2014年11月

2001~2004年の季刊 Jトレイン が入荷しました

2001~2004年の季刊 Jトレイン(イカロス出版刊)の在庫補充をしました。
 
ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 
季刊 Jトレイン Vol.2

出版: イカロス出版
発行: 2001年6月
状態: B-(背に少々ヤケあり)
価格: 756円(税込み)

特集: 国電 2001
内容: サシ481・489形/国鉄在来線黄金時代の軌跡 (2) 東京〜山陽・九州間急行列車(後編)/「別れ」の日が近いキハ181系/交直流急行形電車451〜475系 (2)/国鉄新性能電車アカデミー (2) 電車の黄金時代(前編)

季刊 Jトレイン Vol.2

 
季刊 Jトレイン Vol.3

出版: イカロス出版
発行: 2001年9月
状態: AB-(表紙の一部・背に少々ヤケあり)
価格: 1,080円(税込み)

特集: 帰ってきた“ゴッパーサン”
内容: 国鉄在来線黄金時代の軌跡 (3) 東京〜関西間昼行優等列車(前編)/国鉄新性能電車アカデミー (3) 電車の黄金時代(後編)/追憶の「房総夏ダイヤ」/交直流急行形電車451〜475系 (3)/食堂車 サシ581形

季刊 Jトレイン Vol.3

 
季刊 Jトレイン Vol.5

出版: イカロス出版
発行: 2002年3月
状態: A-(表紙の一部・背にヤケあり)
価格: 1,350円(税込み)

特集: 直流の電機「EF65」の軌跡
内容: 知られざる国鉄形機関車 DD53/国鉄在来線黄金時代の軌跡 (5) 東京〜関西間夜行急行列車(前編)/国鉄新性能電車アカデミー (5) 国鉄末期の改革時代/ブルートレインの食堂車/交直流急行形電車451〜475系 (5)

季刊 Jトレイン Vol.5

 
季刊 Jトレイン Vol.14

出版: イカロス出版
発行: 2004年6月
状態: A
価格: 810円(税込み)

特集: 超特急の原点。0系
内容: 名車両追跡 EF60 4次型/ドキュメントJNR 1986年11月改正 国鉄最後のダイヤ改正/2003年10月改正のJR貨物の機関車運用/国鉄在来線黄金時代の軌跡 (14) 東京・関西〜青森・北海道 連絡特急・急行列車 (5)

季刊 Jトレイン Vol.14

 
季刊 Jトレイン Vol.15

出版: イカロス出版
発行: 2004年9月
状態: A
価格: 810円(税込み)

特集: アーバンライナー「新快速」
内容: ドキュメントJNR キハ80系の活躍/EF65 500番台“P” 25両の軌跡

季刊 Jトレイン Vol.15


この記事に関連する形式写真タグはありません

JR貨物独自仕様のEF66形100番代1次車(EF66 102)

今日は高尾駅までプチ出撃をして、最近になってようやく中央東線運用に入った長野総合車両センター(長ナノ)のロングシート6両編成の211系2000番代を撮りに行くつもりでしたが、家族の用事が入ってしまいNG。

 
出撃できず仕舞いで撮影報告ができなくなってしまったので、別の形式写真をアップします。

今月(11月)初旬にやっと撮影できたEF66形100番代1次車の EF66 102(吹)です。

 
EF66 102

EF66 102(吹)  2014年11月6日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

EF66形100番代が登場した経緯は EF66 120 のときに書きましたのでそちらを読んでいただくとして、1989(平成元)年に製造された EF66 101〜108 は100番代1次車として分類されており、1990・1991(平成2・3)年に増備された EF66 109〜133 とは一部仕様が異なっております。

パッと見で分かるような違いは前照灯・尾灯の形状とそのカバーの有無、そして車体裾部の青色帯の有無ぐらいかも知れませんが、丸形ライトを装備した1次車を撮るとなると両数が少ないが故に非常に困難です。

EF65形2000番代のように首都圏を中心に運用されているのであれば、追いかけていればそのうち撮れるような気がするのですが、EF66形はおもに東京貨物〜下関間の高速貨物列車で使用されているので、気軽に撮りには行けません。

 
こういう条件の車両は年単位で追いかけるしかないと諦めていますが、たまたま時間の融通が利く日にEF66形100番代1次車が富士にやって来てくれましたので、今回のようにきれいに形式写真が撮れました。

 
EF66形は国鉄形車両の0番代の方に人気が集中していますが、0番代が輝いていた時代は既に終わっています。

国鉄形の0番代を狙うのもいいですが、この先どれだけ活躍できるか分からない100番代も撮れるときに撮っておいた方がいいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: EF66形 , JR貨物

“ドキュメント列車追跡”シリーズ が入荷しました

“リバイバル作品集 ドキュメント列車追跡”シリーズが入荷しました。
 
“ドキュメント列車追跡”は全12冊の鉄道ジャーナルからの再録シリーズですが、今回は5冊だけの入荷です。

抜けがあったバックナンバーだけをお求めの方向けの入荷ですので、その点はご了解ください。

 
ご注文は、トレインブックスのページからお願いします。

 
リバイバル作品集3 ドキュメント列車追跡(昭和46〜47年)

出版: 鉄道ジャーナル社
発行: 1982年8月
判型: B5 134ページ
状態: B-(最終ページ下部の応募券の切り取りあり)
価格: 1,296円(税込み)

内容: 特急〈出雲〉22人の乗務員とDD54の記録/特急〈金星〉を運転する 下関→博多/ふるさと列車〈おくのと〉/急行〈大雪6号〉〜ドン行1527列車/客車急行〈白山〉/阪和線“新快速”/春陽と四国の風/新・特急〈さくら〉は西へ/豊肥本線1727列車/中央線“婦人子供専用列車”/大夕張で働く“キューロク”

リバイバル作品集3 ドキュメント列車追跡(昭和46〜47年)

 
リバイバル作品集4 ドキュメント列車追跡(昭和48年)

出版: 鉄道ジャーナル社
発行: 1982年9月
判型: B5 134ページ
状態: B-(最終ページ下部の応募券の切り取りあり)
価格: 1,296円(税込み)

内容: 〈つばさ51号〉秋田→上野/〈みずほ〉東京→博多/特急にっぽん一周/島原鉄道の国鉄乗入れ急行 博多→加津佐/木曽森林鉄道/“出世列車”下り〈津軽2号〉上野→秋田→青森/〈いなほ1号〉上野→秋田→青森/コンテナC10-14989の軌跡(隅田川→札幌貨物ターミナル)

リバイバル作品集4 ドキュメント列車追跡(昭和48年)

 
リバイバル作品集5 けむりの旅路(竹島紀元“SL追跡”特集)

出版: 鉄道ジャーナル社
発行: 1983年3月
判型: B5 134ページ
状態: B-(表紙にシミ・最終ページ下部の応募券の切り取りあり)
価格: 1,350円(税込み)

内容: C62重連急行〈ニセコ1号〉 小樽→長万部/呉線から函館本線に移ったC62 15・16を追う/春浅き日向の野辺のC61/中央西線最後のD51貨物列車に乗る/伯備線 2492列車/新見機関区の蒸気機関車たち/最果てSL望郷紀行(根室→稚内)

リバイバル作品集5 けむりの旅路(竹島紀元“SL追跡”特集)

 
リバイバル作品集7 ドキュメント列車追跡(昭和50年)

出版: 鉄道ジャーナル社
発行: 1983年1月
判型: B5 134ページ
状態: B-(最終ページ下部の応募券の切り取りあり)
価格: 1,296円(税込み)

内容: 特急にっぽん大横断 西鹿児島→網走/ひかり vs あさかぜ/特急〈しなの5号〉大阪→長野/〈北陸〉→〈加越〉の旅/“北陸快速”繁昌記/四国の鉄道を走る/小田急NSE特急「はこね」の旅/特急〈出雲〉の裏方さんたち/室蘭本線のC57

リバイバル作品集7 ドキュメント列車追跡(昭和50年)

 
リバイバル作品集11 ドキュメント列車追跡(昭和54年)

出版: 鉄道ジャーナル社
発行: 1983年11月
判型: B5 130ページ
状態: B
価格: 1,296円(税込み)

内容: オホーツク北上 各駅停車/“青い国”四国のディーゼルカー見参!/〈はつかり5号〉食堂車乗務10名の奮闘記/中国山地のレッド・トレイン/キハ66・67形ローカル急行〈日田〉〈はんだ〉/南九州の鉄道めぐり/西武レッドアローで武蔵野へ旅立つ/だいせん5号 大阪→大社

リバイバル作品集11 ドキュメント列車追跡(昭和54年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

コキ104形0番代後期形車両の コキ104-2275

撮影後すぐにアップしようと思ってレタッチまではしていたのですが、用意していたこと自体を忘れてしまった写真をアップします。

鉄道コンテナ50周年を記念して50個だけ製作された黄緑色の19D形のコンテナを積載した コキ104-2275 です。

コキ104-1281以降の後期車両ですので、台車の軸受が改良されて外観の印象が少し変わりました。すでにアップされている コキ104-1245 と見比べてみてください。

 
コキ104-2275

コキ104-2275  2014年10月2日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
国鉄コンテナといえば黄緑6号が当たり前だったのが、JR貨物になってからは青22号に変わり、いつの間にか赤紫色(JRFレッド)に置き換わっていました。

貨物車両にぜんぜん興味がなかったので、今でも青22号のコンテナが残っているものと思っていましたが、JR貨物の機関車を意識して撮るようになるまで気が付きませんでした。

 
ダメですね…

もう少し積極的に貨物車両にもカメラを向けようと反省しています。



この形式写真に関連するタグ: JR貨物 , コンテナ車

1970〜1979年の鉄道ファン が入荷しました

1970〜1979年の鉄道ファン の在庫を補充しました。
 

鉄道ファン 1970年1月号(No.104) 「国鉄の試験車いろいろ」
当店価格:972 円

鉄道ファン 1970年2月号(No.105) 「門鉄デフ調査レポート」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1970年4月号(No.107) 「輸入電気機関車の歴史と現状」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1970年5月号(No.108)
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1970年7月号(No.110) 「横須賀線電車40年のあゆみ (1)」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1970年8月号(No.111) 「横須賀線電車40年のあゆみ (2)」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1970年9月号(No.112)
当店価格:810 円

鉄道ファン 1970年10月号(No.113) 「特集:C59形機関車」
当店価格:1,350 円

鉄道ファン 1970年12月号(No.115) 「45.10の表情」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1971年2月号(No.118) 「西ドイツのSLを訪ねて (1) 」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1972年4月号(No.132) 「碓氷峠の一日」
当店価格:1,350 円

鉄道ファン 1972年5月号(No.133) 「筑豊のパシフィック」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1972年6月号(No.134) 「C11 九州の足跡 (1)」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1972年7月号(No.135) 「横浜市電物語」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1972年8月号(No.136) 「羽越路のパシフィック回想記」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1972年9月号(No.137) 「門司のD51を追って」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1972年10月号(No.138) 「北海道の蒸気機関車」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1972年11月号(No.139)
当店価格:810 円

鉄道ファン 1972年12月号(No.140) 「いざ梅小路へ」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1973年1月号(No.141) 「勢揃い梅小路17人衆」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1973年2月号(No.142) 「関門トンネル30周年」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1973年3月号(No.143) 「美しきC56の里をたずねて」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1973年4月号(No.144) 「’73 SL現況」
当店価格:1,080 円

鉄道ファン 1973年5月号(No.145) 「昨日・今日・明日 東京−上野間回送線」
当店価格:810 円

鉄道ファン 1973年9月号(No.149) 「パシフィックの残煙」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1973年10月号(No.150) 「甦ったC62 3」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1973年11月号(No.151)
当店価格:864 円

鉄道ファン 1973年12月号(No.152) 「48.10で消えるSL達」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1974年1月号(No.153) 「長門路の景勝」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1974年12月号(No.164) 「EF56・57の魅力を追って」
当店価格:1,350 円

鉄道ファン 1975年5月号(No.169) 「新形電機の魅力 EF60 500」
当店価格:756 円

鉄道ファン 1976年4月号(No.180) 「東北線特急ものがたり」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1976年5月号(No.181) 「“銀河”ものがたり」
当店価格:864 円

鉄道ファン 1976年6月号(No.182) 「マンモス電機 EF66・EH10」
当店価格:648 円

鉄道ファン 1979年2月号(No.214) 「ヨン・サン・トウから10年」
当店価格:540 円

鉄道ファン 1979年11月号(No.223) 「国鉄電機 79」
当店価格:648 円


この記事に関連する形式写真タグはありません