2014年10月

JR貨物新塗色のEF200形900番代(EF200-901)

先日(10/17)、EF210-173 をアップしたときに東海道本線が復旧したと書きました。

これで運休または別経路に振り返られていた東海道本線の貨物列車が平常運転に戻りましたので、電気機関車の運用ウォッチングを再開。

 
・EF66形100番代1次車(EF66 101〜108)
・EF200形900番代(EF200-901)
・EF210形100番代1次車(EF210-101〜108)

直流電気機関車はこの3区分をチェックしますが、早速 EF200-901 が富士にやって来る運用に。

でも、昨日(10/19)の時点で今日(10/20)の天気予報は晴れ。

やっぱり珍しい車両を撮るには年単位で時間が掛かるのかとあきらめていたところ、今朝になって天気予報が午後から曇りに。しかも、アメダスを確認すると昼前から曇り。

 
これで念願の EF200-901 が撮れるのでは!なんて期待していたところ、家族の用事で富士に行っている場合ではなくなり、出られず仕舞い。

 
まぁ〜不本意ながら半逆光で撮影したのがあるので、いつ来るのか分からない次の機会を待てばいいのですが…

 
ということで、今回は先月に撮影直前に晴れてしまい撃沈となった EF200-901(吹)の形式写真をアップします。

前面がスッ飛んだ元画像でひどい状態でしたが、いろいろとレタッチをして何とか見られる写真に仕上げました。

 
EF200-901

EF200-901(吹)  2014年9月19日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
EF200-901 は試作機なので、その後量産された EF200-1〜20 に比べて屋根上機器が大きく、一方で運転室上部の屋根が浅くなっています。EF200-5 と見比べてみるとその違いが分かると思います。

 

元写真もついでにアップしますが(下写真を参照)、手前に障害物があったので、だいぶ遠くから撮影した写真です。

でも、3630万画素というモンスター級の超高精細なカメラと、絞ったときのシャープさ&ピント範囲の広さがすばらしいレンズだったおかげで、トリミング作業に十分耐えてくれたので、何とか鑑賞に堪えられるレベルまで仕上げることができました。

 
EF200-901

レッタチおよびトリミング作業前



この形式写真に関連するタグ: EF200・EF210形 , JR貨物

2002~2005年の季刊エヌ が入荷しました

2002~2005年の季刊エヌ(イカロス出版刊)の在庫補充をしました。
 
ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。
 

季刊エヌ Vol.8
 特集:Town Train JRスペックの近郊型電車/考察。24系25形
 内容:旧客の時代へ… 合造車・荷物車・郵便車編/徹底比較 新幹線0系/テキ401形(金属製キット製作講座)/Nスケール建築学入門 トイレ&物置/ヘッドマークコレクション 九州・昼行列車編
 当店価格:540 円

季刊エヌ Vol.9
 特集:フラッグシップエクスプレス/考察。キハ80系・キハ181系
 内容:旧客の時代へ… 職用車編/徹底比較 157系/EF50形(金属製キット製作講座)/ヘッドマークコレクション 中京地区編
 当店価格:648 円

季刊エヌ Vol.10
 特集:東北本線クロニクル/考察。111系・113系・115系
 内容:往年の客車時代へ… 関西からの夜行列車/徹底比較 313系/EF59形(金属製キット製作講座)/ヘッドマークコレクション 東海道・山陽本線のブルートレイン編
 当店価格:648 円

季刊エヌ Vol.15
 特集:鉄路の競演/考察。0系
 内容:徹底比較 EF64形/スーパーディテール入門 253系成田エクスプレス/国鉄6200・6250形(金属製キット製作講座)/ザ・旧客ツウ オハニ36を使いこなす
 当店価格:648 円

エヌ Vol.18
 特集:寝台特急「あさかぜ」/考察。新幹線200系
 内容:徹底比較 キハ283系/西武鉄道E22形(金属製キット製作講座)/スーパーディテール入門 185系/駅構内観察学会 上総亀山駅/ザ・旧客ツウ オハネフ12を使いこなす
 当店価格:648 円

エヌ Vol.24
 特集:鉄道情景をつくる/考察。新幹線100系
 内容:徹底比較 419系/秩父鉄道デキ1形(金属製キット製作講座)/スーパーディテール入門 EF66形100番台/シーナリー研究会 柘植駅/ザ・旧客ツウ 10系座席車を使いこなす
 当店価格:648 円

 
季刊エヌ(2002~2005年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

「北斗星」のB寝台緩急車(オハネフ25 215)

前回の スハフ12 161 と同じように“埋め込み幌が廃止された”つながりで、今回は1980(昭和50)年製の オハネフ25 215(東オク)をアップいたします。

 
オハネフ25 215

オハネフ25 215(東オク)  2014年9月8日 久喜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

24系客車は国鉄の赤字が年々悪化していた時期と重なる1973〜1980(昭和48〜55)年に製造されました。

合理化策が随所に盛り込まれて過ぎてつまらない仕様となったため、「あさかぜ」のデビューで華々しくデビューを飾った20系客車を知るものからは散々悪口を言われたようでした。

特急料金を払って乗車する車両でしたから、今のJR東日本のE231系なんて比にならないほどの酷評だったと思います。

 
編成端に連結されるオハネフ25形は増解結が頻繁に行われる車両なのに、途中から仕様変更された100番代はジャンパー栓の取り扱いがやりにくい切妻形。それだけでなく、方向転換も不能。

ちょうど100番代は九州ブルトレ用に増備されたグループで、オハネフ25形とは反対の編成端には必ず荷物車(カニ24形)が連結されていたので当時は問題ありませんでしたが…

 
でも、やっぱり付属編成には方向転換された緩急車が付いていた方がいいなぁ〜 ということで1977(昭和52)年に再度仕様変更されてオハネフ25形200番代が増備され、ついでに後位車端部も切妻形からやや後退角を設けた折妻形に戻りました。

残念ながら見た目に気を遣う余裕がなかったのか、“埋め込み幌”は復活しませんでした。



この形式写真に関連するタグ: 24系 , JR東日本

1992〜1997年のとれいん が入荷しました

1992〜1997年のとれいん の在庫を補充しました。
 

とれいん 1992年6月号(No.210)
 特集:つりかけの音
 車輛の視点:クモハ42形
 当店価格:648 円

とれいん 1992年12月号(No.216)
 特集:魅惑の鉄道 大糸線
 車輛の視点:JR北海道 キハ281系
 当店価格:810 円

とれいん 1993年11月号(No.227)
 内容:現代コンテナの視点
 当店価格:540 円

とれいん 1994年3月号(No.231)
 車輛の視点:近鉄 23000系“伊勢志摩ライナー”・南海電鉄 50000系“ラピート”
 当店価格:1,080 円

とれいん 1994年4月号(No.232)
 車輛の視点:JR東海 新幹線ロングレール運搬車 LRA9100
 当店価格:648 円

とれいん 1994年10月号(No.238)
 特集:南海電車
 車輛の視点:新幹線 300系・南海電鉄 22000系・1201系
 当店価格:1,296 円

とれいん 1994年12月号(No.240)
 車輛の視点:JR東日本 E217系 当店価格:810 円

とれいん 1996年11月号(No.263)
 Modelers File:JR貨物 シキ800形(シキ810B2)
 当店価格:810 円

とれいん 1997年2月号(No.266)
 Modelers File:京阪電鉄 800系電車
 当店価格:1,080 円

 
とれいん(1992〜1997年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

高崎地区のSL列車で使用されているスハフ12形100番代(スハフ12 161)

本日(10/18)、12系客車を使用した「八高線80周年記念号」が八王子~高崎間で運転されたみたいで、DD51形のプッシュプルの写真がTwitterやFacebookでたくさんアップされていましたので、今回はこれに関連する形式をアップしようと思います。

 
高崎車両センターには動態保存の蒸気機関車だけでなく電気機関車やディーゼル機関車が多数配置されており、これらを活用したイベント列車が頻繁に運行されています。

しかし、牽引される側の客車はイベント用として残された旧形客車と12系客車しかいません。
旧形客車は車齢の関係から滅多矢鱈に使われるわけではないので、客車列車は青い車体の12系がほとんどです。

でも、その12系も高崎(高タカ)には1編成分の6両しか配置されていないので、繋がれる車両はいつも同じ。

 
編成両数を調整するために中間車のオハ12形は休みがもらえますが、編成両端のスハフ12形はオハ12形にサービス電源を供給するため休みがありません。

そのため、高崎地区でイベント列車が運転されると機関車の次位に必ず下の写真のスハフ12形100番代が連結されます。

 
スハフ12 161

スハフ12 161(高タカ)  2012年8月31日 横川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

スハフ12形100番代は63両が製造されましたが、最終ロットの昭和52年度第2次債務車の スハフ12 149~163 は埋め込み幌が廃止されて後方監視窓が縦長となりました。

 
客車列車がそれほど珍しくなかった時代に12系客車の各区分は一通り撮影しましたが、スハフ12形100番代は初期車を撮っただけで後期車については後回しにしてました。

高崎と宮原にイベント用に残ったので放っておいたのですが、最近は駅設備の簡素化で牽引機関車の機回しができなくなった駅が増えてしまい、スハフ12形の後位側(車掌室側)がきちんと出ている状態で撮るのが難しくなってしまいました。

完全に消滅したわけではないので、いつかは撮り直そうと思っていますが、どこに行けば乗客がいない状態できれいに撮れるのでしょうね?

 
いつどこで走るか分からないような回送列車で撮ればいいのですが、願望だけで終わりそうな気もしているので、もう少し真剣に撮影地探しをしなければと、少し焦っています。



この形式写真に関連するタグ: 12系 , JR東日本