2014年11月

JR貨物独自仕様のEF66形100番代1次車(EF66 102)

今日は高尾駅までプチ出撃をして、最近になってようやく中央東線運用に入った長野総合車両センター(長ナノ)のロングシート6両編成の211系2000番代を撮りに行くつもりでしたが、家族の用事が入ってしまいNG。

 
出撃できず仕舞いで撮影報告ができなくなってしまったので、別の形式写真をアップします。

今月(11月)初旬にやっと撮影できたEF66形100番代1次車の EF66 102(吹)です。

 
EF66 102

EF66 102(吹)  2014年11月6日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

EF66形100番代が登場した経緯は EF66 120 のときに書きましたのでそちらを読んでいただくとして、1989(平成元)年に製造された EF66 101〜108 は100番代1次車として分類されており、1990・1991(平成2・3)年に増備された EF66 109〜133 とは一部仕様が異なっております。

パッと見で分かるような違いは前照灯・尾灯の形状とそのカバーの有無、そして車体裾部の青色帯の有無ぐらいかも知れませんが、丸形ライトを装備した1次車を撮るとなると両数が少ないが故に非常に困難です。

EF65形2000番代のように首都圏を中心に運用されているのであれば、追いかけていればそのうち撮れるような気がするのですが、EF66形はおもに東京貨物〜下関間の高速貨物列車で使用されているので、気軽に撮りには行けません。

 
こういう条件の車両は年単位で追いかけるしかないと諦めていますが、たまたま時間の融通が利く日にEF66形100番代1次車が富士にやって来てくれましたので、今回のようにきれいに形式写真が撮れました。

 
EF66形は国鉄形車両の0番代の方に人気が集中していますが、0番代が輝いていた時代は既に終わっています。

国鉄形の0番代を狙うのもいいですが、この先どれだけ活躍できるか分からない100番代も撮れるときに撮っておいた方がいいと思っています。

コキ104形0番代後期形車両の コキ104-2275

撮影後すぐにアップしようと思ってレタッチまではしていたのですが、用意していたこと自体を忘れてしまった写真をアップします。

鉄道コンテナ50周年を記念して50個だけ製作された黄緑色の19D形のコンテナを積載した コキ104-2275 です。

コキ104-1281以降の後期車両ですので、台車の軸受が改良されて外観の印象が少し変わりました。すでにアップされている コキ104-1245 と見比べてみてください。

 
コキ104-2275

コキ104-2275  2014年10月2日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
国鉄コンテナといえば黄緑6号が当たり前だったのが、JR貨物になってからは青22号に変わり、いつの間にか赤紫色(JRFレッド)に置き換わっていました。

貨物車両にぜんぜん興味がなかったので、今でも青22号のコンテナが残っているものと思っていましたが、JR貨物の機関車を意識して撮るようになるまで気が付きませんでした。

 
ダメですね…

もう少し積極的に貨物車両にもカメラを向けようと反省しています。

富山地区で活躍するJR西日本のDE10形1500番代(DE10 1531)

寝不足を圧して強行した北陸遠征がたたったのか、それとも帰ってきてから父関係の手続きの日が続いたためなのか、少々お疲れモードが抜けきれずにおります。

 
関東地方はここ数日安定して曇るような天気でなかったので、気持ちよく体を休めることができましたが、まだ体調不良から抜け出せておりません。

3日前(11/22)までは、美濃太田駅の今日(11/25)の天気予報が曇りだったので、何とかこの状態を脱して1日だけでも遠征に出れればなんて考えてました。
でも、一昨日(11/23)には予報が悪化して雨に変わり、実際に中部地方全域で雨となったので少し安堵。これで体を休めることができたのでね…

キハ25形の投入が決まっているので、このように撮影時期に限りがあるときは気が休まらない。いつもこんな感じなのです。

 
ということで、今回は撮影報告をするネタがなくなりましたので、先日の北陸遠征で撮れた形式写真の中で地味にうれしかったものをアップします。

JR貨物ではなくてJR西日本所属のDE10形1500番代で、富山地域鉄道部富山運転センター(富)の DE10 1531 です。

交流電化区間で使われるのでボンネットに“昇降禁止”の掛け札と“架線注意”のプレートが取り付けられ、そして後付けのヒサシに列車無線アンテナが乗っかり、さらに極寒地向けのため運転台窓にツララ切りと旋回窓が装備されているタイプです。

 
DE10 1531

DE10 1531(富)  2014年11月16日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

手前に停車目標の標識が立っているので形式写真としてはイマイチな構図になってしまいましたが、珍しくなったタブレットキャッチャーとタブレット保護板が残されているDE10形が綺麗に記録できたのでヨシとしています。

希少価値があるほど珍しくはないですが、JR貨物になってから新塗色(赤灰色系のB更新色など)に変更された車両はタブレット保護板まで跡形もなく撤去されていますし、国鉄色のまま残っている車両でもタブレットキャッチャーなどを撤去してキャブの側面が寂しくなったものが増えています。

青色一色に塗り替えられた455/475系の制御車(クハ455-19)

今回の北陸遠征は3日目(11/16)に七尾駅で683系がきれいに撮影でき、しかもその後の高岡駅でもたくさんの681・683系が撮れたので大満足。

相当無理をして撮影場所に移動していたので、もう帰ってもいいかなぁ〜なんて思っていましたが、今回の遠征では見ることすらなかった475系の運用をチェックしたところ、なんと475系のA07編成が413系運用に代走として入っているとのこと。

しかも、翌日(11/17)の真っ昼間に直江津駅に入るかも…

 
となると順調に運用が推移しているかが問題になってくるので、実車を確認するために魚津に直行!と思いましたが、クルマ社会の富山県内は夕方の渋滞が酷く、すんなりと高岡市内から魚津に移動できず。

仕方ないので、少々遠回りをして別の場所で475系が走り過ぎていくのを見送りし、青い車体の急行形車両であるのを確認。

そして、帰宅を諦めて国道8号線を東に進んで直江津駅のある上越市に移動して遠征3日目を終えました。

 

遠征4日目(11/17)は朝から国道8号線を東に進み、直江津駅へ。

でも、夜が明けたら雲がなくなりいい天気に。

 
事前の運用確認で体質改善の施工を受けた青色一色の413系B10編成と、同じく青色一色に塗り替えられた475系A07編成が直江津駅の1番線で折り返す運用に入っているのを事前に確認していたので、あとは停車中に曇ってくれるのを祈るだけ。

だいたいこういうときは、事前の運用確認の甲斐なくピーカンで終わることが多いのですが、今回はたまにやって来る雲が運よく太陽を遮ってくれる瞬間がありましたので、そのときに形式写真を撮ることできました。

 
今回の北陸遠征は681・683系をメインに追いかけていたので、金沢〜富山間を中心に朝晩だけしか運用されない475系は諦めていました。でも、413系の代走というかたちで475系が広域運用に就いてくれたために撮影できたのはラッキーでした。

しかも、3本しか運用されていない475系の青色編成が撮れたのですからね。

 
遠征4日目(11/17)はこれで終わり。

あとは夕飯の支度に間に合うように急いで帰宅しました。

 

今回の北陸遠征は形式写真仲間の情報を元に撮影地を転々とし、ここぞという撮影場所ではいい具合に曇ってくれました。

これで北陸新幹線金沢開業で影響がありそうな車両はほとんど撮影済みになりました。

形式写真仲間の皆さんのおかげです。
ありがとうございました。

 
クハ455-19

クハ455-19(金サワ)  2014年11月17日 直江津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

「サンダーバード」基本編成の貫通形先頭車(クモハ683-1502)

今回は北陸遠征の3日目(11/16)について書きます。

 
今回の遠征は天気予報が機関よってバラバラで、しかも直前になって変わってしまうことが多くて困りました。
遠征3日目はしっかりと実績を残しておきたかったので、雨と晴れのどちらに転ぶか分からない予報を気にせずに雲の動きや雨雲レーダーを注視しながら行動しました。

というのは、2日目(11/15)のうちに七尾駅に向かって側線に683系が留置されているのを確認していたので、3日目はどのような天気になっても吹田総合車両所京都支所(近キト)の683系編成を撮る、という覚悟を決めたからです。

本当は白い車体なので曇っているときに撮りたいんですけど…

 
近キトが受け持つ特急「サンダーバード」は681・683系が共通で運用されているので、当日、七尾駅に行ってみたらすでに撮影済みだった681系が止まっていた、なんてことは避けたかったのです。

何度も七尾駅に通うことはできないですからね…

 
2日目の晩は七尾市郊外で日本海に面する“道の駅いおり”で車中泊し、朝からの683系狙いに備えてましたが、やはり朝までに雲がなくなりいい天気に。

前々日(11/14)の敦賀駅での運用チェック、そして前日(11/15)の七尾駅での再確認が無に終わるのかと心配しましたが、西の空がだんだんと暗くなり、七尾駅周辺に雲が厚く垂れ込めるようになりました。次第に一体が曇で覆われるようになり、そのうち太陽が出ていた南東の空にも雲が掛かってくれました。

 
雲が多くなり過ぎると雨が降り出すので、急いで683系(キトW32編成)を撮ったうちの1枚が次の写真です。

吹田総合車両所京都支所(近キト)が受け持つ「サンダーバード」の基本編成の奇数方先頭車で、貫通形の クモハ683-1502 です。

 
クモハ683-1502

クモハ683-1502(近キト)  2014年11月16日 七尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

681系(キトW12・W13編成)のクモハ681形500番代とほとんど同じような外観をしていますが、こちらの683系は160km/h運転を行う「はくたか」運用には絶対に入らないので、対向式油圧キャリパ式車輪ディスクブレーキが装備されていません。

そのため足元にはキラリと光るディスクが見られませんし、客窓が一般的な独立窓のため681系のような連続窓ではありません。

こちら側の先頭車だけを見ると見分けが付きにくいですが、反対側の先頭車(クロ681形またはクロ683形)の連結器カバーを見ると一目瞭然なのです。