2012年07月

「ホリデー快速河口湖3号」の モハ182-1044

「ホリデー快速河口湖」は多客期の週末に2往復設定されている臨時快速列車で、通常は新宿発着の1・2号と大宮発着の3・4号が運転されています。

1・2号は豊田車両センター(八トタ)の189系あずさ色編成(M50編成)が使用されることが多く、3・4号は田町車両センター(東チタ)の183・189系国鉄特急色編成(H61編成)が使用されています。

 
183・189系は特急運用から引退して久しい形式ですので、未撮影の183・189系あずさ色編成を何とかしないとと思っていますが、国鉄特急色の183・189系は私にとって過去の形式でノーマークの車両でした。

しかし、今年の夏臨は3・4号が大宮発着から小山発着に変更されて、上り列車の時刻が繰り下げて6号として運転されているので、小山駅でゆっくり写真が撮れるようになっています。

 
このことを知らずに7/22(日)の早朝は小山駅の15番線でE501系を撮っていました(このときは クハE500-4 を含む754編成を撮影)が、駅のポスターで小山発着の「ホリデー快速河口湖」のことを知ったので、30分ほど待って東チタ183・189系のH61編成を撮影しました。

 
モハ182-1044

モハ182-1044(東チタ)  2012年7月22日 小山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
小山駅に入線してきた東チタH61編成は赤サビが痛々しいすがたで、窓まわりの赤色は天地寸法が大きいアンバランスな塗り分けに改められています。
快速運用のためリクライニングシートにはリネンが掛けられていませんが、側面裾部の形式番号はステンレス製切り文字のままで残されています。



この形式写真に関連するタグ: 183・189系 , JR東日本

ダブルパンタグラフ・房総色の クモハ211-3046

幕張車両センター(千マリ)の211系電車も約1/3が運用から離脱し、209系2000・2100番代への置き替えが徐々に進んでいます。

運用を離脱したのはシングルアーム式パンタグラフを増設しなかったクモハ211形3000番代を組み込んだ40X編成です。
今後、千マリの211系が豊田車両センター(八トタ)へどのように転用されるのか分かりませんが、房総地区の帯色を配した211系は見られなくなるでしょう。

 
千マリの211系は運用範囲が総武本線(千葉〜銚子間)・成田線(佐倉〜銚子・成田〜成田空港間)のみで、つきみ野から遠い地区でしか走っていないのでついつい後回しにしていました。

ボヤッとしているとカウントダウンになってしまい撮りにくい環境になってしまうので、「アンパンマントロッコ」が走ったときに成田駅へ行ったときに5番線に止まっていたダブルパンタのクモハ211形を撮ってきました。

 
クモハ211-3046

クモハ211-3046(千マリ)  2012年7月1日 成田駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 211系 , JR東日本

特急「かいじ」の半室グリーン車(サロハE257-3)

合造車というのは窓配置が変わっている車両が多く、形式名が長いので、車両好きとしては何か惹かれるものがあります。

先週末に甲府駅へ行ったときに特急「かいじ」のE257系を撮るときも、半室グリーン車のサロハE257形だけは前後位の両方から写真を撮るなど、他形式よりも気合いが入ってしまいました。

 
特急「かいじ」の9両基本編成(8号車)に連結される半室グリーン車はサロハE257形という形式ですが、この車両は車体中央部に出入台が配置されており、客室は前位寄りのグリーン室と後位寄りの普通車にそれぞれ分かれています。

付随車1両だけ真ん中に扉が配置された編成に見慣れてますが、特急「あずさ」「かいじ」に世代交代が起きるようなことがあったら真っ先に編成から外されるような車両です。

珍しくも何ともないときにきれいな姿を記録していきたいものです。

 
サロハE257-3

サロハE257-3(長モト)  2012年7月21日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E257系 , JR東日本

1988〜1989年の鉄道ファン が入荷しました

1988〜1989年の鉄道ファンの在庫補充をしました。
 
今日も1980年代の鉄道ジャーナルを追加しようと考えていましたが、1980年代後半の鉄道ファンの買い取りがありましたので、こちらのリストを補充し、一部については状態がいいものに差し替えました。
 

鉄道ファン 1988年5月号(No.325) 「特集:JR 1周年記念特大号/惜別 鉄道連絡船」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1988年8月号(No.328) 「特集:JR車両のうごき」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1988年10月号(No.330) 「特集:第3セクター鉄道のDC」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1988年12月号(No.332) 「特集:“北斗星1号”の世界」
当店価格:735 円

鉄道ファン 1989年2月号(No.334) 「特集:ブルートレイン30周年記念」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1989年9月号(No.341) 「特集:JR特急 気になるあれこれ」
当店価格:630 円


この記事に関連する形式写真タグはありません

1984〜1985年の鉄道ジャーナル が入荷しました

1984〜1985年の鉄道ジャーナルの在庫補充をしました。
 

鉄道ジャーナル 1984年2月号(No.204) 「特集:国鉄輸送合理化と“59.2”改正/EF58形」
当店価格:840 円

鉄道ジャーナル 1984年4月号(No.206) 「特集:ステンレス車両とアルミ車両」
当店価格:525 円

鉄道ジャーナル 1984年9月号(No.211) 「特集:電気機関車 −世界と日本」
当店価格:630 円

鉄道ジャーナル 1984年10月号(No.212) 「特集:輸送の最前線“現場”」
当店価格:525 円

鉄道ジャーナル 1984年12月号(No.214) 「特集:昭和50年代の鉄道」
当店価格:525 円

鉄道ジャーナル 1985年3月号(No.217) 「特集:鉄道車両−色彩の美学」
当店価格:735 円

鉄道ジャーナル 1985年4月号(No.218) 「特集:大都市近郊の行楽特急」
当店価格:525 円

鉄道ジャーナル 1985年8月号(No.222) 「特集:国鉄近郊形電車と“シテイ電車”」
当店価格:525 円

鉄道ジャーナル 1985年12月号(No.226) 「特集:埼京線開業と通勤電車」
当店価格:525 円


この記事に関連する形式写真タグはありません