2014年05月

E231系900番代試作車の偶数向き制御車(クハE230-901)

今日は 5/28(水)にアップする予定だった、中央・総武緩行線で走っているE231系900番代試作車の クハE230-901(八ミツ)をアップします。

 
クハE230-901

クハE230-901(八ミツ)  2014年5月27日 市川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

最近は、平日に曇ったときに都合が付けば絶対に撮ると決めていた車両を少しずつ撮影していますが、こんどはE231系900番代に改番されている元209系950番代の試作車編成が昼間の閑散時間帯に市川駅で撮れそうだったので、この車両だけを撮りにピンポイントで行ってきました。

すでにこちらには晴れているときに撮影した サハE231-901 をアップしていますが、プチ出撃した5/27(火)はいい具合に曇ってくれましたので、いつものように若干コントラスト弱めで撮れました。

 
以前、サハE231-13 をアップしたときに書きましたが、試作車のE231系900番代(元209系950番代)は209系500番代とほぼ同時期に登場したため、外観上の特徴はのちに製造されるE231系0番代よりも209系500番代に近くなっています。

先頭車の前面のFRP製カバーが銀色に塗装され、乗務員扉にも帯色(黄色)のマーキングフィルムが貼付されているのでE231系と認識できますが、車体側面のJRマークが黒色で前位出入扉脇に貼付されているので、209系500番代と同じ仕様です。

 
E231系900番代は側窓ユニットの並び方が209系500番代と同じなので、落成当初から開閉可能だった後位側の側窓の取り付け方法が209系500番代と同じになっているため、後位側の裾部に取り付けられているドアコックの位置も209系500番代と同じようにやや前位寄りになっています。

また、窓ガラスは熱線(遠赤外線)吸収能が高い薄緑色のガラスではないので、209系500番代と同じ色調の窓ガラスが使用されています。

 
同じ場所で撮影した クハE230形0番代(クハE230-2)クハ208形500番代(クハ208-503)がアップされていますので、間違い探しのように見比べてみては如何でしょうか?



この形式写真に関連するタグ: E231系 , JR東日本

「トワイライトExp.」の“ツイン・シングルツイン”合造車(オハネ25 525)

昨日(5/28)は寝台特急「トワイライトエクスプレス」廃止のニュースにからめて オハネ25 513 の寝台側の写真をアップしましたが、この車両は1976(昭和51)年製の開放式B寝台車 オハネ25 67 を「トワイライトエクスプレス」の第3編成増備の1991(平成3)年に追改造されたものです。

改造仕様は1989(平成元)年に オハネ25 40・51 から改造された オハネ25 511・512 と同様に開放式2段B寝台を2人用個室“ツイン”化する大改造でしたので、下の平面図を見て分かるように前位側の便所と出入台(デッキ)の壁が残っているくらいで、車内のほぼ全部が改装されました。

 

オハネ25形0番代の平面図

オハネ25形0番代の平面図

 
この平面図では分かりにくいかも知れませんが、種車のオハネ25形0番代は枕木方向に2段寝台が並んだ開放式のB寝台でした。

 

サロン付き“ツイン”オハネ25形510番代の平面図

サロン付き“ツイン”オハネ25形510番代の平面図

 

改造後のオハネ25形510番代は前位側にミニサロンが設けられ、そのほかの部分に1人用個室“シングルツイン”が9室配置されました。
B寝台利用者のささやかなオアシス、自動販売機付きのミニサロンが配置された車両なので、「トワイライトエクスプレス」用の10両編成に1両のみ7号車にしか連結されません。

 
そのためオハネ25形510番代は3両しか改造されませんでしたが、このサロン室部分に1人用個室“シングルツイン”を6室配置して2人用個室“ツイン”を9室から7室に改めたのがオハネ25形520番代で、こちらはリーズナブルな料金で利用可能なB個室寝台車なので5・6号車に2両も連結されています。

「トワイライトエクスプレス」用編成は3本ありますので、オハネ25形520番代は6両が改造されました。

 
同じような平面図を下にアップしますが、オハネ25形520番代の“シングルツイン”は中央通路があり、ベッドが線路方向にセットされるので、ソファも一般的なボックスシートのような配置になっています。

 

“ツイン・シングルツイン”オハネ25形520番代の平面図

“ツイン・シングルツイン”オハネ25形520番代の平面図

 

“シングルツイン”という微妙な命名のとおり基本は1人利用ですが、個室は狭いですが2人分のソファが配置されていますし、固定式の上段ベッドを使えば2人利用もできるという個室になっています。

大人2人では狭いですが、小さなお子さんとの親子旅にはちょうどいい広さかも知れません。

 
 * * *

 
“ツイン・シングルツイン”のオハネ25形520番代は先日の苫小牧遠征で撮影しましたが、こちらは右前方に雲の切れ間があって空が明るくなっていたので、車体のボコボコがテカった写真になってしまいました。

今回は オハネ25 59 からの改造車、オハネ25 525(近ミハ)です。

 
オハネ25 525

オハネ25 525(近ミハ)  2014年5月17日 苫小牧駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

右側には車齢42年のサロンカー“サロン・デュ・ノール”の オハ25 553 が少し写っていますが、この車両は オロネ14 8 からの改造車のため冷房装置が異なっているので、装置本体脇のカバーの有無で簡単に見分けられます。

残念ながら オハ25 553 は撮影できませんでした。

撮っておけばと後悔しましたが、停車時間のすべてがシャッターチャンスではなく、停車直後は出発時のショックを和らげるために機関士がブレーキを開放して連結器が緩むまで少し車両が動いた状態で、これが収まってからが撮影時間なので、先日の上り「トワイライトエクスプレス」は2両の撮影が限界でした。



この形式写真に関連するタグ: 24系 , JR西日本

「トワイライトエクスプレス」のミニサロン付き“ツイン”(オハネ25 513)

JR西日本の看板列車、臨時寝台特急「トワイライトエクスプレス」廃止のニュースが世間を騒がせております。

JR西日本からも発表がありましたが、2015(平成27)年春をもって運行終了ということらしいです。

 
2014(平成26)年10月から北海道新幹線の開業準備のために併用区間となる青函トンネルで工事が始まり、2015(平成27)年春には北陸新幹線が開業して金沢〜直江津間(北陸本線)が第三セクターに移管されるので、「トワイライトエクスプレス」の運行自体が難しくなることが大きな理由でしょう。

 
JR西日本のプレスリリースには、「トワイライトエクスプレス」用車両の老朽化も原因と書かれていますが、3号車に連結される食堂車“ダイナープレヤデス”の スシ24-1・2(元サシ489-3・4)や、4号車のサロンカー“サロン・デュ・ノール”の オハ25 553(元オロネ14 8)は1972(昭和47)年製の車両からの改造車なので、車齢はすでに42年。

もっとも新しい車両でも、オハネ15 38・39 を改造したサロンカー“サロン・デュ・ノール”の オハ25 551・552 で、種車は1978(昭和53)年製。それでも車齢は36年。

「トワイライトエクスプレス」が運転されてからも2001・2002(平成13・14)年にリニューアル工事が実施されましたが、それから10年以上も経過。長距離列車で使用される車両なので、もう限界ですね。

 
JR西日本が導入する新たな寝台列車

JR西日本から発表された“新たな寝台列車”の外観イメージ

 
一方、JR西日本からは“新たな寝台列車”を走らせるという発表もありましたので、これからはJR西日本管内の観光資源を育て、そこに富裕層相手の豪華列車を走らせることなのでしょう。

 
「トワイライトエクスプレス」レベルの豪華列車でも、わざわざJR他社や第三セクターと調整してまで走らせたくない。
それよりも、民間鉄道会社として自社管内で完結する高収益ビジネスモデルを追求していくぞ!という強い意思表明なのだと思います。

 
でも、取り敢えず大きなミスさえしなければ皆が出世ができた団塊の世代が後期高齢者になったときにはどうするのでしょうね?

20年後くらいになったら、こんどは外国人が好むようなベタなデザインの豪華列車が計画されるのでしょうか?

 
 * * *

 

先日の撮影報告のとおり、北海道遠征では滞在最終日に苫小牧駅に2〜3時間ほど滞在しました。

そのときは普段撮れないような車両を撮りましたが、寝台特急「トワイライトエクスプレス」用車両についてはB個室寝台車“ツイン”の寝台側が撮れました。

 
「トワイライトエクスプレス」の車両は本州でも撮れるのですが、運行時間帯や停車時間、太陽の位置などの関係で、いつも“ツイン”オハネ25形510・520番代は車体のボコボコがテカってしまい不愉快でした。

苫小牧滞在中は南西の空が明るかったので、下の写真のように1位側のサロン室側から撮ると、撮影者の背後に明るい空が回ってくれるのでテカりが収まってくれました。

 
今回は車体のテカりがほとんどなくきれいに撮れた写真をアップします、「トワイライトエクスプレス」のミニサロン付きB個室寝台車“ツイン”の オハネ25 513(近ミハ)です。

上下に並んだ側窓が特徴の“ツイン”ですが、もともとは1976(昭和51)年製の開放式B寝台車 オハネ25 67 で、1991(平成3)年に現在のすがたに改造されました。

 
オハネ25 513

オハネ25 513(近ミハ)  2014年5月17日 苫小牧駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 24系 , JR西日本

人物往来社刊の“別冊歴史読本(鉄道シリーズ)”が入荷しました

新人物往来社刊の“別冊歴史読本(鉄道シリーズ)”が入荷しました。
 
ご注文は、トレインブックスのページからお願いします。

 
別冊歴史読本(鉄道シリーズ3) 国鉄・JR 懐かしの駅

出版: 新人物往来社
発行: 1997年7月
判型: B5 161ページ
状態: AB
価格: 756円(税込み)

別冊歴史読本(鉄道シリーズ3) 国鉄・JR 懐かしの駅

 
別冊歴史読本(鉄道シリーズ4) 国鉄 懐かしの蒸気機関車

出版: 新人物往来社
発行: 1997年11月
判型: B5 198ページ
状態: AB
価格: 864円(税込み)

別冊歴史読本(鉄道シリーズ4) 国鉄 懐かしの蒸気機関車

 
別冊歴史読本(鉄道シリーズ5) 全国 懐かしの路面電車

出版: 新人物往来社
発行: 1998年7月
判型: B5 166ページ
状態: AB
価格: 1,080円(税込み)

別冊歴史読本(鉄道シリーズ5) 全国 懐かしの路面電車

 
別冊歴史読本(鉄道シリーズ8) 懐かしのローカル列車

出版: 新人物往来社
発行: 1999年5月
判型: B5 158ページ
状態: A
価格: 756円(税込み)

別冊歴史読本(鉄道シリーズ8) 懐かしのローカル列車

 
別冊歴史読本(鉄道シリーズ13) JR20世紀クロニクル 1987-2000

出版: 新人物往来社
発行: 2001年2月
判型: B5 159ページ
状態: A
価格: 648円(税込み)

別冊歴史読本(鉄道シリーズ13) JR20世紀クロニクル 1987-2000

 
別冊歴史読本(鉄道シリーズ16) 再現! 鉄道大追跡

出版: 新人物往来社
発行: 2002年7月
判型: B5 157ページ
状態: A
価格: 972円(税込み)

別冊歴史読本(鉄道シリーズ16) 再現! 鉄道大追跡

 
別冊歴史読本(鉄道シリーズ18) 鉄道古写真帖

出版: 新人物往来社
発行: 2003年6月
判型: B5 177ページ
状態: AB
価格: 1,080円(税込み)

別冊歴史読本(鉄道シリーズ18) 鉄道古写真帖

 
別冊歴史読本(鉄道シリーズ22) 国鉄・JR 名列車ハンドブック

出版: 新人物往来社
発行: 2006年3月
判型: B5 173ページ
状態: A
価格: 756円(税込み)

別冊歴史読本(鉄道シリーズ22) 国鉄・JR 名列車ハンドブック


この記事に関連する形式写真タグはありません

JR北海道の通勤形気動車 キハ201形300番代(キハ201-304)

今回は、1996(平成8)年に731系電車との併結運転対応車として登場したJR北海道の通勤形気動車、キハ201-304(札ナホ)をアップします。

 
キハ201-304

キハ201-304(札ナホ)  2014年5月14日 江別駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ201形は非電化区間となる小樽以西の速度向上と、小樽〜札幌間では731系電車との併結(協調運転)することで小樽以西から札幌への通勤輸送の混雑緩和・スピードアップを図るために登場した車両で、現在では日本で唯一の電車・気動車による協調運転が行われている気動車です。

 
非電化区間ではキハ201形(3両固定編成)による単独運転を、札幌近郊では731系と協調運転する運用を想定して設計されているため、車両性能は731系とほぼ同等で、電化区間でも電車と同等のスジで走行できる強者です。

これはすごいことで、普通列車用の車両としては信じられないほどの高出力機関(エンジン)の持ち主で、「スーパー宗谷」「スーパーとかち」で使用されている920PS(460PS×2台)のキハ261形にはわずかに及びませんが、900PS(450PS×2台)の高出力機関を搭載するバケモノのような車両だからなし得ることなのです。

 
車体の基本仕様は731系とほとんど変わりなく、倶知安・小樽方の先頭車はクハ731形200番代のカラー帯を変えただけのような外観で、デッキなし3扉配置の客室構造も731系とまったく同じとなっています。

しかし、731系は3両編成が19本も製造され、その後も設計コンセプトが733・735系に引き継がれましたが、キハ201形は製造費が高くなってしまったため、3両編成4本で製造が終わってしまいました(高出力機関と車体傾斜装置はキハ261系に活かされました)。

 
残念ながら小樽以西から札幌に向かう協調運転列車は2本だけで、この他に折り返しが1本、合計3本のみしか設定されていません。
キハ201形は強みがあまり発揮されていない運用に就いていますが、電車と同じスジで運行できるのでこれからも札幌近郊で電車とともに使用されていくと思われます。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ201形