2011年10月

斜めストライプの クハ185-115

今年7月に田町車両センター(東チタ)の185系A8編成(10両編成)が、登場時の斜めストライプ塗装に戻されました。特急「踊り子」の運転開始30周年を記念しての塗色変更ということです。

その後、10/15(土)・10/16(日)に東京〜伊豆急下田間で団体臨時列車「特急踊り子30周年記念号」が運転されたので、斜めストライプのうちに撮っとこう!ということでこのA8編成が高崎線へ入線するのを待ってました。

ここ数週間は毎週日曜日に高崎から出庫する運用に入っていたので、今朝は飲み会翌日にもかかわらず、がんばって高崎駅まで行ってきました。なんとか各形式を1両ずつ押さえることができましたので、今回は伊豆急下田方の先頭車、クハ185-115(東チタ)をアップします。
 

最近のスカート換装でオリジナルとは何かが違う?みたいな雰囲気になっていますが、185系電車はこの色が似合いますよね。
かつては修善寺駅で撮れましたが、駅構内の保安設備が増えた関係で撮れなくなったので、高崎駅で撮るのが簡単だと思います。

クハ185-115

クハ185-115(東チタ)  2011年10月30日 高崎駅



この形式写真に関連するタグ: 185系 , JR東日本

“荷物車・郵便車の世界”が入荷しました

“荷物車・郵便車の世界 昭和50年代のマニ・オユの記録”が入荷しました。

昭和50年代の荷物車・郵便車の記録と詳細な解説をまとめたものです。模型作りに役立つ写真のほかに、種車・配置・輌数・時刻表・編成表などのデータが収録されています。写真が掲載されている形式は、マニ35・マニ36・マニ37・マニ30・マニ60・マニ61・スユニ60・スユニ61・オユ10・オユ11・オユ12・スユ13・オユ14・スユ15・スユ16・スユ44・スニ40・スニ41・ワキ8000・ワサフ8000 です。

初版は数ヶ月で売り切れましたが、今回の入荷分は状態のいい初版本です。ご注文は、トレインブックスのページからお願いします。
 

荷物車・郵便車の世界 昭和50年代のマニ・オユの記録

出版:クリエイティブ モア
発行:2003年10月
判型:A4 250ページ
状態:A
価格:4,410 円(税込み)

荷物車・郵便車の世界 昭和50年代のマニ・オユの記録


この記事に関連する形式写真タグはありません

横浜線色のモハ205形0番代(モハ205-211)

すっかり115系300番代の写真が続いてしまいましたので、こんどは別の形式です。

今回はナンの変哲もない横浜線用に投入された205系電車の中間電動車、鎌倉車両センター(横クラ)のモハ205-211です。が、最近はすこし外観が変わってしまい、パンタグラフがシングルアーム式のPS33Eに交換されました。

横浜線の車両がきれいに撮れる場所は何ヶ所かあるのですが、小机駅の留置線は背景がうるさくなく、パンタ側から撮影したときの逆サイド(左側)に建物がないので写真左側が暗くならないので気に入っています。

ステンレス製車体は鏡みたいなものですので、曇っているときに撮影すると周りの明暗が反映されてしまうのが困りものです。気にしなければ別にどうでもいいことですが、、、あと、この場所でパンタグラフが上がっているのは2〜3分しかないので、気合いを入れて急いで撮らないとすぐにパンタが降ろされていまいます。
 

モハ205-211

モハ205-211(横クラ)  2010年7月13日 小机駅



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

スカ色のクモハ115形300番代(クモハ115-306)

立て続けに豊田車両センター(八トタ)の115系電車をアップしていますが、あと1枚追加すれば10/21(金)に撮影したすべての写真を紹介したことになるので、今日も行きます。新宿方先頭車のクモハ115-306(八トタ)です。

リニューアル改造を施工していますが、モハ114形のように補機類の機器更新が行われていないので、外観上では台車の軸受が密閉ロコ軸受に改造された程度で収まっています。
 
クモハ115-306

クモハ115-306(八トタ)  2011年10月21日 高尾駅



この形式写真に関連するタグ: 115系 , JR東日本

スカ色のモハ114形300番代(モハ114-334)

昨日(10/23)に引きつづき豊田車両センター(八トタ)のモハ114形300番代ですが、こんどはリニューアル車両です。

補助電源装置を電動発電機(MG、MH135-DM92)から静止形インバータ(SIV)に変更し、空気圧縮機をスクリュー式のものに換装しています。SIVは高崎・新潟の車両と反対側の1-3位側の床下(下写真の車体中央部)に取り付けられていますが(長野車は未確認)、これは300番代と1000番代とで床下機器配置が異なるためなのでしょうか?
車体側面のMG冷却風取入口(中央側引き戸の左側戸袋窓の上部)も撤去されていますが、もともとクリーム色と青色の塗り分け部分にあったので目立たない存在でした。

台車軸受は密閉ロコ軸受に改造されていますが、高崎車のように冷房装置のAU720Bへの換装はなされていません。
 
モハ114-334

モハ114-334(八トタ)  2011年10月21日 高尾駅



この形式写真に関連するタグ: 115系 , JR東日本