2013年07月

1990年代と2000年発行の鉄道ジャーナル別冊シリーズ が入荷しました

1990年代と2000年発行の鉄道ジャーナル別冊シリーズ が入荷しました。
 
ご注文は、トレインブックスのページからお願いします。

 
鉄道ジャーナル別冊No.22 91.3改正 JR列車名鑑

出版:鉄道ジャーナル社
発行:1991年7月
判型:A4 146ページ
状態:A
価格:1,050円(税込み)

内容:特急列車 長崎→根室ジグザグ日本縦断4,000km/JR人気ランナー・オールカタログ/列車追跡 あけぼのの旅路

鉄道ジャーナル別冊No.22 91.3改正 JR列車名鑑

 
鉄道ジャーナル別冊No.25 92.11現行 JR特急列車

出版:鉄道ジャーナル社
発行:1992年12月
判型:A4 138ページ
状態:A
価格:840円(税込み)

内容:JR6社の新旧特急に乗る/地区別特急プロフィールガイド/JR化後に消えた特急

鉄道ジャーナル別冊No.25 92.11現行 JR特急列車

 
鉄道ジャーナル別冊No.31 JR列車 大追跡

出版:鉄道ジャーナル社
発行:1995年12月
判型:A4 130ページ
状態:A
価格:1,050円(税込み)

内容:スーパートレイン〈のぞみ〉が行く 東京→博多/JR新型特急のすべて/下り〈トワイライトエクスプレス〉/JR9年目を迎えた夜行列車の現状/孤高の急行〈よしの川〉/JR9年目を迎えた急行列車の現状/近郊形電車で東京→博多/JR9年のあゆみ

鉄道ジャーナル別冊No.31 JR列車 大追跡

 
鉄道ジャーナル別冊No.32 国鉄型車両

出版:鉄道ジャーナル社
発行:1996年7月
判型:A4 138ページ
状態:AB
価格:1,050円(税込み)

内容:国鉄型車両のすべて/103系 全国地図/最後の国鉄色気動車急行〈わかさ〉/国鉄型車両の宝庫 山陰/583系臨時寝台特急〈日本海51号〉/“43.10”改正をふり返る

鉄道ジャーナル別冊No.32 国鉄型車両

 
鉄道ジャーナル別冊No.34 懐かしの国鉄列車 Part I(列車追跡リバイバル)

出版:鉄道ジャーナル社
発行:1998年9月
判型:A4 154ページ
状態:B
価格:1,050円(税込み)

内容:80系気動車特急〈まつかぜ〉/455系電車急行〈まつしま〉/10系客車急行〈鳥海〉〈津軽〉/14系急行〈雲仙〉〈西海〉/20系急行〈おが〉/常磐線旧型客車上野発仙台ゆき/飯田線旧型国電の旅/配給電車に乗る

鉄道ジャーナル別冊No.34 懐かしの国鉄列車 Part I(列車追跡リバイバル)

 
鉄道ジャーナル別冊No.35 懐かしの国鉄列車 Part II(列車追跡リバイバル)

出版:鉄道ジャーナル社
発行:1998年11月
判型:A4 146ページ
状態:A
価格:1,050円(税込み)

内容:新幹線0系〈ひかり5号〉/最後の食堂車 80系気動車特急〈オホーツク2号〉/下り〈白鳥〉/気動車急行〈奥只見〉/20系急行〈天の川〉/583系特急〈はくつる1号〉/東北各線 旧型客車乗りまくり

鉄道ジャーナル別冊No.35 懐かしの国鉄列車 Part II(列車追跡リバイバル)

 
鉄道ジャーナル別冊No.36 懐かしの国鉄列車 Part III 竹島紀元作品集(再録シリーズ)

出版:鉄道ジャーナル社
発行:1999年5月
判型:A4 154ページ
状態:A
価格:1,050円(税込み)

内容:80系特急〈おおとり〉/14系客車急行〈利尻〉〈ニセコ〉/函館本線の旧型客車ドン行/気動車急行〈火の山〉/急行〈礼文〉

鉄道ジャーナル別冊No.36 懐かしの国鉄列車 Part III 竹島紀元作品集(再録シリーズ)

 
鉄道ジャーナル別冊No.37 懐かしの国鉄現場 駅・車両基地・操車場・列車(再録シリーズ)

出版:鉄道ジャーナル社
発行:1999年7月
判型:A4 154ページ
状態:AB
価格:1,050円(税込み)

内容:上野駅ルポ/下関運転所の一日/使命を終える吹田操車場/東北本線“解結”貨物/北海道全周2,000キロ/夜行普通列車(大垣・紀勢など)

鉄道ジャーナル別冊No.37 懐かしの国鉄現場 駅・車両基地・操車場・列車(再録シリーズ)

 
鉄道ジャーナル別冊No.40 ドキュメントJRの旅立ち

出版:鉄道ジャーナル社
発行:2000年7月
判型:A4 154ページ
状態:AB
価格:1,050円(税込み)

内容:釧網本線627D 網走→釧路169.1km/スーパーライナー54列車の上京/大雪丸の旅路/〈北斗星〉の旅路/使命を終える宇高連絡船/オリエント急行の来日/碓氷協調66.7‰へのアタック

鉄道ジャーナル別冊No.40 ドキュメントJRの旅立ち

 
鉄道ジャーナル別冊No.42 最近20年 日本の鉄道 名場面

出版:鉄道ジャーナル社
発行:2000年12月
判型:A4 153ページ
状態:AB
価格:840円(税込み)

内容:日本国有鉄道の時代/野越え山越え海辺行き/デザインの世界/いつも暮らしを運んできた鉄道/失われた汽車の旅 鉄道の景色/鉄路のファンタジー

鉄道ジャーナル別冊No.42 最近20年 日本の鉄道 名場面


この記事に関連する形式写真タグはありません

2000〜2007年の鉄道ピクトリアル が入荷しました

2000〜2007年の鉄道ピクトリアル の在庫補充をしました。
 

鉄道ピクトリアル 2000年5月号(No.684) 「特集:73系電車」
当店価格:1,680 円

鉄道ピクトリアル 2000年5月増刊号(No.685) 「特集:関西地方のローカル私鉄」
当店価格:1,050 円

鉄道ピクトリアル 2000年6月号(No.686) 「特集:キハ58系(I)」
当店価格:1,680 円

鉄道ピクトリアル 2000年7月号(No.687) 「特集:キハ58系(II)」
当店価格:1,680 円

鉄道ピクトリアル 2000年7月増刊号(No.688) 「特集:路面電車〜LRT」
当店価格:1,050 円

鉄道ピクトリアル 2000年9月号(No.690) 「特集:JRの車両工場」
当店価格:630 円

鉄道ピクトリアル 2001年4月号(No.699) 「特集:車両のドア」
当店価格:630 円

鉄道ピクトリアル 2001年7月増刊号(No.704) 「特集:東京都営地下鉄」
当店価格:2,100 円

鉄道ピクトリアル 2002年2月号(No.713) 「特集:モハ70系電車」
当店価格:1,680 円

鉄道ピクトリアル 2003年11月号(No.739) 「特集:民営の貨物鉄道」
当店価格:525 円

鉄道ピクトリアル 2004年2月号(No.742) 「特集:キハ35・45系」
当店価格:1,470 円

鉄道ピクトリアル 2004年7月増刊号(No.749) 「特集:東京急行電鉄」
当店価格:1,890 円

鉄道ピクトリアル 2005年5月号(No.761) 「特集:食堂車」
当店価格:840 円

鉄道ピクトリアル 2006年1月増刊号(No.771) 「特集:名古屋鉄道」
当店価格:2,310 円

鉄道ピクトリアル 2007年4月号(No.788) 「特集:451〜475系電車」
当店価格:525 円

鉄道ピクトリアル 2007年6月号(No.790) 「特集:スイッチバック」
当店価格:525 円

鉄道ピクトリアル 2007年10月増刊号(No.795) 「特集:鉄道車両年鑑 2007年版」
当店価格:1,470 円

 
鉄道ピクトリアル(2000〜2007年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

2000〜2008年の鉄道ファン が入荷しました

2000〜2008年の鉄道ファン の在庫補充をしました。
 

鉄道ファン 2000年3月号(No.467) 「特集:短絡線ミステリー 3」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2000年7月号(No.471) 「特集:JR車両ファイル 2000」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2000年8月号(No.472) 「特集:食堂・オープンスペース」
当店価格:525 円

鉄道ファン 2000年10月号(No.474) 「特集:新幹線プレゼント」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2000年12月号(No.476) 「特集:大都市圏の相互直通運転」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2001年2月号(No.478) 「特集:短絡線ミステリー 4」
当店価格:525 円

鉄道ファン 2002年4月号(No.492) 「特集:山手線 YAMANOTE LINE」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2002年5月号(No.493) 「特集:JR東日本の通勤電車開発史」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2002年12月号(No.500) 「特集:創刊500号記念特大号」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2003年3月号(No.503) 「特集:国鉄形特急電車 2003」
当店価格:525 円

鉄道ファン 2003年4月号(No.504) 「特集:JR機関車 2003」
当店価格:525 円

鉄道ファン 2003年6月号(No.506) 「特集:東海道新幹線各駅停車」
当店価格:525 円

鉄道ファン 2003年10月号(No.510) 「特集:首都圏の近郊形電車物語」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2004年2月号(No.514) 「特集:ブルートレイン大辞典」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2004年6月号(No.518) 「特集:山手線と大阪環状線」
当店価格:525 円

鉄道ファン 2004年9月号(No.521) 「特集:東京メトロ」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2004年10月号(No.522) 「特集:東海道新幹線開業40周年」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2005年7月号(No.531) 「特集:JR車両ファイル 2005」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2006年2月号(No.538) 「特集:国鉄形蒸気機関車」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2006年11月号(No.547) 「特集:湘南新宿ライン」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2006年12月号(No.548) 「特集:エアポートアクセス」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2007年1月号(No.549) 「特集:1号御料車とクロ157/JR西日本103系の現況」
当店価格:735 円

鉄道ファン 2007年6月号(No.554) 「特集:常磐線 123.3km」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2007年12月号(No.560) 「特集:東海総本線 1」
当店価格:525 円

鉄道ファン 2008年1月号(No.561) 「特集:東海総本線 2」
当店価格:525 円

鉄道ファン 2008年2月号(No.562) 「特集:全国の地下鉄 2008」
当店価格:630 円

鉄道ファン 2008年4月号(No.564) 「特集:さらば 銀河、さらば あかつき・なは」
当店価格:525 円

鉄道ファン 2008年5月号(No.565) 「特集:こだま色の品格」
当店価格:630 円


この記事に関連する形式写真タグはありません

1959年の鉄道ピクトリアル が入荷しました

1959年の鉄道ピクトリアル が新たに入荷しました。

 
いよいよ鉄道ピクトリアルも1950年代に突入しました。

1959年当時、東海道本線の特急列車は151系「こだま」と展望車を連結した青大将塗色(旧形客車)の「つばめ」「はと」が走るなど、電車特急が走り始めた過渡期でした。

また、1959年6月1日に称号規程が改正されたときのため、それよりも前に登場した155系は82系として紹介されているなど、1959年の前半と後半では形式が異なるので複雑な時代感を味わうことがきます。

 
鉄道ピクトリアル 1959年1月号(No.90)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年1月
状態:B-(蛍光ペン書き込みあり(1ヶ所))
価格:2,310円(税込み)

内容:「こだま」の印象/最近国電千一夜(上)/新しい保線の話(1)/私鉄車両めぐり(33) 相模鉄道-続/私鉄車両めぐり(35) 京福電気鉄道-1/駅名の研究

鉄道ピクトリアル 1959年1月号(No.90)

 
鉄道ピクトリアル 1959年2月号(No.91)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年2月
状態:B-(赤マークあり(1ヶ所))
価格:2,100円(税込み)

特集:C59形蒸気機関車
内容:余命せまる… C59形機関車/中国鉄道の現況/特急“あじあ”/私鉄車両めぐり(35) 京福電気鉄道-2/最近国電千一夜(中)/新しい保線の話(2)

鉄道ピクトリアル 1959年2月号(No.91)

 
鉄道ピクトリアル 1959年3月号(No.92)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年3月
状態:B-(ダイヤグラムなし(切り取り済み))
価格:2,100円(税込み)

特集:特別急行列車
内容:新幹線の概要/特急ダイヤの変遷/時刻表からみた特急/急行列車の愛称/九州の4特急/特急「こだま」/最近国電千一夜(下)/新しい保線の話(3)/台車のすべて(11)/

鉄道ピクトリアル 1959年3月号(No.92)

 
鉄道ピクトリアル 1959年4月号(No.93)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年4月
状態:B
価格:2,520円(税込み)

特集:修学旅行用電車
内容:これからの蒸気機関車はどうなるか/新編日本鉄道史(1)/修学旅行用電車(155系)/特急「あさかぜ」/地下鉄丸ノ内線の建設工事を顧みて/知られざる私鉄(8) 能勢電気軌道/台車のすべて(12)

鉄道ピクトリアル 1959年4月号(No.93)

 
鉄道ピクトリアル 1959年5月号(No.94)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年5月
状態:B
価格:2,310円(税込み)

特集:電気機関車
内容:ED71形/戦後国産標準形直流電気機関車の変遷/東海道線の旅客用電気機関車/関門の電気機関車/上越線の電気機関車/私鉄電気機関車通観(1)/北海道の電気機関車

鉄道ピクトリアル 1959年5月号(No.94)

 
鉄道ピクトリアル 1959年6月号(No.95)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年6月
状態:B
価格:2,520円(税込み)

内容:近代化した御料車第2号/新編日本鉄道史(2)/私鉄電気機関車通観(2)/北陸線の電気機関車/仙山線の電気機関車/特急「はやぶさ」/私鉄車両めぐり(36) 東京急行電鉄-1/知られざる私鉄(9) 信貴生駒電鉄

鉄道ピクトリアル 1959年6月号(No.95)

 
鉄道ピクトリアル 1959年7月号(No.96)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年7月
状態:B-(写真コンクール応募票の切り取り)
価格:2,310円(税込み)

特集:裏縦貫線
内容:日本海岸線の輸送/リレー乗車記 米原→金沢→直江津・長岡→坂町・秋田→青森/裏縦貫線の機関車/急行「日本海」/電車関係車両称号規程の改正/私鉄車両めぐり(36) 東急電鉄-2/私鉄電気機関車通観(3)/新編日本鉄道史(3)

鉄道ピクトリアル 1959年7月号(No.96)

 
鉄道ピクトリアル 1959年8月号(No.97)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年8月
状態:B
価格:2,310円(税込み)

特集:紀勢本線
内容:紀勢本線の輸送計画/全通した紀勢線/紀勢本線の機関車/紀勢本線の気動車/亀山機関区/紀勢本線の使用客車について/私鉄車両めぐり(36) 東急電鉄-3/新編日本鉄道史(4)/私鉄電気機関車通観(4)

鉄道ピクトリアル 1959年8月号(No.97)

 
鉄道ピクトリアル 1959年9月号(No.98)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年9月
状態:B
価格:1,890円(税込み)

内容:特急「さくら」/双頭の“くろがねの馬”/矢板線の最後を走って/知られざる私鉄(10) 有田鉄道/新編日本鉄道史(4)/私鉄車両めぐり(36) 東急電鉄-4/私鉄電気機関車通観(5)

鉄道ピクトリアル 1959年9月号(No.98)

 
鉄道ピクトリアル 1959年10月号(No.99)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年10月
状態:B
価格:1,890円(税込み)

内容:日光線準急のデラックス電車(157系)/都電見聞録 戦災から現在までのあゆみ(1)/新編日本鉄道史(5)/特急「はつかり」ができるまで/私鉄車両めぐり(37) 小田急電鉄-1/私鉄電気機関車通観(6)/台車のすべて(13)

鉄道ピクトリアル 1959年10月号(No.99)

 
鉄道ピクトリアル 1959年11月号(No.100)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年11月
状態:B
価格:2,310円(税込み)

特集:古典蒸気機関車
内容:100号機関車抄/第三の鉄道/支那の機関車のはじまり/九州地方の古典ロコを拾う(1)/東北の古典ロコたち/北海道の珍しい機関車/私鉄車両めぐり(37) 小田急電鉄-1/都電見聞録 戦災から現在までのあゆみ(2)

鉄道ピクトリアル 1959年11月号(No.100)

 
鉄道ピクトリアル 1959年12月号(No.101)

出版:鉄道図書刊行会
発行:1959年12月
状態:B
価格:1,890円(税込み)

内容:新編日本鉄道史(6)/私鉄電気機関車通観(7)/私鉄車両めぐり(37) 小田急電鉄-2/都電見聞録 戦災から現在までのあゆみ(3)

鉄道ピクトリアル 1959年12月号(No.101)


この記事に関連する形式写真タグはありません

濃黄色一色に塗り替えられた2扉車のモハ114-3010

ここ数日は古本屋業務が発送作業とちょっとした在庫の整理くらいしかできなかったので、JR車両の形式写真をアップすることができませんでした。

 
平日はいつもシングルファーザーなので忙しいのは覚悟していますが、先の週末は日曜日(7/21)に高校1年生の息子が米国に短期留学に出発した関係で、その準備や成田空港までの見送り。そして週末が明けてからも自宅リビングの壁紙の張り替えや、自宅の一部リニューアル工事などで職人さんが我が家を出入りしていたので、外出することができず制約の大きい生活を送ってました。その後もリビングの模様替えなどを1人で黙々とやってました。

ちょうど学校が夏休みに突入した時期とも重なったので、シングルファーザーに磨きが掛かってました。

 

いつでも形式写真をアップできるように手元にレタッチ作業が終わった写真を用意していますが、最近は1つの写真に1つはためになりそうなネタを入れようと決めてましたので…

サクッと文章が書けるようになればいいのですが、作文が苦手な苦手な理系人間なのでご容赦ください。

学生時代〜会社員時代は論文や特許明細書をたくさん書きましたが、ブログの文章は少々勝手が異なるので、下書き段階で念入りに見直なさないとアップできるような文章にはなっていません。

どんどん文章が湧き出てくるようになればいいのですが、素質がないので無理でしょうね。

 
 * * *

 
今回は5月の岡山遠征で撮影した下関総合車両所(広セキ)のN10編成の中からモハ115形3000番代の最終増備車 モハ115-3010 をアップします。

 
モハ114-3010

モハ114-3010(広セキ)  2013年5月11日 庭瀬駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クハ115-3116 のときに書いたことがありますが、115系の中でも最後に増備された115系3000番代は広島地区に残っていた153系を置き替えるために登場したグループです。

1982(昭和57)年に4両編成(Tc+M+M’+T’c)6本と冷房準備車(非冷房車)の先頭車(Tc・T’c)だけが15両ずつ製造されました。

 

冷房準備車で登場した クハ115-3007〜3021 と クハ115-3107〜3121 は、6両編成だった非冷房車の111系6両編成を4両化する際に余った電動車ユニット2両の両端に組み込むための先頭車だったため、当初は先頭車は115系の新製車、中間電動車は111系の非冷房車という4両編成が15本も組成されました。

のちに モハ114-3010 を組み込むことになる下図の編成は、この時点では先頭車(クハ115-3010・クハ115-3110)のみ115系で、中間車は非冷房車の111系電動車ユニット(モハ111-27・モハ110-27)でした。

しかも、“国鉄電車編成表 ’83年版”によると中間車の2両は瀬戸内色に塗り替えられず湘南色のままでした。なお、同誌には編成番号が記載されていません。

このときの編成をいつものようにイラストにしてみましたが、こんな感じです(右側が下関方)。

 

広セキ N10編成(1983年)

 
編成両端に転換クロスシートを装備した豪華な非冷房編成でしたが、翌年の1983(昭和58)年には115系3000番代の電動車ユニット(モハ115-3007〜3012・モハ114-3007〜3012)が6本分増備されたので、クハ115-3007〜3012・3107〜3112 は冷房化され、4両編成すべてが瀬戸内色の115系3000番代で揃いました。

モハ114-3010 を組み込んだ編成はC10編成と名付けられました(編成組み替え以前からC10編成を名乗ったかについては不明)。

 
広セキ C10編成(1984年)

 

1991(平成3)年3月改正で115系3000番代が広島運転所(広ヒロ)に移管され、このときに編成番号がC10編成はN10編成に変更。

その後、1993(平成5)年10月の広島空港開港に合わせて115系3000番代が“広島快速色”へ塗色変更することになったため、N10編成は同年4月に広島快速色に塗り替えられました。

 
2002(平成14)年3月に再度下関に移管されましたが、編成番号は広ヒロ時代と同じN10編成で変わらず。
2004(平成16)年8月にはN30体質改善工事が実施され、屋根上の通風器が撤去されて外観の印象が大きく変わりました。

そして、2012(平成24)年9月には現在の塗色、濃黄色の単色に塗り替えられました。

 
広セキ N10編成(2012年以降)

 
広セキN10編成の編成をちょっと書いてみましたが、111系と組んでいた時期は模型化ネタとしてちょうどいい材料ではないでしょうか?

このときに撮影してみたかったです…



この形式写真に関連するタグ: 115系 , JR西日本