5月号(No.535) 「特集:はやぶさ・さくら・みずほ 愛称物語」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年6月号(No.536) 「特集:九州一周 新幹線&特急列車」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年7月号(No.537) 「特集:大阪駅 新たな景観と快速電車」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年8月号(No.538) 「特集:東京圏輸送の先端」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年9月号(No.539) 「特集:新幹線大集合」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年10月号(No.540) 「特集:電車の顔」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年11月号(No.541) 「特集:地方鉄道のこれから」
当店価格:540 円

鉄道ジャーナル 2011年12月号(No.542) 「特集:鉄道車両工場」
当店価格:540 円

 
鉄道ジャーナル(2011年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

地味な少数区分車のキハ112形150番代(キハ112-151)

ここ20年以上の運動不足が重傷だったようで、スポーツジムに通って筋トレをすると筋肉痛で体中がだるくなってしまい、日常生活がいっぱいいっぱいになってしまいました。

もう少しすれば体も慣れてくると思ったのですが、筋トレのメニューが増えたりで、相変わらずのヘトヘトな状況です。

 
でも一方で、この時期は曇りの天気が多い。

 
ご報告が遅くなってしまいましたが、先週の木曜日(4/21)に「リゾートみのり」編成の2号車(キハ48 549)、3号車(キハ48 546)を撮りに行ってきましたので、その待ち時間に撮影した地味に貴重な車両の形式写真をアップしたいと思います。

郡山総合車両センターで全般検査が終わったばかりと思われる、小牛田運輸区(仙ココ)の キハ112-151 です。

 
キハ112-151

キハ112-151(仙ココ)  2016年4月21日 福島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ112形150番代(トイレなし)はキハ111形150番代(トイレ付き)とペアを組んで使用される100番代のマイナーチェンジ車です。

キハ111・キハ112形150番代の2両編成が1994(平成6)年9月に2本製造されました。

 
前年に登場したキハ111・キハ112形200番代と同様に運転台部分が構造強化されており、前位ドアが20mmほど後退してますが、水郡線の増備車のためステップ高さが100番代の1,036mmに合わせられています。

そのため150番代という区分が起こされました(200番代のステップ高さは970mm)。

すでに、1993(平成5)年9月に落成した200番代から客用ドアがプラグ式から引き戸式に変更されていたので、本区分も引き戸式のドアを採用しています。

 
なお、Wikipedia は一部記述が間違ってますので、ご注意願います。

車体延長はされてませんし、床面高さも変更されていません。

 
当初、キハ111・キハ112形150番代は水郡線営業所(水スイ)に配置されて水郡線で使用されていましたが、3ドア車のキハE130形が新製投入されたため2007(平成19)年3月に盛岡車両センター(盛モリ)に転属となりました。

このときに、盛モリ仕様として前後位の妻部に転落防止ホロが取り付けられ、さらに花輪線・山田線・岩泉線用として屋根上に衛星携帯電話用のアンテナが設置されました。

 
2011(平成23)年7月にキハ111-151・キハ112-151のみ仙ココに転属となり、おもに陸羽東線で使用されるようになりました。
このときに転落防止ホロと衛星携帯電話用アンテナが撤去されました。

写真では分かりにくいですが、きちんと撤去されているのが見て取れると思います。

 
キハ111・キハ112形150番代は少数区分車で、しかも盛モリと仙ココに分かれて配置されているので撮影が難しいですが、取り敢えずカーテン閉の状態でキハ112形150番代が撮影できたので、あとはノンビリ相方のキハ111形150番代を狙ってみようと思います。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系

1990〜1999年のRail Magazine が入荷しました

1990〜1999年のRail Magazine の在庫を補充しました。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

Rail Magazine 1990年10月号(No.83) 「特集:現役ブルートレイン紳士録」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1991年1月号(No.86) 「特集:スター・トレインこの1年」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1991年7月号(No.93) 「特集:蒸機を撮る!」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1992年2月号(No.101) 「特集:客車列車D・A・I・S・U・K・I」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1992年9月号(No.108) 「特集:交流電機がアブナイ! Part-1」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1994年2月号(No.125) 「特集:いま、「国鉄」が好き!(旅客車編)」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1994年3月号(No.126) 「特集:いま、「国鉄」が好き!(機関車・貨車編)」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1994年6月号(No.129) 「特集:もっと知りたい! 蒸気機関車100のQ&A」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1994年10月号(No.133) 「特集:EF66 Perfect !」
当店価格:810 円

Rail Magazine 1995年1月号(No.136) 「特集:12月ダイ改でここまで減った!普通客車列車74本の素顔」
当店価格:648 円

Rail Magazine 1995年12月号(No.147) 「特集:交流電機たちの秋」
当店価格:810 円

Rail Magazine 1996年4月号(No.151) 「特集:今、盲腸線が面白い!」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1996年5月号(No.152) 「特集:JRデイーゼル機関車623輌の現在」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1997年10月号(No.169) 「特集:激変の秋ダイヤ改正」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1997年11月号(No.170) 「特集:115系 1600輌の今!」
当店価格:810 円

Rail Magazine 1998年1月号(No.172) 「特集:現存キハ58系究極解析(下)」
当店価格:1,080 円

Rail Magazine 1998年6月号(No.177) 「特集:蒸気機関車 1998」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1998年7月号(No.178) 「特集:さらば〈瀬戸〉〈出雲〉・・・ブルトレは今!」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1999年2月号(No.185) 「特集:DD51 その果てしなき魅力」
当店価格:810 円

Rail Magazine 1999年5月号(No.188) 「特集:祝C57 180復活!磐越西線総力徹底ガイド」
当店価格:540 円

Rail Magazine 1999年7月号(No.190) 「特集:パノラマエイジの終焉」
当店価格:648 円

 
Rail Magazine(1990〜1999年)


この記事に関連する形式写真タグはありません