2014年10月

JR貨物新塗色のEF200形900番代(EF200-901)

先日(10/17)、EF210-173 をアップしたときに東海道本線が復旧したと書きました。

これで運休または別経路に振り返られていた東海道本線の貨物列車が平常運転に戻りましたので、電気機関車の運用ウォッチングを再開。

 
・EF66形100番代1次車(EF66 101〜108)
・EF200形900番代(EF200-901)
・EF210形100番代1次車(EF210-101〜108)

直流電気機関車はこの3区分をチェックしますが、早速 EF200-901 が富士にやって来る運用に。

でも、昨日(10/19)の時点で今日(10/20)の天気予報は晴れ。

やっぱり珍しい車両を撮るには年単位で時間が掛かるのかとあきらめていたところ、今朝になって天気予報が午後から曇りに。しかも、アメダスを確認すると昼前から曇り。

 
これで念願の EF200-901 が撮れるのでは!なんて期待していたところ、家族の用事で富士に行っている場合ではなくなり、出られず仕舞い。

 
まぁ〜不本意ながら半逆光で撮影したのがあるので、いつ来るのか分からない次の機会を待てばいいのですが…

 
ということで、今回は先月に撮影直前に晴れてしまい撃沈となった EF200-901(吹)の形式写真をアップします。

前面がスッ飛んだ元画像でひどい状態でしたが、いろいろとレタッチをして何とか見られる写真に仕上げました。

 
EF200-901

EF200-901(吹)  2014年9月19日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
EF200-901 は試作機なので、その後量産された EF200-1〜20 に比べて屋根上機器が大きく、一方で運転室上部の屋根が浅くなっています。EF200-5 と見比べてみるとその違いが分かると思います。

 

元写真もついでにアップしますが(下写真を参照)、手前に障害物があったので、だいぶ遠くから撮影した写真です。

でも、3630万画素というモンスター級の超高精細なカメラと、絞ったときのシャープさ&ピント範囲の広さがすばらしいレンズだったおかげで、トリミング作業に十分耐えてくれたので、何とか鑑賞に堪えられるレベルまで仕上げることができました。

 
EF200-901

レッタチおよびトリミング作業前

「北斗星」のB寝台緩急車(オハネフ25 215)

前回の スハフ12 161 と同じように“埋め込み幌が廃止された”つながりで、今回は1980(昭和50)年製の オハネフ25 215(東オク)をアップいたします。

 
オハネフ25 215

オハネフ25 215(東オク)  2014年9月8日 久喜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

24系客車は国鉄の赤字が年々悪化していた時期と重なる1973〜1980(昭和48〜55)年に製造されました。

合理化策が随所に盛り込まれて過ぎてつまらない仕様となったため、「あさかぜ」のデビューで華々しくデビューを飾った20系客車を知るものからは散々悪口を言われたようでした。

特急料金を払って乗車する車両でしたから、今のJR東日本のE231系なんて比にならないほどの酷評だったと思います。

 
編成端に連結されるオハネフ25形は増解結が頻繁に行われる車両なのに、途中から仕様変更された100番代はジャンパー栓の取り扱いがやりにくい切妻形。それだけでなく、方向転換も不能。

ちょうど100番代は九州ブルトレ用に増備されたグループで、オハネフ25形とは反対の編成端には必ず荷物車(カニ24形)が連結されていたので当時は問題ありませんでしたが…

 
でも、やっぱり付属編成には方向転換された緩急車が付いていた方がいいなぁ〜 ということで1977(昭和52)年に再度仕様変更されてオハネフ25形200番代が増備され、ついでに後位車端部も切妻形からやや後退角を設けた折妻形に戻りました。

残念ながら見た目に気を遣う余裕がなかったのか、“埋め込み幌”は復活しませんでした。

高崎地区のSL列車で使用されているスハフ12形100番代(スハフ12 161)

本日(10/18)、12系客車を使用した「八高線80周年記念号」が八王子~高崎間で運転されたみたいで、DD51形のプッシュプルの写真がTwitterやFacebookでたくさんアップされていましたので、今回はこれに関連する形式をアップしようと思います。

 
高崎車両センターには動態保存の蒸気機関車だけでなく電気機関車やディーゼル機関車が多数配置されており、これらを活用したイベント列車が頻繁に運行されています。

しかし、牽引される側の客車はイベント用として残された旧形客車と12系客車しかいません。
旧形客車は車齢の関係から滅多矢鱈に使われるわけではないので、客車列車は青い車体の12系がほとんどです。

でも、その12系も高崎(高タカ)には1編成分の6両しか配置されていないので、繋がれる車両はいつも同じ。

 
編成両数を調整するために中間車のオハ12形は休みがもらえますが、編成両端のスハフ12形はオハ12形にサービス電源を供給するため休みがありません。

そのため、高崎地区でイベント列車が運転されると機関車の次位に必ず下の写真のスハフ12形100番代が連結されます。

 
スハフ12 161

スハフ12 161(高タカ)  2012年8月31日 横川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

スハフ12形100番代は63両が製造されましたが、最終ロットの昭和52年度第2次債務車の スハフ12 149~163 は埋め込み幌が廃止されて後方監視窓が縦長となりました。

 
客車列車がそれほど珍しくなかった時代に12系客車の各区分は一通り撮影しましたが、スハフ12形100番代は初期車を撮っただけで後期車については後回しにしてました。

高崎と宮原にイベント用に残ったので放っておいたのですが、最近は駅設備の簡素化で牽引機関車の機回しができなくなった駅が増えてしまい、スハフ12形の後位側(車掌室側)がきちんと出ている状態で撮るのが難しくなってしまいました。

完全に消滅したわけではないので、いつかは撮り直そうと思っていますが、どこに行けば乗客がいない状態できれいに撮れるのでしょうね?

 
いつどこで走るか分からないような回送列車で撮ればいいのですが、願望だけで終わりそうな気もしているので、もう少し真剣に撮影地探しをしなければと、少し焦っています。

機芸出版社のナローおよびレイアウト(ジオラマ)関連書籍が入荷しました

“鉄道模型趣味”を発行している機芸出版社の鉄道模型関連書籍が入荷しました。

今回入荷した書籍は“レイアウト”“ジオラマ”など“シーナリー”を表現するための模型と、ナロー・ゲージに関するバイブルです。

ご注文および在庫の確認は、トレインブックスのページからお願いします。

 
レイアウト・テクニック

出版: 機芸出版社
発行: 1974年5月 再阪
判型: B5 241ページ
状態: B-(背に退色あり)
価格: 3,240円(税込み)

レイアウト・テクニック

 
ストラクチャー・モデリング 1

出版: 機芸出版社
発行: 1995年1月
判型: B5 167ページ
状態: AB
価格: 4,320円(税込み)

ストラクチャー・モデリング 1

 
ナローゲージ・モデリング

出版: 機芸出版社
発行: 1976年4月 初版
判型: B5 244ページ
状態: B-(背に退色あり)
価格: 3,510円(税込み)

ナローゲージ・モデリング

 
ナローゲージ・ブック 1

出版: 機芸出版社
発行: 1995年9月
判型: B5 159ページ
状態: A
価格: 4,320円(税込み)

ナローゲージ・ブック 1


この記事に関連する形式写真タグはありません

EF210形100番代のラストナンバー機(EF210-173)

ちょっとプライベートでいろいろあった関係でブログの更新が滞ってしまいました。

すみませんでした。

 

台風18号にともなう土砂災害により今月6日(月)から東海道本線が一部不通となっていましたが、15日(水)までに土砂の撤去や線路の整備が終わったため16日(木)の始発列車から運転を再開しました。

当初は20日(月)が復旧予定日でしたので、4日も前倒ししての運転再開になりました。

 
土砂災害のひどかった由比〜興津間が不通であったため、旅客輸送については8日(水)からJR東海が東海道新幹線を使った代替輸送が実施され、10日(金)からは蒲原〜興津間でもバス代行輸送が実施されました。

しかし、貨物輸送は大混乱。

 
人的被害がなかったためか、7月に大雨で中央本線坂下〜野尻間が不通になったときのような報道は見られませんでした。

JR貨物の発表によれば、東海道本線は1日あたり約90本の貨物列車が走る大動脈で、輸送力は5tのコンテナで約11,000個(約55,000t)の輸送が止まったのです。

JR貨物が1日に全国で扱うコンテナが5tのコンテナで約22,000個(約111,000t)ということなので、全コンテナの半分に相当する量。すごいことです。

こちらの発表のように日本海縦貫線や中央本線を経由したり、代行トラックで補うなどで何とかやり繰りをしてましたが、不通区間における提供輸送力の約18%しか補えなかったようです。

 
モーダルシフト活動として貨物電車(M250系)による高速貨物列車「スーパーレールカーゴ」を東京貨物ターミナル〜安治川口間に走らせていた佐川急便は大打撃だったはずです。

うちの奥さんの勤め先は佐川急便を使っているのですが、テレビで東海道本線の不通が続いていることが流されなかった(ような)ので、このような事態になっていることに気が付いていませんでした。

 
日本の大動脈で物流がかなり危険な状況にあった。そのことをもう少しテレビで採り上げてもよかったのでは?
そんなことを思いながら運転再開後の電気機関車の運用見たままをチェックしています。

 

今回は東海道本線の全線復旧を祝し、同線区で普通に走っている貨物牽引機のEF210形100番代の EF210-173(新)をアップいたします。

 
EF210-173

EF210-173(新)  2014年10月2日 富士駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。